時事情報(5/29)

  〈銀河史概論: 宇宙船技術(その2)〉
 聖地「地球」の猿に「ヒト遺伝子情報」を入力したのは今から約550万年前の話、無論、遺伝子情報と言ってもDNAのことではなく、生物霊界の位相内バイオンに対して情報データを転写することであり、やがてその情報は地上(肉体)の遺伝子である「ヒール」に伝達されて、ヒールが地上の猿の形態を「ヒト化」させていきます。DNAを操作してタンパク質(酵素)を作り出しているのも「ヒール」であって、また、バイオン分子が化学反応に関与し、体の新陳代謝が行われるのも、その大元締の総指揮者はヒールなのです。ヒールもバイオンも人間の目には見えないアストラル物質であり、そもそも生命とはうら若き地球人が回答を導ける様な単純な構造物ではありません。プレアデス連合のアルデバラン星人は約2700万年前には「ヒト化」されており、わずか100万年足らずで惑星人の大半が同じ共通言語を話していました。科学の発達も、横槍を入れられることなく順調に成長を遂げて、素粒子が天体と一緒の「気の渦巻」である事実には気がついており、早い段階から原子や分子などの粒子操作に長けていました。他星と比較すれば地球人はまだ動物に近く、どんなに優秀な生命であっても人間歴そのものが浅いことになります。だから銀河の歴史に精通して、悪しきことも、また良きことも、活用できるものは全て学び取って成長の糧にして頂きたいものです。

 どの銀河民族も同様であり、科学という文明を人間は自然界から学んで発達させてきました。地球でもそうですが、ニュートンが誕生する50年前(1596年)、フランスのルネ・デカルトは天体運動が渦運動であることに気がつき、宇宙空間から伝わってくる光とは空間媒体(気の粒: サイ粒子)の振動波であろうと考え、また重力に関しても渦巻場の内圧だろうと想定していました。彼は「人間の心」とは大脳の中脳水道に外側から宿る(入力してくる)ものと考えたばかりか(心は身体には無い)、数学においても、方程式の限界や、負の概念の虚像性(便宜上の概念)を説いており、まさに形而上学を追求した偉大な哲学者だったと思います。これは余談ですが、ニュートンやアインシュタインは死後に即刻召喚(死刑)されていますが、デカルトは菩薩界の第8位の菩薩神として、つい最近まで現役で活躍していました。洗脳された方の場合は別ですが、あの世に行けば嘘つきや詐欺師は基本的に死刑になりますので、注意をして頂きたいと思います。さて、もしデカルトの哲理をベースにして西洋科学がそのまま進化してきたならば、今頃は一段階上の科学になっていただろうと思われます。多くの銀河民族がこうした形而上学から科学をスタートさせてきたからです。粒子自体が一つの生命単位であることに気がつけば、自ずと粒子の声を聞ける様になり、その操作の仕方も覚えてくる筈です。

 渦運動をよく解析してみれば、宇宙の構造も見えてくるし、また、万物の構成が「磁気的な要素」と「力学的な要素」という相異なる二種類の因子から成り立つ事実も見えてきます。この世の森羅万象とは「陰陽の二法」で全て語り尽くせるものだからです。渦巻の様な平面的な回転運動を覗き込むと、向心力(力線)が回転の中心点に入力している事実は分かって頂けると思います。ニュートン力学では向心力から先の説明が全くありませんが、常識的に考えて、中心点に入力した向心力線がそこでジッとしているとは思えません。実は向心力線とは循環するものであって、正八面体(テトラ形状)の立体骨格が作られて、そこには「力の場」が形成されているのです。これは二次元的な平面渦が三次元立方の球体場を囲うという「立体世界」を出現させるための宇宙の運動原理なのです。先に力線骨格が誕生し、それに誘導されるかの様に空間媒体が流れ込んで、後から渦巻流体が誕生してきます。回転テトラの中心点にはS極からN極へと向かう力線の束(力束)が走っており、またその流れに沿って磁束も移動しています。つまり、渦巻体の中心点には磁力線(磁束と力束の混合線)が走っているのであって、このメカニズムをしっかり掌握できなければ円盤など作れる訳がありませんね。

 それが四角形でも六角形でも円形でもべつに構いません。平面的な平たい物質が回転運動を起こせば、その回転の中心点には磁束や力束が貫通して走行しており、そこから磁束線や力束線を取り出せば、磁気(電気)も活用できるし、また、物体の推進力も取り出すことが可能なのです。宇宙船の推進力に使用されてきた装置は銀河史の時代に応じて大きく内容が異なりますが、基本的には「反作用力」で宇宙空間を飛んでおり、その反作用力を得る方法とは地球人の様に空間媒体に作用を仕掛けて反発力を得るのか(ロケット噴射)、また、天体の力の場(力場)に力線を打ち込んで反発力を得るのか、あるいは天体磁場の電荷に対して同電荷を作用させてその離反作用で推進力を得るのか、それぐらいしか方法が無いのです。まあ、我々の様に外宇宙の創造主軍団に運んでもらうという他力手法もありますが、それが物質円盤だろうがアストラル円盤だろうが、宇宙船で空間を飛ぶ方法は「これしか無いんだ」と脳裏に刻み込んで欲しいと思います。また、この原則は惑星内の重力空間(大気空間)であろうが無重力空間(真空空間)であろうが理屈は一緒、べつに宇宙船まで開発しなくても、バイクでも自動車でも電車でも飛行機でも、燃料が要らない半永久的な推進力は必要なものだと考えています。

 では、そんな自然界の法則を知った過去世の銀河民族は一体どうやって半永久的な発電システムや無燃料の推進システムを考案してきたのでしょうか。ここから先の話は「生命論の中級編(応用編)」の内容になりますが、かなり突っ込んだ具体的な技術内容を紹介しようと思います。現在の地球科学の実力では相当難しいと思いますが、過去世の民族も苦しんで開発に漕ぎ着けており、既に開発されている現実の技術であることを思えば、地球人だってできないことは決して無いと、我々はそう信じております。自動車にしても飛行機にしても、エンジンを駆動させるための動力源として「電気力」が必要であることは承知の通り、それは物質円盤でもアストラル円盤でも一緒の理屈です。宇宙船の中に発電用のダムや原子力発電所を詰め込む訳にもいかず、また、燃料電池や太陽電池やバッテリーなどで長期間に渡って膨大な電力を必要とする大型宇宙船を動かすことは不可能です。過去の銀河民族は一体どうやって宇宙空間で発電していたのでしょうか。天体は渦磁場を囲っており、早い話が膨大な電場を備えています。この天体磁場から電気を如何様にして取り出すか、多くの銀河民族がその課題に取り組みました。

 「小さな人工天体を作って天体と同期させれば電気は無尽蔵に取り出せる」と、どの民族もその理屈は痛い程分かっていましたが、コンパクトな渦磁場を人工的に作るためには気の粒の回転渦流が必要です。原理的には半径が異なる6本のチューブ管を電熱器のコイルの様に同心円状にセットして、そのチューブ管の中に気の粒を注入してやれば、天体とほぼ一緒の渦磁場が形成されることは理論上は明白です。しかし、果たして素粒子の電子よりも小さな極小の粒子をチューブ管の中に圧縮して閉じ込めることが可能なのでしょうか。承知の様に、水素ガスですら鉄製のボンベやアルミニウム・ボンベを貫通して外に漏れ出していくのが実情です。ましてや気の粒を蓄える容器ができる筈もありませんね。普通はそこで諦めてまうのですが、だがよくよく考えてみると、自然界がその方法を教えてくれていました。惑星の地殻の中には高圧の気の粒ガスがプールされており、その内部圧力に負けて、時折岩盤にひび割れが発生し、地震が発生してきます。地震雲とは岩盤の割れ目から吹き出した気の粒ガスが引き起こす「拡散渦」が雲の正体なのです。つまり、岩石は気の粒を閉じ込めることができる訳です。

 岩石の主成分は「酸化シリコン: SiO4」ですが、これを液化して「シリコン・メッキ(シリコンの薄膜)」を完成させるまでが大変な苦労だった訳ですが、何とかその手法を見出して、チューブ管の内外をガス漏れ防止用のシリコン・メッキで包むことができました。最初にこの発明をやってのけたはベガ星人でしたが、いわゆる「磁差発電機」の発明によって、銀河レムリア期の宇宙時代が幕開けしたのでした。実際の発電機は6層の渦状チューブを二組作って、片方を裏返しにして(左巻と右巻に分ける)、互いの中心磁束流がループ循環する様にしており(永久磁束)、その磁束流(電圧流)を金属導線に流してやると、導線内部の電子が配列して目的の電子電流が生まれてくるのです。無論、これはダムの発電所が高圧電線に流しているコイルの電圧流と基本的に一緒であって、電圧流という前駆的な母体電流が金属内部の原子間に電子を配列せしめて、いわゆる電子電流を二次的に生産しているメカニズムと一緒のものです。地球科学では電流を流す圧力のことを「電圧」と称していますが、それは水圧とは無関係であって、電圧流という電気と、電子磁束(電流)といった二本立ての電気で解釈すべきものであって、電圧も電流もゴチャ混ぜにして電気を一本化している様では終わっていると言えましょう。


 さて、渦磁場に対する深い洞察は、結局、無燃料エンジンの開発にも「気づき」をもたらします。それは渦磁場の力学骨格(テトラ体)の解析から、定型のパターン運動しか起こさない力線運動に対してある作用を及ぼしてやると、回転体から駆動力が得られる方法が存在します。これは人間王国時代に開発された、遥か過去世の宇宙から伝来してきた知恵なのですが、今世の宇宙では最初に気づいたのがやはりベガ星人だったのです。この話とはいわゆるTABエンジンのことですが、原理自体の名称はトライアングル・バイパス法(三角バイパス法)と呼ばれており、テトラ骨格が形成されている回転体の中に軸棒を入れて、その軸棒に回転半径大の二等辺三角形の金属板を接合してやると、金属板が高速回転を起こして、回転する度にN極から余剰の力線が放出されるという原理なのです。回転体のN極から余剰力線が外界へ放出されることから力場の反作用が発生し、回転体そのものが反対のS極の方向へ移動を始めるのです。テトラ力体は磁差発電機でも形成されますが、発電機と推進器の併用は難しい理由から、ベガ星人達は自動車や船舶や飛行機や円盤の中に取り付けるコンパクトな推進器を開発するのに、重厚なサイ粒子チューブ管に取って代わる新しい軽量素材の開発にあくせくしていたことになります。

 乗り物は前後左右に動かさなければならず、また、宇宙空間で上下左右前後に方向転換を効かせるためには、舵を取るために推進器そのものを忙しく動かす必要があります。そうした電気力は搭載した据え置きの磁差発電機が生産し、賄ってくれますが、やはり推進器は別のものを用意する必要があります。ベガ星人が注目した元素は半導体に使用されている純粋なシリコンであり、シリコンの円形管を磁差発電機の様にセットしてやると、シリコン内部には電子が配列した「電子バイパス(チェーン)」の束が形成され、発生した万年電流がシリコン管の中でループ回転を起こすことから、そのシリコン盤にはテトラ体ができ上がるのです。そのテトラ力体の中に軸棒を入れて三角形の金属板を挿入してやると、シリコン盤そのものに反作用力が付加されることになります。無論、シリコン盤を円盤の骨格基盤の中に埋め込めば、円盤自体の推進力が得られる結果となります。これが最初期のアダムスキー型円盤の推進原理ですが、一見すれば、TABエンジンとはまるで玩具(タケコプター)みたいな稚拙で不安定なエンジンなので、各民族は競って新しい安定推進器の開発を進めてきました。TABエンジンの次に開発されたのがPSYエンジンであり、カシオペアのシェダル星人が考案しました。

 PSY(サイ)エンジンとは磁差発電機のサイ粒子管からヒントを得た推進器であり、サイ粒子直列力束エンジンとでも表現しましょうか、高密度に濃縮された複数の「サイ粒子直管」が推進器そのものであり、そこから外界へ放たれるサイ粒子力束が空間媒体と衝突して、その反作用力で推進するという装置です。推進原理は超簡単なのですが、サイ粒子直管の性質上、大掛かりな力束循環システムが必要であり、円盤の大型化はやむを得ない状況となりました。円盤の巡行速度はTABエンジンの約10倍の出力ですが、当時はまだ航海用の力学センサーシステムができておらず、神々と交信ができる巫女が航路の案内役を務めていました。光速度の20倍という速度であるために、浮遊岩石を確認した次の瞬間には船体が粉々に飛び散ってしまうという、おっかなビックリの航海を余儀なくされていました。ロケットのノズルに相当するサイ粒子直管は無燃料エンジンではあるものの、早い話が力束が出っ放しの状態であり、船体を止めることが難しいエンジンだったのです。そこでノズルを収納し、力束を船内循環させるシステム装置を考案する必要がありました。実は磁差発電機のサイ粒子チューブ管も若干そうなのですが、気の粒の漏れは防げても、不定形な気の粒チェーンが発する力束の防御体制が完成しておらず、サイ粒子管から漏洩した力束線が他の原子の原子核を揺さぶり、二次放射線を発生させてしまうという最大の欠点がありました。

 銀河の初期段階の円盤は様々な問題を抱えていました。特に太陽系内を航行する時は浮遊岩石だらけなのにめくら運転を余儀なくされ、また、船内重力が無いために無重力生活を強いられ(健康被害)、毎日の様に修理箇所が発生し、特に円盤の離発着時における運転操作が難しく、墜落事故が頻繁に起こっていました。それに、宇宙船の内部なのに放射線防御服を纏う必要がありましたし、表面重力値の計算を間違えて船体がペシャンコになったり、空間の落とし穴(ブラックホール)に嵌って脱出不能に陥ったり、距離の限界を超えてしまい母星との連絡が取れないとか様々あり、こうした問題が一挙に解決されて、安全で快適な宇宙航海が可能になったのは、一にも二にも「π−電子超伝導チューブ」の開発のお陰であり、また、銀河の航路地図や力学航路センサー等の発達のお陰だと言えます。また、円盤も超大型化して、そのエンジンの方も、乗組員の安全性が考慮され大きく改良されて進歩しました。いわゆるプレアデス型のDHエンジン・システムのことですが、その一番の特徴は高性能な「炭酸ガス・力学変換器」の開発に成功したことでした。そもそもDHエンジンとは重水素ガスの磁束線を応用したものであり、それは人体には優しいものの、それだけでは反作用力を生み出さない磁気線の一種、その磁束線をどうやって実利のある力束線に変換させるのか、それが一番の問題だったのです。

 水素ガスの電子軌道磁束とはいわゆる生体電流(コリン電流)のことですが、水素原子同士の反発力が強いために、有機物の炭素鎖間隔の距離を設けないと等間配列が崩れてしまいます。ベタ結合させると強烈な磁束が流れるものの、水素同士の斥力で隊列から飛びしてしまうからです。単独の水素原子は単独の電子と性質がよく似ており、互いの離反力の方が圧倒的に強いのですが(至近距離に近づけることができない)、重水素原子同士の場合はなぜか反発力が薄れてベタ結合が可能になる特徴は、陰電子と陽電子がベタ結合を呈するのとよく似た理屈であると考えられます。重水素ガス・チェーンから繰り出される強烈な原子磁束は他の原子や分子に対して高い作用力を持っている理由から、それに見合う「磁束線=力束線変換器」が用意できれば、空間ガスとして無尽蔵に存在する天然の重水素ガスを利用することができます。プレアデスの科学者が注目したのは、宇宙空間に発生するドライアイス結晶が水分子と同様の六員環クラスター構造を呈し、しかもそれらの六員環が所々で回転しているという事実でした。もし、六員環が筒状に連鎖したものに外側から回転力を付加できれば、小さなクラスター分子が一斉に回転することになり、そこには力束が大量に誕生してくることになります。実験の結果は、重水素ガスの原子磁束を炭酸クラスターに打ち込んでやると物凄い回転力が生じることが判明し、ドライアイス結晶の分子加工に乗り出すことになりました。

 炭酸ガスの結晶体であるドライアイスは固体から昇華して気体に戻ってしまいますが、こうした分子加工はお手のものであり、彼らは六員環が一列に配列した蜂の巣の様なドライアイス(変換器)を開発して、DHエンジンから繰り出される大量の磁束線を変換器に打ち込んで、二次的に推進力を得るという手法を開発したのでした。ドライアイスの力束線も、また、重水素ガスの磁束線も人体には優しいことから、それまでの殺人円盤には乗れなかった女性も安心して乗船できる様になりました。反重力浮上をする物質円盤には船内重力が発生し、いかなる圧力でも潰される心配が無くなり、放射線防御服を着る心配も無くなりました。また、力学computerが開発されて、べつに霊能者の力を借りなくても航路の安全性が確認できる様になったのも大きな要素だったと思われます。彼らが開発した「π−tube発電機」や「水発電機」によって電気不足が解消され、自然界を汚染することも無くなりました。こうして、プレアデス連合が開発した一連の円盤技術によって、我々の銀河系には初めて平和が訪れ、民族同士の文化交流や芸術交流が盛んになっていきました。ある意味ではかなり理想郷に近い完成した状況だったと思いますが、平和や繁栄が長く続く訳もなく、プレアデスの黄金時代は今は懐かしき思い出と変じております。

 今から12万年前にオリオンのアリニラム連合が開発に成功した創造主伝授の第4技術とは「NBEエンジン: ニビエ回転差力学推進装置」であり、二つの複合多面体球を回転させて、足の長い力束線を生産する装置でした。光速度の3000倍という驚異的な速度を誇るエンジンですが、空間の反作用力が生じる力束線を生み出す原理は基本的にはテトラ骨格にあって、それを幾何学的に応用したものがこの装置であると言えます。細かい内容説明は中級講座で教えてくれると思いますが、一本の回転軸棒に設置された2個の複合多面体とは5個の正八面体(テトラ骨格)が組み合わさった形状を呈しており、回転軸の前部には1/3の大きさの小さな多面体が設置され、また、特定の間隔を置いて後部には大きな多面体(3倍)が設置されて、相乗効果を狙っていると考えられます。

 また、今から4万年前のオリオンのベテルギウス連合が開発に成功した、創造主伝授の第5技術とは「ZUMエンジン: ズイマ反電荷走行装置」であり、これは現在のグレイ円盤のエンジンと全く一緒であり、空間電荷に反発させて反作用力を得る技術のことです。また、伝授外のベテルギウス固有の技術である「D−tube加速器」とは、D−重合体核子磁束をアストラルの力線変換器に照射して力束線を吐き出す技術であり、この神界違反の加速器だけでも光速の1万倍は超えているという代物です。地球からの脱出者は最新鋭のグレイ戦闘機に乗ることになりますが、エンジンを焚いた自立走行は惑星内だけであり、惑星外での運転は非常に危険性が高く、軍団computerの管理走行となります。また、全機が核爆弾を搭載していることから、足(自家用車)として使用する場合は核爆弾を降ろしてからの話になります。

時事情報(9/25)

〈宇宙人になる為の条件〉
 今から51万年前、天の川銀河系のレムリア文明期の話ですが、銀河381部族の中で最初に最も科学を発達させた、琴座(リラ)のベガ星人が最初の有人円盤(アダムスキー型)を開発し、創造主命に従って、聖地である地球までやってきました。地球-ベガ間の星間距離は約25光年、彼等は約2年と3ヶ月間の航海を経て地球までやってきました。航海途中で空気と水の補給で立ち寄った星はシリウスの第3惑星や、α-ケンタウリの第4惑星を含めて合計6箇所、4人乗りの小さな円盤群(30機編隊)が辿り着いた先は現在のパキスタンでした(実際に到着したのは27機だった)。命懸けの宇宙航海に臨んだベガ人でしたが、ベガに帰還出来た者は一人もおらず、100名以上の全員が地球に骨を埋める結果となりました。そのベガ人の中に有名な如来神である「シバ神」がいた事は承知の通りです。移住者の役割は聖地の原始人に対して「ベガ語」を伝授する仕事でした。
 
 当時のベガ人の科学レベルは現在の地球人レベルであり、彼等は既に核爆弾や原発を開発していましたが、宇宙船(円盤)の技術は創造主伝授に基づくもので(第1技術レベル)、最も原始的な航海法を用いていました。宇宙船の大きな課題は「反重力装置」と「無燃料エンジン」に象徴される航海技術ですが、しかし、どんなに優れた乗り物を開発したところで、人間が乗船出来る船でなければ意味がありません。惑星磁場圏(生物霊界)の外に出れば、ズザネ管やタボ線が切れてしまって「自律神経電流」がストップしてしまうからであり、磁場圏外の宇宙空間では基本的に生物は生きられない宿命なのです。円盤を開発しても、創造主や神々に依頼して船内位相(人工ズザネ管と人工タボ線)を取り付けてもらわないと、乗組員の体の命を保つ事が出来ません。それともう一つ、心側にも条件があって、一般人が宇宙船に乗り込んでも、頭が割れていないと(銀河系解脱していないと)、磁場圏外では卒倒して植物人間になってしまうという事実です。
 
 宇宙航海へ臨む為にはこれらの四条件が最低必要なのですが、しかしこれだけでは他星に降り立つ事が出来ません。立ち寄り先の星や、移住先の星に乗組員本人の位相並びに仮位相が存在しなければ、円盤から降りて活動する事が出来ないからです。円盤から降りた瞬間に、船内位相から離脱して心肺機能が停止してしまいます。この様に、宇宙船の乗組員は出発する際も神々の助力が必要なばかりか、また到着しても面倒を見てもらわないと生きられない訳であり、自分達の力で好き勝手に宇宙へ飛び立てると思っているのは、それは宇宙常識を何も知らないからです。半径800万kmの地球磁場圏の中をスペース・シャトルでグルグルと飛び回っても、そこは宇宙空間ではありません。もし、地球の宇宙船が地球磁場圏の外に出たら(有人探査船で火星へ行こうとしたら)一体どういう結果になるのか、それは一度経験してみないと分からないかもしれませんね。多くの惑星人達がその難壁に臨んで宇宙開発を断念してきた経緯があります。
 
 母親の胎内の中に呪縛された「胎児人類」とでも表現しましょうか、基本的に惑星人類とは仏法で言うところの「胎蔵界生命」であって、自力では何も出来ない「パー」なのです。皆様は「ヒト(human)」になる以前の「人間期間の養育生命(胎児)」に他ならなく、自分は何も知らない事を自覚しなければ、つまり宇宙常識を習得しない限りは、決して「ヒト」にはなれない生命なのです。その自惚れた鼻柱(はなっぱしら)を一旦引っ込めてもらって、まずは宇宙常識を勉強する事、これまで地球人が積み上げてきた間違った科学知識を全て捨て去る事でしょうか。地球人が考えている様な単純な宇宙構造(生命構造)ではないからです。では、ここで初期円盤(アダムスキー型円盤)の「反重力機能」や「無燃料航法」の原理を一緒に考えてみましょう。反重力の原理とは基本的に「渦回転」に起因しており、天体と同じ力場を囲う事によって、反重力を生み出しています。
 
 
 
 
〈反重力とTABエンジン〉
 将来、皆様が乗船するかもしれない宇宙船は第5技術レベルの宇宙船で、グレイ円盤(ベテルギウス技術)ですが、その反重力性は超電導電子チューブが生み出す無重力場であり、また推進力はズイマ反電荷走行とD-tubeエンジンで行うという大変高度なものです。それに対して、第1技術レベルでは渦磁場の最も単純な原理を用いており、その反重力性は赤道金属翼の左回転から得られており、また推進力は渦磁場のトライ(T)・アングル(A)・バイパス(B)法で得られています。この方法は一般にタブ・エンジン(TAB)と言われており、人工力場に金属の三角形板(二等辺三角形)を挿入するだけの簡単な構造の推進器です。簡単だけれども燃料を必要としない宇宙航海用の永久エンジンであり、そのヒントはピラミッドの構造にあります。ピラミッドの構造を解析すれば馬鹿でも分かる推進原理ですが、地球人の場合は誰一人としてその原理に気づく者は現れませんでした。
 
 
 
                
 
 円盤の概略構造は土星を真上から眺めた形状であり、中心部の土星本体(操縦席)は不動であるが、土星の周囲の「環」だけが回転するシステムだと言えば分かり易いと思います。操縦席は球体の北半球側にあって、TABエンジンは南半球に設置され、また赤道の回転翼は薄い金属円盤で構成されており、まるで土星とその環を金属壁で包み込んだ形状の宇宙船と言えます。回転翼(環)は磁石の反発力で浮いており、それを回転させる動力は、円盤そのものがAGS発電機(astro-generator system)であって、天体磁場から直接電力を生み出す万年電池を呈しています。回転翼の回転によって反重力性が生じ、円盤は宙に浮きますが(力学的な渦骨格が形成される)、逆に円盤内部には磁場重力が作用して、人間は船内で立てる事になります。また推進力そのものは本体の南半球にあって、直径が約2mのTABエンジンが取り付けられています。非常に簡単な構造とはいえ、地球人が知らないAGS発電法や、反重力機能や、TAB推進法が盛り込まれており、これらが揃わないと宇宙航海は出来ません。
 
 
 
 
              
 
 アダムスキー型の円盤は地球の金属材料と現在の技術力でも作る事が可能ですが、段階的な加速度走行でも光速度の約10倍程度の速度しか出せないのが玉に瑕、この速度では宇宙では戦いになりません。仮に円盤を造ったところで、外空間へ飛び出す為には創造主の許認可が必要であり、地球人類そのものが広域宇宙人指定(文明や技術の伝道師)の免許を取得しなければ、船内位相も仮位相も取り付けてもらえない事になります。逆に正常な学問を発達させた信心深い民族の場合は、先に広域宇宙人指定を頂いて、創造主の技術啓蒙を受け取る事が出来ます。地球人の場合はオリオン洗脳もあって、前者とは真逆の民族だった事は承知の通り、西洋人主体の馬鹿どもに宇宙技術を伝授する事は出来ない相談です。仮に、もし現在の中国民族に宇宙技術を与えたら、彼等が一体何をしでかすのか火を見るよりも明らか、中学生にピストルを持たす様な真似は出来ません。
 
 
 
 
〈命の絆: 電子位相〉
 宇宙船で地球磁場圏を振り切ると「なぜ肉体が死ぬのか」という認識ですが、それは自律神経電流の源が霊界位相の中に存在するからであり、空の上の位相(自己意識の所在地)と地上の肉体を結ぶ生命コード(ズザネ管)が切れてしまうからです。人間の肉体とは基本的にロボット、それは発電所でもある「位相」からの「電流」で動いています。霊界の位相はギエ材基盤の中に電子を配列させたもので、外壁には電流が循環し、位相の内部は電磁場を呈して、更にそれらの電磁気が小さな単位(顆粒状)で固まったバイオン状態を呈しているものです。一本のズザネ管は早い話が電子管であり、管の被膜には電流が通っていて、それらの電流は大脳基底核から神経に伝えられて、自律神経電流として人体に作用しています。またズザネ管の内空にはバイオンが流れており、それらは大脳灰白質のアミロイド蛋白に貯蓄されて位相の地上出張所を形成しているばかりか、脊柱管のチャクラ孔から噴出して臓器の形成に深く関与しています。
 
 ズザネ管が切れるという事は、まず位相からの電流がストップして心臓が止まるという事です。当然、バイオン循環もストップする訳であり、生物の肉体は即死に至ります。そこで宇宙船の船内に仮位相(船内位相)を設けて、初期化された無色バイオンに乗組員のバイオンを転写してやると、自律神経電流とバイオン・コピーが身体に流れ込んで、たとえ本管との接続が切れても肉体死は免れる事が出来ます。人間王国では伝統的に船内位相を用意させて、星間を跨いだ肉体運搬を行ってきました。つまり円盤そのものを小さな惑星に仕立て上げているのです。しかし、乗組員が他星へ降り立ったり、あるいは母星へ戻ったりする場合は、直ぐに円盤を降りる事は出来ない理由から、その惑星に仮位相が有ればそれと新たに接合するか、もしくは母星の元のズザネ管と接合してやらなければ円盤を降りられない事になります(円盤から降りれば即死する)。
 
 そうした船内位相を装備したところで、頭が割れていない子供や若者を乗せた場合は、宇宙航海は自己の心のテリトリー外の領域へ出る事であり、地球磁場圏を越えた瞬間から彼等は倒れ込んで身動きが出来なくなってしまいます(肉体は死んでおらず、植物状態になるだけの話)。心の稼働因子である自己のヌクヒブイ動帯の外に出てしまうからです。従って、昔から宇宙飛行士は最低でも銀河ヌクヒブイ動帯を保有している第二解脱者以上でなければ、円盤の操縦がままならない事になります。当然、子供や若者やペットは意識活動が不能になる為に、座席に縛り付けて置く必要があります。もし長い航海になるならば、本人達は食べられない為に、医療班が付いて給水や食事や排泄の面倒を見る事になります。家族で宇宙旅行を楽しむなどと、何も知らない地球人はそんな夢を抱きますが、現実は決して甘くはなく、宇宙とは原則的に死者が行く場所だと言えましょう。
 
 惑星霊界の電子位相は基本的に1/8チップの共有位相であり、一つの球形位相に8名の霊長類の意識が収納されています。それに対して、優秀な生命は一つの球形位相そのものに一人の意識が入る単独位相を有しており、我々の門下生は全員が単独位相を獲得しています。単独位相の持ち主は他星へ移住した場合が簡単であり、元々霊界の共有位相とは切り離されている為に、円盤が到着した惑星へ位相を移動させる事が簡単に出来ます。それに対して、一般人は猿と一緒の共有位相であり、他星へ移住しても本人の位相だけを移動させる事は原則的に出来ません。同じ位相の中には猿もいれば人間もいるからです。本位相の移動には時間が掛かる為に、移住先の惑星に仮位相を設けて、本位相が用意されるまでの期間は仮位相で過ごす事になります。霊界の位相群から本人の位相を切り出す為には、同じ共有者の猿や人間が死んでくれなければ移動させる事が出来ないからです。仮位相(特定の型式が無い)はせいぜい2年程度の使用期間であり、それ以上は肉体に弊害が出て来ます。
 
 この様に、肉体を宇宙空間へ運ぶ事は至難の技、公認された民族でも担当する神々がしっかり協力してやらないと、神々のうっかりミスで肉体を駄目にしてしまうケース(事故)が多いのです。地球のSF映画の様に、宇宙船から自由に乗り降り出来るならばそれに越した事は無いのですが、現実はそうはいかないんですね。肉体を運ぶ事は大変ですが、死んだ人間のケイエ魂体を運ぶのは簡単な話、彼等は物質円盤には乗れませんが、その代わりにアストラル円盤に乗船する事が出来ます。ケイエ魂体とは、第2解脱を開いてサラ銀河位相帯を獲得した者だけが特権的に持てるもので、早い話がプレアデスやベテルギウスの様な「霊魂体宇宙人」になる事です。ケイエ魂体にはズザネ管もタボ線も不要、基本的には一人の銀河意識(生命)の焦点となるもので、この魂体を保有すると、明晰な意識活動や心活動が出来るのが特徴です。肉体が無い為に食べる必要が無く、また排出する必要も無く、かといってアストラルの手足を備えており、sexもすれば勉強も出来れば、また円盤の操縦も出来ます。生身の体を有した人間生命と違うところは、子供を産んで増殖する事が出来ない事です。
 
 
 
 
〈未来の小宇宙〉
 360年周期の人間の生涯(胎児人生)をどれ程繰り返したところで、動物本能の垢は落ちるものの、誰もが似た様な人生の繰り返しであって、大なる成長は見込めません。一般の人間界に於いて、自力で頭を割って覚醒する生命など数えられる程の僅かな分量であり、国の文明機根が上昇しない限りは多くの者が「六道劣化」してしまうのが通例です。やはり人間任せの教育システムではなく、上位の創造主や神々によるしっかりとした言語教育や学問教育が必要であると考えています。それと働かなければご飯を食べられず、勉強どころの話ではないという社会システムも疑問であり、人間社会は動物世界の延長ではないのですから、文明が進むめば進む程、最低限度の食事保証は国家が面倒を見るべきだと考えています。そうした社会を作る為には「どうしたら良いのか」将来それを皆様には考えて欲しいと思います。
 
 私自身の考え方は出生率を抑えて少数精鋭主義で国家を運営していくのが良いと考えており、国同士が勢力争いをするから人口の頭数が必要になる訳です。また、能力の極端に劣る者や、障害者や問題児は極力始末して育てない事、人間が始末出来ない様であれば創造主や神々が事前に処理してやる事、それが重要だと思っています。何でもかんでも、この世に出生した限りは国家が面倒を見るなど馬鹿げた発想であって、事故による障害者は別枠として、生まれつきの重度の障害者を育てる事はどうかしています(社会や家庭に迷惑を及ぼすから)。その行為は人道的ではなくあからさまな「罪」だと言えましょうか。従って、創造主や神々がその子の責任を負うべきだと思っており、その方が諦めもつくし、その子供や両親のハンディキャップを考えれば、負担が大き過ぎて境涯成長どころの話では無くなってしまいます。
 
 人間の意識を天体磁場(サイ粒子バイオン)に打ち込んで、従来の「神意識」を作ったところで、それらの神々は心を稼働させられる訳ではなく、何百万年が経過しても1cmの伸び率もありません。アカシック記憶も無い現行意識だけの転写であり、茫漠とした自意識であって、早い話が心回路が使用出来ない状態であれば尚更、いたずらに神意識を作り出したところで結局は無意味だという話です。それぐらいならば、一度成仏した者には魂体を与えて人間化(心を使用出来る)した方がよっぽどましと言うものでしょうか。有魂霊体(地上の霊魂体とは異なる)は成長率が著しく、人間以上に成長する事は分かっていますが、一番の問題は、魂体に生前の形状記憶が刻まれており、人間時代と同様な関係性(美を意識したり見栄や体裁を張る)が死んで尚も延長する事であって、また定期的に魂交換が必要な事や、人間と違って子孫を増やせないという問題もあります。
 
 今回、我々が試みたのは「銀河サラ位相帯」という惑星霊界に極めて近い電子系の位相帯を用いている事であり、惑星位相のアカシック記憶も含めた全転写を行なっている事から、死後も尚、生前以上に明晰な意識とシャープな心作用を営めるところが大きな違いとなります。従来の霊魂体宇宙人とはえらく異なり、肉体を持たない人間そのものです。これは宇宙で初めて試みる実験であり、成果の程はまだ分かりませんが、かなり優秀な生命が誕生するのではないかと期待している次第です。銀河サラ位相帯は全部で120万個用意されており、将来は彼等の中から創造主世界の中核的な存在が出現するだろうと思っております。我々としても商品価値の高い完熟トマトを収穫しに来ており、120万人の龍神島民族の銀河解脱者に関しては大きな成果だったと思っております。出来れば350万人の地球脱出者の移住作業を成功させて、更に120万人の解脱者を収穫出来れば、我々はそれで満足です。
 
 他星へ移住した者達は突然「物質円盤」を有する文明人になりますが、一方、「銀河サラ位相帯」を獲得した有魂霊体の者達も、突然「アストラル円盤」を有する文明人へと切り替わります。いずれにしても、忌まわしき地球文明は捨て去って、新しい文明の風を受け入れ、大きな宇宙観を育てて欲しいと考えております。一方、我々には地球霊界の後片付けがあって、綺麗に整理を付けるには何年も掛かりそうですが、地球の由無(よしな)し事が終われば、新しい小宇宙体制を段階的に固めていこうと思っております。
 
 

時事情報(7/11)

〈死神ウイルスの発生〉
 現在は世界中が洪水状態で大変な情勢下ですが、その洪水が関係しているのかどうか分かりませんが、ついに本命ウイルスであるイエバエ・ウイルス(H1N1G2V)が発生しました。我々が最も恐れているH1ウイルスですが、発生場所はカザフスタン南部の湖(lake Qamystybas)であり、ソ連時代に使用された廃棄原子炉が存在する場所です。カザフスタンの南部にはロシアの宇宙基地(バイコヌール基地チュラタム)が存在しており、ボストーク1号(ガガーリン少佐)の発射場所で有名な所ですが、近隣のこの湖にはソ連時代の廃棄原子炉や、ロシア軍の現役原子炉も存在しており、湖は高濃度のラジカルで汚染されている状態です。この付近に生息するイエバエの幼虫がなぜ大量死したのか分かりませんが、発生したH1ウイルスがコロナ・ウイルス(H4ウイルスやH2ウイルス)に混じって感染している事実は医療団も確認しています。
 
 現地ではH4ウイルス(肺炎ウイルス)も残存しており、H1ウイルス(肺炎ウイルス)との区別が難しい状況ですが、6月以降から既に600人以上の死亡者を出しており、最近ではH1ウイルスが圧倒している様子です。カザフスタン保健省は中国の新型ウイルス説を否定していますが、医療団の調査では中国説の方に軍配が上がった模様です。H1N1G2Vと言えば有名な「スペイン風邪」、その爆発的な感染力の強さと致死率の高さは人類は経験済みです。問題は単なるインフルエンザのH1N1G2Vなのか、それとも癌化種のH1N1G2Vなのか、どちらも危険ではあるものの、後者の威力は桁違いです。調査の結果はノーマル種と癌化種の比率が7対3らしく、目下は発生したばかりなのか、煮詰まった濃縮ジュースの状態ではない事が判明しました。この風媒ウイルスは西風に乗って、あっという間に世界を一周すると考えられ、世界各国で感染を繰り返す内にノーマル種が死滅して、癌化種だけが何年も生き続ける事になりそうです。
 
 国土シルエには既に今年の3月の時点で、このH1ウイルスに対する防御データが入力されており、ノーマル種に対しても、あるいは癌化種に対しても備えは万全の状態ですが、毒素(ヘマグルチニン)中和データ、増殖酵素(ノイラミニダーゼ)破壊データ、発信器破壊データといった、三拍子の対策は講じられているものの、ウイルス自体は破壊出来ず、大量に吸気すれば若干のインフルエンザ症状を呈する事になります。その昔、日本国でもノーマル種(インフルエンザ)なのに36万人もの死亡者を出した強烈なウイルス故に、やはり高齢者や持病のある方には危険な存在と言えます。多分、H1ウイルスは夏場にノーマル種が間引かれて、今年の秋口から本格的な脅威を世界中に振り撒くだろうと考えられます。さて、皆様も驚かれていると思いますが、今年になってから一体幾つのウイルスが暗躍したのでしょうか。細菌やウイロイドを除いて、今世界的に流行しているウイルスだけを纏めても結構な数になってしまいます。発生の順番に従って、下記にまとめてみました。ちなみに人=人感染で移るのはイタチウイルスのみで、後は全て風媒ウイルスであって、空気感染する種類です。
 
 
 ※ 三つ星テントウ虫ウイルス(H4N1G2V: 発信器2個): 肺炎、肺栓症
 ※ イタチウイルス(コロナウイルス: COVID-19: 発信器2個): 肺炎
 ※ キセル貝ウイルス(フラビウイルス: 発信器1個): 運動神経障害
 ※ 海アメンボウイルス(H2N2G2V: 発信器2個): 脊髄、心不全
 ※ 海クラゲウイルス(フラビウイルス: 発信器6個): 精神障害
 ※ アマガエルウイルス(アロヘルペス: 発信器0個): 血小板破壊
 ※ イエバエウイルス(H1N1G2V: 発信器2個): 肺炎、赤血球破壊
 
 
 現在、日本国に於いてはH2ウイルスの濃縮帯からは脱したものの、多くの人々が風媒ウイルスの火の粉を大量に浴びてしまった状況です。感染したところで別に何でもないのですが、様々なウイルスを大量に吸い込んでいる理由から、やはり手洗いやうがいやマスクはエチケット上しなければなりませんね。多くの方が感染している事から、PCR検査を受ければ受ける程「陽性者」は増え続けますが、早い話が発病しないのであれば、感染者の数に日々神経を尖らす必要はありません。PCR検査で一体何のウイルスの核酸を定量分析しているのか知りませんが(日本の場合はウイルス培養など出来ない)、マスコミと馬鹿学者の感染話にはもうウンザリ、「いい加減にしろ」という感じでしょうか。医療体制が逼迫した状況に無いのであれば、いい加減「被害妄想」に囚われるのは止めて(病気の実態を見て欲しい)、何も症状が無いならばそれで良いじゃありませんか。マナーとしての三密状態回避、ソーシャル・ディスタンス維持も結構ですが、窓を開けて換気すればウイルスが侵入してくるし、また雨風に打たれただけでも感染するならば、神経質になる必要が何処にあるのでしょうか。
 
 一つのコロナ・ウイルスが次々と変異して、その病原性を変化させていくというオックスフォード理論、幼稚園児でもあるまいし、そんな間抜けた理論を真に受けている日本国の医学者にもビックリでしょうか。3000mの山の上でも風媒ウイルスのインフルエンザには感染する事実を彼等は知っているのでしょうか。連中に任せていたら、助けるべき人材も助けられないと思っており、そもそも彼等は一体何のウイルスのワクチンを開発すると豪語しているのでしょうか。まあ、我々としては地上の人間に対してやるべき事はやっており、一応は皆様を守護しているつもりなのですが、病気ばかりではなく災害もあって、自然界が相手では守護の限界がある事も確か、こちらの思い通りにはなかなか運ばないものだと諦めております。持病のある老人はただのインフルエンザでも死に至りますが、しかし若い世代の者が元気ならば我々としてはそれで十分、神様だってどちらを助けるのかと問われれば、当然、この先役立つ方を選択するに決まっています。
 
 さて、「死神」であるH1N1G2Vがついに出現してきましたが、人類の八割を根絶やしにするだろうと言われるこの脅威のウイルスを持ってしても、今の日本国には通用しません。しかし、我々が恐れているのは「ゴカイ・ウイロイド」の発生であり、それが日本国の領海(国土シルエ内部)で発生する事です。国土シルエには「ウイロイド・ポンプ」が装着されており、外部から流入してくるウイロイド・ガスを排出出来る仕組みになっているのですが、排出する間にもガスを吸引してしまう方が沢山いると思われるからです。一呼吸でも思いっ切りガスを吸ってしまったら、1時間以内に吐き出さないと「アウト」という過激過ぎる生物毒ガス、海沿いに住む多くの人がその犠牲になると考えられます。幸い、今年の夏は太平洋よりもインド洋や東シナ海の方が暑い「ラニーニャ現象」の様であり、日本近海の海温が少し低めに推移するかもしれないという、若干期待が持てそうな年なのですが、こればかりは実際に真夏になってみないと海底の水温など推測する事は出来ません。安全牌として「呼吸ブース(自動ウイロイド排出器)」を身体に装着しておくのが一番賢明な予防策でしょうか。
 
 
 
 
〈カプシド・シールド〉
 この先の地球環境を考えれば、特に海外の場合は、毎日会社へ通って毎月のサラリーを頂くという普通の生活様式が成り立たなくなる事は承知の通りです。海外の国々が次々と潰れていけば(人口が激減していく)、病人が少ない日本国とてこれまでの貨幣経済が成り立たず、人々は食べる為に汲々とした毎日を送る事になるだろうと考えられます。早い話が「生き地獄」の始まりですが、そうなる前に若者だけでも宇宙へ脱出させたいと我々はそう願っていますが、しかし国際社会や日本社会がまだ元気な間は、国は今の社会体制を何とか維持しようとするだろうし、自殺志願者以外は誰も社会が潰れて欲しいとは考えていない筈であって、こうした元気な状態での脱出劇は基本的に無理であろうと我々も予測しております。とはいえ、切迫した地球の物理環境(寿命)が一体どこまで保ってくれるのか、それが未知数な故に(ドカンと一発くればそれで終り)、我々としてもハラハラドキドキの毎日です。我々の目的はただ一つ、地球人類の全滅を避ける為に「聖地民族の種が欲しい」訳であり、他星へ移住する希望者を募っているのです。
 
 この宇宙には裏空間と呼ばれる「物質還元空間」が存在しており、そこは素粒子も磁気も一瞬で分解されてしまうという恐ろしい召喚空間ですが、我々は普段その空間を利用して、社会の「ゴミ処理」や、人体内の「病原体や毒物の処理」を普通に行っています。摩擦が生じない裏空間で、通常物質を超光速で搬送するなどという「狂気の沙汰」とも思える空間操作技術に取り組んで約8年の歳月が流れましたが、つい最近やっと完全と思える技術開発に成功し、安全に物質を搬送出来る様になりました。その技術とは、二十面体の力学シールドを個々の円盤に巻き付ける事から、我々は「カプシド・シールド」と呼んでおり、既にグレイ円盤には全機巻かれております。まあ、太陽系内や惑星内は自力運転で走行しても、銀河空間や銀河団空間は裏空間搬送で航行させるという他力手段を用いる訳ですが、これならば数億光年離れた天体にでも数十分間で行く事が可能となります。地球を脱出した若者達は食料生産という労働を余儀なくされますが、その反面こうした宇宙時代で生きる事が可能となります。
 
 遅かれ早かれ地球の天体寿命は尽きます。天気予報の警報で表現すれば、目下の情勢はレベル3の段階、どなたもこの段階で心を固めないと、「いざ」という時には実際の行動を起こせないものです。「生」と「死」を分ける分水嶺、皆様は今その前に立たされているのです。仮にもし、無人のグレイ円盤が日本国の上空を飛び回る様になったら、それはこの話が本当である事の何よりの証拠、特に若い年代の方は決心を固めて欲しいと思います。残念ながら、現行の政府は我々の存在を煙たがっており、このブログに関しても最近は政府からの妨害が目立つ様になってきました。彼等は現行の社会体制を維持しようと必死なのだと思われます。しかし、我々の救済を拒否すれば、人々は地球と運命を共にするだけの話、それは日本国政府が民衆の命を奪った事になってしまうのです。我々は日本国の敵ではなく、絶対的な保護者であって、国を潰そうとしている訳ではありません。我々はむしろ政府の協力が欲しい立場であって、その様な意味でも、今後は軽率な行動はくれぐれも慎んで欲しいと思います。
 
 このブログの訪問者数は一日100人前後、閲覧数にしても150名前後であり、大半の日本人は読んでいません。こんなどうでも良いマイナーブログに対して政府が介入してくるのは頂けない話、それともブログの内容が余りにも信憑性が高いから特別に注視しているのでしょうか。私自身、人間ではない為にその辺のところが良く分かりませんが、この国と国民の管理は人間に運営を託してきたものの、実権はもともと創造主側に在ります。政府は我々の行動を黙認するか、さもなくば大枠で従う以外に選択肢は他に無いのです。何度も繰り返しますが、我々は惑星の最後だから人材を確保しに地上に降りてきただけの話、ガレー船の奴隷でもあるまいし、死に行く惑星に民衆を縛り付けておく権利が政府にはあるのでしょうか。地球環境に対して、今の政府に一体何の対策が講じれるのでしょう。無力さを痛感したら神々に任せる以外に手が無い筈です。政府の懐刀である専門家は詐欺師ばかり、彼等の意見など一切当てに出来ませんね。我々は日本国民を全滅させませんから、どうぞ安心して欲しいと思います。
 
 

時事情報(7/1)

[龍神島の古代史]
 
 
〈龍神島にまつわる他民族〉
 今から3600年前(BC1600年)の龍神島にはユダヤ民族を基軸とした島民(新日本人)が誕生しており、その象徴が列島の五ヶ所(紀伊、出雲、奈良、阿波、讃岐)に及ぶ忌部族でした。ところで、後世の人間が創作した歴史観は人間の主観で勝手に憶測されたものに過ぎず、真実の歴史とは大きく異なるものです。その証拠に、龍神島には縄文時代も無ければ、また弥生時代などという原始時代も存在せず、出土する大昔の遺跡の大半はロシアや中国から流れ着いて、日本国に一時的に住み着いた原始人達のものです。龍神島はもともと神々が住む島である事から、定期的に原始人狩りが行われて、住み着いた人間は一人残らず処分されてきました。昔はプレアデス円盤(48万年前から12万年前まで)が聖地の守備隊を請け負っていましたが、以後はアリニラム円盤(12万年前から4万年前まで)やベテルギウス円盤(4万年前から2万年前まで)が聖地を守護しており、またそれ以後はアストラル円盤やグレイ円盤に切り替わって聖地の守護が行われてきた経緯があります。聖地の島民になれるのは神々が選抜した「選民」だけなのです。
 
 これは日本国だけの話ではありませんが、人間が自ら言葉を話して、文明を築き上げられる訳もなく、まるで赤子を最初の一行程から育て上げる様に、創造主や神々や先輩の宇宙人達が手取り足取り教えてきたものです。西洋クラシック音楽に象徴される楽器や曲は全て「プレアデス音楽」であり、ピアノやバイオリンやトランペットを再現させる為に、過去のプレアデスの楽器職人達(神になっている者)を「神々ヒューマノイド」として人間界に送り込んで、忠実に再現させて作らせるという手法を用いてきました。無論、音楽だけの話ではありません。皆様の言語も文字も哲学も文学も暦術も農耕技術もです。風向計も避雷針も映写機も印刷機も火薬も自動車も飛行機も天体術も民主制度も度量衡も、全て神々がその技術を人間界に伝授したものです。ソクラテスもプラトンもアリストテレスも釈迦も空海もエジソンも、神界が送り込んだ「神々ヒューマノイド」だったのです。残念ながら神界が分裂して、「オリオンヒューマノイド」という宇宙真理を捻じ曲げる「輩(ニュートンやアインシュタインやテスラなど)」もいましたが、良い意味でも悪い意味でも神々が関与しなければ文明が発達する訳がありませんね。まあ、この文章を書いている私自身もまた創造主ヒューマノイドの一人ですが。
 
 「人間が歴史を作った」ではなく「神々が歴史を作った」のであって、人間とは本来礼儀も知らない「無知文盲の愚か者(猿=動物)」に過ぎない事実を認識すべきでしょう。皆様は教育されてきたからこの文章を読めるのであって、これからは神々目線で日本国の歴史を客観的に眺望して欲しいと思います。さて、遥か遠方から三回に渡って日本国に運ばれたユダヤ民族ですが、日本国に入った以上はユダヤの因縁を浄化して、完全なる日本人になって貰わなければなりません。ユダヤの歴史は血塗られた記憶であり、神の園に来た限りは「神の子」になってもらう必要があるからです。以前は宇宙人居留区制度を使用しましたが、新しい移住民に対しては時間的な都合上、手っ取り早く神々ヒューマノイド制度で行く事となりました。つまり、ヘブライ語を話すユダヤ人の意識を召喚して、その代わりにコップ座ヒューマノイドの意識に切り替えるという強制手段の事です。両親をヒューマノイド化すれば、誕生した子供は日本語で育てられるからです。日本人としての教育は神様(神社)を軸とした原始共産体制であり、神社の神官が全ての実権を握って、貧富の差が無い平等で整然とした生活を行わせていました。
 
 海辺の漁師も、田畑を耕す農家も、あるいは木材を切り出す業者も、神社や家を建てる大工も、全ての収穫物や建物は神への捧げ物であり、神社から民衆に対して平等に配給されるという形式です。女性は生まれた時から神々が定めた配偶者が既に決められており、また男性はお家の家業を継ぐのが当たり前、女性は嫁ぐ年齢(19歳)まで花嫁修行、男性は元服年齢(15歳)から仕事に就いて、結婚後には世帯用の住居が用意されていました。他国では戦争に明け暮れして飢えた民衆が一杯いるのに対して、日本国では飢えた者は一人もおらず、また文字を書けない教養の無い者は誰もいませんでした。当然、窮屈な封建制度の一種と言えるかもしれませんが、こんな恵まれた国は当時としては他にありませんでした。しかし、天の神々は平等を維持しようとしても、地の神々(スゲ、ケゴ、チオの三神)にはそれなりの身分制度が存在し、地上の人間数が増えて、また地の神の頭数が増えてくると、祖先の神々の間で役職争いや職業争いが起きて、魔界の八派閥に応じた身分差が人間界の中にも徐々に出現してきました。
 
 魔界派閥の第1族はもともと「皇族系」であり、第2族は「貴族系」、第3族は「将軍政治家系」、第4族は「官僚文化人系」、第5族は「起業家系」、第6族は「商売人系」、第7族は「一次産業の経営者系」、第8族は「7族の農奴や使用人系」という具合に、地球のみならず銀河系の惑星に共通した身分差が事実上存在するからです。日本国の場合はユダヤの王女の血筋や、神官や巫女という職業は第1族が牛耳っており、また皇族の取り巻きや神社の運営組織などは第2族で、また地方自治(豪族)などを率いているのが第3族でした。しかし、地方の部族単位であっても、やはり神社を中心とした原始共産制に変わりは無く、結局この体制は紀元後の6世紀(大和朝廷の時代)ぐらいまでは続く事になります。今から3600年前、五ヶ所の忌部族を中心にして日本国の開拓が始まり、西日本の各地に民族が移動していきました。血の洗浄の為に、婚期を迎えた女性は西日本の何処の地に配属されるか分からず、例えば、奈良の女性が福岡の太宰府の男性の下に嫁ぐなどという例は当たり前の話だったのです。遠い異郷の地に運ばれて、初めて見る男性と面会し、そこで結婚して所帯を持つという現代社会では考えられない社会システムでした。
 
 出雲から大宰府へ出向した民族が興隆し、人口が増えてきましたが、龍神島の南端領域(沖縄列島)へ派遣出来る程の人口では無い事から、今から3400年前に、創造主は再び他民族の日本国移住を決断します。対象となったのは以前、出雲に移住させようとして失敗した中国の四川州の民族です。創造主が特定の民族に拘る理由は「57音言語」にあって、四川州の成都平原にはもともと三角座星人の宇宙人居留区が存在し、57音言語を話す文明人が大量にそこに住んでいたからです。現在の成都は長江文明の一つである古代中国の三星堆遺跡で有名ですが、紀元前14世紀頃の成都はその文明が終わりかけていた時代です。創造主は1万3000人にも及ぶヒューマノイドを投入して、成都の町ごと全住民を移住させる計画を練り、長江を渡る大船団を率いて日本国まで移住させました。彼等は最初は福岡で言語訓練を積まされますが、龍神島民族と折り合いが悪く(民族の結束力が強く、女性の下が固くて混血にならない)、やがて全員が沖縄へ移住する事になりました。それが琉球国の起源です。四川民族が龍神島にもたらしてくれたものは養蚕技術でした。
 
 四川民族が龍神島民族との混血を頑なに拒んだ事から、龍神島の人口が増えれば増える程、再び血の濃さの問題が生じてきて、神々は頭を悩ます事になります。今から3200年前(BC12世紀)には現在の朝鮮半島の南端に住む朝鮮族の女性5000名をヒューマノイド化させて、大宰府から船で迎えに行くという離れ業を敢行しました(この時は戦闘にはなっていない)。それから約1000年後には(BC200年)、中国の斉国(宇宙人居留区から独立した民族)から徐福(じょふく)の一行(3000名の技術集団)を招き入れて、様々な生活技術や漢字文化を取り入れたばかりか、また血の解消にも繋がりました。また、邪馬台国(やまたいこく)の卑弥呼(ひみこ)の時代(AC200年)には軍団を率いて新羅(しらぎ)に攻め込んで、朝鮮族の女性(約3000名)を強制的に連行してくるという強制移住も行っております。ちなみに当時の邪馬台国とは四国に存在し、卑弥呼(ユダヤ女王の末裔)は阿波の国に居て、邪馬台国の女王として君臨していました。邪馬台国はやがて中央に進出して大和朝廷へと変化していきますが、当時は古墳文化の時代であり、古墳作りの労働者が大量に必要であって、再び神々は労働者を日本国へ招き入れる為の画策を行います。
 
 創造主が目を付けたのは南洋に住むガタイの大きいオーストラリア・イブ達でした。当時は現在のオーストラリアやニュージーランドやタスマニアに住む原始人達(現在のポリネシア人)ですが、彼等のヒューマノイド化を進めて日本国まで誘導させました。日本国にカヌーで辿り着いたポリネシア人は約1万5000人にも及びました(AC400年頃)。神々は彼等を奴隷として働かせていた訳ですが、古墳作りが下火になってくると、彼等は南北に逃げ出して、片方は北方の蝦夷地へ、もう片方は南方の島々へと逃げ込んでしまいました。まあ、それがアイヌ民族(熊襲民族)の起源である事は皆様も理解できると思います。当然、彼等は日本国の先住民族とは言えませんね。さて、日本国の人口が増えて、血の洗浄問題も解決された事から、創造主や神々が奥に引っ込んで、天皇を中心とした、人間を表舞台へと立たせたのが飛鳥時代(遷都)であり、以来、日本国は対外的にも一つの国として動き出しますが、しかしそれは形質上の話であって、事実上は依然として神々の支配下にあり、神社の敷地に住む「墓守民族」というのが妥当なところでしょうか。
 
 
 
 
〈三種の神器に関する所見〉                    
 今から約3750年前に、現在のイスラエルから日本国に持ち込まれた「ユダヤの宝物」は古来の天皇家に由縁する所有物であり、それについて我々がどうこう言える立場ではありませんが、「古代の秘宝が本当に存在するのか否か」といった歴史的な事実については、未発見ではあるものの、「現実に存在する」と言わねばなりません。当然、我々はその秘宝が一体何処にあるのか、その埋められた所在地は分かっており、適当な話を吹聴している訳ではありません。ユダヤの宝物といっても、モーゼとその兄(アロン)の持ち物であって、一般的には十戒の文字が刻まれた石板と、マナの壺と、アロンの杖という「三種の神器」の事です。これらの三品はアーク(聖櫃: 契約の箱)の中に収められていましたが、現地からは忽然と姿を消しており、長い間「謎」とされてきた物です。
 
 場所は発表できませんが、軍団の調査では約2mの土の下に石棺の様な石作りの空間(2m×2m×2m)があって、その内部にアークごと収められていました。金属アーク(80cm×30cm×50cm)の内部には二枚の石板とマナの壺(純金)が存在し、アロンの杖に関しては朽ち果てているものの、その形跡は確認出来ております。薄い石板(縦20cm横18.5cm厚さ8mm)にはヘブライ語の文字が刻まれていました。「やはり王女と一緒に日本国に来ていたのか」と納得しますが、でもこれを今更公開したところで、そこに一体何の意味があるのでしょうか。日本人の祖先がユダヤ人であった事実は確認できますが、今の日本人はヘブライ語とは異なる宇宙言語を話すユダヤの子孫、肉体形質は遺伝的に近いかもしれませんが、意識(本質)を異にする民族です。日本人はユダヤ人になれず、またユダヤ人も日本人にはなれないのです。
 
 セザナ神はユダヤ民族の優秀さを認めていましたが、特にその文化と宗教を毛嫌いしており、ユダヤ人が日本人になる為の禊(みそぎ=因縁浄化)を人々に対して強要してきました。ユダヤの垢を落とさない限りは日本人として認めないという訳です。セザナ神は他民族とは異なる生粋の龍神島民族(人間王国市民権を持った住人)を作りたかった訳であり、今更異民族のユダヤ人が同胞顔して神々の領地内に土足で入り込んでくるなどという行為は言語道断も甚だしい事だったのです。もし、彼等がこの三種の神器を発見したら、我が国からの盗品だと主張するかもしれず、移住に選出されなかった「取り残された劣化同胞」に対して日本国の大事な秘宝を渡す訳にはいかないのです。ユダヤの王女の血は「イブ遺伝(女性遺伝)」の形式で代々受け継がれてきており、その2000年後(3世紀)には「邪馬台国の卑弥呼」を輩出したばかりか、今日の皇室の血の基盤となっています。
 
 ちなみに石棺の蓋を開ければ、創造主の呪い呪文(6本の死の呪文)が仕込まれており、手を掛けた者は確実に死に至ります。たとえ学術調査であろうが、皇室調査であろうが、何であろうが、創造主禁制を破った者は末代まで呪われる運命となるでしょう。
 
 
 
 
 

外宇宙からの敵攻撃

〈大宇宙人類の抹殺を狙う敵〉
 これから語る軍団情報を根も葉も無い空想話だと思う方は別に読まなくても結構、我々はいつもありのままの真実しか報告しておらず、これは今現在(1月16日)、地球で実際に起こっている不可解な現象について説明するものです。昨年度末から宇宙からの敵攻撃が一段と厳しさを増し、元旦からは敵の猛烈な絨毯攻撃を喰らって軍団そのものが頻繁にやられるという事態が頻発しております。どうやら敵は一斉攻撃に踏み切った様子、最後の決戦とでも言いましょうか、宇宙全体の攻撃陣が一か八かの大勝負に打って出てきた様な感じを受けております。目下、必死で対応している人間王国軍ですが、戦争の勝ち負けは別問題として、多くの惑星人類の体に戦争の被害が生じてきた事から、「今現在、宇宙で一体何が起こっているのか」それを説明しておこうと思います。宇宙戦争とは別次元の宇宙空間で起こっているものではありません。この表空間の三次元立方世界の中で実際に起こっているものです。東京の方も福岡の方も、またニューヨークに住む方も、あるいは他銀河系の人類も、皆一様に外宇宙からの攻撃を受けているという話なのです。
 
 我々の仲間には医者の方も多くいる関係上、病院の外来を訪れる患者の病気について情報を交換する機会も多く、特に原因が分からない病気に関しては軍団のアストラル医療団を使って調査してもらうケースも度々あります。現行の医学では大変な作業であるウイルスの同定や毒素の成分特定やDNA鑑定などの分子レベルの診察が僅か数分間で出来るからです。そうした情報交換のやり取りの中で、最近特に起こっている原因不明の突然の発病に関する情報がありました。一つは脳外科分野からの話ですが、ヘルペス・ウイルスや脳梗塞や脳腫瘍や他の脳病が、何も無いのに突然大脳細胞が部分的に壊死して、それが大脳の至る所で発生するとか(散弾銃で打たれたみたいな瓦解の仕方)、あるいは脳の中枢部だけが焼きごてで焼かれたみたいに溶けているとか、通常の病気とは縁遠い見た事も無い様な「壊れ方」をしている患者が来るという内容でした。またこれは整形外科分野からの情報ですが、皮膚に外傷が何も無いのに腕の骨に複数の穴が空いており、そこから骨髄液が漏れているとか、時に骨の表面には何の異常も見られないのに骨の中身の骨髄だけが部分的に消失しているとか、動脈瘤も無いのに突然大動脈に小さな穴が空いて血液が吹き出しているとか、およそ常識では考えられない奇病の患者が来るという内容でした。
 
 こうした患者が世界規模で増加しており、つい数分前まで元気にサッカーをしていた子供が、まるで鉄砲で撃たれたみたいに突然グラウンドに倒れ込んで、搬送先の病院では外観上は頭蓋骨に何の異常も見られないのに中身の脳細胞だけが鉄砲の弾でも貫通したかの如くグチャグチャになっているという、常識では到底理解出来ない不可解な現象が起こっているのです。実はこれマクロ宇宙からの敵攻撃が原因で、そのサッカー少年は「物質貫通弾」と呼ばれる力線高射砲を浴びてしまったのです。このアストラル武器は敵創造主達が物質世界の生物を殺す為に開発した大変有名な武器であり、貫通弾は家も車も骨も貫通して体内に侵入し、ヒールや細胞だけを破壊するという対人用の破壊武器なのです。この武器が最初に開発されたのは今から4、5年前の話、この武器の無差別放射で罪の無い人々が世界中で沢山犠牲となり、日本国でもかなりの人々が大脳や臓器を撃ち抜かれて死んでいきました(芸能人では松方弘樹さんが頭を撃たれて死亡した)。この物質貫通弾に関しては、その後軍団がバリアを開発して防御しましたが、昨年末から改良型の新物質貫通弾が開発され、防御バリアを貫通して地上に届く様になり、新年を迎えてからは本日の今現在もボカスカ撃たれているというのが実情です。
 
 物質貫通弾が全人類規模で無差別に撃たれているという事実は家の中でも確認出来るもので、よく電化製品(特に冷蔵庫や車)が突然鋭い音(バチンとかバチッという強烈な音)を立てる場合があります。これは霊的なラップ音とは異なるもので、まるで鞭で叩いた様な如何にも痛そうな強い衝撃音です。これは人間を狙って打ち込んだ砲弾が冷蔵庫の電磁気につられて落ちたものであり、あなたが物質貫通弾を喰らった証明となるものです。4年前の話ですが、物質貫通弾が地球上空の至近距離から地上の街に放射を浴びせている光景がユーチューブ映像として掲載された事があります。映像を撮影した方(アメリカ人)がUFO同士が互いに打ち合っているという内容の説明書きをしていましたが、実はあれが物質貫通弾照射器(小型)の実物映像なのです。照射の際は膨大なエネルギーを放つ為に、本来は見えない筈のアストラル武器でも光って見えるのです(下記を参照)。実は正月の間に我々の仲間の人間が物質貫通弾を頭部に喰らって布団から起き上がる事が出来ませんでした。取り敢えず、傷付いた脳細胞(350万個)を除去して人工脳細胞に交換し命は取り止めましたが、これは世界中の誰にでも起こり得る話、読者の皆様もいつ被害者になるのか分からない事から、奇想天外な冗談話であると決め付けないで欲しいと思います。
 
 
 
 
 さて、マクロ宇宙の敵創造主達が扱う武器は物質貫通弾だけではありません。実は物質貫通弾など大して恐ろしい武器では無いのです。彼等の武器を大きく分ければ100種類ぐらいに分類されますが、我々は武器の種類で危険度ランクを定めており、物質貫通弾の危険度など上位五項目にも入っていないのが実情です。一番恐ろしい武器は何と言っても「分子破砕砲」であり、特に有機物を溶かしてしまう武器です。実はこれ、我々の医療団も手術道具として使用しているものですが、敵は人間を殺す為に武器として使用しているのです。この機械を体に仕掛けられると、骨や血管に穴を開けるばかりか、神経や腱を切断したり、心臓壁に穴を開けたり、大脳の中や骨髄の中を空洞にしたりする事が簡単に出来ます。アストラル武器なので身体を簡単に擦(す)り抜けてピンポイントで急所を溶かせるし、また機械そのものは人体の裏空間にセットして、そこからチューブ管を伸ばして溶かすという芸当も行なってきます。睡眠中にこの機械で狙われれば一溜まりも無く「あの世行き」である事は言うまでもありません。人間王国では医療団以外は扱えない禁制対象の武器ですが、グレイ円盤では武器として装備されています。ただ、分子破砕砲は長時間撃ち続けねばならず、溶解には多少時間が掛かるのが玉に瑕でしょうか。
 
 人間攻撃用の武器で二番目に恐ろしいのが電磁武器であり、分子破砕砲とは異なり、広範囲に作用を及ぼして臓器機能を駄目にしてしまうばかりか、長時間に渡って照射された場合はその範囲全体の細胞が壊死して崩れ落ちるという代物です。今年の正月には我々の仲間もこの武器を仕掛けられて数人の犠牲者が出ましたが、発見が比較的早かった為に死人は出ていません。この電磁武器は種類が多く(大小様々)、全部で80種類ぐらいありますが、仕掛けられてから2、3日間も経過すると、初期症状としては血球に異常が発生し互いに癒着して血液自体がドロドロに変化していきます。早い話が体液そのものが濃厚なラジカル水に変化して癒着を起こしていく訳ですが、体全体の細胞が壊死して死ぬ前に、先に脳溢血や心臓疾患で亡くなる方が多い様です。私の母はこの機械であの世に旅立ちましたが、私自身も2年前に肺に仕掛けられて赤血球のガス交換が不能となり、死の直前まで追い込まれましたが、医療団が緊急救命ブース(呼吸が出来なくても酸素を身体に送れる装置)を急遽開発してくれて一命を取り留めた次第です。赤血球の数量はちゃんとあるのに、抱え込んだCO2を手放さない為に新鮮な酸素を抱けないんですね。
 
    電磁武器は大きな物は大きなTVほどのサイズなのですが、街行く人々の中でこのアストラル武器が頭から被せられている方を一杯見掛けます。大変恐ろしい光景ですが、しかし軍団が敵の工場を見付けて材料を溶解すると、人々に仕掛けられた機械も一斉に溶けてしまうので、本人には病気だけが残る事になります。敵は表現が出来ない程の大量の機械を生産して、大宇宙の全人類攻撃を常に仕掛けているのですが、毎日我々が処理をしている為に、連中の思い通りには運ばせていない状況です。さて、三番目に危険な敵武器とは魔界系の天罰武器を模倣した神経や筋肉や臓器に仕掛けるアストラル武器であり、神経拷問糸など様々な種類があります。長い期間これらの武器が入ったままだと、その間は肉体の苦痛に喘ぐ事になりますが、いずれは患部が腐れ落ちて瓦解していく事になります。ここ最近は物凄い物量が仕掛けられていたのですが、我々が毎日破壊している為に、猛烈な痛みは一時的なもので済んでいると思われます。しかし、軍団がやられて数日間も起きられない事態になると「さあ、大変」、武器を挿入された方は数日間に渡って苦しみに喘ぐ事になります。
 
 四番目に恐ろしい武器はこの宇宙で最高峰の痛みを与える神経ガスであり、これを人体に注入する導管(ズザネ管)を複数本備えた次元球そのものが武器です。この武器の事を我々は「次元小体ズザネ管」と称しており、その痛みに耐えられる人間はおそらく誰も居ないと考えられ、我々が最も恐れる武器と言えます。このズザネ管を体に突き刺されて神経ガスを注入されると、「ウッ」と言った次の瞬間には床で転げ回るのが普通、自動車の運転中にこれをいきなり刺されると、体が硬直してブレーキを踏む事も出来なくなります。私も実際にこれに撃たれて初めて最高の激痛を味わいました。大人の男性が「俺を殺してくれ」と頼む程の猛烈な激痛が全身を駆け巡ります。子供はアナフィラキシーを起こして即死レベルでしょうか。我々の仲間もこの次元小体を極端に恐れており、出来れば喰らいたくない代物ですが、敵は毎日容赦なく攻撃を仕掛けてきます。一般人の方でこの攻撃を受けたという話はまだ一度も聞いていませんが、被害者がきっと何処かにいるのだろうと思っております。神経ガスを除去してやれば、今し方死ぬ程の苦痛で床でもんどり打っていた方が「あれ?」と言って、スクッと立ち上がってくるという、回復がとんでもなく速やかなのには驚かされます。
 
 五番目に恐ろしい武器は「電磁粉」と呼ばれる毒ガスであり、これは痛みは殆ど感じない代物ですが、電磁武器の粉末ガスを吸っている様なもの、体はドンドン汚染されていきます。この濃いガスを長時間吸い込めば体液のラジカル化は避けられなく、血栓の発生や、急速な癌化や、体内細菌とかウイルスなどの変性が起こって、ヘルペス・ウイルスなどの活性化が促進されます。電磁粉がミクロ圏全体に注入されると、霊界音ノイズが酷くなり、ジージーといった耳鳴りを強く感じる様になります。人間は誰でも実年齢が40歳を超えると耳の「耳小骨」の締まりが緩んで、霊界音(年寄りの耳鳴りの事)が聞こえてくる様になりますが、その宇宙音が特にうるさく感じられる時は、戦争が激しい時か、もしくは敵意識やジェル(粘性の高い意識ガス)や電磁粉や毒粉が侵入してきた場合です。電磁粉はガス状の武器ですが、攻撃被膜と呼ばれる電磁被膜を天体や人体に巻かれる場合があり、これは常時的に電磁場で生物を攻撃する武器の一種です。基本的には電磁ガスと同様な作用を示しますが、人体に直接巻かれた場合、肉声が聞こえない程の霊界ノイズが響き渡り、早く除去しないと命に危険が迫ります。敵意識やジェルや毒粉は人体に侵入して胃腸などの機能を衰えさせ(胃痛)、脳を攻撃して頭痛などを引き起こします。
 
 目には見え難いものの、アストラル世界からの敵攻撃は音声で聞き分ける事が可能であり、これ(聴覚センサー)を訓練していくと霊界音だけで敵の動向を感じ取ったり、打ち込まれた武器種の違いが分かる様になります。視力が落ちるとその分「アストラル魂眼」が勝って、また聴力が落ちるとその分「アストラル魂耳」が発達していくというのが普通であり、また肉体の触感(体感)が衰えると、その分「アストラル触感」が発達するものなれば、人間は誰でも年齢を重ねれば重ねる程、アストラル世界(死の世界)が身近なものになっていきます。生死を超えたアストラル世界、それは生身の体を有している人間期間であっても宇宙世界の知識情報は学習しておく必要があります。目に見える光眼の世界(気の渦流世界)だけが実相であると勘違いしてはいけません。光眼で見える世界はナノメートル以下の極小の世界、そこはアストラル世界が生け簀として創り出した小さなオアシス、特殊な特殊な非現実的な「夢の世界」なのです。人間生命には宇宙の厳しい現実に目覚めて欲しいと思っております。
 
 
 
 
〈戦争の哲学〉
 マクロ宇宙からの大規模な攻撃によって、地上の由無し事(よしなしごと)を片付ける準備が大幅に遅れているのが現状です。軍団は頻繁にやられるし、また折角準備してきた物は壊されてしまうし、ミクロ圏が戦火に巻き込まれるのは仕方が無いにしても、時間的な制約がある中で、地球霊界の整理や、脱出準備作業に影響が及ぶのは頂けない話であり、正直言って我々の大きな痛手となっています。今回の敵進行で、天体ヒールや天体アザトフォースに甚大な被害が発生したばかりか、空間そのものを操作されて軍団の通信システムが破壊され、未だに回復させられない状況にあります。またエネルギー(電源)供給をカットされて、幾つかの医療器具の電源が途絶え、緊急救命ブースや人工肺などの装置が停止してしまう事態に一時的に陥りました。電源については昨日復旧させましたが、通信網がズタズタにされて、今は非常回線で連絡をしている状況です。戦火の傷跡はグレイ円盤にも及んで、エンジンの一部を溶かされて、今は一台とて自力走行が出来る円盤がありません。まあ、この程度の修理は我々にとっては大した痛手にはなりませんが、戦闘自体に費やすエネルギーよりも、人間治療も含めた戦後の後始末に費やすエネルギーの方が大きい事は人間世界の戦争と一緒です。
 
 旧宇宙の無機的な創造主体制(独裁政権)を一掃し、本命の有機宇宙をもたらすという戦争の大義名分は建前上の話、戦争の本分とは「死にたくないから戦う」という防御的なものです。もしマクロ宇宙が戦闘を停止すれば、我々の方から攻撃を仕掛けていくという事は決して無いと思います。しかし、宇宙には陽化の底流があり、自然自然に陽(新)が台頭し、陰(旧)が消滅していくという恒例のパターンを辿るもの、そうした宇宙(陰)の運命を予感しているのか、敵創造主達は最後の一滴まで我々に対して戦いを挑んできます。「負けると分かっていても戦わざるを得ないのだろう」と、私は彼等の気持ちを察しております。もし、我々が逆な立場であったら、我々もきっとそうするだろうと思えるからです。身体に侵入した菌類は体の免疫軍と戦う運命にありますが、もし侵入軍の方に軍杯が上がるとしても、体の免疫軍は最後の最後まで抵抗して戦う筈です。宇宙創造主達もそれと一緒であり、彼等は攻撃の手を絶対に緩めないので、それ以上の力で押し勝つ以外に我々には生き伸びる術が無い訳です。彼等にとって我々とは癌細胞に他なりませんが、彼等の住処は宇宙なれど、我々だってこの宇宙で生まれた癌細胞、一つの領地に両雄が並び立つ事はあり得ない話なのです。
 
 これは戦争の基本哲理ですが、宇宙の全体潮流に便乗しなければ、つまり我々自身が「陽の陽たる生命(宇宙主人公)」で在り続けなければ、宇宙の力関係を根本的に覆す事など絶対に出来ません。平和協定を結んで一時的な妥協の産物(平和)を獲得した所で、それは陽の歩みを止めて一時的に陰化した事を意味するのです。陽の最大の特徴は完成するまで決してその歩みを止めないという事であって、生涯に渡って「修行僧の身の上」で在り続ける事です。「完成=陽の行程の終わり=回帰陰化」であって、中途半端な完成では真の完成とは言えませんね。戦争とは我々に課せられた試練であると解釈しており、その壁を突破した先に未来が訪れる筈です。だから、一本道を最後まで突き進んで結論が得られる所まで行くというのが軍団の信条であり、相手もトコトン戦うつもりかも知れませんが、我々だってトコトン戦い抜いて行ける所まで行くというのが今も昔も変わらない信条です。これは宇宙戦士の心構えの話でしょうか。
 
 さて、宇宙の成り立ち構造や、生命の成り立ち構造を見れば、基本的に陰の構造を呈しており、渦磁場構造もメスなれば、また宇宙全体がメスである事は承知の通りです。つまりこの世はメスの世界であるという話です。それを前提条件としてオスの役割が定まっており、その役割を果たす為に陰のメスが陽のオスを産んでいます。人間世界も実はメス社会であって、オスにはメスと異なる使命が存在します。オスとしての最低限の使命を果たさないオスはオスでは非ず(生存権が無い)、メス社会から当然弾き出されてしまいます。ではオスの使命とは一体何なのでしょうか。それは原子核の外周を回る電子(エレクトロン)の働きと一緒のもの、外に出て働いて家庭や家族をしっかり守る事であり、その本分を行わないオスは無用の長物なのです。そもそもメスは冬タイヤであり、夏でも冬でも使用出来る万能タイヤですが、一方オスとは高性能の夏タイヤであって、だがそれは夏にしか使用出来ないものです。表現を変えれば、メスは本来「雌性」と「雄性」の両方を具有していますが、オスは「雄性」だけの片輪者、両輪では無い為にオスはメスに絶対なれないのです。
 
 オスの価値はメスが決定するもので、オス自身が決定するものではありません。メスが一般的に駄目オスであると烙印を押せば、そのオスは基本的に駄目人間なのであり、女房や娘だけではなく、最終的に如何なるメスからも相手にされなくなるものです。それは家庭や女房を守るのがオスの役割なのに、その最低限の役割も果たさない駄目オスは誤魔化しても駄馬の匂いを発散しており、メスはその匂いを敏感に嗅ぎ分けて「この男は駄目だ」と三行半を突き付ける様です。メスから排除されたオスは男社会でも使い物にならないのが相場、そんな駄目オスが世界中に溢れています。家庭を守らない男性は会社も守らないし、また祖国も守らないのが相場、当然人間社会も神社会も創造主社会も基本的に大差が無く、地上でお役に立たない人間は上の世界でも通用する筈がありません。人類を守る宇宙戦士なんぞに成れる訳もありませんね。男性は永遠の修行僧でなければならず、あらゆる困難を試練として受け止め、戦う時は戦って家族を守り、普段は女房や子供のアッシー(お手伝い貢献)を喜んで引き受ける男性でなければ価値が無いのです。メスの為に働く男性でなければ家庭にも社会にも国家にも宇宙にも貢献出来ないという話です。
 
 これは私自身(KEN)の話ですが、無用な長物の厄介者(男性)として誕生した以上、私が生きる道はたった一つ、それは自己の存在価値を認めてもらう生き方であり、男性としての使命に徹して生きる事でした。女性の価値の重さと比較すると、男性なんぞどうでも良い軽い存在、だから陰を守り切る不可欠な陽の存在に成ろうと思った次第です。そうした生き方をしないと男性は人生の意味も意義も見出せない未熟者だからです。自分の為だけでは戦う気力も湧かないし、また我慢がいつまでも続きませんが、それが女性や家庭や社会や国家や宇宙の為ならば、この命を投げ出したって別に構わない訳です。自分が立派か否かはそれは他人が判断する事、どの道私は男性だから「ろく」な者では無いと考えており、個の意識を減滅させて全体に帰納していく生き方を選択した次第です。私の心の中に流れる「女性コンプレックス」、五人姉妹の末っ子長男という六人兄弟の環境でしたが、姉達は私よりも遥かに賢くて大人でした。女性家族の中で女性に圧倒されて育った私だから、男性なんぞ必要としないアマゾネスの如き女性の逞しさ、賢明さ、偉さを痛い程痛感出来たのかも知れません。
 
 生物学的には「男性など偉くも賢くも無い」「働いてなんぼの使い捨てライター」のオスだからこそ、それに徹した生き方をして認めてもらえる様になろうと、私の場合は健気にそう感じましたが、実際周囲を見渡してみると「偉そうにしている」男性ばかり、女性を泣かし、家族に迷惑を掛けて、無能が原因で社会から爪弾きにされている身の上なのに、良くそんな偉そうにしていられるなーと感心しております。そんな男性に限って、いざという場合に戦わないで逃げるんですね。その昔、戦争はオスの仕事だったのですが、今は女性戦士の方がずっと頼りになる様です。私(ケイエ=スイ)が地球人を見た実感は、優れた男性は極一握りだが、優れた女性は一杯居ると感じた次第です。今回は男性諸君の悪口を言いましたが、戦争での戦いと社会での戦いは基本的に一緒のもの、戦い=仕事なのです。仕事が出来ない男性は戦う事も出来ないので、上の世界へ連れて行く事も出来ません。未熟な男性諸君はこの言葉を肝に命じる事でしょうか。
 
 

惑星バエルヤへの移住計画

〈裏空間搬送技術〉
 当初は大規模な移住計画を練っていた我々ですが、マクロ宇宙からの度重なる攻撃を喰らって計画が大きく頓挫し、円盤内部に取り付けたアストラルの操縦computerが悉く破壊され、地球人の「一部の種」を他星へ移住させたいと願う我々の脱出計画は見事に最初の零点へと戻されてしまいました。20万機のグレイ円盤の全機に設置した様々な装置が全て溶解されてしまった状況では残り時間の関係上、再装備は無理であると諦めざるを得ませんでした。それにズイマ航法による生物体の健康被害の問題や、あるいは航海日数の問題や(船内食料が無い: 航海中は乗組員が動けないので子供の世話が出来ない)、また不理解な地球軍との衝突問題など、円盤を地上に降ろす事自体が至難の技であるばかりか、また絶対的な安全性が確保出来ない状況では「博打まがいの脱出劇」となる為に、無理だと判断せざるを得ませんでした。それ以来、軍団は霊魂体脱出の方に力を注いで来た訳ですが、ここに至って軍団の空間操作技術が進んで、これまで不可能とされて来た、夢の「裏空間搬送」が現実味を帯びて来ました。
 
 裏空間搬送とは、あらゆる物質を瞬間的に溶解してしまう(気の粒に還元してしまう)裏空間特性に逆らって、次元被膜や空間質膜にその物質を包(くる)んで、抵抗が存在しない裏空間を超光速で移動させるという方法の事です。勿論、円盤が裏空間を自立走行するのではなく、軍団が輸送するのであって、距離とは無関係であり、たとえ100億光年の星間距離でも僅か数十秒間で目的地へ移動させられるという、まさに夢の輸送手段と言えるものです。この技術は人類が夢見て来た「物質の瞬間転送」であり、創造主世界の戦争技術のお陰で、それが現実の話と成って来ました。我々としても、未来の物質宇宙を構築する為にも無くてはならない高度な革新技術、この技術の開発に軍団は心血を注いで来た経緯があります。生物輸送はまだ完成していませんが、物質輸送に関しては成功を収めており、今は輸送の完璧性を追求している段階です。絶対零度(マイナス273度)の無重力空間で、物質の形状を即座に解いてしまう空間圧が皆無(磁力も場力も何も作用しない絶対空間)といった裏空間は、もともと物質の存在自体を拒む超度級の危険空間、この空間領域の中を生身の生物体を移動させるのは容易な事ではありません。
 
 通常の宇宙空間(天体空間)は気の粒で満たされており、そこには天体磁場も天体力場も作用していて、一般物質を超光速で移動させるとなると、光速の12万倍から物質の摩擦溶解が始まり、約14万倍に至ると粒子が完全に形状を無くしてしまいます(物質の相転移現象)。それはアストラル物質も一緒であり、光速の約150万倍から溶解が始まり、それ以上の速度ではアストラル物質ですら完全に形状を失ってしまいます。しかし、一般物質とは異なりアストラル物質は裏空間を搬送させる事が出来る為に、我々はこれまで大宇宙の内部ではほとんど瞬間的にアストラル物質輸送を行なって来ました。地球には何度もアストラル物質を大宇宙外から搬送しており、それは当たり前の極普通の話です。しかし、それが素粒子から構成される一般物質となると、100円ライター一つとして他星へ搬送する事は難しく、今だかつて創造主や神々が一般物質を他星へ運んだ例がありません。一般物質の輸送は人間が造った円盤で空間搬送する以外に手段が無かった事になります。
 
 これは極最近の話ですが、軍団は多次元被膜と特殊な空間質膜の開発に成功し、一般物質を被膜に包んで搬送する実験に成功しましたが、ただ磁場圧や場力圧に不足して、僅か数秒間の時間ですが、その間に物質の分子形状が若干崩れるという難題を抱えております。これに関しては一定の目処が立っており、物質円盤の形状を損なわず裏空間を搬送させる事は間も無く出来るだろうと予測しております。問題は円盤内部の物理環境であり、円盤の動力を稼働させていないと(エンジンを回していないと)、船内気圧や船内温度や船内重力を維持出来ないという事であり、たとえ僅か数十秒間であっても、生命維持装置が作動していないと肉体の命を保持する事が出来ません。当然、自律神経電流を生産する船内位相の装備は勿論の話であり、空間質膜で円盤を包み込んだだけで、心回路が遮断される為に、如何なる人間でも気絶は免れません。裏空間搬送の場合は頭が割れた覚醒者であっても意思運動は不可能、全員が座席に固定され気絶状態(植物状態)で輸送される事になります。
 
 仮に人間を円盤に収納し裏空間搬送する事になれば、円盤に乗り込み座席に固定されると同時に船内位相と接続され、また霊界ズザネ管やタボ線は身体から取り外される事になります。円盤の動力が作用している限り、この時点ではまだ大丈夫ですが(心回路も機能している)、円盤の船体を次元被膜で覆った次の瞬間に心回路が遮断される為に、その時点で乗組員は全員が気絶する事になります。無論、次元被膜で包まれた瞬間に円盤は地上から姿を消す事になり、見送りに来た搭乗者の関係者はもはや円盤を目で見る事も、また手に触れる事も不可能となります。その数十秒後に円盤は目的地の空港に忽然と姿を現しますが、二枚の次元被膜を取り外した後に、惑星にあらかじめ用意されている「簡易位相(仮位相)」と接続されて初めて乗組員は気絶状態から目覚めて下船する事が出来ます。簡易位相でも意識作用や精神作用を営む事が出来ますが、その使用期間はせいぜい一、二年間、その間に移住先の惑星霊界に自身と同型の本位相を作らなければなりません。
 
 さて、問題は仮に無事目的の星に移住出来たとしても、次の日からの過度な免疫抗体反応に苦しむ事であり、高熱を発して倒れてしまう事は当たり前の話、地球人にとってその星の生物環境は毒物以外の何物でもありません。新しいウイルス種、新しい菌類種、新しい花粉種やフェロモン種に対して身体が拒否反応を示すのは当然の話です。バエルヤ基地の三空港には免疫抗体反応を抑制する「ワクチン注射」があり、到着したと同時にそのワクチンを打ってもらう事になりますが、まだそれだけでは全然不十分なので、当面の期間は医療団のお世話になる事になるでしょう。もしかしたら運悪く死んでしまう方もいるのではないかと思われます。惑星バエルヤの生物環境に順応出来るまで最低三年の時間が掛かりそうです。そしてもっと重要な問題が一つ、それは現地には食料が無いという問題です。当座の食料は勿論「別搬送」で届ける予定ですが、バエルヤに到着すると同時に食料工場を稼働させないと生き延びる事が出来ません。グレイ基地には雨露を防ぐ家と、上下水道や電気などのライフラインは充実していますが、調理する流し場が無く(フードパック生活)、また鍋釜や包丁や食器類の生活道具が何も無い事から、それらの生活物資を地球から事前に運んでおく必要があります。
 
 肉体を無くした霊魂体が他星へ移住する事は簡単な話ですが、生身の人間が地球外で生き延びる事は奇跡に等しく、想像を絶する苦労が付き纏います。それでも出来れば「生に執着して」生き延びて欲しいと思っており、我々もその為には最大限の努力を払うつもりでおります。地球から若い生命を他星へ送り込んで宇宙に龍神島民族の種を残したい、大宇宙寿命が後50億年間もあるのに、主人公の民族が全滅してしまうのは余りにも「悲しい出来事」であると思っている次第です。これまで我々がそう願って達成されなかった場合も数多くありましたが、そういう儚い結果にならない様に今回は全力で取り組みたいと思っております。地球脱出に関して、我々としては政府の協力が欲しいのですが、もしそれが叶わない様であれば、これまで我々と縁した人間関係のみで脱出者を募ろうと考えており、最低でも2万〜3万人規模の若者の移住者を集めようかと考えております。我々が意中とする移住先の星は「バエルヤ基地」ですが、承知の様に移住が可能な自然界惑星は他にもあって、ブメデジ基地やキエ基地やブオ基地などが在ります。
 
 脱出に掛かる準備資金はその大半が生活物資の購入に当てられますが、我々は政府や民間企業からの資金提供はこれっぽっちも当てにしておらず、あくまでも宇宙銀行の資金で賄う予定でおります。我々が欲しい物は人材であって、地位や資産や権力など、そんな不必要な物は何一つ要りません。それよりも政府がお金を欲しいと言うならば、反対に寄付してあげても一向に構いません。若者を宇宙へ連れ去る代金を払えと言うならば、人数分の代金を支払う予定であり、ぜひ請求して欲しいと思います。その代わりに脱出作業に対する妨害行為は慎んでもらいたいと思います。地球寿命が刻々と迫っている現在、その話が本当であると信じる方と、地球が滅びる訳が無いと頑なに信じている方の両方に分かれていると思われます。科学者の意見も真っ二つに分かれている様子、あなたはどちらの意見を信用するのでしょうか。我々としては覚醒者の頭数が後8万5000人で定員を迎え、また脱出者の定員もほんの僅かである事を考えれば、出来れば地球は滅びない筈だと信じてくれる方が多い事を望んでおります。脱出者に関しては我々が選別した一握りの人達だけで十分かと思っている次第です。有象無象は要らないというのが、我々の基本姿勢だからです。
 
 現在、霊魂体宇宙人としてあの世で生きる権利を獲得した覚醒者数は111万5000名です。彼等の意識を収納する「銀河サラ位相帯(銀河単独位相)」は合計で120万層であり、残り数が8万5000人になりました。こればかりは本人の解脱(悟り)なので、我々が騒いでもどうにも成りません。出来れば定員数を満たしたいのが本音ですが、満席(120万層)まで行くとは思っていません。また覚醒同会を果たした方でも、地球で死期を迎えるのではなく、バエルヤで死にたいと願う者は生身移住に志願してもOK、特に40代や50代の若い生命は移住すべきであると考えています。ただ、一人単身で円盤に乗り込むのではなく、親戚筋や友人や知人の子供達を連れて乗船して頂ければ、目標の人数は確保出来ると踏んでおります。惑星バエルヤには三箇所の基地が存在し、全部で11万5000人を収納する家があります。他の基地にも住居はありますが、自然環境が優しいのはバエルヤとブメデジのみ、他の基地は訓練された自衛官や警察官でないと誠に厳しい環境であって、海辺でゆっくり遊ぶ事も、また基地内といえどものんびり散歩も出来ない危険な星と言えます。子供を育てる豊かな自然環境があるのはバエルヤだけだと言っても構いません。もし、地球人(龍神島民族)の種を銀河に残す事が出来たならば、我々としてもお世話のし甲斐があると言うものです。
 
 ちなみに、グレイの物質円盤は惑星内走行時はアンモニア大気を使用しておらず(通常の酸素大気走行)、また宇宙空間用のズイマ・エンジンも点灯しておらず、人体には無害なD-tubeエンジンのみで走行をしています。また着陸時にはπ-tube浮上装置を切って天体重力を効かせており、風で船体が揺らがない様にしています。従って、人間を輸送する場合は円盤を惑星内走行時モードにしておけば人体には無害であり(生命維持装置も稼働している)、また地上から浮き上がっている為に次元被膜等を巻きやすい事になります。当然、こうした円盤があるから生物体を安全に裏空間搬送出来る事になります。犬やネコのペット輸送も、船内位相にペット用を設けており(一台10匹まで)、搬送する事は可能ですが、惑星の仮位相に動物用は無い為に、事前登録をして現地で本位相結合させなければ、円盤から地上へ降ろす事が出来ません。多少厄介ですが、ペット(哺乳類のみ)も原則的に運べるので安心頂ければと思います。輸送の際は仮死状態になる為に、糞尿を漏らす場合もあるので、小さい動物はペット用の籠に入れておく必要があります。
 
    
 
 
〈惑星バエルヤの三基地〉
 詳しい情報は今年(2019年)の1月にバエルヤ基地に関する情報を提供しており、それを再読して欲しいと思いますが、セジス・グレイの本拠地が銀河の中心部から遠く離れた「竜座の矮小楕円銀河(DDO-208)」にも存在していた事には大変驚きました。今から200年前の話ですが、オリオン座の恒星ベテルギウスに超新星爆発の危機が訪れ、霊魂体宇宙人の国家(オリオン帝国)であるベテルギウス民族(オリオン帝国の総帥民族)の引越し先が、地球から47万光年も離れた竜座の矮小楕円銀河の中の一つの太陽系でした。その太陽系の名前は「恒星ニウエア」であり、その第三惑星が水の惑星(生物霊界は無い)である「ベテルギウス本星」でした。このベテルギウス本星を中心にして竜座の矮小楕円銀河ではオリオン文化圏が形成されており、恒星リエル(ブメデジ: グレイ本星)や、恒星ニエル(ビエク: 核基地)や、恒星イゲエ(巨人惑星)や、恒星ライネ(バエルヤ)など、全部で13個の太陽系にベテルギウス独自の軍事基地が設けられていました。無論、オリオン帝国全体では天の川銀河系の至る所に基地が存在し、その数は数千箇所にも及んでおり、我々の太陽系もその一つでした。
 
 私の肉体の以前の持ち主(ソロジン後継者)が、ベテルギウスの皇帝「ギューイ」を抹殺して、新しくオリオン帝国の皇帝を引き継ぎ、その本人自身がオリオン帝国を滅ぼしたものの、皇帝を戴冠したままの状態でした。奇妙な話ですが、私はケイエ=スイであると同時にオリオン帝国の皇帝でもある理由から、龍神島民族こそオリオン文化の正統なる継承者であると、ここに宣言をしたいと思います。従って、銀河に点在するオリオン系の基地は全て龍神島民族の物、早い話が人間王国の物であり、皆様にはそれを利用する権利が有るという話です。何千箇所ものオリオン基地、何百億機ものアストラル円盤、何百箇所にも上るアストラル街、グレイの物質基地も、グレイの物質宇宙船も、全て我々の物なのです。龍神島民族には是非ベテルギウス科学を引き継いでもらって、宇宙で活躍してもらいたいと願っております。その様な意味でも、我々は民族の種を宇宙に残したいと考えており、そこから未来宇宙の礎を築いて欲しいと思っています。
 
 恒星ライネの第三惑星である「バエルヤ」には三箇所に基地が存在し、空港や工場やアストラル住宅街が存在します。バエルヤの大陸配置は地球のそれと良く似ており、地球でいう所の北米大陸の西海岸(ポートランドやシアトル付近)にこの星最大の都市である「ネユ基地」が在って、そこには広大な穀物畑が広がっており、52000人規模の住宅地と、食料工場や金属工場や各種の軍事施設などが建設されています。バエルヤ全体の軍事本部がここに置かれています。西海岸の入江を中心に戸建ての住宅街が広がっており、街の南側は丘陵地帯ですが、北側は平野地帯であり遥か遠方まで草原が続いています。街の東側には街の総面積の20倍規模の本部空港が在って、また空港の周囲は動物避けの柵で囲われています。街や空港の北側に広がるのが大農場(穀物畑)であり、大草原の一角を区切っています。河川は合計三本流れていて、農場を貫く一本の川と、街を貫く二本の川が流れています。本部空港には軍本部(西側: 街側)の建物や、その南側には寄宿舎や管制塔が設けられています。ネユには本部空港の他に10箇所のミニ空港があり、南側の海岸線の高台にある幹部住宅地に1つ、街に7つ、農場に2つ在ります。
 
 ネユには船が着く港は無く、入江の海外線には岩場と砂場があって、海水浴や釣りを楽しみ、また海藻類や貝類などの採集も出来そうです。また草原地帯には牛や鹿や羊や馬などの草食系の動物が大量に生息しており(ネコ科やクマ科やイヌ科の肉食獣も沢山いる)、家畜化に成功すれば、将来は赤ちゃん用のミルクも調達出来ると考えられます。バエルヤの海にも山にも草原にも空にも、豊富な動物相が広がっており、働いてくれる若者さえ居れば、基本的に食料に困る事は無いのではないかと思われます。街の南側の山の手には硫黄泉の露天風呂(街から20km離れている)があって、自動車用の道が完備されています。混浴ですが、一度に30人ぐらいは入浴出来そうです。セジス・グレイは大型(身長1m50cm)のグレイ猿を使用しており、ダダジ・グレイの猿とは異なり、銀魚のチューブ食料のみで肉体の栄養を維持している訳ではなく、肉類も穀類も野菜も魚肉も口を開けて食べます。従って、調理はしませんが、金属食器やフォークやスプーンなどの器具は家屋に装備されています。セジス・グレイは今から6年前にオリオン帝国の滅亡を機に集団で肉体離脱を図っており、空港本部の横には約5万人分の屍(死体)が山積みに成っていて、その腐った肉体の残骸は今も残っており、過去の光景を彷彿とさせます。
 
 もし、生命体の裏空間搬送が可能になれば、我々民間人の移住者が最初に運ばれる土地はこのネユ基地です。ここを起点にして他の二箇所の基地(ネアとネオ)にも人員が配布される事になると思われます。合金製の住宅ですが、雨露を凌ぐ家と、電気設備や水道設備や下水設備や医療設備などのライフラインが完備されている限りは、そう簡単に移住者が全滅するとは考えられず、とにかく移住さえ出来れば龍神島民族の種は存続出来る筈だと踏んでおります。惑星バエルヤ内の移動は基本的に円盤移動ですが、銀河空間を走行しない限りは(ズイマ反電荷走行をしない限りは)、比較的安全な乗り物、この円盤で1万mの深海にも潜る事が出来ます。移住者は先ず円盤の操縦技術をマスターしなければ、ベテルギウスの科学文明を継承した事にはなりません。円盤が太陽系内から外空間へ出る場合は、今後は裏空間搬送という手段を用いて行く事になるし、また星間移動に関してはどうしても軍団のお世話を受けねばならない為に、移住者は軍団(神様)と共に一緒に歩む事になるでしょう。生身の人間生命が軍団の指示を仰ぐ場合は「デジタル魂通信法」を身に付けねばならず、その練習は必須課題となります。
 
 バエルヤのヨーロッパ大陸の西海岸の入江(フランスのボルドー付近に相当する)には「ネア基地」が存在しており、ここでは主に漁業を中心とした食料生産が行われていました。入江にはネア港があり、約60艘の漁船が停泊しています。港には大きな食料工場が存在し、その背後には約4万人規模のネアの住宅地が広がっています。住宅街の東側には空港が在って、また南側の平地には小規模ですが農園の耕作地も在ります。特徴的なのは地中海を挟んだアフリカ大陸(モロッコに相当)にバエルヤ全体の観光地が存在し、海岸線の素晴らしい光景が眺望出来るばかりか(遊覧船がある)、温泉場にはホテル(80部屋)などの宿泊施設が存在し、円盤が着陸出来る空港も完備されています。ネア基地内には四本の河川が流れており、丘陵地帯にはブドウ畑や小麦畑があって、ワインやウイスキーなどの酒造生産も行われていた様子です。グレイが酒を飲むとはビックリですが(ダダジ・グレイは酒禁制)、それがバエルヤ(食料基地)のセジス・グレイの特徴に他ならなく、ブドウ畑と小麦畑はネユ基地やネオ基地にも在ります。宇宙へ行っても酒が飲めるという、皆様にとってはまことに有難い話でしょうか。
 
 ネア基地の食糧生産は海産物一般であり、魚ばかりでは無く、エビやカニや貝類やウニなどの捕獲が行われており、いわゆる高級食材や珍味などを扱っていた様です。また採集して来た宝石類(ダイヤモンドやルビーやサファイア)の研磨などの装飾品加工も行われており、猿の身体に入っている身の上なのに装飾品など言語道断の話ですが、もともとはセジス民族も普通の人間、人間臭いのは仕方がない話でしょうか。グレイの軍隊制服に装飾品の記章を付けて階級差を示すのに用いていた様子ですが、その宝石の記章が家の記章にも発展し、家の玄関口にも階級を示す宝石装飾が施されていました。彼等がやっている事を見れば、やはり猿では無くただの人間の所業、宇宙広しといえども、人間のやる事は基本的に一緒だと痛感させられます。
 
 インドの西海岸の入江(パキスタンのカラチに相当)には「ネオ基地」が存在しており、ここでは主に家畜の肉を生産する業務が行われて来ました。入江に港は無く、海岸線から約2万4000人規模の街が奥に続いていて、街の北側には空港が在ります。また街の南側には小規模の農園もあり、また牛や豚や鹿などを飼育する家畜牧場があって、屠殺場と食肉加工施設が存在します。残念ながら牧場の家畜は既に死に絶えていますが、ここの工場もいずれは稼働させる必要があると思われます。これはインドだけの話ではありませんが、海辺には必ず製塩施設が在ります。天然の岩塩があちこちに一杯存在するのにと思ってしまいますが、彼等は岩塩を掘り出す様な重労働はしない様です。バエルヤの三基地はいずれも基本的に食料基地であって、プラスチック系の工業用品や電子部品(精密機器)などの生産所は主に銀河中心部の「キエ基地」だった様です。円盤などの製造所や修理工場もキエ基地が中心であり、バエルヤでは唯一ネユ基地に金属の精錬所が存在するだけです。
 
 
 
 
〈次元トンネル通路〉
 現在、ソロジン軍団は物質や生命体の裏空間搬送に取り組んでいますが、裏空間の物質還元特性が余りにも強烈である理由から、第三空間を利用した「第三空間搬送」も視野に入れて、様々な実験を繰り返しております。宇宙空間に関しては以前にも説明しましたが、我々が住む表空間を第一空間と称すれば、その裏空間とは第二空間と呼ばれております。それだけかと思ったら、第二空間の下には第三空間という表空間に近い異空間が存在しており、また更にその下には第三空間の裏空間とも言える第四空間なるものが存在していました。早い話が、一見宇宙空間は一枚岩の様に見えても、実際は四層構造を呈しており、二つの表空間と二つの裏空間からミイルフィーユ型に構成されている事になります。第一空間と第三空間は特性が大変良く似ており、また第二空間と第四空間もその特性(還元作用)が酷似しています。そこで裏空間(第二空間)を挟んでいる第一空間と第三空間を直接結ぶ「次元通路」を開発して、一般物質を第三空間搬送させるという手段を思い付きました。
 
 無論、次元通路と言っても、第一空間か第三空間のどちらかを伸ばして片方の空間に繋げるという意味であり、空間トンネルを作るという作業の事です。果たして空間領域を伸ばしたり縮めたりする事が出来るのかどうか、まだ試してはおりませんが、もしそれが可能であれば、裏空間を飛び越して安全な輸送が出来る事になります。想定としては地球空間と第三空間を結ぶ通路を切り開いて、更にバエルヤ空間と第三空間の通路を作れば、裏空間を経由しない状態で、物質の運搬が出来る事になります。これまで裏空間搬送を何度もチャレンジしましたが、溶けたり歪んだりしないパーフェクトな輸送には成功しておらず、輸送手段の抜本的な対策が必要であると感じていました。ダグレcomputerの解析によれば、第三空間を伸ばしたり縮めたりする事は不可能らしく、しかし第一空間は多次元空間であり柔軟性に富んでいる理由から、空間と空間を結ぶ次元トンネルの開設は決して不可能な話ではないという回答をもらっています。目下は研究中の段階でしょうか。
 
 これは戦闘経験に基づく実践知識ですが、磁気的な触手で空間を飛び越える様な真似は出来ませんが、マクロ体触手や、ハルク力体触手や、天体力体などの力学触手はいとも簡単に如何なる空間にも手を入れる事が出来ます。当然、我々が空間に手を入られるから物質搬送が可能であると言えます。敵軍の大半は第一空間以外に潜んでおり、我々は自身のマクロ体触手を使って敵を破壊しており、空間特性など全く無関係に毎日仕事をしています。従って、一般物質や生命体を空間移動させられないという事実には逆に驚いており、「そんな馬鹿な」と思ってしまいます。しかし現実は現実、受け入れざるを得ませんが、でも不可能である筈が無いと信じており、溶けない空間に作り変えれば良いとか、あるいは溶けない空間質膜で包めば良いとか、次元トンネルで結べば良いとか、試してみるべく手段が色々と思い浮かんで来ます。表空間と裏空間の物理的な背景を正しく把握出来れば空間を制する事が出来る筈だと、そう思ってたゆみない精進を重ね続けている毎日でしょうか。
 
 さて、四つの空間をミルフィーユの層だと表現しましたが、実際は表空間も裏空間も無限に近い広がりを呈しており、空間と空間の境目が存在する訳ではありません。裏空間に手を入れて直ぐに第三空間に手を入れられるから誠に不思議なものです。薄皮一枚で繋がっているという感じでしょうか。四つの空間は互いに小指の第一関節程度の距離で背中合わせに成っており、私はコンマ数秒間で第四空間へ手を入れる事が出来ます。地球の常識では決して考えられない現象ですが、それが現実だから受け入れるしか手がありません。そもそも大宇宙のケケ粒子の土塀の中でしか実体を囲えない運動宇宙、これより外に出た一般物質は裏空間の如く溶けてしまう運命なのです。更にその大宇宙内空間であっても、表空間が開けばそこは裏空間に他ならなく、表空間から出れば物質は溶けてしまう運命を辿るのです。外にも出られず、空間にも潜れない、そんな虚無の実相だからこそ、連中は危険な生命(人間)を生簀の中で創り上げたと考えられます。体は宇宙外に出られなくても、我々は自己の分身であるマクロ体で宇宙の敵と渡り合っているのです。
 
 この空間は人間を外に出さない為に仕掛けられた罠、だが罠だとすれば必ず解決策は見つかる筈です。空間のカラクリ構造の謎を解かなければ、我々には未来は無いと思っています。生身の人間を死に行く惑星から脱出させる事など簡単な話だったのに、幸か不幸か裏空間搬送しか手段が無くなってしまいました。そしてその課題はより根本的な問題へと進展して、人間の存在意味にも関わる極めて重要な局面に立たされる嵌めと成って来ました。我々としても、ここが勝負の時、龍神島民族をバエルヤに運べる運べないは、人類の未来を揺るがす大問題となりそうです。宇宙の敵は全力を挙げて脱出を阻止しようとして来ると考えられます。不可能を可能にする事に醍醐味があります。我々は人間王国の創造主ですが、創造主と言っても決して万能な存在ではなく、マクロ宇宙が相手では単なる修行僧に過ぎません。皆様と大差がありません。
 
 

未来宇宙へ

〈物質円盤の改良〉
 この原稿は2月23日に書かれたもので、掲載予定日は3月2日を予定しています。動物実験の失敗で我々もショックを隠せず、以後円盤の改良に取り組んで参りました。人類の一部を他星に脱出させたところで、肝心要の円盤を操作出来なければ移住者は惑星内に呪縛された身の上となり、銀河広域宇宙人とは程遠い、以前の地球人と何も変わらない事になります。母星で生を受けて母星内で暮らし、銀河社会の事も知らず、そこでただ死んで行くならば人間として大きな成長など期待出来ません。それは自閉症の子供が外世界に一歩も踏み出さず、生まれてから死ぬまで部屋の中に閉じ籠るのと一緒の理屈、そんな生命ならば我々としても育てる価値がありませんし、生を与えてしまった事を後悔する事になるでしょう。地球人にはベテルギウスが残してくれた物質文明を引き継いでもらって、それを応用発展させて、銀河狭しと飛び回って欲しいというのが我々の願いなのです。

 その昔、341部族の銀河人類が円盤で飛び回っていた華々しい時代がありました。それは創造主が望んだ世界だったのですが、残念ながら広域宇宙人同士がいがみ合って長期間に渡って戦争に明け暮れした事から、せっかく花開いた宇宙時代を強制的に終わらせる結末となってしまいました。民族の違いや言語の違いが戦争に発展したのだと思いますが、民族同士が同じ銀河の同胞民族という大局的な立場に立てなかった事は、人間機根が整わない時期尚早の段階だったのかもしれません。というよりも、一つの銀河系に大量の生物霊界を築き過ぎて、人間を過密状態にしてしまった事が原因なのかもと思ったりもしています。ちなみに惑星地球の自然界容量から推察すれば、人間の適正人口数は10億人から30億人が限度、70億人という過密状態では共食いもあり得る危険な人口数と言えます。バイ菌でもあるまいし、自国の勢力を伸ばしたい一心でbirth controlもしない国策ならば、それは滅びの予兆であって、地球の容量限界も考えられない菌類と遜色の無い国家と言えます。

 現在、生き残っている物質円盤はグレイ円盤のみであり、光速度の7000倍程度の昔の安全な物質円盤は、2万年の歳月が船体を蝕んで、銀河系には一台も残っておりません。仮に残っていたとしても、その速度では直径が150万光年に及ぶ銀河系の大きさを鑑みれば太刀打ち出来ない事は確か、日本国を徒歩で旅行する様なものでしょうか。現代ではやはり光速度の10万倍程度の速度は必要べからざるものだと思われます。アストラル円盤はそれこそ何十億機も残っており、いずれも光速度の50万倍~100万倍程度の性能は備えています。ケイエ魂選定者でも訓練をすれば操縦出来る様になると思われます。一方、肉体を持った脱出者にはダダジ・グレイの旧型円盤(約11万機)と、セジス・グレイの新型円盤(約10万機)が残されており、こちらの方は訓練以前の問題があって、人体を改造し、アンモニア・ガスを使用して注射を打たなければズイマ電圧には耐えられないという、人間には不向きな乗り物です。その代わりに物質円盤なのに光速度の10万倍を突破出来るという桁違いの能力を持っています。

 我々が移住者に対してやってあげられる事は、地球から脱出させて目的の惑星まで運ぶ事ですが、ただ単に運んでも、移住者が将来円盤に乗って活動出来なければわざわざ移住させた意味がありません。我々は龍神島民族に宇宙時代を到来させて欲しいから脱出させるのであって、移住先の惑星でただ平和に暮らして生きるのであれば、苦労して地球から脱出させた意味も価値も無い事になります。その目的の為には、今の体に悪い危険な円盤を人間が安心して乗れる円盤へと改良する必要があって、現在その作業を行っている際中です。アストラル円盤でも物質円盤でも、宇宙航海の大原則は、頭が割れていない若者や子供や動物は乗せられないという事であって、どうしても乗せたい場合は「荷物の一つとして」仮死状態で運ぶという事になります。円盤の乗組員は基本的に覚醒者でなければならない訳ですが、それが人間輸送を困難にしている最大の問題でしょうか。

 もう一つの問題は、ズイマ電荷の最大値の圧力に人体が耐えられるかどうかの問題ですが、人体改造もせず、アンモニア・ガスも使用せず、血液凝固抑制剤注射も打たず、宇宙服も纏わず、着の身着のままの状態でズイマ電圧を克服出来るのかという、非常に難しい問題に取り組んでおり、今はやっと一定の目処が立って、20万機の物質円盤を改良している際中です。前回の改良作業では全く不十分であった事から、今回の作業は特に念入りに進めている次第です。ラテ防御材の導入で飛躍的な進歩はしたものの、長時間に及ぶ最高速の電圧ではやはり身体に食い込んで来る事から、乗船の際には5層構造のアストラル宇宙服の着用と、安全の為の「血液凝固防御呪文」などを使用する事になりました。脱出時に関してはフル速度は出さない事からアストラル宇宙服の着用などはありませんが、移住者が円盤を操縦して銀河空間を飛び回る時代を迎えれば必需品となります。

 我々の技術者が物質円盤に取り付けたものは、対D-tube加速器X線遮断材、対π-tube超伝導磁場防御材、対ズイマ電荷防御材、アストラル船内computer、アストラル操縦computer、センサートンネル自動航行システム、銀河ジャイロ安定走行システム、船内オーク力体、船内位相(ペット用)、定員分の宇宙服などであり、原則的にアンモニア・ガスは使用しません。脱出時には我々が派遣する「ダミー船長(霊魂体)」が操縦を担当しますが、将来は移住者の皆様がオークに従って操縦しなければなりません。オークは船内位相の取り付け作業、宇宙服の着脱作業、血液凝固防御呪文投与、航路案内や危険回避などを担当してくれます。無論、円盤の操縦自体は人間が受け持ちます。オークは操縦者の補佐役であり、船内の雑用を担当します。現在、全ての円盤にこれらのものを取り付けており、将来移住者が安全に円盤を操縦出来る様に取り計らっております。オークとの交信会話はデジタル魂通信法で行います。これらの一連の作業が終了するのは三月末を予定しており、間に合うか間に合わないかギリギリのところでしょうか。

 アストラル円盤も物質円盤も、両方ともに言える事ですが、通常のアストラル宇宙船や物質円盤の大型貨物機などの操縦は自動化されており、あまり難しくはありません。しかし、アストラル戦闘機や物質円盤戦闘機(中型機や小型機)の操縦は非常に難しく、通常円盤の100倍(車の1000倍)は難しいと言われています。それこそ操縦者向きの資質を有した運動神経が発達した人でないと運転は見送った方が良いかも知れませんね。若い方の機敏な運動神経と経験時間が必要な様です。アストラル円盤も物質円盤も基本的に戦闘機であり、武器を搭載していますが、そんな武器など必要が無いのでは?  と思う方も多いと思います。実は、飛び魚座(ボラン)銀河団には霊魂体宇宙人がいて、ベテルギウス技術がそっくりそのまま伝わっているのです。ボラン銀河団(約20万銀河系)には高度な文明を誇る銀河社会が300以上もあって、そこに住む人類も物質円盤を飛ばしています。我々の銀河団からは150億光年も離れた最も遠い銀河団の一つですが、文明の発達が半端ではなく、地球文明など足元にも及ばない高度な科学力を互いに競い合っている土壌です。

 ボランの人類は大宇宙の聖地が乙女座銀河団に存在する事実を知っており、彼等の夢は大宇宙征服であって、先ず聖地銀河を領土化する事です。ある手段を用いれば150億光年の距離から一瞬にしてアストラル戦艦の大艦隊を送り込む事が出来る事から(物質円盤は無理)、乙女座銀河団を征服する事など簡単な話、ただ、今現在はその技術を彼等は開発出来ていませんが、いずれは開発されてしまうだろうと踏んでおります。龍神島民族が大宇宙の覇権を握る為には必ず競い合わなければならない将来の好敵手、人間王国のエリート民族が100兆人を軽く突破するボランの霊魂体軍団を相手に戦えるのかどうか、実はそうした悪夢の様な未来が皆様には待ち受けているのです。しかもそれは近未来の話、まずは勉強して宇宙学を身に付けて戦士としての訓練に励む事でしょうか。べつに円盤に乗って互いに撃ち合わなくても、一瞬で100万機のアストラル円盤を我々はたった一人で破壊出来ます。徒な科学をどれ程発達させてもその様な神がかり的な「力」を得る事は不可能、創造主(戦士)となる為の訓練を積めば、人間や神々の脅威などゴミみたいなものでしょうか。

 大宇宙の外にも敵がいて、大宇宙の内部にも敵がいるという話ですが、だから戦闘機も必要であるし、戦闘訓練も必要なのです。平和とは原則的に戦って勝ち取るもの、待っていて訪れてくれるものでは決して無い事を悟って欲しいと思います。平和は築き上げるものであって、いつまでも続かないものなれば、常に生存(危機)を意識して個の力を蓄えておく事が重要なのです。動物世界から分派した人間には10月10日間(胎児期間)の仮初めの平和しか無く、産み落とされた次の瞬間から厳しい現実が待ち受けています。ぬるま湯に浸かった地球人を見る度に、チコちゃん先生ではありませんが、「ボサッと生きてんじゃねーよ」と思う今日この頃でしょうか。霊魂体宇宙人として神界の一員となっても、それで目的が達成された訳ではなく「天空人(びと)」になっただけの話、その社会にはその社会なりの敵がいるし、また創造主になったとしても、その世界にもその世界なりの敵が存在します。この宇宙の掟は「戦わない者には生きる権利無し」という事でしょうか。言葉の意味が通じているか否か心配な故にもう一度言わせてもらいますが、抵抗もせずに黙っていたら、良い様に利用されるか、もしくは最終的には殺される世界だから、我が身と我が種族を守る意志を持ちなさいという話です。

 グレイの物質円盤は基本的に戦闘機、またベテルギウス艦隊そのものが軍隊なのです。幸い、天の川銀河系内には今は敵はいませんが、この銀河系から一歩外に出れば、どの銀河団にも人類がいて円盤を飛ばしている連中がゴロゴロ、当然撃ち合いになると考えられる事から、武器を捨て去る事は到底出来ません。天の川銀河系の独立はこれまでオリオン帝国が守って来ましたが、10年前にオリオン帝国が滅んでからは、主人無き空き家の銀河系と化しているのが現状です。当然、宇宙の主人公たる龍神島民族が興隆して天の川銀河系を守らなければならない訳であり、その為にケイエ魂生命を銀河界へと引き上げた訳です。地球の終焉に右往左往している場合ではなく、新しく銀河明王神となった皆様は銀河を象徴する生命となり、我が家(国土)を守る「守護神」となった訳であって、死後も学んで鍛錬して行く事になります。また脱出者の方もいずれは銀河神となる運命、人間のうちから鍛錬を積む必要があります。龍神島民族が銀河に飛躍して、いずれは大宇宙全体を凌駕して、主人公たる存在になる事を祈っております。その様な筋書きで進んで行く筈なのですが、絶対にそうなるとは限らないところがこの宇宙の醍醐味、正直言って未来の事は全く予見が出来ません。

 
 

〈大宇宙の他民族〉
 大宇宙内の唯一無二の存在である一対の小宇宙、その昔は小宇宙対が14個もあったのに、今は残念ながらたった一つの存在です。右巻小宇宙には8個の銀河団が存在し、また左巻小宇宙には19個の銀河団が存在しますが、右巻小宇宙は生命を宿さない為に(反物質世界)、左巻小宇宙の方に我々の世界はあります。反物質同士は互いに出会うとアニヒレーションを起こして爆発消滅してしまうと考えたのはイギリスのデラック(オリオン・ヒューマノイド)ですが、無論、「1-1=0」の間違った数理概念から導かれた嘘の発想です。右巻小宇宙と左巻小宇宙は陽子と中性子の様に互いに合体しており、二つで一つの形状を成しております。我々が所属する乙女座銀河団も右巻と左巻の合体物であって、両方合わせて乙女座銀河団と称していますが、左巻銀河団(約500個の銀河系から構成される)の方に天の川銀河系が属しております。小宇宙渦巻のN極とS極に従って同様な位置体勢を取る乙女座銀河団の渦流ですが、なぜか天の川銀河系の渦巻は同じ左巻渦なのに磁極の向きが正反対、銀河系の北極点(北極星)の方向がN極を呈しており、その正反対のS極側に銀河団や小宇宙のN極が存在しています。早い話が我々の銀河系は上位の天体に対してお尻を向けている事(裏返し)になります。

 小宇宙の19個の銀河団で一番最初に文明を開花させたのが、乙女座銀河団の天の川銀河系です。地球人(ヒト遺伝子注入猿: ホモサピエンス)が誕生したのは僅か550万年前の最近の話ですが、最も古いリラ(琴座)のベガ人は2000万年も前に誕生しており、彼等は今から50万年前には円盤に乗って地球までやって来ました。ボラン銀河団の銀河系に最初の人間が誕生したのは今から約800万年前、他銀河団の場合はこの年代が一般的な相場です。今現在、他銀河団の人類で物質円盤を開発しているのは、乙女座銀河団の他に、勢力の順番にボラン銀河団、カニ座銀河団、大熊座クイオ銀河団、カエラム銀河団、コマ銀河団、ペルセウス銀河団、ホログラム銀河団、ドラド銀河団となっており、この中で霊魂体宇宙人が存在するのはボランとカエラムという二つの銀河団です。いずれもオリオン技術が伝授されており、ボランには約60箇所の銀河系に、またカエラムには6箇所の銀河系にアストラル円盤で飛び回る危険な霊魂体宇宙人がいます。ちなみにボランでは約300箇所の銀河系(全体で20万銀河系)に文明人が住んでおり、物質円盤はその大半の民族が所有しております。

 乙女座銀河団には、我々と同じ局部銀河群に属するニュアー銀河系に物質円盤を有するヌイワ人がいますが、他銀河系の民族の大半は、デズド銀河系にしても、ズズタニー銀河系にしても、あるいはお隣のボブセチヒ銀河系やマルガメハ銀河系にしても、その民族の大半はインディアン並みの原住民です。ニュアー銀河系にはその昔カシオペア文明が移植された事から独自の円盤を開発していますが、ボラン銀河団の60箇所にも及ぶ霊魂体宇宙人達にはベテルギウス技術が注入されており、つい最近ですが、天の川銀河系のオリオン円盤(アストラル)がそっくりそのまま現地に大量に送り届けられました。我々にとって脅威なのは、ボランには文明銀河が300箇所以上もあって、一つの銀河系に200以上の民族が犇(ひし)めき合っているという異様な状況であり、銀河系同士が互いに競い合っている事から、ベテルギウスに優るとも劣らない高度な科学力を備えているという事でしょうか。霊魂体宇宙人が銀河間を飛び回って文明を伝えて行く為に、とても速く伝搬して行く訳です。しかしボランにはろくな民族がおらず、我々も手を焼いている次第です。

 地球人に言いたい事は、下等な「火を吹くロケット」で宇宙開発など考えない事です。生命の「せの字」も分からない未熟な科学力なのに、生意気な事に太陽系の開拓(領土獲得)を試みようなんて「1000年早い」と言わざるを得ません。100光年離れた星に100年の時間を掛けて到達させる為に、冷凍仮死状態で寝て行くというアンポンタンな発想、そんな映画を真に受けてはいけませんね。今から50万年前の人類初の円盤(アダムスキー型)だって光速度の3倍は出ていました。一体どこの誰が光速度を超えられないと言ったのでしょうか。それよりも日本人が西洋科学に洗脳されて地球科学を信奉しているとは言語道断、そもそも龍神島民族とあろう者が低能な連中と関わり合いを持っては駄目です。彼等の科学は所詮ハリウッド科学、その世界はなんでもかんでもビジネスにしてしまう欲望世界が故に、行き先は宇宙では無く地球魔界の地下帝国なのです。なぜ日本国は鎖国を解いてしまったのでしょうか。龍神島の鎖国政策は4800年前の遥か昔からの仕来り、間違った文明に汚染されない為の防波堤だったのです。龍神島はもともと創造主の領土であり、日本国民の領土ではありません。ここは国では無くて世界中から参拝者が訪れる神社の敷地なのであって、神社の関係者のみが仮住い出来る土壌なのです。当然、神社に攻撃を加える国には天罰が下りますし、龍神島民族にはそれをきっちり認識して欲しいと思いますね。

 彗星や衛星に無人探査機を飛ばして、そこから「岩石」を持ち帰って一体何が分かるというのでしょうか。科学者達は生命発祥の謎を解くなどという「お子ちゃまランチ」の如きタワ事を抜かしていますが、その岩石を分析して本当に何が分かるのでしょう。もし有機物の材料が見つかったら、彗星が生命の源だという論文でも発表するつもりなのでしょうか。そんなお遊びの宇宙研究は真の研究ではなく、科学の進展の為にも浪費実験は即刻中止しなければなりません。それよりも早く火星有人探査船を打ち上げて、乗組員がなぜ死んでしまうのか、その難壁にブチ当たって苦悩した方が将来の為にはなりますね。他の宇宙人はその難壁と戦って、生命の根本的な成り立ち構造を学習して来たのです。物質科学では太刀打ち出来ない宇宙世界である事実を悟って、改めて神様・仏様・創造主様と一緒に生きて行かねばならない事を再確認する嵌めになるでしょう。人間期間とは母親の子宮内生命(胎児)の事、何も知らない胎児なのに、特に地球人は知ったかぶりをしてはいけませんね。「我々は実は何も知らないんだ」という「無知の知」を悟りたいものであり、それを悟る事が宇宙人生の第一歩、知らない事が分かれば知ろうとするからです。万象を知った気になって慢心しているのが今の地球人でしょうか。

 地球からケイエ魂脱出をする110万人の人達、また肉体を持ったまま脱出する30万人の人達、これらの方達を待ち受けているのが先進的な円盤の世界です。まずは一気に宇宙時代を迎える事になりますが、それと同時に浮上して来るのが他銀河系に住む他民族との問題であって、互いに接触する様になれば、争って戦争に発展するか、あるいは協定を結んで同盟国となるか、そうした厄介な問題が待ち受けています。これじゃ惑星内の国同士の関係と何も変わらないじゃないかといつか皆様はそう思うかも知れません。主従関係の無い平等な同盟関係はいずれは必ず破綻してしまうのが相場、最終的には自国に力を付けて行くしか道はありません。地球終焉から始まる新しい宇宙人生の幕開けですが、宇宙に出ても真の自由や平和な社会など何処にも無く、いずれも勝ち取って行く以外に手段が無い事を悟る事になるでしょう。重要な事は、現在の日本国の様に他国を意識し過ぎて同じレベルの文明になり下がってしまわない事であって、創造主に成長する為の訓練を積む事が大事な事です。圧倒的な力を身に付ければ敵の侵略は無くなり優位に立てるからです。100兆人の敵が相手でも、本物の宇宙戦士を一人育てればそれで充分なのですから。

 

〈惑星寿命に関して〉
 4月3日に訪れる、地球第12磁場圏と太陽第10磁場圏とのグリッド線合致(対角線合致)による急ブレーキに備えて、軍団も回避作戦を用意しており、当面の危機は取り敢えずは回避出来るだろうと踏んでおります(絶対ではない)。しかし、姑息な手段をいくら講じても、もはや致命的な瀬戸際状況に変わりは無く、4月3日の壁を越えてもせいぜい後三ヶ月間ぐらいしか地球寿命が保たない事は重々承知しており、その三ヶ月間で脱出作業を終わらせたいと考えております。現在、残された問題はたった一つ、それは物質円盤の操縦computerを遠隔操作する「アストラル操縦computer」の完成が今一な状況にある事です。円盤の操縦訓練に励んでいるダミー船長達の報告では、特に戦闘機のブレ運動が激しく、それが操縦を難しくしている最大の要因だという報告でした。街道内での加速器を使った高速走行に関してはブレも無く安定しているのですが、やはり惑星や太陽の系内走行に問題があって、反電荷走行の欠点が浮き彫りになる様子、自動車で表現すれば、揺れ振動に対応する独立サスペンション機能が整備されていない状況でしょうか。

 戦闘機だから自動安定装置が付いておらず、小回りが効く様に手動化している訳ですが、それが操縦を困難にしている原因です。戦闘機に関しては、小回りが出来て安定走行も出来る様な銀河ジャイロ・システムを考案中であり、その開発に2週間ぐらいの時間が掛かる様子、そのシステムが完成してから大量生産を行い、取り付け作業に入る事から、全部で約一ヶ月間は掛かります。初心者の人間が多少の訓練を積んでも操縦が難しい事から(事故は必定)、今後の為にもこの装置だけは完成させておきたいと思っている次第です。私自身も円盤の運転がこんなに難しいとは思っておらず、想定し得なかった問題に頭を痛めている状況です。この問題以外の事は殆ど解決済みであり、3月一杯で全ての改良工事を終わらせたいと考えております。単なる地球脱出だけだったらここまで取り組む必要は無いのですが、とにかく移住者が円盤を操作出来なければ我々が想定した未来宇宙はやって来ない事から、軍団技術を導入して基礎ベースを用意して上げようと考えています。

 我々の軍団はマクロ宇宙から侵入して来る敵の創造主軍と常に戦っており、脱出作業だけに取り組んでいる訳ではありません。戦闘しながら技術開発を推し進めて、大宇宙内部の「よしなし事」にも関与しているという状況です。7割方は激しい日々の戦闘にあくせくしていますが、目下は3割の勢力を大宇宙内部に注いでいるという状況です。敵は自然界の天体の事も熟知しており、これまで一体何度「超新星爆発」を誘発させられたのか、いちいち勘定していませんが、今は我々の乙女座銀河団を守るのに必死の状況です。地球の惑星寿命も後幾ばくぞという段階なのに、脱出前に太陽や、近隣の恒星や、移住先の恒星を爆破されたら元も子もありません。皆様は人間であり、一日一回はゆっくり睡眠が取れますが、我々は常に分単位の戦争を強要されており、およそ休日というものがありません。戦争する理由は「相手が攻めて来るから」が最大の要因、唯一無二の大宇宙を守る為の戦いをしています。生きる為の必然的なストラグル(苦難)なのですが、それが宇宙の現実であり、自然界と一緒であって、この厳しい現状を知って頂ければ幸いです。地球終焉程度の事で右往左往している場合ではありませんね。