時事情報(7/24)

〈銀河史から学ぼう〉
 地球の物理寿命が少々延びた理由から、我々にも若干の時間的な余裕ができて、これは日本国(龍神島)だけの限定話ですが、新しい科学技術のノウハウを公開していこうと考えております。一体何の技術を公開するつもりなのかと言えば、スバリ「反重力浮上装置」と「無燃料推進器」と「万年発電機」と「炭酸ガス固形化装置」などです。いずれも過去の宇宙人達の科学技術であり、未来技術とは言えませんが、地球人にとっては未来技術になるものでしょうか。未来技術に投資したつもりが、実は真っ赤な嘘の詐欺技術だったとか、あるいは国挙げての投資をしても、科学研究そのものが嘘理論に基づく似非研究だったという話は古今東西に溢れており、その被害は続出して現在も止まることがありません(詐欺と泥棒は無くならない)。有名なところでは、熱核融合炉研究詐欺から始まって、MHD発電機詐欺、コライダー(加速機)詐欺、医薬品詐欺(血圧剤詐欺)、ワクチン詐欺、クローン詐欺、癌研究詐欺、iPS細胞詐欺(再生治療詐欺)などですが、一般人の投資話の99%が詐欺話、そもそもお金を増やそう(資金運用)などと鼻の下を伸ばすから天罰を被ることになります。投資した元本が戻る筈もありません。

 「研究に資金が掛かるから投資して欲しい」というのが一般的ですが、未来技術に関して真剣に研究開発してくれるならば、資金や資材面でも軍団側が協力してもよいというのが我々の考え方であり、だから詐欺研究とは基本的に異なります。でも、技術提供は決して「ただ」ではありません。この世にただのものなど存在しないからです。我々の魂胆は金ではなく、あくまでも人材であって、優秀な科学技術者が欲しいだけの話なのです。ソロジン軍団は基本的にアストラル世界の構成員であり、物質科学など基本的に要らない訳ですが、地球人の物質科学の水準をある程度底上げしてくれないと、創造主が定めた「銀河広域指定民族」の認可が下りないのです。どこぞの企業が基礎研究に成功し、空飛ぶ円盤や、浮上自動車や、浮上リニアや、浮上バイクなどの開発に目処を立てられれば、それだけで龍神島民族が「指定」を受けられることになり、日本人の大規模脱出が可能となります。当然、目に見えないアストラル物質ではなく、目に見える通常物質で立証させる必要があります。そのノウハウを伝授するから、未来科学を志す企業の研究員は是非「生命論の中級講座」を受けて欲しいと思っております。

 地球人類が言葉も喋れない原始人だった頃(今から50万年前)から、宇宙人達は円盤に乗って地球まで実際にやってきました。彼らは一体どうやって優れた科学技術を開発できたのでしょうか。下記の文章は今年の年末頃に発行する予定の本(銀河史: 上下巻)に掲載される文章(上巻)の一部ですが、参考までに公開しようと思います。銀河史(上下巻)はソロンとカリン(龍神物語)に続くRIAT組織の単行本の第二弾であり、我々の銀河系の真実の歴史が綴られたものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            銀河史(上巻: 第2章)から

    〈科学技術の発達〉
 プレアデス連合が「常温超伝導パイ電子管チューブ(π−電子tube)」の開発に成功し、物体の反重力浮上を実現させたのは今から48万6000年前の話、第1回目のカシオペア戦争が始まる100年ぐらい前の話である。物の体重を「ゼロ」にしてしまう画期的な発明は銀河に本格的な宇宙時代をもたらした。神々を介して創造主から伝授される科学情報、これは歴代の「人間王国の科学知識」であり、過去世の宇宙では実際に使用されてきた技術であるが、その啓示を受け取った今世の人類が具体的にどう現実化していくのか、それが民族の命運を分ける鍵となる。任意の宇宙空間に存在する無量大数の「対電子(π−電子: 陰電子と陽電子が対結合したもの)」、無論、どの宇宙人も対(パイ)電子の存在自体は周知の事実だが、しかし、空間パイ電子をどういう手法で一箇所に集約し、パイ電子連鎖帯(π−電子チェーン)を形成させるのか、その電子チェーンの中を超伝導磁束流が走っているのだが、その電子管の容器成分には一体何を使用するべきか、また、その超伝導磁場とは人体には危険ではないか(絶縁体被膜の開発)、それを考えて具体的な技術を考案していくのが科学者の仕事だった。原理は理解できても、基礎的な技術が開発されなければ理論止まり、それは一向に形にはならないのである。

 プレアデス連合には他の民族に先駆けて、どうしてもパイ電子チューブ管の開発を先に成功させる必要があった。優秀な戦闘巫女を使って、ヒントになる詳細な知識を聞き出しながら、科学者達が思考を巡らせて開発していくというスタイルである。一人の天才が発明できる様な柔(やわ)な科学技術など王国科学には存在しない。人智を超えた高度な技術を関係者全員で取り組んで形にしていくのだ。その結果、念願のチューブ容器の開発に成功し、見事その容器管の中に「パイ電子チェーン」を形成させることに成功したのだった。ちなみに、プレアデスが最初に開発した「常温超伝導π−電子管」の容器組成(電子管被膜)は、炭素骨格(カーボンチューブ)の中にヨード化ランタン分子(LaI3: 三ヨウ素化ランタン)を均等に配列させたもので、そこには電流が通る仕組みだった。その被膜管の電磁場の中に「パイ電子チェーン」を育成させるという手法を用いた。その容器の開発によって、彼らは重力線を遮断する常温超伝導磁場の開発に成功し、「反重力装置」を手に入れたばかりか、そのパイ電子チューブを利用して、コンパクトな「直流発電機」の開発にも成功したのだった。

 また、彼らは炭酸ガスの「力学変換装置」の開発にも成功し、重水素原子鎖(デュートリウム・チェーン)から繰り出される水素原子磁束を「変換器」を通すことによって「空間推進力」を得る手法を開発し、従来の危険なPSYエンジン・システムに取って代わる、人体に優しい安全なGHシステム・エンジンの開発に成功した。このエンジンと反重力装置は様々な乗り物(宇宙船や航空機や列車や自動車やオードバイ)に利用されて、テニネ社会が一変してしまう。つまり、空を飛ぶ列車や自動車やオートバイの出現が、それまでの社会構造を大きく変えてしまったのである。反重力装置、小型発電機、空間推進器、これらの革新的な技術開発は惑星内や連合内はおろか、銀河民族を一挙に宇宙時代へと突入させてしまうものだった。プレアデス連合はこれらの技術を軍事面にも応用し、わずか70年間で宇宙船を改良し、性能を大幅にアップさせてカシオペアの脅威に備えていた。軍事面においては「広域航路センサー」や「分子破砕砲防御シールド」などの開発も手掛けていた。それから30年後、第1回目のカシオペア戦争が始まるが、プレアデス艦隊は苦もなくカシオペア艦隊を撃退させるに至った。

 超伝導磁場が重力線を捕獲してビン止め状態にする事実は、液体ヘリウムを使った地球の超伝導実験でも明らかである。重力の加圧を受けないということは空気圧も水圧も受けないという意味であり、反重力装置を装着した潜水艇が1万メートルの海底にも下りられるし、また、木星や土星の様な巨大な表面重力を持つ惑星にもペシャンコにならず下りられるという意味である。墜落事故が多い航空機でも宇宙船でも、この反重力装置を巻いておけば、少なくとも墜落事故は免れることができるし、また、この装置のお陰で「反重力パレット」が完成し、労力を伴う重機やクレーンなどの荷降ろし作業が解消された。宇宙船の船体にパイ電子チューブが巻かれるということは、船体の内部が超伝導磁場になるという意味である。超伝導磁場は外界に対して反重力性を呈するが、内部に対しては独自の重力系を備えており、新たな船内重力が発生する。そのお陰で船内は無重力浮遊せずに普通に歩けるが、若干重力が弱く、ランニングなどの運動はチト厳しい。強く足を踏み込むと体が浮き上がってしまうからだ。しかし、無重力状態とは異なり、筋肉も萎えないし、また心臓が小さくなってしまう恐れも無く、船内では普通の生活が営める。

 パイ電子チューブを活用した小型発電器とは、数百年もの長い寿命を誇る直流発電機である。このコンパクトな発電器は従来の電気概念を打ち破り、宇宙船のみならずありとあらゆる産業で活用された。プレアデスの場合は、乗り物用のパイ電子チューブの大型工場の中で発電器は副生産物として生産されていたが、主に宇宙船用や住宅用や列車用や旅客機用や自動車用など色々と用いられていた。超伝導電流を一般電流に切り替えるためには「冷却装置」が必要だが、気密度を調節できる小型の「シリコン・冷却チャンバー」が開発されてからは常時マイナス100度が維持できる様になって、大袈裟な冷却装置は必要が無くなった。真空にしても容器の内部の気密度が高ければ温度は下がらないし、どうしても外部温度の影響を受けてしまう。そこで、シリコン・メッキで気密度を封印した真空管を光遮断材で包めば、小さな冷凍空間ができる。また、推進器に利用される「炭酸ガス六員環回転装置」や、反重力装置に使用される「炭素繊維(カーボン・チューブ)」は惑星の余剰ガスの処理に貢献し、排気ガスから固形物を作っていくという作業は環境浄化にも大変有益なものだった。

 プレアデス連合を支えてきたのは「女神」ばかりではない。創造主から伝授された科学知識を分析解読して、その大半の技術を「物」にし、実際に「形」にしてきたことである。創造主にとってアルデバラン人は優等生であり、その愛顧振りは半端ではなかった様だ。これは依怙贔屓(えこひいき)とも思える特別伝授の話だが、今から45万年前、小型発電器には困っていなかったプレアデスだったが、小物の電池やバッテリーなどの充電寿命には困っていた。そこでセザナ神が特別伝授したのが、万年電池(電池寿命は約30年間)であるところの「天体発電器(AGS電池)」だった。これはシリコン(Si)とジルコニウム(Zr)を用いた携帯発電器だが、小さなもの(直径1cm)は携帯電話の電池として、また野球ボール大のものは浮遊バイクなどの電源として用いられた。シリコン原子やジルコニウム原子の電子軌道磁界(殻)を物質信号で操作して、例えばZrの5s軌道を排除したり、Siの原子結晶の直列状態を促したりする原子操作なのだが、そうした難しい技術も必要とされるが、基本的には極小のミニ天体(渦巻回路)を作って、惑星磁場圏と同期させるという原理のミニ発電器である。当時、これはプレアデス専用の特権技術だったが、あっという間に模倣されて、宇宙中で使用されてしまう。

 創造主が保有する科学知識とは創造主自身が開発したものではなく、過去世の人間達が開発してきた科学知識の集大成を保管したものであり、それを民族機根の発達度に従って段階的に人類に教えているに過ぎない。元を正せば、前宇宙の人間達が開発してきた伝統の知識であり祖先の賜物である。早い話が、今世の宇宙技術とは過去世のルネッサンス(復興再現)なのだ。その様に考えれば、いかにアンポンタンな地球人でも祖先の真似ぐらいはできるのではないかと思われる。問題は、地球人が自分の能力で発明や開発をしようとしているからいつまでたっても燃料エンジンの時代から抜け出せない。お馬鹿が100万年間考え続けても1cmの成長も無いし、そもそも発明特許を取って名誉と財産を築こうとする物欲で研究しているから真理にも気がつかないのである。しかし、もしあなたが「俺は何も知らないお馬鹿だ」と真摯に認識できたら、盗むか、真似るか、教えてもらえばよいだけの話、祖先の真似をするのが著作権の侵害に当たるものだろうか。「俺は空飛ぶ車が見たい、だから誰か開発してくれ」  民衆のそんな純粋な動機に応えて上げて欲しいのである。48万年前の昔から車は飛んでいたのだから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

〈夢を持とう〉
 確かに地球寿命は後わずかしか保ちませんが、地球以外の天体(水の惑星)は腐る程そこら中に存在しており、もし龍神島民族が頑張って「銀河広域指定」を獲得できれば、脱出用の円盤も沢山存在することから、地球から無事にエクソダスすることが可能となります。龍神島民族に関しては、死にゆく老化惑星と運命を共にする必要はありません。ところで、有り金をはたいて仮想コインを買ったところで、相場の動乱で損をするならともかく、それ以前の持ち逃げ詐欺が大半、詐欺師にお金を託すのはドブ川にお金を捨てるのと一緒の行為です。仮に株で儲けたお金で、あるいは詐欺で手に入れたお金で、あなたは一体何をするつもりなのでしょうか。株で儲けた者は永久に株を買い続けて、ろくに遊びもせずに結局お金自体を無くしてしまうのが相場、あるいは詐欺に加担して儲けたお金はヴィトンのバックに変身するものの、あっという間に使い果たして、最終的には警察に怯えて暮らす羽目に陥ります。纏まったお金を手にしたところで、心から楽しむことができないならば、その方は不幸なのです。人間とは欲望の満足だけでは生きられない生命体なのです。

 子供達が見せる屈託のない無邪気な笑い顔、大人であるあなたはもう忘れているのではないでしょうか。お金に左右されない生き方、地位や権力や見栄や体裁に振り回されない生き方、移住先の惑星では我々はそんな未来社会を作って欲しいと願っています。これは簡単な物事の原理ですが、新たな再出発を試みようとする際、いつも出発を拒むのが過去の整理です。過去の整理をちゃんと付けられないと出発できないのが相場なのです。過去の彼氏との関係が未整理な状況で、次の男性と上手くやろうとしても、上手く運んだケースは殆ど無く、ちゃんと整理をして決着を付けないと(過去を引きずったままでは)新しい縁など生まれてこないものです。その理屈は何でも一緒、間違った知識を捨てもせずに、新たな宇宙知識を学ぼうと思っても、過去の知識が足枷となって前には進めないもの、あるいは地球文明を完全に捨て去らないと、新しい未来文明は築けないというのが相場なのです。新しい人生を築こうと思うならば、まずは過去の人間関係の「断捨離」をしなければ、新しい人達との出会いが生まれないし、過去の人間関係があなたの足を引っ張り続けることは承知の通りです。人生の再出発を望むならば、腐れ縁と腐れ知識と腐れ家具には完全に終止符を打ちましょう。

 宇宙生命論を勉強している方達に共通していることは、無邪気な笑顔を持っていることでしょうか。そういう方(笑える方)しか集まらないと言うべきか、地球が終わろうとしている状況なのに誰からも切迫した危機感は感じられないし、コロナ感染を気にしている人は誰もいないし、また病気で悩んでいる人もおらず(死の恐怖から逸脱している)、皆未来の到来を信じているし、創造主や神様の存在も認めており、また、仲間同士が助け合おうとしているところが素晴らしいと思っています。学んで成長することに生き甲斐を感じているというか、まあ、それは多分、我々の組織が宗教組織ではなく、悟りを開いた覚醒者の集団だからだと思います。つまり生命力の高い集団なので、六道凡夫の一般人が加わりたくても、仲間にはなれない「高い壁」が存在するのだろうと推測しています。こうした組織の雰囲気に馴染めない者は去っていくだろうし、また、レベルの高い者達だけが自然に集ってくるので、いい方向に向かっていると感じております。有象無象は要らないというのが我々の組織の基本信条です。夢はやってくるものではなく、現実化して掴み取るものです。仮に死後の世界でも、皆宇宙に羽ばたく夢を持っているので、やたらと明るいのだと思っております。

 ところで、あなたは一体何に怯えているのでしょうか。あなたの心配事は将来働けなくなって食べられなくなることでしょうか。それとも医者に癌を宣告されたことでしょうか。家禄を食い荒らす放蕩息子や、引き籠りの馬鹿娘を持っていることでしょうか。それとも借金地獄で首が回らない経済状況にあることでしょうか。自然災害で何もかも失ってしまったことでしょうか。こういう方達が無理に笑っても笑えない筈であり、一銭の徳にもならない宇宙論を勉強する気にもならないと思います。生きていることがそんなに苦痛であるならば(生きていることに感謝もできない余裕の無い状態ならば)、無理に生きる必要も無いのではないかと、我々はそう思ってしまいます。今の日本国では食べられなくて飢え死にする方は殆どいませんが、それは国に感謝しなければならないことであろうと思います。でも、どんなに悲惨な状況に追い込まれようが、世の中には「笑顔でいる方」も実際にいる訳であり、人生は「考え方次第」なのです。物質的には恵まれずにド貧乏であっても、心まで貧乏になってしまえば生きる意味を無くしてしまいます。死ぬことは超簡単、でも生きることは大変な試練、人生色々あっても、今生きて生活ができているだけでも有難いと思わなければならないのです。

 現在、辛い人生に直面している方は「夢を持って頂きたい」し、特に「笑顔でいてもらいたい」、心の下限領域ではなく、上限領域の方に常に同会させておかないと、折角の幸運を掴み取ることができないからです。「辛い者は鏡を見て、自分の顔を覗いてみましょう」そして「笑顔を作ってみましょう」、不幸な顔付きをしておればさらなる不幸を呼び込むことになるし、幸せそうな顔付きをしておれば幸運が舞い込んでくるもの、不幸な者は不幸な者としか人間関係を築けない、それがこの世の条理だからです。貧乏でも心が幸せな方は幸せな方としか出会わない、それが貧乏から抜け出すコツなのです。当然、不幸の傷を互いに舐め合う様な人間関係は断捨離して整理しないと再出発ができませんね。何事や何者にも振り回されない不動の境涯に至れば、この世のことは大概は達観できるものであり、恐れるものなど何一つありませんね。宇宙生命論を学んで己の境涯をアップさせていくこと、我々はそうした知識集団を作ろうと思っております。

時事情報(7/3)

 〈死者の里: 南北アメリカ大陸〉
 人間(物質生命体)が死ぬと、肉体からアストラルの霊魂体(生命当体)が抜け出し、残された肉体は朽ち果てます。だが、肉体は消滅しても本人は死んだ訳ではなく、もともと霊魂体こそが人間生命に他ならなく、肉体死とは高感度センサーマシンである「機械の衣」を脱ぎ捨てただけの話に過ぎません。生前は物質世界の衣を纏(まと)っていたから自己の複製(子供)も作れたし、感覚でものを感じられたし、また、物質眼(光眼)で物の形状や色を見極めることができましたが、アストラル世界に戻ってしまうと、そこは別世界であって、これまでの物質世界とは一線を置かなければならない極めて異質な世界に感じられます。一般に、霊魂体とは「ゴースト(幽霊)」であって、この世の中では決して珍しいものではありませんが、生きている現役の人間生命とは一緒に生きられない宿命であって、霊魂体を収納する神々の園(死者の里)へ連れて行かれる運命にあります。つまり、生者の世界の中を死者がうろつき回ることは霊界の絶対禁制となっており、昔から命日から約二ヶ月間(49日)が過ぎたら、霊魂体は家族と別れて死者の里に運ばれる規則となっていました。

 「死んだ者は死者の里へ運ばれて隔離される」  なぜ、そんな規則が神界にはあるのでしょうか。実はこれにはちゃんとした理由があって、一番重要な問題は、死者の霊魂体が人間に取り憑いて、肉体的にも精神的にもダメージを与えてしまうからです。魂体(オーラ球)には独自の生命型が存在することから、異型の霊魂体が長期間に渡って人間の肉体に侵入してしまうと、血液に異型に対する拒否反応が現れて「磁化病(慢性関節リウマチなどの膠原病)」を発症してしまいます。つまり、別の血液型を大量に輸血されたのと一緒の状態になってしまうのです。それと、子供などの精神がまだ座っていない未熟な生命に取り憑くと、精神分裂症や多重人格症を呈して、正常な精神発育を妨害してしまいます。霊魂体の憑依はそうした「霊障害」を生者に対して起こしてしまう理由から、死んだら人間世界からは退いてもらうのが慣例となっている訳です。霊魂体とは神界の輪廻処理や成仏処理や天罰処理が行われるまでの待機期間の生命であり、死者の里に隔離されて処分の御沙汰を待つ身の上だと言えましょう。

 こうした霊界の慣例規則はべつに地球だけの話ではなく、大宇宙人類に共通したもので、他銀河団のどこの惑星に行っても死者の里は存在し、生者と死者の隔離が今現在も行われています。人口が少ない間は死者の処理は大きな問題にはなりませんが、地球の様に人口を爆発させてしまうとその処理が間に合わず、人間の出入りを拒む死者の里を確保するのが大変難しくなります。日本国の場合はその昔は古墳の敷地内で間に合っていた死者の里でしたが、それでは間に合わず、山脈の谷間や、東北や北海道などの人が住まない荒涼とした未開地に設けていましたが、それでも間に合わなくなると、世界の大規模施設がある南北アメリカ大陸や、ロシアの極東部や、オーストラリア大陸や、南極大陸へと運ぶしか手段が無くなってきたというのが神界の実情だったのです。できればその生命をよく熟知しているジモティーの神々に死者の処理をさせたいのが本音ですが、人類共通の死者の里に運ばれれば、まるで魚を捌く様に機械的に(非情に)裁かれてしまうのがオチです。

 地球には創造主のセザナ神が居座っていたことから、何を決めるのでもイチイチ創造主の意向を確かめる必要がありました。神々にとっては大変やり難い場所柄ですが、今から33万年も前の話ですが、各地域の死者の里が満員御礼の状態であることを告げると、セザナ神は南北アメリカ大陸全体を死者の里にする様に定めて、当時ロシアの極東地区で死者の里の番兵役を務めていた担当の原始民族(50万人)を南北アメリカ大陸の方へ移動させる様に神々に言いつけました。「50万人ものインディアン番兵をアメリカ大陸まで移動させる」という無茶振りに驚いたのは、地球神として新任早々のプレアデスの神々であり、大変な苦労をして、凍てついたアラスカの海を渡らせて、無人の大陸へと民族の大移動を完結させます。神々の施設があって、神の訓練所が存在する神聖な土地に人間や霊魂体を入れること自体を反対していた神々でしたが、人口爆発は如何ともし難く、アメリカ大陸を封印する作業に取り組みます。

 アラスカのマッキンリー山(北アメリカ最高峰デナリ: 6190m)の山頂とか、ロシア極東のカムチャツカ半島のコリャークスカヤ山(極東最高峰: 3456m)の山頂に、見張り役(アメリカ大陸侵入禁止)の神々を布陣させるために、神々の降臨の際に必要な水晶玉を山頂に埋めに行くという作業をしなければならず、神々は人間ヒューマノイドの決死隊(使命を終えると召喚される運命)を編成して周辺業務を固めます。決死隊に選ばれた人間はヒューマノイドとはいえ、重さ20kgの水晶を背負ってデナリの山頂まで決死の登山を敢行し、山頂に穴を掘って水晶を埋めたら役目を果たしたことになり、そこで息絶えるというシナリオです。アメリカ大陸に侵入してくるバイキングやロシア沿岸部の海賊の侵入を食い止めるために、神々からの通報を受けたプレアデス軍の聖地守備隊が出動して、海賊達を船ごと沈めるという作業を行って、アメリカ大陸を何十万年にも渡って守ってきました。死者の里とはいえ、そこは龍神島と一緒であり神聖なる神の浄土、野蛮な人間達が住み着く場所ではなかったのです。

 ちなみに、聖地守備隊を任命される宇宙人は銀河ファラ王の覇権を握った民族の特権であり、過去にはプレアデス連合王国、アリニラム連合国、ベテルギウス連合国と続いて、最後は霊魂体宇宙人のオリオン帝国という順番でした。長い期間無人だった龍神島には周辺の大陸から原始人がチョコチョコ侵入してきましたが、定期的に見回る聖地守備隊の円盤に見つかっては皆殺しにされてきました。日本国には縄文時代も弥生時代も無く、そもそも先住民なる存在は一人もいなかったというのが真実、海岸部に残る原始史跡は全て侵入した原住民のもので、彼らは全員が殺されており、殺されなかったのは唯一南北のアイヌ民族(ポリネシア民族)だけで、彼らは日本国の古墳時代に労働者として連れて来られた南洋民族でした。正式な日本人と言えるのはユダヤから連れて来られた一族のみであり、彼らが日本国の生粋の先住民と言える訳です。無論、アメリカ大陸の場合は今から33万年前に神々に選抜されたインディアンであり、基本的にはアメリカ大陸は彼らの土地になります。

 今から400年前にヨーロッパの人口が増えて、死者の里だったアメリカ大陸を人間達に解放することになりました。今から6000年前の話ですが、霊魂体宇宙人同士の戦闘に決着が付いて、オリオン帝国が銀河の覇権を掌握したからです。これによって聖地の言語居留区は解放され、また死者の魂体期間にも新基準が定められて、我々の銀河系では素早い輪廻処理が行われる様になりました(それまでは魂体が朽ち果てるまで何十年間も死者の里に拘留されていた)。その結果、死者の里をロッキー山脈やアンデス山脈に規模を縮小させて移し、人間達のために平野を明け渡す準備を神々はしていました。本来、コロンブスの一行など生きて帰ることはできない相談だったのですが、運良く神々の決定が打ち出されたばかり、新大陸の発見に世界は歓喜しました。可哀想なのは自国の土地を侵略されたインディアン達、時代の変化によって、死者の里の番兵役の任務を解かれた彼らは用済みの存在となってしまいました。だが、それは死者の面倒を見てきた下級神も一緒であり、役割を解かれた多くの神々が堕落していくきっかけとなりました。現在、死者の里は南極だけに残っています。

 霊魂体宇宙人(魂体を有する銀河明王神)に人間の魂体を供給する「人間牧場」と化してしまった地球、もはや地球は「聖地」でも何でもなく、ただ人間を培養しては若い魂体を神々に上納する人間飼育牧場に仕立て上げられてしまいました。「人間は難しいことは何も考えなくてもよい、家庭を作って子供を一杯育てて、踊って歌ってスポーツを見て有意義な楽しい人生を送りなさい」というのがオリオン帝国の誘導スローガンなのです。人口を増やして定期的に人間狩りを行い、オリオンに魂体を供給する役割が潜伏している地球人ヒューマノイドに課せられた使命、あの手この手で人間を殺して魂体を頂戴するのが彼らの常套作戦であり、国家同士を争わせて戦争を煽動したり、原子炉を破壊して放射線を撒き散らしたり、断層に核爆弾を仕掛けて人工地震を起こしてみたり、ケムトレイルを散布して毒殺を試みたり、病原体を拡散させたり、温暖化を誘発して気象災害を引き起こしたり、とにかく彼らは人間を殺そうとしてきました。そんなオリオン帝国は既に亡び去りましたが、今は何と人間達自身が自分達が生き延びるために世界人口を減らそうと画策している状況です。

 そんな世情を感じる人達が疑心暗鬼に陥って、ありもしない「陰謀説」をがなり立てており、また科学者は相変わらず詐欺研究を続けて国家資金を掠め取り、医者は病気も治せないのに患者を受け入れようと必死で宣伝している。歴史家は真理の追求を忘れて持説の正当性しか主張せず、政治家はコロナを契機にここぞとばかりに自己を誇示して、またマスコミは視聴率欲しさに話題のニュースしか取り扱わない。いつの間にかテレビ番組は芸人の世界へと変じており、ニュースキャスターの解説も終わっている。今やマスコミ報道で信じられるのは自然災害のニュースか、さもなくばスポーツの結果のみという最悪の状況、虚偽と欺瞞に満ち満ちた今の世の中、真理を求める真面目な求道者は一人もいないのかと辺りを見渡せば、スピリチュアル・ボケした人間達が「アセンション逃避」に嵌っている姿か、あるいはお宅坊主がこっそりポルノを閲覧している姿しか見えてこない。現代の地球人が想い描くSF映画の未来像とは我々の銀河系では過去の物語だった。そんな状況にも拘わらず、現代人の多くが科学を信奉し、地球科学は確実に進歩していると勘違いしている。どうやら今の地球人に必要なのは「ルネッサンス」の様だ。過去の宇宙人達が作り上げた世界に一度戻って(回顧して)、最初の一から科学とこの社会を立て直そう。ブヒン!!

 

〈無知の知を悟れ〉
 目に見える物質世界と目に見えないアストラル世界の存在比は、物質世界であるこの大宇宙においても、その比率は30%対70%です。アストラル眼で地上を見渡せば、細胞一個とて、あるいは虫一匹とて、その姿は基本的に「ヒール」の塊であり、特に高等動物のヒール体は磁気球であるオーラ球に包まれ、さらにそのオーラ球の外側は正八面体の力学テトラ体に囲われています。力学的な目で見れば、人間の形状は6点の角を持つテトラ形状を呈しており、また、磁気的な目で見れば、人間の形状は2m大の球体を呈しており、そこに432本のヌサネ=タボ線と、1本のズザネ管が入力されている姿を見ることができます。ズザネ管はヒール体を貫通して肉体の内部まで通じており、それは脊柱管を通って大脳の中心核まで及んでいます。また、人体の内部を覗き込めば、そこには48室のヒール腔(くう)が存在し、その中にはズザネ管口(チャクラ孔)から供給される生命バイオンが満たされています。人体アストラルの総論を言えば、ヒール骨格の内部に外から供給されるバイオンが注入されている状況であり、また、生命の営みに必要な生体電流も、ズザネ管を介して外側(霊界の生命位相)から供給されているのが現状です。

 地球医学では全く聞き覚えのない「ヒール」や「バイオン」や「位相電流」といった宇宙生命論の医学用語ですが、ヒールとは本来「遺伝子」のことであり、肉体そのものの生命当体のことです。ヒールが電磁場のバイオンを操作して全ての代謝反応(化学反応)に関わり、肉体の生命活動が行われていますが、肉体の外側を覆い包む全体ヒール(皮膚ヒール)の他にも、臓器ヒール、血管ヒール、骨ヒール、子宮ヒール、生殖器ヒールなどと分派しており、それぞれ独立した機能を有しています。宇宙の如何なる医学もこうした「ヒール」や「バイオン」や「位相」を無視して成り立つことは無く、まずは「生命とは何ぞや」から入って、地球霊界や地球ヒールの勉強を積み、天体と地上の生物体との関連性をよく理解してから具体的な医学の勉強に入らなければなりません。今の地球医学は目に見える肉体の諸器官や血液や神経や筋肉や骨組織のみを対象としており、そこから病気の原因を追求しているのが現状です。我々から言わせて貰えば、幼稚園児レベルの地球の医者に命を託したくはないので、宇宙医療団を作って自分達の体は宇宙の医師に診てもらっている状況です。

 肝臓という一つの器官が肝臓ヒールに包まれた独立した器官であって、アストラル眼で肝臓内部を覗き込めば、その内部は四つのヒール腔に分かれています。また、四つのヒール腔に沿って肝臓電磁場も四つの領域に区切られており、その領域を間切る臓器コリン・ループ電線が4本走っています。肝臓ヒールからは無数のヒール・ズザネ管が伸びて、それらは全ての肝細胞と接続しており、肝細胞は肝臓ヒールの命令に従って各自の役割をこなしています。もし、肝細胞に欠員が生じても、ES血小板細胞(万能細胞=あらゆる組織細胞に変化できる細胞の赤ちゃん)をそのスペースに当てがってヒール・ズザネ管を接続してやれば、わずか二週間余りで移植した血小板細胞は一人前の肝細胞へと分化していきます。べつに肝臓ばかりではなく、この理屈は肺でも腎臓でも膵臓でも一緒であって、細胞の組織分化とはその組織のヒール・ズザネ管とES血小板細胞を接続することによって起こることなのです。こうした人体の理屈が分かっておれば、スタップ細胞やiPS細胞の様な、ビトロ(外)で培養した人口細胞(バイ菌)を人体に移植し直して、逆に組織を腐らせてしまう様な大失態を繰り返さなくてもよい訳です。我々から言わせて貰えば、乱暴なことに危険を冒して他人の肝臓や腎臓を移植しなくても、いくらでも自身の細胞で組織再生を促してやることができる訳です。

 べつに医学だけの話ではありませんが、地球人に知って欲しいことは「無知の知を悟れ」ということです。つまり「我々は何も知らないんだ」ということに気がつきなさいという話でしょうか。その昔、ヨーロッパでは怪しい宗教が蔓延って、正常な科学の発展が大きく遅れてしまいました。そこで、ルネッサンスの改革復興が起こって、古代ギリシャ時代に一度戻って軌道修正したことは承知の通りです。しかし、その後は地球人に対するオリオンの科学洗脳が始まり、地球科学はまたもや大きく軌道を逸脱させてしまいます。今になって「何かおかしい」と気づいても、一体どこが間違っているのかもよく分からないというカオス状態を呈しているのが現状です。真実のみを追求するはずの科学が当てにならないから、その分、スピリチュアルな霊能人間が増えたことになりますが、我々としては「地球人を育ててくれた宇宙人達」の科学を参照にしてもらいたく、その科学復興を最低限目指してもらいたいと考えています。まずは「発電機」と「浮上装置」の開発でしょうか。非科学的な魔界系のスピリチュアル思考は有害そのもの、スピリチュアルにも科学的な理論背景が必要な時代だと言えましょうか。

 

龍神432神の基礎知識(その2)

〈パワースポットに関して〉
 最近は「全国パワースポット巡り」なる観光業が流行しており、スピリチュアル系の人達が全国の神社や、寺院や、渓谷や、滝などを、バスツアーを組んで渡り歩いていると言った状況です。我々はそんな社会ブームに便乗するつもりは毛頭ありませんが、少なくても龍神島民族の一員ならば、龍神や天体神や魔界神に関する正確な知識を知って頂きたいと思っております。そもそもスピリチュアル系の人間が語る所のパワーとは、一体何のパワーの事でしょうか?   シャスタ山に象徴されるアメリカ由来のスピリチュアル・ブームに対して、難癖を付けている訳ではありませんが、西洋アンポンタン思想は何処までも間違っており、自然科学同様に、その知識は何もかもがアバウトな低劣解釈に基づいた似非知識に過ぎません。とにかく西洋人(地球人)の知識は精査する必要があって、何一つとして信用する事はできませんね。先日、iPS細胞の移植が成功したと医学会で発表されましたが、この時期になると来年度の研究費欲しさに、あちこちの分野で嘘発表が行われるんですね。来年度の予算(研究費)獲得の為の嘘発表などは別に医学会だけの話ではありませんが、科学研究とは名ばかりであって、我々から言わせてもらえば、地球人の科学者なんぞ単なる科学詐欺の集団に過ぎません。社会を信用してはダメですよ。ちなみに我々の軍団には科学者や医学者というお偉い方は一人もおらず、全員が技術者という立場です。
 
 宇宙創生期に於いて担当の創造主が最初に創り出すのが天体神です。天体の渦磁場(12磁界)に対して、創造主は自己の意識を吹き込んで、それぞれの渦磁場に12種類の天体神意識を芽生えさせます。勿論、生命色の基本台帳は担当創造主のものですが、渦磁場そのものが独自な個性を備えており、一つの意識が12種類へ分派してしまう訳ですが、創造主は自己の分身を天体の数だけ得た事になります。しかし、天体神は場に固定された意識、空間を飛び回って仕事をしてくれる自己の手足が必要となります。そこで次の行程で創り出されるのが「龍神(ゼフワ)」であり、天体神は自らのタボ線の中に複数の龍体を形成させて自己の分身体を創り出すのです。つまり、龍神とは天体神の手足であり、天体の感覚器官であって、結論を言えば天体神も龍神も創造主の分身である事になります。この創造作業が行われたのは今から80億年も前の話、星のコアを形成している段階であって、100種の元素や、海洋が形成される以前の原始的な状態でした。それから約40億年が経過して、やっと単細胞生物が誕生する訳ですから、生物進化の頂点に立つ霊長類が誕生して来たのはつい最近の話です。キリスト教では創造主が土塊(つちくれ)に息を吹き込んで人間が創られたと語られていますが、比喩だと理解すれば間違ってはいませんが、それなら余りにも非科学的で「アバウト過ぎるだろう!!」と言いたいですね。
 
 ところで、天体神の手足である龍神達が生物霊界を築いて高等生物を誕生させる訳ですが、生物生命の根幹には「天体ヒール」が必要であり、創造主としては自然界の産物であるこの天体ヒールを活用する必要があります。惑星の原始海洋の中に単細胞生物を誕生させる為には「ヒール・コントロール」が必要であって、如何なる創造主もこの操作に四苦八苦させられるのが一般的です。物理的な基礎条件を整えてやるだけで、渦磁場はその支配意識の思惑とは無関係に、自動的に自己(惑星)の分身を勝手に創ってしまうのです。高等生物に進化させる為の生物霊界を用意する以前に、天体が勝手に生物(主に植物と昆虫)を創り出してしまえば、高等生物までの進化誘導がままならくなってしまいます。まあ、そんな天体の性質を利用して、我々は人間を創り出して来た訳ですが、植物や昆虫より上のセキツイ動物を誕生させる作業は容易な事ではありません。人間の意識は創造主の分身、でもその肉体は自然界の親と創造主という親の両方が育てたもの、だから我々が何でも出来ると思ったら大間違い、人間一人ちゃんと育てる事が出来ないのが実情であり、それは皆様だって同じ境遇、親として自分の子供一人ちゃんと育てられないのが、宇宙の一般的な相場です。
 
 話を本題に戻しましょう。一般にパワースポットと呼ばれる地点は大きく二種類に分かれて、一つは天体タボ線(龍管も含む8640本)の地上の入力口と、もう一つは地球地下の第2磁場圏に設けられた魔界シャンバラから伸びる魔界ビレ線の地上出口(ナグ)という異なる霊的なスポットに分かれます。前者は基本的に太陽タボ線であり、肉体や精神に良い影響力をもたらす物ですが、後者は地球磁場圏の地下の低位次元から送り出される魔界エナジー、それは地下のチオ神(不成仏霊体)達が地上の人間をコントロールする為に造った物です。魔界ナグは世界中では約12万箇所に上り、例えばシャスタ山の山頂には天体タボ線が入力されていますが、山の中腹部(街)には魔界ナグが開いています。魔界で有名な霊山と言えば和歌山の高野山や、京都の鞍馬寺ですが、ここには龍管も開いている代わりに、同時に魔界ナグも開いており、折角の龍神パワーも霞んでしまいます。ただ、魔界ナグには種類が有って、魔界契約を行う正式な場所が日本国では8箇所在ります(8種の魔界派閥単位)。例えば、魔界の契約所が存在する神社や寺院で具体的なお願いごとをしてしまうと、魔界契約が成立し、成功の代償として命を取られる場合がありますので、馬鹿な願い事は決してしない事です。8箇所の魔界契約所の場所は教える事が出来ませんが(神社や寺院の死活問題になるから)、我々の組織の者に聞けば内密に教えてくれます。契約所は世界の国単位で各々8箇所ずつ在ります。
 
 一方、契約所では無い一般の魔界ナグは、悪魔神達の出入り口に過ぎず、悪霊に取り憑かれる位なので命の危険はありません。魔界ナグが開いて居る箇所は平均気温が低いのが特徴、鞍馬寺の奥の院や、高野山の墓場は気温が極端に低く、冬場ではマイナス10度以下になります。さて、天体タボ線の方も日本国の場合は普通のタボ線入力口と、龍管の入力口に分かれています。いずれも太陽の治癒力を持った場所であり、癌だと診断されたら(末期では無い早期の場合は)、病院では無く、野外のパワースポットでテント暮らしを暫くする事でしょうか(かなりの治癒力が期待できる)。そもそも太陽エネルギーは水の六員環に象徴されるもので、地上の生物に取っては最も基本的な増幅エネルギーであって、このエネルギーが体の免疫力を高めて長寿を導いてくれるのです。一方、魔界シャンバラからの魔界エネルギーは地球のエネルギーであり、それは事物に対する作用力を高める物で、五員環に象徴されます。魔界の「神通力」を形状で表現すれば五角形(五黄土星)なのであって、それは徒らに攻撃性を高める物なのです。確かに霊的なパワーは備わりますが、その分逆に体や精神の健康を損ねる物だと言えましょう。ちなみに癌患者が魔界スポットで数日間の時を過ごせば、あっという間に全身癌に犯されてしまいます。実験してみますか?
 
 下記の資料は前回の続きであり、金系、紫系、群青系の龍管の入力地一覧です。もう龍神が居ないのに龍管所在地に行っても、今更どうにも成らんと考えてはいけませんね。そこは太陽エネルギーの噴出場所であり、それを頂戴できる大変あらたかで神聖な場所なのです。昔から、龍神島民族は神社に出向いて、定期的に龍神パワーを頂いて健康を維持して来ました。現代人はもうすっかりそれを忘れているのです。ただ、龍神や人間神も居ない空の神社に出向いても、ご利益は殆ど無く、形式的な参拝で終わってしまう事から、定期的に神社の総本社(龍神や神様が居る)などをお参りする必要があります。龍神島民族は神社と一緒に生きて来た神の民族、今は残念ながら西洋化の波に押されて個人の勝手主義的な生き方を選択していますが、年齢を経れば、どういう生き方をすべきだったのか(修行僧として生きること)、それが段々と見えて来るものです。日本人は西洋人や他国の文化に踊らされない様に気を付けましょう。
 
 
      〈龍神一覧表〉
 
   「金龍」
 ※ 第1金龍(ギャンバラ)     広島県廿日市市宮島町     大願寺境内(厳島神社の隣)の手前の龍神碑
 ※ 第2金龍(ニウウリルケ)    神奈川県鎌倉市材木座     天照山光明寺(浄土真宗)境内の池
 ※ 第3金龍(クキイナオゴ)    三重県伊賀市新堂       神明(しんめい)神社の境内
 ※ 第4金龍(グエニオン)     長崎県対馬市上県町      対馬北西部の海岸線から北西に40km沖合の海底岩峰
 ※ 第5金龍(シアケゲーガ)    愛媛県今治市玉川町木地    楢原山(1042m)山頂の奈良原神社(経塚発掘跡)
 ※ 第6金龍(ヒールボエゲ)    山形県西村山郡西川町     湯殿山(出羽三山の一つ: 1500m)の山頂(湯殿山神社)
 ※ 第7金龍(ヌキグ・ガゴ)    静岡県静岡市葵区(長野県)    南アルプス聖岳(3013m)の山頂
 ※ 第8金龍(ケーオヤイル)    神奈川県三浦市三崎町城ヶ島  城ヶ島の半島先端の岩場(安房崎灯台の先三つ目の岩)
 ※ 第9金龍(ハアー・ゲ)     福島県耶麻郡北塩原村     毘沙門沼(裏磐梯の湖沼の一つ)
 
 
   「金麟」
 ※ 第1金麟(ネギオズキイ)    群馬県吾妻郡草津町      草津白根山(2150m)の火口湖
 ※ 第2金麟(ヒエオヨエル)    大阪府豊能郡能勢町天王    深山(791m)の深山神社
 ※ 第3金麟(ケイキブルオ)    香川県小豆郡小豆島町神懸通   小豆島の寒霞(かんか)渓谷の錦屏風
 ※ 第4金麟(ナゲ・リーリ)    長崎県壱岐島の西方沖合の海底 壱岐島から西方に150kmの海底鍾乳洞(深度600m)
 ※ 第5金麟(ビオヨリボ)     京都府宮津市宮津湾      天橋立の磯清水(砂嘴の井戸)の中
 ※ 第6金麟(リエルゲゲゾ)    長野県下水内郡栄村雑魚川       奥志賀高原 大滝(おおぜん: 35m)の滝壺
 ※ 第7金麟(ノエオニルイ)    東京都千代田区千代田     皇居 東御苑の二の丸庭園の池
 ※ 第8金麟(ハオヨオ)      北海道川上郡弟子屈町     屈斜路湖北岸(シケレペンベツ川河口付近)
 ※ 第9金麟(ヌウニギケウ)     鹿児島県霧島市霧島田口    霧島神社の境内の中の池
 
 
   「金鳳」
 ※ 第1金鳳(キウリレルギ)     岩手県西磐井郡平泉町     中尊寺境内の薬師如来堂の池
 ※ 第2金鳳(ヒケエヘ ーヌ)    奈良県吉野郡東吉野村     丹生川上神社(にうかわかみ)中社の東の滝の滝壺
 ※ 第3金鳳(ヘーオギオ)      長野県高井郡山ノ内町平隠   志賀高原 焼額山(2009m)山頂の稚児池
 ※ 第4金鳳(ヒクイヌオオ)     宮崎県延岡市北方町      鹿川(ししがわ)渓谷の滝壺
 ※ 第5金鳳(ラエルヨーヌ)     秋田県大仙市協和       唐松神社(天日宮)の池(池中央に高天原石碑)
 ※ 第6金鳳(ヨエルバケル)     栃木県那須郡那須町湯本    那須北温泉近くの余笹川支流の川岩(道が無い)
 ※ 第7金鳳(グエ・ネルン)     東京都千代田区外神田     神田神社(神田明神)の本堂建物
 ※ 第8金鳳(ヤイルエール)      滋賀県近江八幡市加茂町    琵琶湖 賀茂神社の湖畔
 ※ 第9金鳳(フーキヌオエ)     徳島県名西郡神山町神領    大粟山山頂(上一宮大粟神社)
 
 
   「金武」
 ※ 第1金武(バエブヒルン)     宮城県宮城郡松島町松島    松島 五大堂(瑞巌寺)の小島
 ※ 第2金武(ガザジー)       北海道札幌市中央区宮ヶ丘   北海道神宮境内の池
 ※ 第3金武(ニービキエベ)     東京都千代田区永田町2丁目    日枝神社の境内の広場
 ※ 第4金武(ヘイルエエン)     三重県度会郡大紀町滝原    皇大神宮別宮(瀧原宮: 若宮神社の本殿:水神)
 ※ 第5金武(ガエロヤエル)     高知県足摺岬沖300kmの海底  足摺岬から南方300kmの海溝の底(深度4400m)
 ※ 第6金武(ゼグゼコ)       長野県下伊那郡天龍村     天竜川渓谷(秋葉ダムと船明ダムの間)
 ※ 第7金武(ヌエガエグ)      兵庫県豊岡市瀬戸       西刀(せと)神社の本殿(岬の突端)
 ※ 第8金武(ビエゴハエル)     山形県鶴岡市三瀬宮ノ前    気比神社の海岸線の岩場
 ※ 第9金武(ユエオブルン)     高知県幡多郡大月町字古満目  古満目岬の突端海岸部(道無し)
 
 
   「紫龍」
 ※ 第1紫龍(リーキシルゴ)   福岡県久留米市瀬下町      水天宮総本宮の境内の池
 ※ 第2紫龍(ヌエルヤエイ)   京都府京都市左京区下鴨泉川町  下鴨神社の御手洗社
 ※ 第3紫龍(ネエエリオ)    埼玉県さいたま市大宮市高鼻町  氷川神社の境内の神池
 ※ 第4紫龍(ズズジ・ダガ)   福島県郡山市湖南町福良     隠津島(おきつしま)神社(お菅様)の滝
 ※ 第5紫龍(グアコヒール)    山口県山口市滝町        山口大神宮(内宮: 西のお伊勢様)の池
 ※ 第6紫龍(ナイオクフ)     岐阜県郡上市八幡町那比     那比(なび)本宮神社境内の川
 ※ 第7紫龍(オオ・ハジラ)   茨城県日立市入四間町       御岩神社の不動池(三本杉は魔界ナグ)
 ※ 第8紫龍(ルイエオーエ)    新潟県村上市岩ケ崎       多岐神社 海岸線の滝
 ※ 第9紫龍(ハイネオキケ)    愛知県北設楽郡東栄町      槻(つき)神社の下の沢
 
 
     「紫麟」
 ※ 第1紫麟(ネクレ・ニエルリ)  北海道利尻郡利尻町       利尻山(1721m)の山頂
 ※ 第2紫麟(ナデワヤヒン)    茨城県北茨城市華川町花園    花園神社の境内の弁天池
 ※ 第3紫麟(ケーヌチオ)     福井県大野市篠座        篠座(しのくら)神社の天女ヶ池(御霊水場)
 ※ 第4紫麟(ブエイリエル)    埼玉県越谷市越谷        久伊豆神社の神池内の水神社
 ※ 第5紫麟(クイピキオエ)    大阪府大阪市住吉区住吉     住吉大社の池(太鼓橋から北側)
 ※ 第6紫麟(ハオキニエン)    長野県長野市元善町     善光寺境内の放生池
 ※ 第7紫麟(ルワナネメ)     沖縄県国頭郡国頭村字辺土名   赤丸岬の突端の岩島
 ※ 第8紫麟(ビアノヤイエ)     香川県三豊市三野町大見     津島神社(陸から250mの小島に在る神社)
 ※ 第9紫麟(ヘウエキルン)    三重県志摩市磯部町迫間     皇大神宮(伊雑宮: いざわのみや)の池
 
 
   「紫鳳」
 ※ 第1紫鳳(ベイルルイン)    京都府京都市上京区京都御苑   京都御所内の御内庭の池(反橋付近)
 ※ 第2紫鳳(ペーオルイイ)    大分県日田市大山町西大山    烏宿(からとまり)神社の境内の池
 ※ 第3紫鳳(ホエイン)      山口県長門市油谷津黄      元乃隅(もとのすみ)神社の潮吹き岬の突端
 ※ 第4紫鳳(ヒオゲヌビル)    新潟県魚沼市字津野       奥只見湖の中(十二山神社の側)
 ※ 第5紫鳳(ヒエオベ)      岐阜県下呂市萩原町上呂     久津(くず)八幡宮の地下の温泉溜まり
 ※ 第6紫鳳(ホエボニオル)    福島県福島市飯坂町茂庭     摺上川渓谷の滑滝(なめたき)の滝壺
 ※ 第7紫鳳(ボイヌケルン)    石川県白山市三宮町       白山比咩(ひめ)神社の境内の龍神池
 ※ 第8紫鳳(ベーイルイン)    東京都江東区亀戸        亀戸天神社の池(男太鼓橋の近く)
 ※ 第9紫鳳(プイルグエル)    岩手県奥州市水沢中上野町    駒形神社の裏手の沢
 
 
   「紫武」
 ※ 第1紫武(ヘイカナイレ)    北海道斜里郡斜里町遠音別村   知床岬の突端の岩場
 ※ 第2紫武(ニエリグエゴ)    京都府京都市東山区祇園町    八坂神社の御神水(龍穴)
 ※ 第3紫武(アゲキコー)     愛媛県今治市大三島町宮浦    大山祇(つじ)神社境内の小川(旧橋付近)
 ※ 第4紫武(ギエオガ)      和歌山県伊都郡高野町      高野山 奥の院の川(他に魔界ナグが二箇所)
 ※ 第5紫武(ビエグルクオ)     鹿児島県霧島市隼人町      鹿児島神社の川(竜宮の亀石の近く)
 ※ 第6紫武(ジゲエギール)     兵庫県西宮市社家町       えびす宮総本社(西宮神社)の神水滝
 ※ 第7紫武(ナナ・ヤイギ)     山梨県富士吉田市小明見     小明見(富士浅間神社)の龍池
 ※ 第8紫武(ヌイレエグイ)     群馬県前橋市下大屋町      産泰神社の安産抜けビシャクの龍水
 ※ 第9紫武(フエイビカイ)    福岡県宗像市地島        地島の龍神様の祠(ほこら)海岸
 
 
   「群青龍」
 ※ 第1群青龍(アイソウレ)     京都府京都市上京区馬喰町    北野天満宮のもみじ苑(天神川)
 ※ 第2群青龍(ハイコカエゲ)    青森県十和田市奥瀬十和田湖      中山半島の錦ヶ浦から200m沖合の湖底      
 ※ 第3群青龍(フエゲイエゲ)    岐阜県美濃市須原         洲原(すはら)神社の神岩(長良川の小島)
 ※ 第4群青龍(ナイラ)       岩手県西磐井郡平泉町      達谷窟(たっこくのいわや)の池
 ※ 第5群青龍(ダエキケイケ)    兵庫県姫路市総社本町      射楯兵主(いたてひょうず)神社の地下水
 ※ 第6群青龍(フオイヨイル)    千葉県館山市大神宮       安房神社の御水湧出口
 ※ 第7群青龍(ヌキアイ)      栃木県矢板市下伊佐野      おしらじの滝の滝壺(おしらじブルー)
 ※ 第8群青龍(フイイハエイ)    長野県南佐久郡佐久穂町     古谷渓谷の乙女の滝の滝壺
 ※ 第9群青龍(ギオ)        大分県佐伯市宇目        藤河内渓谷のエメラルド淵        
 
 
   「群青麟」
 ※ 第1群青麟(ハエイクエウ)      岡山県倉敷市林          日本第一熊野神社の行者池 
 ※ 第2群青麟(ナリウケイエ)   大阪府東大阪市東石切町       石切剣箭(つるぎや)神社の池         
 ※ 第3群青麟(フエアイ)     高知県吾川郡仁淀川町ニノ滝     中津渓谷の石柱(エメラルド滝壺)
 ※ 第4群青麟(ユイエバグエ)   福井県敦賀市曙町        氣比神宮の境内の神水苑
 ※ 第5群青麟(エイエア)     鳥取県日野郡日南町湯河     道後山(1269m)の山頂沼
 ※ 第6群青麟(ヨエイアオイ)   三重県度会郡大紀町滝原     瀧原宮(たきはらのみや)の境内の小川
 ※ 第7群青麟(クウイケーオ)   富山県高岡市古城        射水神社(高岡古城公園の水濠)
 ※ 第8群青麟(ガエ・ビエゴ)   鹿児島県肝属郡南大隅町佐多   佐多岬の先端岩場
 ※ 第9群青麟(ケイゴエオル)   群馬県利根郡みなかみ町藤原   武尊山(2158m)の山頂
 
 
   「群青鳳」
 ※ 第1群青鳳(ユルグビルナ)   東京都府中市宮町        大國魂(おおくにたま)神社の水神社の井戸
 ※ 第2群青鳳(ナイクアキエ)   静岡県浜松市天竜区龍山町大嶺   白倉(しらくら)峡(エメラルド・グリーンの滝壺)
 ※ 第3群青鳳(パエルヤ)     岐阜県中津川市付知       付知(つけち)峡 不動滝の滝壺
 ※ 第4群青鳳(ヨエイヒケル)   北海道川上郡弟子屈町札友内   釧路川湿原(美留川合流点の下流500m)
 ※ 第5群青鳳(ダエギイール)   富山県南砺市桂         桂湖(境川ダム)の南端部の支流合流点付近
 ※ 第6群青鳳(ダマドナル)    高知県吾川郡仁淀川町大屋    安居渓谷(水晶淵: 仁淀ブルー)
 ※ 第7群青鳳(ホアンナイギ)   神奈川県高座郡寒川町宮山    寒川神社の神嶽山神苑の難波の小池  
 ※ 第8群青鳳(ナエオイーギ)   山形県西置賜郡小国町字小渡   赤芝峡 眺望台(JR鉄橋眼下付近)
 ※ 第9群青鳳(ハエヤエル)    佐賀県唐津市呼子町加部島    田島神社の力石付近
 
 
   「群青武」
 ※ 第1群青武(モアロタラス)   広島県竹原市田ノ浦       礒宮八幡神社の忠孝岩の池
 ※ 第2群青武(フナニ・ガリ)   奈良県橿原市久米町       橿原神宮の境内南の深田池
 ※ 第3群青武(ヘルオルエナ)   静岡県裾野市御宿        影ヶ島渓谷の屏風岩
 ※ 第4群青武(フエオラリガ)   徳島県三好市山城町上名     大歩危(おおぼけ)峡(大歩危エメラルド)
 ※ 第5群青武(ハイルルニイ)   長野県長野市戸隠        飯綱山(1917m)の山頂
 ※ 第6群青武(ヘウヌイール)   東京都八丈島町三根       八丈島の三根岬の突端の岩場
 ※ 第7群青武(ヒーブルイ)    静岡県伊東市富戸        城ヶ崎海岸の突端部
 ※ 第8群青武( ヘーガヌルエ)    長野県諏訪市中洲宮山       諏訪大社(諏訪湖龍神の宿場)
 ※ 第9群青武(ハオイキーリ)   京都府京都市左京区鞍馬本町   鞍馬寺の息つぎの清水(奥の院は魔界ナグ)
 
 
 
 
〈人間に対するぼやき〉
 龍神島民族は一人一人、守護龍神が定まっていて、眷属名称(龍神名称)が個人的に定められていると言う話を前回しました。神社などに出向いた際、神々や龍神や創造主に対して願い事をする場合は、自分の人間名を語るのではなく、本来の眷属名称を語って、自分が何処の誰なのかを明確にしてやると、一発で願い事が叶います。名前も告げずに(身分を明らかにもせず)勝手な願い事だけをして行くとは言語道断なる行為なのです。自己の眷属名称が分からない方でも、自分が〜村の誰々で、父や母の名前を語れば、それだけでも全然違います。神様ならば全部お見通しだと思ったら大間違い、それは人間同士でも一緒であって、先ずは自分とは誰なのか、それを相手に伝えるのが礼儀と言うものです。そうしないと100円のお賽銭だけでは、神々の目に止まることは無いのです。身分を明らかにした後は、願い事に関する経緯を述べて、もっと真剣に祈らなければなりません。例えば親の事業が倒産した為に今回の婚約が破談になったので、今度は俗世間に捉われない確かな良縁を結んで欲しいと、ハッキリと自己の意思を申し上げる事が大切でしょうか。そうしたご利益は皆様が思うよりも早く事象として現れるのです。
 
 これは我々の講義を受講して頭が割れた(解脱同会した)方だけの特権ですが、自己の眷属名称を知りたい方には教えて上げています。その名前を知って何か御利益があるのかと言えば、それは天体神との合体儀式に使用される物であり、自己の霊力をアップさせるばかりか、自身の体が天体そのものに同化する儀式なのです。例えば、あなたの眷属が第1金龍で、その眷属名が「クイド」と言う名前であれば、広島宮島の第1金龍(ギャンバラ)が守護神であり、実際に宮島へ出向いて下記の合体呪文を唱えれば、あなたと天体神が物理的に同期されるのです。そのフレーズは「アーラー、(ギャンバラ×2)+(クイド×2)、アーモー」であり、このフレーズを三度繰り返すと合体呪文が受領される事になります。正確には「アーラー、ギャンバラ・ギャンバラ、クイド・クイド、アーモー」とゆっくりと発音して、これを三度繰り返します。これであなたは心も体も天体と繋がった事になります。我々は真言密教のクソ坊主とは異なり、人体を攻撃する様な魔界系の呪文は使用しませんが、こうした成長に関わる呪文や体の治癒に関わる呪文の使用は認めております。
 
 物質科学をどんなに極めた所で、必ず科学の限界壁に突き当たって、それ以上の進展はしないものです。昔のベテルギウス民族は物質科学の限界まで極めて、素粒子や原子を自在に操作できる段階まで達していました。彼等の物質円盤の航行速度は光速度の10万倍を突破する所まで進んで、あっと言う間に銀河系の民族を席巻してしまいました。その後は霊魂体宇宙人へと変じても、今度はアストラル科学を進展させて、光速度の100万倍を超える速度で他銀河系まで進出しましたが、そんなアストラル科学の使い手である彼等でも、龍神や創造主には勝てませんでした。徒らな科学技術を発達させるよりも、自分自身が成長して神々の領域に近づいた方が早道であると気づいた彼等は、今度は解脱成長に重点を置いて来たのです。神々の世界を独占してベテルギウス宇宙に統一したかった訳です。そんな彼等でしたが、たった一人の創造主の後継者(人間)の手に掛かって全滅を余儀なくされてしまいました。10京人ものオリオンの神々がたった一人の地球人に滅ぼされてしまったと言う、科学の力など決して及ばない、遥かに超越した力を見せつけられた格好となりました。「創造主の弟子にやられた」と言うオリオンの屈辱話ですが、人間にしても神々にしても誠に虚弱なものです。
 
 この話は徒らな文明など不必要なもので、正しい訓練を積めばインディアンでも創造主に成れると言う話であって、例え宇宙人として円盤で飛び歩く様な身分になっても、研鑽を積まない限りは、原始人にあっと言う間に追い越されてしまうと言う話でしょうか。あなたに取って、今の職場の地位や、財産や、お金や、名誉に一体如何程の価値がある物なのでしょうか。それらはあの世には持って行けない代物、少なくとも人生の目的や意味や価値を置く程の対象物ではありませんね。それと同様に反重力装置を開発し、無燃料推進器を開発した所で、神々や創造主の力を借りないと宇宙には決して飛び出せないのであって、そもそも生物とは自力では生きられない存在なのです。勝手に夢を抱くのは構いませんが、この世の現実を知って、人間の身の程を知ってもらわないと、後で失望のドン底に突き落とされてもがき苦しむのは人間の方なのです。皆様は神々と成って、創造主世界の一員となる訓練を地上で積んでいる身の上、その本分を忘れて煩悩世界に埋もれて生きてしまうのは頂けない話でしょうか。物質世界とは「虚無の実相」、ここが現実の世界だと思ったら大間違い、ここは生命養育学校の初等教育(幼稚園児学校)の場に過ぎないのです。先生が付いていないと、幼稚園児はちゃんと育たないんですね。
 

再生医療は見直すべき

 現在、地球医学の最先端治療として世界的に注目を浴びているのが、iPS細胞技術などを駆使した再生医療です。人類が切望する未来の夢を粉砕するつもりはありませんが、その分野もまた失望で終わる事が目に見えており、我々としては苦言を呈さざるを得ません。多大な被害者を出していない今の内に臨床実験は全て停止すべきだと思われます。どの道これまでの実験で一度の成功も見ていないのですから、世間が騒ぎ出す前にiPS細胞に拠る再生医療は不可能だったと正直に発表すべきだと思います。そもそも体内細胞を外で培養して体内に入れ戻すという行為そのものが、「細胞とは何たるや」を全然理解していない野蛮な行為、西欧アンポンタン科学を真に受けているから、そんな単純発想になります。
 
 ここで一個の大腸菌細胞を良く観察して見ましょう。承知の様に大腸菌細胞は自活している外細胞であり、条件が整えば直ぐ増殖するし、相手が強ければ逃げるし、多勢に無勢の場合は毒も吐き出すという、如何にも生物らしい振る舞いを行います。そんな外バイ菌の所作を観察した昔の生物学者達は、動物とは異なり大脳も神経組織も目も耳も鼻も無いのに、外界の環境に適応して逞しく生きている事に感銘し、一個の細胞に於ける「生命の自律性」が一体どこからあたわっているものか、それを真剣に討議し合ったものです。現代の科学者にそんな疑問を抱く者が一体どれ程いるのでしょうか。地球が何故回転しているのだろう、天体回転を引き起こす原動力とは一体どこからあたわるのだろう?   昔の科学者は最初の1から物事を考えたのに、今の専門家は天体は回っているのが当たり前だと鼻から決め付けており、今更回転の原因を突き止めようとも思っていません。だから天体の渦巻にも気が付かない訳です。
 
 水中に単独で浮く大腸菌を良く観察して見ると、彼等は重力に反抗して一定方向を向いています。一個の細胞にも赤道電流が流れ左電磁場(正電荷)を呈しており、そのN極(頭部)を地球のN極に合わせているのです。球体だから一体どっちが頭なのか分からないと小学生見たくパニクルのでは無く、冷静に観察すれば細胞の頭側と足側は誰にでも分かる事です。大腸菌のS極部の近くに電磁的な穴が一個開いていて、更に細胞の周囲には小さな穴が54個観察出来ます。大腸菌は固有の電荷を持っている事から電荷センサーで表面のデコボコを観察すれば良いのです。実はこれ別に大腸菌で無くても、土中のバクテリアでも結核菌でも皆一緒であり、外細胞(菌類)には必ず一本のズザネ管と、54本のタボ線が地球磁場圏から注入されているのです。一個の外細菌が保有する「生命としての自律性」は地球磁場圏の意識層(菌類の意識層)に在って、彼等は地球そのものの全体意識を奏でているのです。
 
 
 地球磁場圏の第3磁界(地上2000mから高度1万kmの範囲)には、自然界が形成した生物の意識層が複数個存在し、一般的には地上高度3500m〜5000mまでを昆虫意識層、2000m〜3500mまでを微生物意識層、地上(0m)から2000mまでを植物(高木類)意識層、地上(0m)から地底1000mまでを植物(地衣類)意識層、地底(1000m)から3000mまでを菌類意識層だと言われています。これは地球ばかりでは無くどの惑星でも高度比率はだいたい一緒です。地球は一個の自律した生命であり、自意識を囲った「生き物」に他ならなく、その意識記憶を司る物は天体渦が生産する「気の粒バイオン(サイ粒子バイオン)」であり、電子バイオンの1/3程度の小さな磁気粒子です。地球は自らの腹の中に誕生した自己の分身(子供=細胞)に対してズザネ管とタボ線を介して「生」を分け与えているのであって、一本の大樹も一匹のカブト虫もまた一本のキノコも一匹の細菌も、全て母親である地球と茎管で繋がれて生きているのです。従って、地球と直結している生命は「気の粒バイオン生命」と呼ばれています。
 
 
 こうした自然界の地上の生物と母星の関係を観察して、創造主が真似して造り出したのが人工的な生命霊界であり、電子位相が生産する電子バイオンで個々の意識を営むのが、いわゆる霊界生命であって、一般的にはセキツイ動物門生命、宇宙定義上では電子バイオン生命という分類になります。霊界生命の特徴は地球磁場圏の第1磁界から第12磁界まで、ビッシリと生命位相が敷き詰められている事と、ズザネ管は一本だが、タボ線が432本(54本の8倍)と多く、同じ細胞であっても遥か古代の進化段階から形体も意識も違う事実が伺えます。セキツイ動物には1本のズザネ管と432本のタボ線が入力されていますが、その体内細胞は遺伝子のヒールと接合しており、一個の肝細胞でも、あるい一個のリンパ球細胞でも、ヒール層から繰り出される茎管はズザネ管が1本で、タボ線が432本と定められており、体細胞がヒールから生を授かっている事実が分かります。
 
 人間の肉体の命を握っているズザネ管(生命コード:伸縮自在の電子管)、紛れも無いアストラル物質ですが、これを切断すれば心臓が止まって即死します。人間が死んでも体細胞が直ぐに死なない理由はヒールから命を貰っているからですが、しかし心臓が止まれば酸素が運ばれず、やがて細胞も窒息死してしまいます(腐り出す)。体細胞の命を奪うには細胞ズザネ管を切断すれば電流が途絶えてたちまちアポトーシスを引き起こします。例えば血球の様な単独細胞であれば、体内から外に引きずり出すだけで、ズザネ管が外れて血球は死に至ります。輸血した血液を直ぐに冷凍保存しない限り(仮死状態にする)、血球はドンドン腐って死んで行きます。では、冷凍保存をした仮死状態の血液を体内に戻すと、血管ヒールがズザネ管とタボ線を差し込んで血球の命を再び復活させるのですが、それでも輸血した三割は生き残れないのが普通です。いずれにしても体細胞は体外へ出したらズザネ管が外れて確実に死んでしまうのが当たり前、それは肝細胞も腎細胞も一緒の話でしょうか。
 
 
 さて、今回のテーマである再生移植の話になりますが、体内から取り出した体細胞は仮死状態にしない限りはあっと言う間に死んでしまいますが、仮死状態の間にある細工を施すと電磁的な初期化が起こって、体細胞は原始無垢の細胞本来の姿に戻ります(分化が解ける)。そうすると生まれたばかりの赤ちゃん細胞だと勘違いされて、地球磁場圏の菌類意識層からズザネ管と54本のタボ線が自動的に入力され、仮死状態だった体細胞には新しい命が授かります。iPS細胞とはこうして誕生して来たものなのです。これは体細胞が甦ったのでは無く、外細菌としての命を新たに獲得した意味であって、その細胞はバイ菌として生まれ変わった事になるのです。学問的には電子バイオン生命が気の粒バイオン生命に変じた事になります。当然、生まれたばかりの新細胞は律動して培養増殖も可能であり、再生医療に携わる研究者達は人間の肝細胞を外で培養して、それを人間の肝臓に差し戻すつもりでいる訳です。
 
 外バイ菌のズザネ管は非常に長いのが特徴であり、アストラル眼でその細菌ズザネ管を見ると、まるで納豆の糸の様に見えます。皆様の口や肛門からは大量の糸が出ており、口内細菌を一杯持っている事が伺えますが、iPS細胞シートから無数のズザネ管が出ている様を見る度に、私は背筋が凍り付きます。こんなバイ菌シートを人体に埋め戻せば、それはバイ菌を移植したのと一緒、角膜なんぞたちまちバイ菌の温床となり、眼を腐らせてしまう事は確実でしょうか。賠償騒動がマスコミに取り上げられて社会問題を引き起こす前に、お馬鹿な臨床研究には終止符を打たねば成りません。研究費欲しさの似非研究は、医学界でも蔓延しており、地球の科学者は頭だけでは無く根性まで腐っている様です。ところで、スタップ細胞の小保方さんですが、随分お元気で綺麗になられましたね。スタップ細胞も現実に存在しますが、でもその細胞もバイ菌として生まれ変わったもの、社会のお役には立たない研究ならば執念を燃やす必要は無いと思いますよ。

オリオン牧場の似非科学の実態(2) 血液は体の何処で造られる?

<血液は体の何処で造られる?> 

オリオン・ヒューマノイドは地球の医学分野や薬学分野にも進出しており、この分野の目も当られないおぞましい惨状を見れば、これはもうあなたに取って他人事ではありませんね。これから病院や薬局に足を運びたくなくなる様な「イヤー」な話をしますが、是非知りたいと願う方には読んで頂きたいものの、興味本位に首を突っ込む程度なら、最初から読まない方が無難かも知れません。そもそも我々は世の中に混乱をもたらす為に真実を披露している訳では無く、学問としての医学を正しい軌道に戻して健全に発達させたいと願い、宇宙人の嘘を暴露している次第です。我々が現行の地球医学に言いたい事は主に五つ、「大脳は物を考える器官でもないしまた記憶する器官でも無い」「DNAは遺伝子情報では無く分子合成情報を所有しているだけ」「血液は腸内血管で生産されており骨髄では造られていない」「体細胞の体外再生は不可能(再生医療とは似非技術)」「癌とは反電荷細胞のことである」ですが、本日は特に「血液は体の何処で造られている?」という話をしたいと思います。

エッ?  「オリオンも宇宙人、君達も宇宙人、どっちも信用できん」ですとー、ウーンまあそういう意見もあると思いますね。ちなみに我々の話が本物なのかどうか、それを見極める方法は自分の頭で物を考えて、道理的にシンプルに納得できる方が真実であると相場が決まっています。その様な意味では、我々は良い方の宇宙人、いや悪くは無い方の宇宙人と言った方が適当かも知れませんね。勿論、地球にやって来た魂胆は別にあります(銭を稼ぐ為に来た訳では無いが、宝物を探しに来た)。さて話の本題に入りますが、地球人の研究者で「千島喜久男博士」という方が居ました。彼の積み上げた膨大な研究資料が「千島学説」として現在でも生き残っているのですが、銀河標準レベルの医学知識と「千島学説」とは基本的な一致を見ております。医学に関しては、我々は独自の医療団を有しており、宇宙一高度な医療技術を備えていますが、そんな我々の眼から見ても現代医学は嘘のオンパレード、根本的に何もかも間違っておりトチ狂っています。血液が骨髄で造られていないのに、白血病の治療の為に「骨髄バンク」を造って、それを患者に注入した所で病気の治療には成りませんし、またIPS細胞で再生医療を試みても、それは単にバイ菌シートを移植しているだけの話、身体に害悪を及ぼすだけで何一つ治療には成っておりません。最悪なのは抗癌剤と称して発癌剤を打って人々を殺していると言う事でしょうか。

一個の細胞を研究する場合、最も基礎的な事は細胞の電磁気的な背景と、その命の構造を把握する事です。細胞の内容物に気を捕われていると物質的あるいは化学的な形質ばかり追って、肝心要の本質を見落としてしまうものであり、細胞を「細胞たらしめている」のは生き物としての個の命、その命を細胞がどの様にして囲(かこ)っているか、先ずはそこからスタートしなければ成りません。下記の図は細胞の命と、それを奏でる赤道コリン電線の詳細図です。細胞の表皮膜(単孔膜)の内部に鎖状に配列しているコリン電線、そこに電流(水素原子電流)が流れて始めて、細胞の命である所の「細胞電磁場」が形成される訳です。お粗末な地球の電子顕微鏡でも、表皮膜の下部に走るコリン電線の存在は確認できる筈、先ずは赤道コリン電線の存在確認と、そこに流れている電流を確認してからのスタートでしょうか。コリン分子の存在は知っているのに、それを栄養素(食べ物の一つ)だと定義している現代医学、「コリンが食い物ですって?」、冗談も大概にしなければ成りませんな。宇宙人だろうが地球人だろうが生物体の神経は随意神経(アクオン電線)と不随意神経(コリン電線)から成り立っているのですから。

 

 (細胞コリン電線)

 

(神経コリン電線)

 

(コリン鎖の構造図)

さて、ここからが本番の話になりますが、細胞が個々の命を囲っても(地の命=陰)、その個の命を操作する上位の生命(意識や心などの天の命=陽)と合体しない限り、細胞は体の意志に基づいた発動を起すことが出来ません。バイ菌や病原体などの外細胞の場合は地球磁場圏の「単細胞層域」と1本の生命コード(ズザネ管)と432本のタボ線で繋がっており、彼等は個の意識を宿した自然界の自律生命体と言えますが、生物体の体細胞の場合は自然界とは直接繋がっておらず、「身体アストラル」と呼ばれる所の中間介在物と接続されています。この身体アストラルという存在物こそ体全体の意志を呈示する物に他なりません。皮膚細胞は体全体を包み込む「皮膚アストラル」と、一本のズザネ管と432本のタボ線で繋がっており、また肝細胞や腎細胞は「肝臓アストラル」や「腎臓アストラル」と呼ばれるそれぞれの意識当体と接合されています。つまり身体アストラルとは個々の細胞を操作する為の「霊界」見たいな存在であり、それは人間の意識を奏でる「位相」と一緒のものだと言えます。一個の肝細胞が肝細胞としての働きを示すのは、肝臓アストラルとズザネ管とタボ線で接続されているからであり、未分化のES細胞(血小板細胞のこと)が肝臓アストラルと結合を果たすと「肝細胞」に分化したと定義される訳です。

もし仮に、人間の肝細胞の一つを体外に取り出せば、肝臓アストラルとの接続が切れる事になります。その細胞はやがて死ぬ筈なのですが、完全に死ぬ前に初期化して分化を解いてやれば(例えばiPS細胞の細胞質融合などで)、それは誕生したばかりのおニューの細胞と変わりが無く、そういう場合は自然界のズザネ管が間違って入力されてしまい、元は体細胞なのにバイ菌の一種として生まれ変わる場合があります。それを培養して肝細胞シートなる細胞群を創り出しても、それはただのバイ菌と変じており、そんな危険物を人間に再移植すれば、そこから組織が腐って来るのは当たり前の話なのです。スタップ細胞もiPS細胞も実在します。しかしながら、それらは外細菌として蘇生した細胞であり、いずれも人体に戻すことは出来ない代物なのです。皆様の目には見えないかも知れませんが、口内細菌でも結核菌でも外細菌の特徴は人体の外から入る長いズザネ管が見える事です。特殊な光を当ててやれば銀色に輝くのですが、まるで納豆のネバネバ糸見たいなズザネ管を見て、その人が口の中一杯にバイ菌を抱えている事が分かります。iPS細胞の角膜シートから出る無数のズザネ管を見れば、それが外細菌である事実が確認できる筈です。医学のいの字も語れない程の無知文盲なる地球人、自分達は本当は何も知らないんだと言う自覚を持たないと、医学の発展は見込めませんね。

さて、最後に血液細胞の話をしますが、一個の血小板細胞が成長して、その途上行程で各種のリンパ球や顆粒球に分派して行きますが、その大半の血小板細胞は赤芽球を経て赤血球へと成長して行きます。一方、白血球やマクロファージは最初の血小板の段階から独自の成長行程を刻んで行きます。成長した赤血球は自ら「造血幹細胞」へと成る為に「脱核膜」を起して、円盤状の赤血球へと形体を変化させて行きます。これは核膜の構成を解いて、内部の核酸と細胞質が直接触れ合わせる為のものであり、その結果「無限増殖」を可能にする無核細胞と変じた赤血球が、無糸分裂を連続的に行なって小さな細胞体を大量に造り出します。それがいわゆる血小板細胞(赤血球の子供達)であり、未分化のそれはES万能細胞として身体組織の細胞欠員の補充役として働きます。要するに、血液は「赤血球サイクル」と呼ばれる循環方式で誕生しているので在って、骨髄細胞などもともと何んの関連も無いものです。赤血球が無糸分裂で子供を生産する場所は主に小腸内部の血管網であり、細胞の食料となる栄養素が一杯在る所に限定されます。一体、どこの誰が全く関係が無い骨髄細胞を造血幹細胞だと定めたのでしょうか。我々は普通に肝細胞再生移植や腎細胞再生移植をやっていますが、使用しているのは基本的にその方の血小板細胞であり、外で造ったバイ菌細胞など使用しておりません。千島学説でも同じ事を言っていますが、体細胞が有糸分裂するケースはほとんど無いのが現実ですよ。

 

次回に続く