時事情報(12/17)

〈ジェット気流が運ぶウイルス〉
 人類が誕生する遙か大昔からインフルエンザ・ウイルスは存在しており、「昆虫ウイルス」であるそれは毎年冬場に発生し、空の上の気流に乗じて世界中の地域に伝搬されるのが恒例の行事です。無論、その行事とはべつに我々の地球に限った事ではありません。四季が存在する惑星では冬場に昆虫が死ぬのは当たり前の話、昆虫の死骸からウイルスが放たれて、それらの「風媒ウイルス」が風に乗って遠くの地へと運ばれていくのです。こうしたインフルエンザの毎年の流行に関しては、西洋医学でも人=人感染で広がる伝染病だとは思っていない様子です。インフルエンザは日本語では「風(邪)」と呼ばれており、昔から風が運んでくる病であると解釈されてきました。ちなみに、インド・ヨーロッパ語族の基本言語であるプレアデス言語では、昆虫全般の事を「インフ」と称しており、その小さな病原体がもたらす病を「インフルニエグ」と総称していました。また日本語のケウエグ言語では昆虫の事を「むし」と称しており、谷間を渡る風の事を「かにょ」と呼んで、風がもたらす病を「疫病(えきイェお)」イェと呼んでいました。※ (イェ)はヤ行のエの発音。
 
 大昔の宇宙人言語居留区の時代には、病気に関する的確な解釈がなされてきたのに、現代人の劣化振りは甚だしく、インフルエンザ・ウイルスが「昆虫ウイルス」である認識も無いし、それが風媒ウイルスであって、ジェット気流に乗じて運ばれてくるところの、空の上から地上に降ってくる病気である認識もありません。そもそもプレアデス言語のインフルニエグとはウイルスの意味であって、英語では昆虫をインセクトと発音しますが、昆虫の語源とインフルエンザの語源が関係無いとでも思っているのでしょうか。「空の上ではウイルスは長時間生きられない」と、一体何処の誰が考えたのでしょう。ウイルスは氷や雪の低温下では何年も生き続ける生命体であり、ジェット気流の中はウイルスだらけなのです。「エアロゾル感染」ですって?    馬鹿言っちゃ困りますね、そういうレベルの話ではなく、窓を開けて換気すれば反対にウイルスに侵入されるのが落ちなのです。三密回避で感染が止められるのであれば、そんな楽チンな話はありませんね。
 
 コロナウイルスに関して、その発症の段階から今一度考えてみましょう。中国の湖北省や湖南省では近隣に原子炉が密集しており、廃棄された原子炉が3基と、新しい原子炉が3基の合計6基の原子炉が存在します。これらの原子炉から吐き出される高濃度の汚染水(ラジカル水)が湖に流れ出して、周辺の生物に多大な影響を与えていました。ラジカル水がもたらすのは細菌やウイルスの癌化であり、制御が非常に難しい反電荷微生物を誕生させてしまう事です。コウモリの宿生ウイルスは「ハンタウイルス」であり、最初にこの癌化種が暴れて、次に現れたイタチ科のオコジョの宿生ウイルスが「コロナウイルス」であって、この癌化種が人に感染して広がり始めました(中国人は何でも食べる習慣)。癌化した細菌やウイルスは物理的に免疫抵抗の規定外種、植物でも動物でも手当たりに次第に何にでも感染するという特技を有しています。癌化(反電荷化)したばかりの状態のウイルスは核酸成分まで反電荷が行き渡っていませんが、時間の経過に伴って反電荷が内部まで行き渡り、徐々に完全無欠の反電荷ウイルスへと変貌していきます。
 
 コロナウイルス(COVID-19)が中国人を経由して人=人感染で世界に広がった事は紛れもない事実(COVID-19は風媒ウイルスではなく体重が重いウイルス)、日本国でも犠牲者が出た事は承知の通りです。しかし、コロナウイルスよりもずっと恐ろしい癌化ウイルスが既にロシアで発生しており(昨年の10月下旬)、時期を同じくして流行が始まっていました。ロシアのオビ川の中流域で発生した「三ツ星テントウ虫」の宿生ウイルス(H4N1G2V)が、近隣の廃棄原子炉から流れ出る高濃度ラジカル水を浴びて癌化種が誕生したのです。中国産のウイルスは体重が重い哺乳類のウイルスですが、ロシア産のウイルスは体重が軽い風媒ウイルスであるインフルエンザ・ウイルス、どちらのウイルスも呼吸器系疾患を引き起こすウイルスであった理由から、コロナウイルスとH4N1G2Vの混同が始まりました。体重が倍以上も違うのに、なぜCOVID-19とインフルエンザの区別が付けられないのか、我々も不思議だったのですが、その原因には反電荷という物理的な要因が関係していました。
 
 皆様は多分、ウイルス核酸の定量分析に関わった経験を持つ方は少ないと思いますが、最近の手法はPCR増殖検査器の鋳型のDNA配列コードを基準に、そこにウイルス核酸(RNA)の塩基を配列させて、核酸の構成成分を見極めるという方法が一般的に用いられています。しかし、このPCR検査器とは正電荷の核酸成分を調べる為の機器、癌化した反電荷ウイルスの場合は核酸成分まで反電荷を呈しており、正電荷で構成されるDNAの基準コードとは結合しない事から、ウイルス核酸の配列構造を分析する事が出来ないのです。癌化したばかりの反電荷ウイルスの場合は見極めれる場合もあるのですが、ウイルス核酸の正確な定量分析が基本的に出来ない理由から、ウイルス種の判別も付けられないまま憶測で判断してきたというのが実情なのです。医学者達は検査技師の曖昧な憶測に振り回されて、全く違うウイルスなのに、ウイルスが進化して性質を変えたなどと詭弁的な説明を用いて誤魔化しているという状況です。
 
 今年(2020年)の2月頃からアメリカのカリフォルニア沿岸部から海アメンボの宿生ウイルスの癌化種(H2N2G2V)が誕生し、それがアメリカを襲いました。当初の米国保健省の発表ではインフルエンザであるという内容だったのですが、感染を繰り返す内に癌化種の濃度が高じて、保健省は一転してコロナウイルスであると断定してきました。中国に責任を転化させるという魂胆もあったと思われますが、それまでは定量が出来ていたのに、徐々に分析が出来なくなってきた為にコロナに急転換したというのが実情でしょうか。そして今年の6月の梅雨時期の話ですが、カザフスタンと中国の両国から一番影響力の高いハエウイルスの癌化種(H1N1G2V)が誕生し、真夏時期にも拘わらず、あっという間に世界各国をパンデミックの渦中に巻き込んでしまいました。また「死神」であるゴカイ・ウイロイドの発生に関しては、潮流の関係上被害国は限られていますが、特にヨーロッパやアメリカやメキシコやブラジルなどの沿岸部で多くの犠牲者を出してしまいました。
 
 ところで、正常細胞や正常ウイルスの「癌化(反電荷化)」とは一体どういう現象なのでしょうか。我々としては地球人の科学者が「なぜ癌化の意味が分からないのか」首を傾げるばかりなのですが、西洋アンポンタン民族が構築した粗野で未熟な科学では理解が難しいのだろうと思っております。プレアデス言語を紐解けば、正電荷は「ヒエ・サヨル」、反電荷は「アザト・サヨル」と言いますが、また癌は塊になるという腫瘍化の意味から「ゲーゼ」と呼ばれて、癌化は「ゲーオビア」と称されていました。特に癌化腫瘍の事は「アザトゲーゼ」と呼ばれました。その様な言語概念が昔から伝えられているのに、今の科学者には正電荷と反電荷の意味も分からず、それは素粒子の電子と反電子の違いだろうとしか思っていません。そもそも地球磁場圏は左巻の天体渦であり、地球の分身(子供)である細胞やウイルスの被膜には基本的に左巻の電流が走っています。その電流が全体的に醸し出す磁場(細胞電磁場)こそ細胞の命である事は承知の通りです。一個の細胞を殺すのに手間は掛からず、細胞の表被膜の中を流れる赤道電線を切断してやれば、磁場が消滅して、細胞の命は一瞬で消えて無くなるのです。
 
 ビーカーの水の中に体細胞を入れて電荷計測を行えば、水磁場に反映される電荷は陰電荷を呈しており、逆に今度は癌細胞を入れて電荷計測を行えば、水磁場に反映される電荷は正反対の陽電荷を呈する事実は、既に科学も認識している話、この現象に気が付いているならば、「癌とは何ぞや」が分かる筈だと思うのですが、それが分からないから苛立ちを覚えます。そもそも電荷が計測されるという事は、細胞の中に電流が走っている証明に他ならなく、なぜ細胞電流を追求しないのか、その電流の存在を確認出来たならば、癌細胞とは反電荷細胞の意味であって、赤道電流が真逆の方向に流れている事実が突き止められる筈なのです。つまり癌細胞とは物理的な要因で発生するものであって、DNA情報とは全く関係が無い事実を知って欲しい訳です。20世紀医学の最大の発見はDNAだと言われますが、そのお陰で遺伝子工学が花形の分野となり、何でもカンでもDNAに起因させてしまった結果、学問の本道が大きく横道にズレて、本来の軌道から逸脱してしまったと言えましょう。
 
 そもそも「細胞電荷の変異」をなぜ追及出来ないのかと言えば、「電流とは何だ」「電圧とは何だ」「電荷とは何だ」という最も初歩的な問題が解決しておらず、物理学自体が完全に狂っているから研究の仕様が無いというのが実情なのです。一般的な電子電流すらも実際は何も分かっていないのに、ましてや生体電流(アクオン電流やコリン電流)に関しては「これっぽっちのデータも無く、一体どんな電流なのか何も分かっていない」のが地球科学の現状と言えます。癌細胞が反電荷である事実は認めても、それが一体どんな意味を持つのか、それが分からないというから「馬鹿か」と怒鳴りたくなる心境でしょうか。「西洋アンポンタン科学」を勉強したから、科学者の頭がアンポンタンにされてしまった訳ですから、大学まで進学して専門的な学問を積む必要が一体何処にあるのでしょうか。勉強は高校生レベルの基礎教養で十分、専門課程で真っ赤な嘘を教えられるぐらいならば、最初から勉強しない方がよっぽど「まし」というものです。
 
 なぜ結核菌は昔の結核菌よりも更に強くなったのでしょうか。その理由は最近の結核菌は癌化した結核菌だからです。黄色ブドウ球菌とその癌化種(MRSA耐性菌)、緑膿菌とその癌化種(MDRP)、ウエルシュ菌とその癌化種、大腸菌とその癌化種(腸管出血性大腸菌)、カンジダとその癌化種(カンジダ・アウリス)、レジオネラ菌とその癌化種、グラム陰性菌(バクテリア)とその癌化種など、癌化種の特徴とは一般的には薬物耐性を示すばかりか、長寿命で逞しく、増殖が早いのが特徴です。相手は反電荷生物なのに、通常電荷の薬成分や免疫系では歯が立たないのは当たり前の話、かといって、反電荷系の薬物を人体に投与すれば、その薬だけで人体の臓器機能がパンクしてしまいます。結局、病院側も打つ手が無い状況であり、患者の自然治癒を期待しているならば、そこに医学の進歩などあるのでしょうか。侵入細菌は殺せない、バラ撒かれた菌毒は除去出来ない、力学発信器の存在も知らないのでは、一体何の為に病院があるのか、病院の存在意味すらも危うくなります。
 
 我々から言わせて貰えば、人類はウイルスに関しては「ど素人」の域を出ておらず、「本当に何も知らないんだ」と呆れております。そもそもウイルスとは生物の全種が持っているものである事も知らないし、インフルエンザ・ウイルスが昆虫ウイルスである事実も知らないし、またジェット気流に乗って空の上から降ってくる事実も、また癌化ウイルスの場合は、その多くは植物の葉の中で増殖して個体数を増やしている事実や、雪や氷の中でも、あるいは湖沼の水の中でも何年も生き続けている事実を全く知らないから、もう笑ってしまうのです。我々はジェット気流で運ばれてくる空の上のウイルスを解析して、何のインフルエンザ・ウイルスが襲来してくるとかの予報を述べており、「空の上でウイルスは生きられるのか」と真剣に論議している科学者達を見ると「阿保か」と思ってしまいます。ど素人の医学者達がほざくコロナ対策にはもうウンザリ、専門家気取りもいい加減にして欲しいと思います。何も知らないんだから、テレビで偉そうに語るなと言いたいですね。
 
 現在、枯葉の中から湧き出てくるコロナ・ウイルスは甚大な物量であり、その大半がH1ウイルスです。空の上から大量のウイルスが舞い落ちてきており、北半球の緯度の高い国々では路上に降り積もっている状況です。日本国でも増殖はしていないものの、紅葉が終わった地区から大量のウイルスが飛び交っており、北から南へと移行しています。幸いな事に日本国は国土シルエで守られており、ウイルスの病原性は極端に抑制されている状況、三月以降でコロナ・ウイルスによる重傷者も死者も一人も出しておらず、大量のウイルスを浴びているのに皆元気な状態です。他国と比較すると、重症化率や死亡率が極端に低い日本国のコロナ患者の現状、その理由は本当のコロナ患者が誰もいないからです。コロナウイルスは実際に飛び交っているものの、増殖出来ない様に、あるいは発信器が作動しない様に、我々がウイルスをコントロールしているからです。毎日、発表されるコロナ死亡者、でも本当は全て嘘、コロナとは無関係な原因でお年寄りが死んでいるだけの話です。
 
 お粗末なPCR検査を受ければ受ける程、陽性者の数が増えるのは当たり前の話、べつに陽性だと診断されても「要は死ななければそれで良い」のであって、窓を開けて換気すれば逆にウイルスに侵入される状況であれば、クラスター発生など所詮どうでもよい話です。勝手にコロナ患者に仕立て上げておいて、自ら医療崩壊などとほざく病院関係者、もういい加減にコロナ騒ぎはやめましょう、そしてマスコミも大げさな報道を毎日繰り返し、国民の不安を徒らに煽り続けるのはやめましょう。現在の日本国を端から眺めると、まるで「貪瞋痴(とんじんち)の世界」の様に映ります。そこには西洋アンポンタン民族と何も変わらない龍神島民族の姿が見えています。ならば一層の事、西洋人の如く、スペースシャトルで宇宙旅行をして、持ち帰った宇宙岩石を分析し、生命と宇宙の起源を求めて永久に研究しておれば良いのです。我々としては「とても付き合い切れないなー」と溜息が出る気分でしょうか。
 
 
 
 
〈バエルヤの海〉
 セジス・グレイの食料基地である惑星バエルヤは地球人類の移住先です。生身の人間はバエルヤに移住させて、死亡した人間(霊魂体)はベテルギウス本星に移住させるのが我々の目的であり、その目標に変更は一切ありません。当初はバエルヤ基地とキエ基地にそれぞれ11万人ずつという目標だったのですが、恐竜が残存する巨大生物の惑星キエは訓練を受けた者達でも危険極まりなく、無理だという結論に至りました。目下は目的地をバエルヤ一点に絞って、移住者の具体的な受け入れ準備をしております。バエルヤには三箇所の食料基地があって、地球風に表現すれば、広大な穀物畑があるアメリカ基地と、主に海産物を収穫するヨーロッパ基地と、主に家畜牧場を運営するインド基地がありますが、移住のメインはやはり広大な面積を誇るアメリカ基地(本部基地)であると考えています。今現在、移住者用の仮位相の総数は約200万個、最終的には350万個まで増やす予定ですが、もし地球に緊急事態が起これば、目下は200万人しか輸送出来ない事になります。
 
 バエルヤのアメリカ本部基地には約5万人を収容出来る家屋しか無い事から、多くの者達が野営のテント暮らしとなります。木の家を建てて平穏な生活が営める様になるには数年間の辛抱が必要であると思われます。ヨーロッパ基地には約3万人を収容出来る家屋がある事から、総勢350万人中、100万人ぐらいはヨーロッパ暮らしとなるかもしれません。現在、軍団はヨーロッパ基地の整備を行っており、インド基地の詳しい情報はまだ入手出来ていない状況です。惑星バエルヤには際立った四季が無い事から、穀物畑は二毛作らしく、年に二回は収穫が可能な様です。今は荒れ放題の農場ですが、穀物が勝手に自生しており、少しは収穫が可能であるという報告を受けております。しかし、農場を完全に整備しても、350万人という大人数の食料を確保するのは無理、今の農場面積の10倍ぐらいの広大な農場がないと、十分な穀物提供が出来ない計算になります。当然、人間は穀類だけで生きられる訳ではなく、海産物も肉類も必要となります。
 
 食べて生きていく事を考えれば、台所事情が非常に厳しく、移住者達は毎日労働しないと国家(第二の地球)を維持していく事が出来ません。しかし、惑星バエルヤには十分過ぎる自然環境があって、子供達を育てるには最適な条件が調った星であると思います。数十年間の時間が掛かるかもしれませんが、惑星自体に余力がある事から、将来は数千万人という単位の人口を軽く養っていけるだろうと計算しております。その頃には多分、キエ基地やブオ基地やブメデジにも人が移住していると思います。地球が終焉を迎えても、地球人類が終わりになる訳ではなく、こうして子供達が銀河のあちこちで生き延びてくれれば、親としてはそれだけで充分でしょうか。生身の肉体を有する人間生命は原則として宇宙空間では生きられません。また他星へ移住するといった芸当も出来ません。創造主や神々の協力が得られないと、惑星外では自力では何も出来ないのです。移住者に要求される事は、創造主や神々と一緒に一体となって生きるという事であって、地球人の様な勝手な生き方は出来ないという事です。
 
 なぜならば、バエルヤの円盤を操縦するのも、工場を稼働させるのも、電気や水といった生活のライフラインの管理も、全て創造主系(軍団系)の機械computer(オーク)が管理しており、今後は彼等と一体になって生きていかねばならないからです。残念ながら、地球人は神々から見捨てられた、未来が無い民族でした。でも、移住者達は生粋の龍神島民族であり、宇宙で唯一その存在を正式に認められた民族です。その様な意味では、神々と一緒になって生きる事が許された人間である事を誇りに感じて欲しいと思います。さて、話は変わりますが、惑星バエルヤは大量の生物相を抱える自然美豊かな水の惑星です。この惑星の主人公は猿ですが、生物霊界は構築したものの、大脳の発達度が悪く、「人化」が見送られた「猿の惑星(1/400)」の一つです。地軸の傾きが殆ど無く(8度)、明確な四季が無い温暖な気候の豊富な植物惑星であった事が災いしたのか(刺激が無さ過ぎたのか、争わなくても生きていける)、霊長類の知能の発達の方が今一だったみたいです。
 
 惑星の最大の特徴はブル ーのパノラマを広げる大きな海原であり、海洋が占める比率が陸地面積よりも遥かに大きい事です。つまり海水量が多く、1万メートルを超す様な深い海溝があちこちに見られるという、うら若き惑星なのが特徴であって、中心核のコアのサイズから言っても、もう一回り大きくなるだろう(海が浅くなる)と予想される惑星です。海洋には夥(おびただ)しい数の魚群が棲息しており、それを追いかけるクジラやイルカやアザラシなどの海洋哺乳類の数も多く、陸地よりも海が主役といった感じです。グレイの印象では、ブメデジを「鳥の惑星」と呼べば、バエルヤは「魚の惑星(食料庫)」といったイメージを抱いていた様です。円盤の中型機はスクリーンが大きい事から、中型機で潜る海の中の光景はまるで水族館だと言われています。円盤に水圧(重力圧)は無関係、海溝の最深部まで潜って深海の観察も出来ます。惑星キエの海には体長が100mクラスの大型恐竜がいる事から、危険過ぎて潜れないそうですが、バエルヤの海は温和で雄々しくなく、安全に観察が出来るという話でした。
 
 アメリカの西海岸、ヨーロッパの西海岸、インドの西海岸に沿って基地がある事から、当面の期間は移住者も海の食料に依存しなければならず、バエルヤの海は人間の命を支える貴重な食料庫になるだろうと思われます。現在の地球をどんなに補正したところで、いずれ人間が住める環境ではなくなります。地球人類とは土中で蠢(うごめ)く「人の幼虫」、宇宙の真実を何も知らない盲目の民なのです。我々が読者の皆様に言いたい事は、「龍神島民族の一人として折角この世に誕生したのに、あなたは地球人のままでいてそれで良いのか」という事です。今の日本人は日本人では非ず、多くの日本人が26音民族に洗脳された劣化民族と化しています。宇宙の真実に目覚めた方は、今後は一般人とは一定の距離を置いて付き合うべきだと思います。万人を救う事など到底不可能な話、最初から駄目な者は駄目であり、途中から良くなるという事は有り得ないからです。あなたは日本人の愚集の民から抜け出せるのでしょうか。
 
 

時事情報(12/4)

〈磁場と力場の補正に成功〉
 11月30日の20時30分、軍団が地球の磁場圏と力場圏の補正に成功し、地球の物理的な寿命を延長する事が出来ました。後二ヶ月間という軍団computerの計算には正直言って我々も動揺しましたが、「こうなれば星の命を交換しよう」という話になり、一つの惑星を犠牲にして、地球の物理寿命を延ばす事となりました。犠牲になった星は竜座矮小楕円銀河に存在する惑星で、生物が存在しない火星の如き岩石星、その渦磁場の形状を支えている力学骨格(12個のテトラ骨格)を取り外して、地球のそれと交換した次第です。また、その破壊された惑星から気の粒を運んで地球磁場圏へ注入し、気薄に変じた磁場圏そのものの補強作業も行いました。交換してまもなく、その星では重力崩壊が発生し、あっという間にコアが爆発して飛び散りました。残念ながら、一つの星の命を破壊しなければ地球寿命を延ばす事は出来ませんでした。人間(生物)の命の重さを考えればこれはやむを得なき最終手段、我々としても致し方もありません。
 
 今回、地球磁場圏の「磁場と力場の補強」に成功し、地球の物理的な寿命を延長させる事には成功しましたが、これで安心という訳ではありません。大きな問題が残っており、それは物質地球そのものの寿命です。物質地球とは「コア」そのものの事、一般的にコアとは狭義の意味ではマントル内部の重列元素(D−重合体)の事を指しますが、そのコア(D−重合体)の核反応でマントル層が発生し、地殻が形成され、さらに海洋と大気圏が形成された事を鑑みれば、広義の意味では渦巻の中心点に形成される物質惑星そのものが「渦巻のコア(中心物体)」と表現出来る訳です。地球は本来、2009年には滅ぶ筈の惑星だったのですが、我々が何度も延長策を講じ続けて今日まで保たせて参りました。そのお陰でコア本体もボロボロ、磁場も力場もボロボロ状態だったのです。我々は11年間で三度も大気注入を行なっており、磁場膨張(大気圏膨張)に伴う生物の窒息死を食い止めて参りました。しかし、今回は運動力学的な物理寿命は延ばせたものの、物質コアの命も有限である事は承知の通り、もしコアに異常(地殻崩落)が発生すれば、人類は住む土壌を失ってしまいます。
 
 先月、物質地球の内圧(気ガス圧)が極端に抜けて、コアを締める外界の力(渦磁場全体の向心力)が急激に減退した事実を確認しました。それで前回のブログ発表となった訳ですが、今回の回復作業の結果、今は地球の内圧が復元しており、その復元させた瞬間には大きな地震(アリューシャン列島の地下)も発生しました。渦磁場の外圧を本来の圧力値に戻しても、外圧(特に潮汐力)に従じて地殻やマントルが膨張や収縮を行っており、外圧が物質地球へ及ぼす「力の変化」に関しては、液体のマントルはともかく、固体の地殻が追従してくれるのかどうか、つまり柔軟に対応してくれるのかどうか、それが心配な状況です。なんせ地球の地殻はボロボロ状態であり、外圧の変化次第では大きくヒビ割れてマントル内部に崩落していく危険性が高いからです。気の粒を渦巻の中心点に均等に集めようとする重力、一方その重力作用よりも高い位置から、まるで「吹子(ふいご)」の様に圧縮作用と弛緩(膨張)作用を強制的に繰り返す渦巻の全体力(潮汐力)、これらの全体力で地表の物理環境が成り立っていますが、物質地球はその天体力に追従してきたに過ぎません。
 
 その様な意味では当座の地球の命(渦巻の命)は救えたものの、物質コア(地球)の命を救った訳ではない事を知って頂きたいと思います。もし、米国のカリフォルニア州近辺(地殻が極端に薄い領域)に巨大地震が発生すれば、そこから地殻崩落が発生し、海洋も大陸も地殻の岩盤そのものがマントルの内部に引き摺り込まれる事になります。現在、人類の命を脅かす因子は「コロナ・ウイルス」と「地殻崩落」という二大要素なのです。我々「人間王国軍」の目的は「人材獲得」であり、龍神島民族の選民救出である事は何度も語っていますが、その目的の為に地球寿命を今日まで保たせて参りました。コロナに関しては既に対策を講じており、我々はしっかり日本国を守ってきたのですが、無知な者達が「コロナ騒ぎ」を引き起こしているだけの話であって、日本国においては、今年の三月以降でコロナ死は「零状態」、今現在でもコロナ・ウイルスが原因で死亡した人間はただの一人も存在しないというのが現状です。医者は「そんな馬鹿な」と言うかもしれませんが、そのセリフは我々が医者に対して言いたい言葉でしょうか。
 
 目下、我々の懸念はたった一つ、それは日本国を襲う大規模な自然災害であって、要するに「地殻変動(崩落)」を心配しており、それが起きる前に必要な人材や資材を確保したいと願っています。現在、地殻崩落に関する対策は7枚の動力バリアだけの状況ですが、これ以外でも新しい素材研究を進めており、もう少し補強しておきたいと考えております。いつ訪れるか分からない予測不能な自然災害ですが、我々も早急に準備を整えており、皆様を迎える用意をしております。
 
 
 
 
〈コロナ情報〉
 本日(12月3日午前1時)、我々の医療団が日本国のコロナ患者を再び診察し、全国の病院で治療を受けているコロナの重症患者の容体を観察しました。また、世界各国の病院にいるコロナ患者の診察も同時に行なっており、医療データを集めた次第です。その結果、北海道から沖縄までの全国津々浦々の患者を診察して、コロナ患者が一人もいない事実を再び確認した次第です。日本の医師達は陽性患者をコロナ患者だと決めつけて、一体何の治療を施しているのでしょうか。患者の肺や血液や臓器内にコロナ・ウイルスが一匹もいないのに、なぜコロナ治療を施しているのでしょう。正気とはとても思えない「狂気の沙汰」の光景に、「マジか」と驚かざるを得ませんでした。医療団の調査の結果、呼吸疾患を起こしている患者の一番の原因は、院内感染による「多剤耐性緑膿菌(癌化緑膿菌: MDRP)」肺炎でした。また二番目がグラム陰性菌(バクテリア)の癌化種(シュードモナス菌)が引き起こすサイトカイン肺炎、三番目がカビ菌(主にアスペルギルス属)による肺炎、四番目がレジオネラ肺炎という結果でした。
 
 緑膿菌の外毒素は「エキソトキシンA」、他にも溶血素であるヘモリジンやラムノリピドを吐き出す事から、医療団もその毒素を見て緑膿菌の仕業である事実はすぐ分かります。また、癌化したシュードモナス菌は主に根菜類から摂取されるもので、これは細菌本体よりも発信器だけが肺に残っている状況であり、肺胞を襲っている犯人は自身の免疫細胞(擬似T細胞)です。この病気は現代医学では全く知られていない謎のサイトカイン肺炎である理由から、多分これをコロナ肺炎であると勘違いしているのだと考えられます。カビ肺炎は麹系の食材を扱う場合は頻繁に起こり得る病気であり、マイコトキシン系の毒素(アフラトキシンなど)が検出される事から、それがアスペルギルス肺炎である事はすぐ分かる筈です。西洋では不潔な病院が多く、電気器具類で繁殖するレジオネラ肺炎が一番多いのですが、日本国では清潔なのか発症数は僅かな様です。単なる細菌感染による肺炎なのに、陽性患者という理由だけで、レムデシビルなどの抗ウイルス剤を投与して身体を逆に弱らせてしまう為に、あっという間に肺炎を拗(こじ)らせてしまうのが実態であると感じた次第です。
 
 諸外国では人間や動物の体内ばかりか、草木の葉の中でも下水道の中でも、あるいは菌類の体内でもピーピーと発信器が鳴っているのに対して、全く静かなのが日本国、ウイルス発信器の音色はほとんど聞こえず、時折聞こえてくるのは癌化した細菌が有する発信器音だけです。現在のコロナ・ウイルスのメインはスペイン風邪で有名な「H1N1G2V」、その爆発的な感染力の凄さは100年前のパンデミックと一緒です。では「なぜ」犯人が「H1N1G2V」であると医学者は遺伝子の定量分析が出来ないのでしょうか。その理由は簡単であり、ただのH1N1G2Vではなく、それが癌化した反電荷ウイルスだからです。反電荷ウイルスの場合はRNAを構成する塩基成分まで反電荷を呈しており、ウイルスを濃縮させて写真を取る事は出来ても、中身の核酸分析が化学的に全く出来ないのです。たまたま分析出来たウイルスは癌化していない状態のウイルスに過ぎず、彼等は今も単なるインフルエンザ・ウイルスのノーマルH2N2G2Vの核酸をコロナ・ウイルスの核酸だと信じているのです。まさか、コロナ・ウイルスがウイロイドも含めた6種類の反電荷ウイルスであるとは微塵も思ってはいません。
 
 日本国においては、国土シルエの防衛網の内部である理由から、コロナ・ウイルスを集めて定量分析をするといった研究や、あるいはコロナ・ウイルスに関する免疫系の反応を研究する事は一切出来ません。そんな状況下であるにも拘らず、各大学から様々な研究論文が出されている事にはビックリ、一体何の研究をしているのでしょうか。本当にコロナ研究をしたいならば、外国のコロナ患者を外国で相手にしなければ研究した事にはならない事を知って欲しいと思います。大学の研究者が如何にいい加減な研究をしているのか呆れ果てるばかり、もはや馬鹿としか表現出来ませんね。薬を飲めば薬に殺されるし、病院へ行けば医者に殺される、それが西洋アンポンタン医学の実態なのです。そんな低脳な連中を信じて、医者を神様の如く信奉している民衆にも呆れるばかり、正直言って「駄目だ、こりゃ」と我々も投げ出したくなる心境でしょうか。まことに洗脳とは怖いものです。ハッキリ申しておきますが、ワクチンを投与したところでコロナ・ウイルスの感染予防には何の役にも立ちません。日本国は西洋列国の様子を見てからワクチン投与の決断をすべきだと思います。
 
 さて、インフルエンザ情報ですが、現在世界で流行しているインフルエンザ種は5種類、前回のウイルス種の3種に加えて、新しくH3N2V(アメリカ産のユスリ蚊)とH2N6V(ロシア産のエダヒゲ虫)が加わりました。これらのインフルエンザは日本国にも既に到来しています。簡易的なPCR装置ではインフルエンザとコロナの区別も付けられない事から、どうせ受けるならば、しっかりとしたPCR検査の方を受けましょう。無論、日本国限定の話ですが、我々がPCR検査そのものを否定している事は承知の通り、コロナ患者が実際に誰もいないからです。今は季節の関係上、ゴカイのウイロイド・ガスの発生が抑制されており、我々としては安心出来る状況なのですが、しかし来年の夏場にはガスの発生が懸念されており、日本国も無事では済まされないだろうと予測しております。世界人類がドンドンと淘汰されて、国々が次々と瓦解していく状況になれば、日本国政府もさすがに宇宙に活路を見出すのではないかと期待していますが、我々としては今後、目で実際に確認出来得る「証(物証)」を提示していきたいと考えております。
 
 今回、渦磁場の力学骨格を補正して、地球の物理環境を当面維持出来た理由から、我々としても無理な脱出計画を決行する必要が無くなり、ホッと一息安堵している状況です。日本国政府と日本の国民に対しては我々の計画に対する理解と協力をお願いしていきたいと思っております。
 
 

体感受アレルギーと免疫アレルギー

 
 <体感受アレルギーと免疫アレルギー>
毎年春を迎えると花粉症で苦しむ方が地球にも沢山居ますが、我々が地球人の診察を始めてから既に約7年の歳月が流れており、当初は大変厄介な病気であるアレルギー疾患に手を焼いていました。宇宙医学ではアレルギー疾患と言えば「体感受アレルギー」と「免疫アレルギー」という二種類に分類されており、両者の根本的な違いは、花粉アレルギーや食物アレルギーの様に、体の免疫機能が病状に直接関係しているか否かの相違であって、特に花の臭いや生物の生殖フェロモン(臭い分子の一種)などの外界因子に体全体が敏感に反応する疾患の方を、つまり免疫系が発動しないアレルギー症状の方を「体感受アレルギー」と称しています。一方、皆様も承知の様に、外敵の侵入から身体を守護する免疫系が異物の侵入を察知して興奮し始めると免疫系の命令に従って鼻や咽や気管支などの粘膜が二次的に異物の排除運動を行うのが咳や嚔や鼻水に象徴されるアレルギー反応です。

いちいち免疫系の命令が無くても外界の刺激や環境変化に対して体そのものが拒否反応を示したり機能ダウンする場合(例えば温度差による風邪症状など)が有って、免疫機能だけの問題では収まらない場合も多々有るのが現実です。地球医学の免疫機能に関する難解な説明書を読めば、「何じゃこれは、こいつらは馬鹿か」といつも思ってしまうのですが、地球医学は生体物質が一般的に放っているところの「物質信号」を解読出来ていないから小理屈を捏ね回しているだけの話に過ぎません。免疫系は侵入物が常に放っている「固有の信号」をキャッチして相手を認知しているばかりか、その信号に対応して行動を起こしているのです。当然、信号をキャッチ出来る物質(例えばバイ菌や花粉など)に関しては侵入を察知するものの、信号をキャッチ出来ない物質の侵入に対しては認知せず反応出来ない為に、その代わりに体全体が反応して主人(意識当体)に知らせようとする訳です。

 
 
 
  一般に、生き物は皆固有の物質信号を放っており、一個の細胞も一個の鶏卵も一個の花粉玉も、早い話がこれらは全て「卵」であって、特に被膜組織などのタンパク質が繰り出す活動音を「生体物質信号」と称しています。しかし、生き物だけが物質信号を奏でている訳では無く、厳密に言えばこの宇宙の万物が固有の信号(例えば水分子や炭素原子など)を備えており、その信号で相互に連絡を取り合っているのです。100種の元素がそれぞれに備える固有信号、その信号を解読すれば物質操作が非常に楽チンに出来る事になります。信号解読が出来ない限りは、水に信号を送って水分子を直列状態に配列させ「水発電機」を作るなどという芸当は不可能であるし(生物の体はアクオン電線を信号操作で作っている)、また海水に元素信号を放って特定の金属イオンだけを凝集させるといった芸当も出来ません。鉱物を硫酸で溶かして化学処理で金属を精製しているという、この宇宙の文明世界に於いて時代遅れの原始技術を用いているのは地球人ぐらいなものかも知れませんね。

さて、免疫系の親分である「肥満細胞(master cell)」が免疫系の司令塔である事は皆様も承知の通り、スギ花粉アレルギーを呈する患者の肥満細胞を見ると、細胞膜の表層に「スギ信号レセプター」なる「耳」がキノコの様に生えており、その耳がスギ花粉の信号をキャッチすると親分自体が騒ぎ出します。「敵侵入、敵侵入」とわめき散らして部下に知らしめ、花粉が付着した鼻腔粘膜や咽粘膜に対しては「花粉を外に吐き出す」様に命令を送る事から、粘膜は慌てて免疫副産物(エイコサノイドやサイトカインなど)を分泌して咳や鼻水を誘発させる行動に出ます。肥満細胞のレセプター(耳)は1種類では無く、人によっては30~60種類のレセプターを有している敏感な人も居て、ヒノキ花粉、ポプラ花粉、豚草花粉、白樺花粉などのレセプターや、あるいは食品では卵白やチーズや牛乳や納豆や蕎麦などのレセプターや、時には金属接触のレセプターを有している方も見られます。治療法としては、肥満細胞に形成された耳(例えばチーズ・レセプター)をカットしてやるとその方はもうチーズ・アレルギーを引き起こさない様になります。我々はそうした治療を実際に行っていますが、今の地球医学の実力ではそんな奇跡の治療は到底不可能という事になります。

 
 
 
  我々が治療して来た患者のここ7年間の統計を分析してみると、肥満細胞にアレルギー・レセプターが一個も無いという方は珍しく、大半の人は一つか二つ以上のアレルギーの耳を有しているのが普通の様です。しかし東北大震災以来、こうした免疫アレルギーよりも、免疫系が発動しない「体感受アレルギー」が横行しており、特に比較的作用力の強い生物フェロモン分子に反応している方を多く見掛けます。特に春先は昆虫類や動物のフェロモンが一斉に飛び交う事から、一春の期間に3~10種類くらいのフェロモン・アレルギーを連続的に発症しているのが普通、多くの方は「自分は花粉症だ」と決め付けている様ですが、実際はフェロモン・アレルギーが7割で、本物の花粉症の方は3割にも満たない事実が分かって来ました。昆虫フェロモンと言えば「家ダニ・フェロモン」や「スズメ蜂フェロモン」などが有名で良く知られていますが、放射性微粒子であるRAD分子吸着によってフェロモン分子の反応基がラジカル化して(反応力が普段の何十万倍にも高じる)、今はあらゆる生物種のフェロモンが凶器へと変じているのが実情です。

昆虫の雌が放つところの生殖フェロモンは、蝿、蚊、ダニ、蟻、蜂、蝶、わらじ虫などで、過敏な方はあらゆる昆虫種のフェロモンに反応しますが、動物フェロモンでは昔から猫科のフェロモンが強いアレルギー症状を引き起こす事で有名であり、猫の生殖時期が訪れれば目を赤く腫らしてコホンコホンと咳き込むという方を多く見掛けます。もともと喘息系の疾患を持った方は春先のこの時期は本当に大変な目に合っている様です。免疫アレルギーの場合は、酷い時には「アナフィラキシー・ショック」を起こす可能性もあって、生死に関わる事から決して油断出来ないのですが、そんな時は免疫細胞群に対して「静まれ信号(正式には定置に戻れ信号)」を発令してやると、あっという間に免疫群が定位置に帰って静かになります。免疫群も固有の信号を出し合って互いに連絡している事から、その信号を学んで免疫の操作術を覚えれば、いい加減な薬を投与するよりも素早い治療が可能となる訳です。また各種の体感受アレルギーの場合は、自己の身体に対して「それは敵じゃない信号」を送って覚えてもらうという方式を取ります。体に対してそうした擦り込み作業を施すと、同じ物質には二度と反応しなくなるから生体とはまことに不思議なものだと言えましょう。

さて、動物の免疫群が物質信号に対して反応を起こすメカニズムを逆利用して自然界の生物(主に細菌やウイルス)は動物の体を攻撃したり、その身体に寄生して自己の複製を造らせて自己増殖のお手伝いをさせるとか色々と細かい芸を駆使して来ます。難病の中でも地球医学が「自己免疫疾患」という病名を付けている病気の大半は細菌やウイルスが所有する「信号発信器」に原因が有って、病原体の彼等は動物の免疫系(警察)を信号操作で間接的に支配し、身体を好きな様に牛耳っているのです。グラム陰性菌などの細胞膜の下部には「内毒素」と呼ばれる物質が蓄えられており、相手を攻撃する外毒素とは異なる特殊な蛋白物質(信号発信器)を備えています。人体に侵入した病原菌を免疫系の白血球が破壊しても、破壊と同時に内毒素(発信器)が人体の中にバラ撒かれて、病原菌の死後もその信号器がものを申して細菌の存在感を見せつけるのです。「多発性硬化症」「重症筋無力症」「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」「全身性エリテマトーデス」「ベーチェット病」「原発性免疫不全症候群」などなどその他沢山あります。

 
 
 
  一口で表現すれば、病原体の物質信号発信器による動物の免疫細胞群に対する間接操作という手法ですが、要は免疫細胞の生産業務に介入し「不認可の免疫タンパク生産」に関わって似非免疫タンパクを作り出してしまうという凄技の事です。人間世界に例えれば、教育を受けた正式な認可警察官とは別の不認可警察官を大量に作り出して、彼等に国民や国家を組織的に襲わせるという人の土俵で相撲を取る何とも恐ろしい操作術の事です。不認可警察官でも身体の免疫細胞の生産物の一種である事から、この似非警察官の事を我々は「不認可サイトカイン」と総称していますが、身体組織の命令には従わず何でもかんでも手当たり次第に組織を襲って、それが脳神経であろうが血管であろうが臓器や骨であろうが無関係、悉く破壊してしまうから恐ろしい訳です。そうした不認可警察官(サイトカイン)が好んで襲う部位が動物の膝や肘や股や踝などの「関節」であり、関節内部を食い荒らして硬骨でも軟骨でも溶かしてしまうから手に負えません。

お年寄りの多くの方が「変形性膝関節症」で悩んでいますが、単なる骨の老化による関節炎かと思っていたら、中には大量の不認可サイトカイン(14種類の免疫タンパク質)に侵食された「サイトカイン膝関節炎症」を発症している方が居て、関節内部が殆ど食われて溶解しており、人工関節でしか補い様が無いという酷い場合もあります。サイトカイン関節炎症は、早い話が自己の免疫群に襲われる「免疫疾患病」に該当しますが、なぜ自己の体を守る筈の警察官に襲われるのでしょうか。それが医学界の七不思議の一つなのですが、実は細菌やウイルスが体に残して行く「信号発信器」の誘導によって、彼等の化身である不認可サイトカインが日々大量に造り出されているのが原因なのです。蛇使いが吹く笛の音色に従って蛇が踊る様に、人体の中の免疫母細胞が音色に従って不認可の免疫タンパクを大量に生産し続けており、また彼等も笛の音色に従って特定の場所のみをターゲットに襲い続けるのです。

 
 
 14種類の不認可サイトカインは微生物の「信号発信器の種類」によって襲う場所が異なる為に非常に厄介であり、脳を全体的に食い荒らすサイトカインも居れば(脳軟化症)、脊髄神経のみを食い荒らすのも居て(ALS)、また肺胞や気管支粘膜のみを食い荒らすのも(器質化肺炎)、小腸の乳突起のみを食い荒らすのも(腸ベーチェット)、脳血管のイオン浸透膜のみを食い荒らすのも(高濃度塩素イオン脳症)、あるいは運動神経の末梢部のみを食い荒らすのも居て(筋無力症)、発信器を送り込む微生物種によって様々な箇所が襲われますが、一番多く狙われるのが手足の関節であり、グラム陰性菌(バクテリア)由来のサイトカイン関節炎が全体の7割を占めているというのが我々の臨床治療の統計で分かっています。インフルエンザ・ウイルスでも種類によっては発信器を備えたウイルスも居て(例えばH4N5G2Vなど)、ウイルスそのものは撃退しても症状がさっぱり改善されずに重症化して行くという場合があります。それは身体にバラまかれた発信器(サイトカイン誘発器)を掃除出来ていないからであり、発信器を破壊すれば(笛の音色を消せば)体内の不認可サイトカイン生産はストップします。
 
 
 
  これが治療現場の「実情」であるのに、物質信号の解読も出来ていないばかりか、不認可免疫タンパクの存在も知らず、「なぜ自分の免疫系が組織を襲うのだろう?」などと悠長に構えている地球医学の「無知さ加減」には呆れるばかり、治療法が分からないならば「聞きに来いやー」と我々は思っている次第です。地球医学はアトピー性皮膚炎の原因が分からず長い間苦しんで来ましたが、近年やっとその原因が分かったものの(黄色ブドウ球菌毒に拠る皮膚炎)、今度は皮下に放出された毒素の除去が出来ないという情けなさ、黄色ブドウ球菌にも種類が有って、その毒素も12種類に及ぶ事から、皮下からの毒素の完全除去は殆ど不可能だと言って良いでしょう。そんな状況にも拘わらず、まるで治せるかの様に嘘吹いて、患者に無関係な薬を塗っては悪化させている様では「終わっている」と言えましょうか。昆虫や菌類やウイルスが持つ毒素の特定やその除去法、信号発信器の解読やその除去法、そうした基本的な学習をちゃんと積まないと医者とは言えないんですね。

皆様が良く知る「結核菌」の話ですが、100年経っても未だに根治出来ていない現状は承知の通り、相手は自然界の生き物、環境に応じて刻々と進化しており、この様な典型的な耐性菌に対してはもっと抜本的な治療対策を講じる必要があります。これは結核菌だけの話ではありませんが、耐性菌の多くは「被膜バリア」を被っており、また毒を放って免疫系の侵入を阻止している事から、そのバリアを溶解し、毒を中和させる事が大事であって、そうすれば昔の薬剤でも普通に効力を発揮させる事が出来ます。特に結核菌はコロニーを形成しており、そのコロニーバリア(領域バリア)を剥がさないと薬分子が侵入出来ないという二重結界を張っている最大の難敵、もう少し賢い戦法を考えねば、医学よりも細菌の能力の方が進化している状況では永遠に克服出来ない事になってしまいます。我々の治療法を用いれば簡単に戦えるのですが(アストラルの医療用ケージで全身を包んで治療する)、従来の物質医学の陳腐な戦法では、単なる殺菌も、毒素中和も、耐性被膜溶解も殆ど不可能だと言って良いでしょう。

ちなみに医療用のアストラル・ケージとは一般物質を貫通するアストラル磁気パックの事で、それで人体を包んでその磁気に被膜溶解情報や殺菌情報や解毒情報を打ち込むだけの話、別に人体を切り開く必要も無く、またいちいち薬を投与しなくても、そこに人間が入っているだけで治療が出来てしまうという未来型の治療用具の事です。無論、これだけでは細菌治療や毒治療やインフルエンザ治療や各種のアレルギー治療程度しか対応出来ませんが(毒やサイトカインに変性したり、食い荒らされた組織の回復は出来ない)、情報の入力次第ではインフルエンザ感染や深刻なウイルス伝染病などの予防になる事から、宇宙医学では大変重宝されている物です。アストラル物質の研究開発が全く出来ていない地球科学では無理難題な話ですが、未来医学が目指すべき方向を啓示しただけの話、地球人はもっと真剣に医療道具の開発に取り組むべきではと思っております。これは真面目な話ですが、医療用のアストラル被膜を四年前から日本の国土全体に張っており、今は四つのウイルスの侵入を実際に食い止めております。

一つは「エイズ・ウイルス」であり、今現在日本国にはエイズ患者が一人も居ません(海外のエイズ患者が日本国に入るとエイズが治る)。二つ目は「口蹄疫ウイルス」であり、このウイルスが上陸しても繁殖は出来ず、日本国内では既に死滅しています。三つ目は「新型マーズ・ウイルス」であり、数年前に韓国で感染が広がりましたが日本国では一人も発症しませんでした。もう一つは「チクングニア・ウイルス」であり、南米から持ち込まれても日本国内では一人も発症していません。無論、もし型を変化させた新種のマーズ・ウイルスや新型の口蹄疫ウイルスが上陸すればエピデミック感染を防御出来ない事になりますが(その時は分析して改めて入力をし直す必要がある)、少なくともこの四つのウイルスに対する防御網は日本国では確立されています。これは日本人の為に設置したのでは無く、我々も日本人の肉体に宿った宇宙人である事から自分達を守る目的で張っております。この領域医療被膜の小型版をアストラル・ケージと呼んでおり、既に日本国では実践で使用されている物です。

西欧アンポンタン科学に洗脳されて頭がパーになっている現在の地球人ですが、いつまでもパーのままで居てもらっては困るのであり、宇宙真理をちゃんと勉強して逸脱した科学を正しい軌道に戻して正常に発展させましょう。無論、我々としても知識提供や技術協力は惜しまないつもりです。少し失礼な言い方かも知れませんが、地球人に取って今必要な事とは自分達が何も知らない馬鹿である事の認識です。馬鹿だと認識したら普通は馬鹿を卒業しようと思うもの、それを狙って馬鹿だ馬鹿だと仕切りに捲し立てているのですが、無反応でいると言う事は未だに馬鹿を卒業出来ていないという証拠でしょうか。宇宙真理を勉強する向学心が人類には無いんですかね。それとも余りにも突飛な話なので全く付いて来られないのでしょうか?