オリオン牧場の似非科学の実態(2) 血液は体の何処で造られる?

<血液は体の何処で造られる?> 

 オリオン・ヒューマノイドは地球の医学分野や薬学分野にも進出しており、この分野の目も当られないおぞましい惨状を見れば、これはもうあなたに取って他人事ではありませんね。これから病院や薬局に足を運びたくなくなる様な「イヤー」な話をしますが、是非知りたいと願う方には読んで頂きたいものの、興味本位に首を突っ込む程度なら、最初から読まない方が無難かも知れません。そもそも我々は世の中に混乱をもたらす為に真実を披露している訳では無く、学問としての医学を正しい軌道に戻して健全に発達させたいと願い、宇宙人の嘘を暴露している次第です。我々が現行の地球医学に言いたい事は主に五つ、「大脳は物を考える器官でもないしまた記憶する器官でも無い」「DNAは遺伝子情報では無く分子合成情報を所有しているだけ」「血液は腸内血管で生産されており骨髄では造られていない」「体細胞の体外再生は不可能(再生医療とは似非技術)」「癌とは反電荷細胞のことである」ですが、本日は特に「血液は体の何処で造られている?」という話をしたいと思います。

 エッ?  「オリオンも宇宙人、君達も宇宙人、どっちも信用できん」ですとー、ウーンまあそういう意見もあると思いますね。ちなみに我々の話が本物なのかどうか、それを見極める方法は自分の頭で物を考えて、道理的にシンプルに納得できる方が真実であると相場が決まっています。その様な意味では、我々は良い方の宇宙人、いや悪くは無い方の宇宙人と言った方が適当かも知れませんね。勿論、地球にやって来た魂胆は別にあります(銭を稼ぐ為に来た訳では無いが、宝物を探しに来た)。さて話の本題に入りますが、地球人の研究者で「千島喜久男博士」という方が居ました。彼の積み上げた膨大な研究資料が「千島学説」として現在でも生き残っているのですが、銀河標準レベルの医学知識と「千島学説」とは基本的な一致を見ております。医学に関しては、我々は独自の医療団を有しており、宇宙一高度な医療技術を備えていますが、そんな我々の眼から見ても現代医学は嘘のオンパレード、根本的に何もかも間違っておりトチ狂っています。血液が骨髄で造られていないのに、白血病の治療の為に「骨髄バンク」を造って、それを患者に注入した所で病気の治療には成りませんし、またIPS細胞で再生医療を試みても、それは単にバイ菌シートを移植しているだけの話、身体に害悪を及ぼすだけで何一つ治療には成っておりません。最悪なのは抗癌剤と称して発癌剤を打って人々を殺していると言う事でしょうか。

 一個の細胞を研究する場合、最も基礎的な事は細胞の電磁気的な背景と、その命の構造を把握する事です。細胞の内容物に気を捕われていると物質的あるいは化学的な形質ばかり追って、肝心要の本質を見落としてしまうものであり、細胞を「細胞たらしめている」のは生き物としての個の命、その命を細胞がどの様にして囲(かこ)っているか、先ずはそこからスタートしなければ成りません。下記の図は細胞の命と、それを奏でる赤道コリン電線の詳細図です。細胞の表皮膜(単孔膜)の内部に鎖状に配列しているコリン電線、そこに電流(水素原子電流)が流れて始めて、細胞の命である所の「細胞電磁場」が形成される訳です。お粗末な地球の電子顕微鏡でも、表皮膜の下部に走るコリン電線の存在は確認できる筈、先ずは赤道コリン電線の存在確認と、そこに流れている電流を確認してからのスタートでしょうか。コリン分子の存在は知っているのに、それを栄養素(食べ物の一つ)だと定義している現代医学、「コリンが食い物ですって?」、冗談も大概にしなければ成りませんな。宇宙人だろうが地球人だろうが生物体の神経は随意神経(アクオン電線)と不随意神経(コリン電線)から成り立っているのですから。

 

 (細胞コリン電線)

 

(神経コリン電線)

 

(コリン鎖の構造図)

 さて、ここからが本番の話になりますが、細胞が個々の命を囲っても(地の命=陰)、その個の命を操作する上位の生命(意識や心などの天の命=陽)と合体しない限り、細胞は体の意志に基づいた発動を起すことが出来ません。バイ菌や病原体などの外細胞の場合は地球磁場圏の「単細胞層域」と1本の生命コード(ズザネ管)と432本のタボ線で繋がっており、彼等は個の意識を宿した自然界の自律生命体と言えますが、生物体の体細胞の場合は自然界とは直接繋がっておらず、「身体アストラル」と呼ばれる所の中間介在物と接続されています。この身体アストラルという存在物こそ体全体の意志を呈示する物に他なりません。皮膚細胞は体全体を包み込む「皮膚アストラル」と、一本のズザネ管と432本のタボ線で繋がっており、また肝細胞や腎細胞は「肝臓アストラル」や「腎臓アストラル」と呼ばれるそれぞれの意識当体と接合されています。つまり身体アストラルとは個々の細胞を操作する為の「霊界」見たいな存在であり、それは人間の意識を奏でる「位相」と一緒のものだと言えます。一個の肝細胞が肝細胞としての働きを示すのは、肝臓アストラルとズザネ管とタボ線で接続されているからであり、未分化のES細胞(血小板細胞のこと)が肝臓アストラルと結合を果たすと「肝細胞」に分化したと定義される訳です。

 もし仮に、人間の肝細胞の一つを体外に取り出せば、肝臓アストラルとの接続が切れる事になります。その細胞はやがて死ぬ筈なのですが、完全に死ぬ前に初期化して分化を解いてやれば(例えばiPS細胞の細胞質融合などで)、それは誕生したばかりのおニューの細胞と変わりが無く、そういう場合は自然界のズザネ管が間違って入力されてしまい、元は体細胞なのにバイ菌の一種として生まれ変わる場合があります。それを培養して肝細胞シートなる細胞群を創り出しても、それはただのバイ菌と変じており、そんな危険物を人間に再移植すれば、そこから組織が腐って来るのは当たり前の話なのです。スタップ細胞もiPS細胞も実在します。しかしながら、それらは外細菌として蘇生した細胞であり、いずれも人体に戻すことは出来ない代物なのです。皆様の目には見えないかも知れませんが、口内細菌でも結核菌でも外細菌の特徴は人体の外から入る長いズザネ管が見える事です。特殊な光を当ててやれば銀色に輝くのですが、まるで納豆のネバネバ糸見たいなズザネ管を見て、その人が口の中一杯にバイ菌を抱えている事が分かります。iPS細胞の角膜シートから出る無数のズザネ管を見れば、それが外細菌である事実が確認できる筈です。医学のいの字も語れない程の無知文盲なる地球人、自分達は本当は何も知らないんだと言う自覚を持たないと、医学の発展は見込めませんね。

 さて、最後に血液細胞の話をしますが、一個の血小板細胞が成長して、その途上行程で各種のリンパ球や顆粒球に分派して行きますが、その大半の血小板細胞は赤芽球を経て赤血球へと成長して行きます。一方、白血球やマクロファージは最初の血小板の段階から独自の成長行程を刻んで行きます。成長した赤血球は自ら「造血幹細胞」へと成る為に「脱核膜」を起して、円盤状の赤血球へと形体を変化させて行きます。これは核膜の構成を解いて、内部の核酸と細胞質が直接触れ合わせる為のものであり、その結果「無限増殖」を可能にする無核細胞と変じた赤血球が、無糸分裂を連続的に行なって小さな細胞体を大量に造り出します。それがいわゆる血小板細胞(赤血球の子供達)であり、未分化のそれはES万能細胞として身体組織の細胞欠員の補充役として働きます。要するに、血液は「赤血球サイクル」と呼ばれる循環方式で誕生しているので在って、骨髄細胞などもともと何んの関連も無いものです。赤血球が無糸分裂で子供を生産する場所は主に小腸内部の血管網であり、細胞の食料となる栄養素が一杯在る所に限定されます。一体、どこの誰が全く関係が無い骨髄細胞を造血幹細胞だと定めたのでしょうか。我々は普通に肝細胞再生移植や腎細胞再生移植をやっていますが、使用しているのは基本的にその方の血小板細胞であり、外で造ったバイ菌細胞など使用しておりません。千島学説でも同じ事を言っていますが、体細胞が有糸分裂するケースはほとんど無いのが現実ですよ。

 

次回に続く