時事情報(7/17)

〈コロナ・パンデミックの経緯〉
 コロナ関連の情報を提供するのは久し振りです。我々がコロナ・ウイルスであると定義しているのは、基本的に反電荷ウイルス(癌化ウイルス)で、力学発信器(G)を有した6種類のウイルスと、癌化はしていないものの、それ自体が力学発信器を呈する「ゴカイ・ウイロイド」という、合計で7種類の病原体のことです。この中には既に絶滅した初期のコロナ・ウイルス(COVID-19)は含まれておりません。COVID-19は中国の湖南省から湖北省を跨ぐ湖の周辺に生息するイタチ科の動物(オコジョ)の宿生ウイルスであって、湖に垂れ流した放射性ラジカルが原因で癌化したウイルスです。このウイルスは風媒ウイルスではない(飛沫感染タイプ)理由から、パンデミックにはなり難いものでした(武漢やイタリアでは少し広まった)。一年前に世界中がコロナ、コロナと騒ぎ出したウイルスとは、COVID-19Vと形状はよく似ているものの(同じ36本スパイク)、体重が1/3程度の非常に軽いインフルエンザ(昆虫)ウイルスである「H4N1G2V(肺炎ウイルス)」でした。このウイルスとは2019年の10月末には既に発生していたウイルスであって、その年の夏にロシアのオビ川の中流域で大発生した「三ツ星テントウ虫」の宿生ウイルスです。

 世界に間違った情報を流して、医学情報をグチャグチャにしてしまったのが、毎度お馴染みのイギリスのアンポンタン大学、本人達は一番権威があると思っている様ですが、愚かなことに、彼らはCOVID-19とインフルエンザの「H4N1G2V」を混同してしまいました。その理由は「H4N1G2V」が反電荷ウイルスであり、PCR増幅が不可能であって、正確なDNA解析ができない理由から、単なるインフルエンザ・ウイルスをCOVID-19であると断定してしまったのです。世界的な流行を中国のせいにしたかったのかもしれませんが、動物ウイルスと昆虫ウイルスを一緒に扱うとは言語道断です。我々「宇宙医療団」は遺伝子(ヒール)の記憶情報を見て、それと同じ組成の母体生物を割り出していますが、地球医学はDNAやRNAなどの核酸を遺伝子であると勘違いしており、その配列を見比べて種の同定を行なっています。核酸同定ができなければ種を特定できない訳ですから、後は頭で類推しか方法が無い訳です。癌化=反電荷(細胞電流が逆回り)という物理的な意味が未だに分からないからこんな愚かな事態を招いてしまうことになってしまいます。今一度言わせてもらいますが、地球人が持っている現在の検査キットでは正電荷のノーマル・ウイルスしか核酸同定ができません。相手が反電荷ウイルスならばどうにもならないのです。

 2020年の春先、カリフォルニア産の「H2N2G2V(海アメンボV)」が流行し、アメリカの西海岸を襲いました。ラジカル濃度が非常に高い海からのインフルエンザは半分が癌化し、半分が正電荷のままの存在比率だったと思います。当初はインフルエンザと断定していたアメリカの保健省も、癌化種の比率が増すにつれて(正電荷ウイルスが淘汰されて癌化種が増える)核酸同定がままならず、結局、このウイルスもコロナ・ウイルスであると断定してしまいました。「テントウ虫ウイルス」と「海アメンボウイルス」では病状が全然違うのに、トランプ政権はイギリスに右習えをして中国へ責任を押し付けた格好となりました。そこに今度は重篤な血栓症を引き起こすウイロイド・ガスがイタリアやスペインや南米を襲い、さらに夏場にはハエ・ウイルスの「H1N1G2V」が襲って、仮想ウイルスであるコロナ・ウイルスは世界規模のパンデミックの主となっていきました。また、他にも直接命には関係しませんが、クラゲ・ウイルスやキセル貝ウイルスやミニ・バッタの「H1N4G2V」も世界中に広がっていきました。日本国(龍神島)をコロナ・ウイルスから守るために、我々が国土シルエやウイロイド防御膜を講じたことは承知の通りです。

 今年(2021年)の正月早々に地球磁場圏の出力が極端に低下し、また、コア磁場の出力も一挙に低下したことから宇宙軍団も大慌て、大至急何かの打開策を講じねば、地球の運動寿命が風前の灯火状態を呈していました。そこで我々は地球磁場圏(力学圏)を補正するために、一つの惑星を犠牲にして地球に力学骨格を移設しました。そのお陰で幾分かの時間稼ぎはできましたが、失ったコア磁場の出力を回復させることは物理的に不可能なことです。コア磁場の出力が低下すると「ウイルスの感染規制枠」が外れて、これまで植物ウイルスや昆虫ウイルスなどの鳥獣感染を抑制してきた防御枠が無くなってしまうという弊害が起こります。以来、それまでは人や動物には感染しない筈の非定型のウイルスが増加を始めたのです。最近のデルタ株も含めて、現在日本国や世界の国々を席巻しているウイルスの種類は36種類、その大半が非定型のインフルエンザか、もしくは植物ウイルスです。我々もそれに対応して、大概のウイルスを外に放出してくれる「呼吸ブース」を開発し、宇宙生命論の入門者(講演会参加者)には配当している次第です。

 さて、問題はPCR検査器の話ですが、ウイルスを吸い込んでしまうと、人体に侵入したウイルスは喉粘膜や鼻粘膜などに即座にスパイクを打ち込んできます。スパイクには二種類が存在し、ヘマグルチニン毒(蛋白抗原)を成分としたものが大半ですが、少数派ではあるものの、増殖酵素(ノイラミニダーゼ)を有したスパイクも打ち込まれます。仮にウイルス自体を免疫軍がやっつけたとしても、粘膜細胞の内部に打ち込まれたウイルスの毒素やRNA酵素を取り除くことは不可能です。その毒に反応して風邪症状を呈する者もいれば、あるいはウイルスの増殖自体を許してしまう保菌者となる者もいます。日本国の場合は6種類+1種類(ウイロイド)のコロナ・ウイルスに対する防御体制は整備されており、昨年の三月以降はコロナ死亡者が一人もいないという状況が続いています。マスコミや政府がコロナ、コロナと騒いでいる理由は、ただの正電荷インフルエンザをコロナの変異種だと勘違いしているに過ぎません。なぜならば地球医学そのものが自分達の間違いに依然として気づいていないからです。

 単なるインフルエンザなのに、医者やマスコミの言葉を信じてそれがコロナであると盲目的に信じ込み、PCR検査を真面目に受けに行く愚かな国民、イギリス株だろうが、南米株だろうが、インド株であろうが、これらはコロナ・ウイルスとは全く異なるただの風邪ウイルスに過ぎません。いかなるウイルスでも、喉粘膜にスパイク核酸が見つかればPCR検査では陽性になってしまうもの。一旦陽性になって隔離され、コロナ病棟に入った者には重厚な看護体制を取らざるをえないので、病院側としてはその人が脳溢血で死のうが、癌で死のうが、細菌性の肺炎で死のうが、心筋梗塞で死のうが無関係、これらの陽性患者には手間暇が掛かっており、「コロナ死」にしてもらわなければ銭勘定の釣り合いが取れないのです。べつにコロナ禍でなくても毎日500人以上の病人が死んでいる日本国、一日200人がコロナで死んだという報告を受けても、それって少ない方だろう、と私などはそう思ってしまいます。本当にコロナで死んでいる者など日本国には誰もいないのです。

 

〈ウイロイドの発生〉
 ワクチンに関しては以前も説明した通り、世の中にはとんでもなくウサン臭い「ワクチン陰謀説」が出回っており、それを頭から信じるのは愚か者の証明でしょう。なぜならば宇宙医療団もワクチン成分を分析しており、陰謀説が嘘だと分かっているからです。mRNAワクチンに関しては副作用の心配はあるものの、とりあえず正電荷のインフルエンザ・ウイルスには効力はあります。しかし、実際のコロナ・ウイルス(6種類+1種類)には全く効力が無く、打っても風邪予防にしかならない無意味なものです。そもそも、今時ワクチンなどという野蛮な予防策は時代遅れだと言ってよいでしょう。mRNAワクチン以外の他のワクチン(ベクターワクチン)に関しては言語道断、酷いお粗末な代物であると言えます。ワクチンを打ち終えた国でも再びインフルエンザもコロナ・ウイルスも増えてきているのが実情、それがコロナとは無関係なワクチンならば、副作用による命の危険を犯してまで接種する必要が何処にあるのでしょうか。我々の関係者は、職業上どうしてもワクチンを接種しなければならない人には、宇宙医療団がワクチンの無毒化を行ってくれています。

 これは数日前の情報ですが、インドネシアにウイロイド・ガスが流れ込んだ模様、その発生源はボルネオ島の南のスラウェシ島であり、その島のボニ湾から発生したウイロイドがスンダ列島に沿って北上し、ジャワ島やスマトラ島を直撃した模様です。ボニ湾海底の溶存酸素濃度がゼロを呈しており、ボニ湾全体の海底生物が一挙に死に絶えた様子、無論、これらの現象は海底の化学反応に起因するもので、硫酸還元菌の活動に基づくものです。今後、海流と一緒にウイロイド・ガスがシンガポールやフィリピンを襲うのかどうか定かではありませんが、いよいよ始まったかという印象があります。世界中の大陸棚で溶存酸素濃度が極端に低い場所があちこちに存在するからです。ウイロイド・ガスを何度か吸い込んでしまうと、それだけで身体中に重篤な血栓が発生して死に至ります。インドネシアでは毎日千人近い人達が死んでいます。ガス分子そのものが発信器であり、血球の一斉アポトーシス爆発を誘発させてしまうからです。昨年度、我々は日本国の沿岸部にウイロイド・ガス・シールドを張りました(カムチャツカ半島からガスが下りてきたから)。そのお陰で今年の夏場の気温上昇は免れませんが、ウイロイド・ガスに上陸されるよりは「まし」と考えております。

 ウイルスは不思議なことに、一つの種類が蔓延っていると他の種類が活性化せず、影に退いて大人しくしている習性があります。今はインフルエンザ・ウイルスが横行しており、逆にコロナ・ウイルスが抑制されている状況です。しかし、コロナ・ウイルスは木々の葉の中で増殖しており、その勢力が昨年度の「倍」の物量になっています。今年の秋口からコロナ・ウイルスの巻き返しが来ると考えられ、特に西洋諸国は甘い認識をすべきではないと思います。人間の耳には聞こえませんが、日本以外の何処の国でも植物の葉の中から発信器の大合唱が聞こえており、植物が葉を落とす季節を迎えると、これらが一斉に舞い上がって世界中を飛んで歩くからです。現在のガンマ株もコロナの変異種ではなく、ただの正電荷インフルエンザ(ムカデの気門に生息する非定型ウイルス)、基本的に風や雨に乗じて空から降ってくるもの、そんなものを人為的に封じ込められる訳がありませんね。医学者達も政府も保健所も頭がいかれているとしか表現できません。風邪症状が重い方が医者に行けばよいだけの話、なぜPCR検査を自ら進んで受けて似非コロナになりたがるのでしょうか。

 

 〈抗体の意味も知らない西洋医学〉
 「抗体とは何か」と聞けば、その本当の意味を知る者は地球にはおりません。医者であるあなたは果たしてその意味を知っているのでしょうか。そもそも地球医学は血液が何処で作られているのかも知らないというお子チャマ・レベルなのです。私はそんな低脳な医者のところに大事な自分の体を預けることはとてもできませんね。何をされるか分からないからです。血球は機能的に二種類に分かれています。一つは血管の「ヒール・ズザネ管」と結合している「体細胞血球」であり、身体ヒールの直接命令で動く頭脳的な血球です。それに対して、多くの血球は体とは繋がっていない「ロボット血球」であって、物質信号で遠隔操作される一連の細胞群です。赤血球もリンパ球も血小板も、基本的には自分の意識では判断できない「ロボット細胞」なのです。無論、ロボット細胞と言っても生命体であることに変わりは無く、細胞としての本能は皆持ち合わせています。ここから先は宇宙医学(ヒール医学)の勉強内容になりますが、免疫系の細胞群の中で組織ヒールと結ばれている司令塔の細胞とは、肥満細胞、B細胞、形質細胞、樹状細胞、NK細胞、マクロファージ(食胞球)などです。

 それに対して、T細胞、好酸球、好塩基球、好中球、赤血球、血小板などの細胞は基本的に組織ヒールとは結合していません。彼らの長所は母体との糸に拘束されていない自由な身の上であることであり、身体の何処にでも移動できる特徴を持っていることです。しかし、欠点は命令されない限り、自分で判断しなければならない様な上等なことは何もできないという低脳頭であることです。一方、司令塔の血球群は敵と味方の判断はつくし、癌細胞が相手でも戦う能力を備えていますが、なんせ、ヒール・ズザネ管やヒール・タボ線と繋がっていることから行動範囲が狭く、隅々まで移動できないことが玉に瑕なのです。ちなみに、主に咽にいる肥満細胞は血球細胞ではありませんが、リーダー血球達が存在する箇所は肩から性器までの太い血管内部やリンパ節や脾臓だけであって、細い血管や毛細血管の内部には生息していません。頭にも首にも腕にも脚にもリーダー血球達はいません。彼らは基本的に動けない、だから「ロボット血球」を操作して仕事をやらせているのです。

 一般に、B細胞は骨髄で作られていると認識されていますが、それは骨髄液のB細胞の方であって、循環体液のB細胞の方は基本的に太い静脈内か、もしくは脾臓内部で生産されています。B細胞が成長すると形質細胞(プラズマ細胞)へと分化していきますが、人間の場合は主に11種類の抗体タンパクを生産しているのです。抗体タンパク(免疫グロブリン)とは、早い話がロボット免疫軍に対する「司令マーカー」であり、「お前達が戦うべき相手はこれだよ」とロボットに知らせるための手段なのです。仮に、もし免疫軍の中枢が総攻撃司令を物質信号で発信すれば、それをキャッチしたロボット軍団は敵も味方も辺り構わず攻撃してしまうし、また、アポトーシス信号(自爆信号)を発すれば、彼らは次々と自爆してしまいます。それ程彼らはパーなのです。だから普段は敵に対して抗体マーカーをいちいち取り付けて、確実にそれだけを始末する様に仕向けているのです。肝心なことは、反電荷細胞や反電荷ウイルスには抗体タンパクは物理的に作用できないことです。つまり、敵だと分かっていても、抗体が機能しないために(付着してくれない)、ロボット軍団を戦わせることができないのです。侵入した反電荷ウイルスや反電荷細胞に何の攻撃も加えられないT細胞の姿を見ていると無性に腹が立ちますが、抗体タンパクもロボット細胞も正電荷であって、反電荷には作用を及ぼせないのだから仕方がありません。

 免疫軍の物質信号と同じ「似非信号」を出して、ロボット細胞に自己の身体を襲わせるという(自己免疫疾患)卑劣な手段を相手はいくらでも使ってきます。そんな容赦の無い世界が自然界の現実なのです。我々は既にその物質信号を読解して、逆に病原体の増殖や発信器などへ対処をしています。そんな基本的なことも知らないのでは学問とは言えませんね。ワクチン接種で意図的に毒物を身体に打ち込んで抗体量を増やしたところで、一体それに何の意味があるのでしょうか。地球人がいかなるワクチンを開発したところで、コロナ・ウイルスには所詮勝てない、抗体など増やしたところで、相手が反電荷生命であれば戦えないのです。これまで人類は癌化した細菌類や癌化した体の組織と戦って勝ってきたでしょうか。もし、医学に未来があるならば、ワクチンや薬では戦えないことを認識しなければならないし、また、新しい治療法を開拓しなければならないでしょう。何も知らないのに、マスコミが間違った医学の解説を鬼の首でも取った様にテレビで流すのはやめて頂きたいと思います。日本国は今すぐ馬鹿げたPCR検査をやめて、正気に戻らなければなりませんね。

 

時事情報(12/4)

〈磁場と力場の補正に成功〉
 11月30日の20時30分、軍団が地球の磁場圏と力場圏の補正に成功し、地球の物理的な寿命を延長する事が出来ました。後二ヶ月間という軍団computerの計算には正直言って我々も動揺しましたが、「こうなれば星の命を交換しよう」という話になり、一つの惑星を犠牲にして、地球の物理寿命を延ばす事となりました。犠牲になった星は竜座矮小楕円銀河に存在する惑星で、生物が存在しない火星の如き岩石星、その渦磁場の形状を支えている力学骨格(12個のテトラ骨格)を取り外して、地球のそれと交換した次第です。また、その破壊された惑星から気の粒を運んで地球磁場圏へ注入し、気薄に変じた磁場圏そのものの補強作業も行いました。交換してまもなく、その星では重力崩壊が発生し、あっという間にコアが爆発して飛び散りました。残念ながら、一つの星の命を破壊しなければ地球寿命を延ばす事は出来ませんでした。人間(生物)の命の重さを考えればこれはやむを得なき最終手段、我々としても致し方もありません。
 
 今回、地球磁場圏の「磁場と力場の補強」に成功し、地球の物理的な寿命を延長させる事には成功しましたが、これで安心という訳ではありません。大きな問題が残っており、それは物質地球そのものの寿命です。物質地球とは「コア」そのものの事、一般的にコアとは狭義の意味ではマントル内部の重列元素(D−重合体)の事を指しますが、そのコア(D−重合体)の核反応でマントル層が発生し、地殻が形成され、さらに海洋と大気圏が形成された事を鑑みれば、広義の意味では渦巻の中心点に形成される物質惑星そのものが「渦巻のコア(中心物体)」と表現出来る訳です。地球は本来、2009年には滅ぶ筈の惑星だったのですが、我々が何度も延長策を講じ続けて今日まで保たせて参りました。そのお陰でコア本体もボロボロ、磁場も力場もボロボロ状態だったのです。我々は11年間で三度も大気注入を行なっており、磁場膨張(大気圏膨張)に伴う生物の窒息死を食い止めて参りました。しかし、今回は運動力学的な物理寿命は延ばせたものの、物質コアの命も有限である事は承知の通り、もしコアに異常(地殻崩落)が発生すれば、人類は住む土壌を失ってしまいます。
 
 先月、物質地球の内圧(気ガス圧)が極端に抜けて、コアを締める外界の力(渦磁場全体の向心力)が急激に減退した事実を確認しました。それで前回のブログ発表となった訳ですが、今回の回復作業の結果、今は地球の内圧が復元しており、その復元させた瞬間には大きな地震(アリューシャン列島の地下)も発生しました。渦磁場の外圧を本来の圧力値に戻しても、外圧(特に潮汐力)に従じて地殻やマントルが膨張や収縮を行っており、外圧が物質地球へ及ぼす「力の変化」に関しては、液体のマントルはともかく、固体の地殻が追従してくれるのかどうか、つまり柔軟に対応してくれるのかどうか、それが心配な状況です。なんせ地球の地殻はボロボロ状態であり、外圧の変化次第では大きくヒビ割れてマントル内部に崩落していく危険性が高いからです。気の粒を渦巻の中心点に均等に集めようとする重力、一方その重力作用よりも高い位置から、まるで「吹子(ふいご)」の様に圧縮作用と弛緩(膨張)作用を強制的に繰り返す渦巻の全体力(潮汐力)、これらの全体力で地表の物理環境が成り立っていますが、物質地球はその天体力に追従してきたに過ぎません。
 
 その様な意味では当座の地球の命(渦巻の命)は救えたものの、物質コア(地球)の命を救った訳ではない事を知って頂きたいと思います。もし、米国のカリフォルニア州近辺(地殻が極端に薄い領域)に巨大地震が発生すれば、そこから地殻崩落が発生し、海洋も大陸も地殻の岩盤そのものがマントルの内部に引き摺り込まれる事になります。現在、人類の命を脅かす因子は「コロナ・ウイルス」と「地殻崩落」という二大要素なのです。我々「人間王国軍」の目的は「人材獲得」であり、龍神島民族の選民救出である事は何度も語っていますが、その目的の為に地球寿命を今日まで保たせて参りました。コロナに関しては既に対策を講じており、我々はしっかり日本国を守ってきたのですが、無知な者達が「コロナ騒ぎ」を引き起こしているだけの話であって、日本国においては、今年の三月以降でコロナ死は「零状態」、今現在でもコロナ・ウイルスが原因で死亡した人間はただの一人も存在しないというのが現状です。医者は「そんな馬鹿な」と言うかもしれませんが、そのセリフは我々が医者に対して言いたい言葉でしょうか。
 
 目下、我々の懸念はたった一つ、それは日本国を襲う大規模な自然災害であって、要するに「地殻変動(崩落)」を心配しており、それが起きる前に必要な人材や資材を確保したいと願っています。現在、地殻崩落に関する対策は7枚の動力バリアだけの状況ですが、これ以外でも新しい素材研究を進めており、もう少し補強しておきたいと考えております。いつ訪れるか分からない予測不能な自然災害ですが、我々も早急に準備を整えており、皆様を迎える用意をしております。
 
 
 
 
〈コロナ情報〉
 本日(12月3日午前1時)、我々の医療団が日本国のコロナ患者を再び診察し、全国の病院で治療を受けているコロナの重症患者の容体を観察しました。また、世界各国の病院にいるコロナ患者の診察も同時に行なっており、医療データを集めた次第です。その結果、北海道から沖縄までの全国津々浦々の患者を診察して、コロナ患者が一人もいない事実を再び確認した次第です。日本の医師達は陽性患者をコロナ患者だと決めつけて、一体何の治療を施しているのでしょうか。患者の肺や血液や臓器内にコロナ・ウイルスが一匹もいないのに、なぜコロナ治療を施しているのでしょう。正気とはとても思えない「狂気の沙汰」の光景に、「マジか」と驚かざるを得ませんでした。医療団の調査の結果、呼吸疾患を起こしている患者の一番の原因は、院内感染による「多剤耐性緑膿菌(癌化緑膿菌: MDRP)」肺炎でした。また二番目がグラム陰性菌(バクテリア)の癌化種(シュードモナス菌)が引き起こすサイトカイン肺炎、三番目がカビ菌(主にアスペルギルス属)による肺炎、四番目がレジオネラ肺炎という結果でした。
 
 緑膿菌の外毒素は「エキソトキシンA」、他にも溶血素であるヘモリジンやラムノリピドを吐き出す事から、医療団もその毒素を見て緑膿菌の仕業である事実はすぐ分かります。また、癌化したシュードモナス菌は主に根菜類から摂取されるもので、これは細菌本体よりも発信器だけが肺に残っている状況であり、肺胞を襲っている犯人は自身の免疫細胞(擬似T細胞)です。この病気は現代医学では全く知られていない謎のサイトカイン肺炎である理由から、多分これをコロナ肺炎であると勘違いしているのだと考えられます。カビ肺炎は麹系の食材を扱う場合は頻繁に起こり得る病気であり、マイコトキシン系の毒素(アフラトキシンなど)が検出される事から、それがアスペルギルス肺炎である事はすぐ分かる筈です。西洋では不潔な病院が多く、電気器具類で繁殖するレジオネラ肺炎が一番多いのですが、日本国では清潔なのか発症数は僅かな様です。単なる細菌感染による肺炎なのに、陽性患者という理由だけで、レムデシビルなどの抗ウイルス剤を投与して身体を逆に弱らせてしまう為に、あっという間に肺炎を拗(こじ)らせてしまうのが実態であると感じた次第です。
 
 諸外国では人間や動物の体内ばかりか、草木の葉の中でも下水道の中でも、あるいは菌類の体内でもピーピーと発信器が鳴っているのに対して、全く静かなのが日本国、ウイルス発信器の音色はほとんど聞こえず、時折聞こえてくるのは癌化した細菌が有する発信器音だけです。現在のコロナ・ウイルスのメインはスペイン風邪で有名な「H1N1G2V」、その爆発的な感染力の凄さは100年前のパンデミックと一緒です。では「なぜ」犯人が「H1N1G2V」であると医学者は遺伝子の定量分析が出来ないのでしょうか。その理由は簡単であり、ただのH1N1G2Vではなく、それが癌化した反電荷ウイルスだからです。反電荷ウイルスの場合はRNAを構成する塩基成分まで反電荷を呈しており、ウイルスを濃縮させて写真を取る事は出来ても、中身の核酸分析が化学的に全く出来ないのです。たまたま分析出来たウイルスは癌化していない状態のウイルスに過ぎず、彼等は今も単なるインフルエンザ・ウイルスのノーマルH2N2G2Vの核酸をコロナ・ウイルスの核酸だと信じているのです。まさか、コロナ・ウイルスがウイロイドも含めた6種類の反電荷ウイルスであるとは微塵も思ってはいません。
 
 日本国においては、国土シルエの防衛網の内部である理由から、コロナ・ウイルスを集めて定量分析をするといった研究や、あるいはコロナ・ウイルスに関する免疫系の反応を研究する事は一切出来ません。そんな状況下であるにも拘らず、各大学から様々な研究論文が出されている事にはビックリ、一体何の研究をしているのでしょうか。本当にコロナ研究をしたいならば、外国のコロナ患者を外国で相手にしなければ研究した事にはならない事を知って欲しいと思います。大学の研究者が如何にいい加減な研究をしているのか呆れ果てるばかり、もはや馬鹿としか表現出来ませんね。薬を飲めば薬に殺されるし、病院へ行けば医者に殺される、それが西洋アンポンタン医学の実態なのです。そんな低脳な連中を信じて、医者を神様の如く信奉している民衆にも呆れるばかり、正直言って「駄目だ、こりゃ」と我々も投げ出したくなる心境でしょうか。まことに洗脳とは怖いものです。ハッキリ申しておきますが、ワクチンを投与したところでコロナ・ウイルスの感染予防には何の役にも立ちません。日本国は西洋列国の様子を見てからワクチン投与の決断をすべきだと思います。
 
 さて、インフルエンザ情報ですが、現在世界で流行しているインフルエンザ種は5種類、前回のウイルス種の3種に加えて、新しくH3N2V(アメリカ産のユスリ蚊)とH2N6V(ロシア産のエダヒゲ虫)が加わりました。これらのインフルエンザは日本国にも既に到来しています。簡易的なPCR装置ではインフルエンザとコロナの区別も付けられない事から、どうせ受けるならば、しっかりとしたPCR検査の方を受けましょう。無論、日本国限定の話ですが、我々がPCR検査そのものを否定している事は承知の通り、コロナ患者が実際に誰もいないからです。今は季節の関係上、ゴカイのウイロイド・ガスの発生が抑制されており、我々としては安心出来る状況なのですが、しかし来年の夏場にはガスの発生が懸念されており、日本国も無事では済まされないだろうと予測しております。世界人類がドンドンと淘汰されて、国々が次々と瓦解していく状況になれば、日本国政府もさすがに宇宙に活路を見出すのではないかと期待していますが、我々としては今後、目で実際に確認出来得る「証(物証)」を提示していきたいと考えております。
 
 今回、渦磁場の力学骨格を補正して、地球の物理環境を当面維持出来た理由から、我々としても無理な脱出計画を決行する必要が無くなり、ホッと一息安堵している状況です。日本国政府と日本の国民に対しては我々の計画に対する理解と協力をお願いしていきたいと思っております。
 
 

時事情報(11/19)

〈スパイク・ワクチンの効力〉
 米国のファイザー社とドイツのビオンテック社が共同開発した、予防効果が90%以上と言われるワクチンが一体どれ程の効力があるものか、我々医療団も興味深くワクチン接種者の容体を観察してきました。このワクチンは、弱毒化したウイルス本体を使用していないスパイク・ワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)と称される種類であり、ウイルス・スパイク内部の増殖酵素(RNA)を人間の体細胞に打ち込むというタイプの予防ワクチンです。「それじゃ、実際のウイルスを使ったワクチンと何も変わらないじゃないか」という意見もありますが、ウイルス本体を使用するよりも、ウイルス・スパイクが保有する核酸成分だけを打ち込んだ方が危険性が少ないと、開発者はそう考えている様です。そもそも予防ワクチンとは感染者ではなく非感染者に打って、ウイルスに対する抵抗力(免疫力)を付けさせるという予防薬の事です。このワクチンを開発した製薬会社は90%以上の予防効果を謳っていますが、我々が実際に経過を観察した結果は「効果は皆無(ゼロ)」という値でした。
 
 同じく、米国のモデルナ社が開発したスパイク・ワクチンもこの手のタイプのワクチンであり、非感染者に対してウイルスRNAを人体の体細胞に取り込ませて、人体自身の免疫力を高じさせるという予防ワクチンの種類です。こちらのワクチンの臨床試験では予防効果が94.5%という驚異的な数値を叩き出しています。しかし、残念ながら医療団の調査の結果はこちらのワクチンも「効果は皆無(ゼロ)」という報告でした。読者の皆様がバイオテクノロジーを駆使した製薬会社の実験結果を信用するのか、それとも我々の調査結果を信用するのか、それはどちらでも構いません。現代医学を盲信している人々は当然ワクチンを接種するだろうし、また、現代医学や製薬会社を頭から信用していない人々はワクチン接種を絶対に拒否すると思うからです。高度なテクノロジーが使用されていると言っても、所詮は抗原=病原体を人体に植え付けて、人体自身に免疫抗体を作らせるという昔ながらの野蛮な手法(毒で毒を制す)ですが、しかし、そのウイルスに対する抗体が形成されたとしても成功であるとは決して限らず、それ以前の基本的な問題がありました。
 
  これは皆様に知って頂きたいウイルスに関する基礎知識ですが、コロナ・ウイルス(実際は複数の癌化インフルエンザ)は皆様も承知の様に、数十本の突起物(スパイク)を有しております。ウイルスが喉や鼻の粘膜細胞に漂着するとこれらのスパイクを発射し、体細胞に打ち込んできます。スパイクの種類には三種類があって、一番短いサイズ(1/3)のものが発信器であり(2本)、また長いサイズのものには二種類があって、一つはヘマグルチニン蛋白毒素のスパイク(12本)、もう一つはノイラミニダーゼ増殖酵素(RNA: 12本)のスパイクです。ウイルスは増殖酵素を体細胞に打ち込んで、体細胞の材料を使って自己の複製を生産し、増殖していきます。こうしたウイルス・スパイクの増殖酵素を解析して、ウイルスRNAの塩基配列を特定し、PCR増幅装置で数億倍にも培養生産したRNAのコピー品を「mRNA酵素」に伝達させて人体の体細胞内に取り込ませるという、非常に高度な分子技術を用いて誕生したのが今回の予防ワクチンです。無論、免疫抗体を作りたいが為に、弱毒化したウイルス本体を人体へ注入するよりも遥かに危険性が少ない理屈は皆様にもお分り頂けるものと思います。
 
 「ウイルスに負けない為にはそのウイルスに対応する免疫抗体を事前に作り出せばよい」。そういう発想の下に開発されてきた予防ワクチンですが、その最大の欠点とは一つのターゲット(標的ウイルス)にしか効かないという問題点です。ファイザー社のワクチンもモデルナ社のワクチンも、両者はいずれも「H2N2G2V(海アメンボウイルス)」をターゲットとして開発されたワクチンであって、それは「H4N1G2V(三つ星テントウ虫ウイルス)」に対応するものでもなければ、また現在、爆発的に感染が進んでいる「H1N1G2V(ハエウイルス)」に対応するものでもないという事実です。それともう一つ、PCR増幅器で大量生産されたウイルスRNAのコピー品ですが、これらはいずれも正電荷(マイナス電荷)を呈する模造品であり、仮に体細胞がこのウイルス蛋白の鋳造を始めた場合、当然人体は当たり前の様にこれに対応する免疫抗体を作り出してきます。ここで思い出して欲しいのですが、コロナウイルスとして猛威を振るった犯人は反電荷(癌化)ウイルスの方であり、単なるインフルエンザに過ぎない正電荷ウイルスの方ではないという事実です。
 
 ファイザー社やモデルナ社が行ったワクチンの臨床試験を我々も注意深く見守っていました。ワクチンを打たれた方は典型的な風邪症状を呈していました。だが、それは今年の2月にカリフォルニアに上陸したインフルエンザ(H2N2G2V)と全く一緒の症状だったのです。つまり、彼等が苦労して開発したワクチンとは単なるインフルエンザの予防薬に過ぎなかった訳です。その後、このインフルエンザはヨーロッパで大流行して、次第に癌化種の濃縮度を高めていきました(コロナのヨーロッパ変異種)。そして、ヨーロッパから逆輸入された状態でアメリカで盛んに流行した事は承知の通りです。そもそも生体は正電荷細胞で構成されており、それは免疫細胞も基本的に一緒です。正電荷の免疫細胞が反電荷用の抗体を作り出す事は不可能な話、ましてや正電荷のT細胞やマクロファージが反電荷ウイルスを食(しょく)せる訳もなく、侵入した反電荷ウイルスは基本的に抵抗が無い野放し状態となります。この侵入者の暴挙に唯一対抗出来るのが、生産数が最も少ないNK細胞だと我々は主張してきました。
 
 製薬会社は自分達の高度なバイオテクニックに溺れるあまりに、自分達が大きな勘違いを犯して、とんでもないミスをしている事実にまだ全く気づいていない様です。現在は癌化種のH1N1G2Vがパンデミックの主流(6割強)であり、この爆発的な感染力の強さに関しては比類するウイルスが他にいません。米国の両社に対しては大変悪いのですが、これはコロナウイルスを予防するワクチンにはなっておりません。ワクチンを接種すれば単に風邪を引くだけの話、実際のコロナウイルスはワクチンの接種者と非接種者とは無関係に平等に襲い掛かるだけです。現実問題として、既にワクチン接種者もH1N1G2Vに感染しているのが今の現状、このまま進めば多くのアメリカ人が再び製薬会社の詐欺に遭う事になるでしょう。抗体が形成された事で、もう大丈夫だと見切り発射されたスパイク・ワクチン、癌化とは何かも学問的に未だに知らない地球人なのに、反電荷ウイルスを凝集させて結晶写真は取れても、反電荷のままならば、その核酸成分を分析する事すらままならない事実を知って頂きたいと思います。
 
 最初の中国産のコロナウイルス(COVID-19)も、ロシア産のH4N1G2Vも、アメリカ産のH2N2G2Vも、またカザフスタン産のH1N1G2Vも、カリフォルニア沿岸産のフラビウイルス(海クラゲ)も、これらのウイルスはいずれも放射性ラジカルが生み出した反電荷の化け物、現在は濃縮された癌化ウイルスに姿を変えており、我々はこれらのウイルスの事をコロナ・ウイルスであると定義しております。いずれのウイルスも、大きさの違いはあるものの、外観の形状もよく似ており、そのスパイク数も一緒であって、ウイルス核酸の構成に大きな違いはありません。カプシドの中心核にはウイルス核酸が存在し、そのコピーRNAがスパイクの増殖酵素の中に組み込まれているといった構造です。癌化ウイルスの特徴は、感染制約が無く、植物に対しても動物に対しても何にでも感染出来るという能力であり、また生物の免疫系を寄せ付けない頑丈な耐久性を有している事です。この宇宙には元々二つの電荷形態しか存在せず、左巻きの正電荷系は協調系(維持系)ですが、右巻きの反電荷系は単独系(破壊系)であるのが普通です。言い換えれば、通常モードが正常電荷、攻撃モードが反電荷という訳です。
 
 発信器(G)を備えているウイルスは希少な存在ですが、普段は通常の会話モードの発信器が、癌化すると突然波長を変化させて、高ベルツ発信音(攻撃モード)に切り替わります。体内に侵入したウイルス・アタックは大した問題ではなく、せいぜい持病持ちの老人が死ぬ程度ですが、長く残留する発信器こそウイルスの真の脅威、免疫細胞や赤血球などの血球に作用し、年齢に関係なく重篤な病状を引き起こしていきます。H4ウイルスはT細胞操作で肺胞を破壊し、H2ウイルスはT細胞操作で脳脊髄を破壊し、H1ウイルスはグロビン操作でヘモグロビンの機能を破壊します。またフラビウイルスは大脳コリン電線を脱落させて精神障害を引き起こし、ゴカイ・ウイロイドは血球にアポトーシス信号を放って一斉に溶血爆発を引き起こします。コロナウイルスの多岐に渡る病状はコロナウイルスが複数存在しているからであり、また癌化種と正常種の二種類がいる理由から、医学者達は複数の変異種が誕生したと考えていますが、そんな中学生の様な都合の良い発想はやめて頂きたいものです。
 
 西洋アンポンタン医学の無知さ加減は「反電荷」の意味が分からない事に尽きます(物理音痴)。癌細胞にせよ、癌ウイルスにせよ、表皮膜を流れる電流異常が原因で発生してくるもの、個々の細胞が持つ細胞電位と、その電磁場のプラス・マイナスの陰陽形質に注目して欲しいと思います。癌とは何ぞやが分からないと体細胞の癌にも勝てないし、外から侵入してくる各種の癌化細菌(薬剤耐性菌の事)にも勝てず、また癌化ウイルスに対しても何の対抗策も打ち出せません。「なぜ、身体の免疫系が一切作用しないのだろう」と首を傾げても、電磁的に共通した同電荷だから作用出来ているに過ぎず、異電荷の場合はそれが通用しません。物理音痴だからDNAに原因を擦りつけて、ありもしない「癌遺伝子」の存在を想定しているのでしょうか。なぜ現実の足元を見ず、上空に答えを見出そうとするのか、幼稚な頭脳の持ち主達の考える事にはついていけませんね。考えてみれば、反電荷も分からないのに力学発信器(物質信号)を理解しろというのは無理難題、今の科学の現状では酷な話かもしれません。
 
 ファイザー社とモデルナ社が開発したコロナ・ワクチンに関して、今のところは大きな悪作用は認めれられず、比較的安全なワクチンであると考えていますが、予防効果が皆無にゼロであるならば、打つ意味が無いと我々はそう判断しております。ワクチンを接種すれば、体内の細胞がウイルスRNAを抱える事になり、PCR検査器で調査した場合、非感染者なのに接種後はたちまち感染者になってしまいます。この矛盾は一体どうすれば良いのでしょうか。それよりも、PCRとは本来は核酸増殖に使用する機械、個々の核酸塩基を扱う精密な分子機械だからこそ、たった一個のウイルス核酸の成分でもウイルスの感染の有無を見分けられます。でも残念な事にウイルスの種類を特定するものではなく、とりあえずウイルスが体内に侵入したか否かを迅速に調べられる事で検査器としても使用されています。PCR検査器のお陰で大迷惑を被っている方が一杯いて、単なるインフルエンザでも擬似陽性が出てしまうのです。
 
 この世の生物は全て固有のウイルスを抱えており、呼吸する度に吸引してしまう代物、病原性の有る無しは別問題として、薔薇ウイルスも蘭ウイルスも白樺ウイルスも猫ウイルスも鯉ウイルスも豚ウイルスもいるのです。昆虫ウイルスは総括してインフルエンザ・ウイルスと呼ばれますが、喉粘膜にウイルスが付着している事はむしろ当たり前の話、それをいちいち検査してコロナだと言われてはたまらなく、「冗談じゃないぜ」と言いたくなります。ウイルスの種類も特定出来ない様なお粗末な検査器をなぜ使用するのか、実は他に手段が無く、本格的な解析装置(例えばX線解析)を使用すれば、検査結果が判明するのに二月間は軽く時間がかかってしまうのです。つまりPCR検査器以外にウイルス感染の有無を正確に特定する装置は他に無い訳です。だから馬鹿の一つ覚えの様にPCR検査をしろと騒ぎ立てる訳です。そのお陰で無実の罪で監禁されて、白い目で見られている被害者が一杯いる事を忘れてはなりませんね。
 
 
 
 
〈コロナの過熱報道に疑問〉
 さて現在、世界では5000万人以上の方がコロナウイルスに感染しています。3月度に日本国にも少し上陸しましたが、ゴカイのウイロイド・ガスが直接上陸したイタリアやスペインやフランスやイギリスやインドやアメリカや中南米諸国の死亡者数が他国に抜きん出ている状況ですが、目下は季節の関係上、ウイロイド被害が全く出ていない情勢であり、それに関しては我々も少し安堵のため息を付いております。問題はH1及びH2ウイルスが人体に放った発信器であり、世界の多くの人々の体の中で発信器がうなり続けている状況下、H1ウイルスの発信器があれ程鳴っておれば、感染してから半年後か一年後か個人差はありますが、ワクチンを打った方も打たない方も、呼吸不全を起こしてくる事は確かな事、やがて世界の人々がバタバタと倒れていく事は必定でしょうか。世界に関しては深刻な状況ですが、日本国においてはコロナ感染で死んでいる方は殆ど無く、今年約1年間の統計を見ても僅か2000名、これは一ヶ月間の自殺者の平均数値と一緒、また一ヶ月間でインフルエンザで死ぬ方の平均数値とも一緒なものです。コロナは恐ろしい病気なのでしょうか。
 
 少し極端な意見を述べさせて貰えば、日本国民の全員がマスクを外し、いつもの様に普通に暮らしておれば、経済も苦しくならないし、医療も切迫しないし、国も無駄な税金を浪費しなくても良い訳です。なぜPCR検査を受けさせて無理やり感染患者に仕立て上げるのでしょうか。我々にはその意味がさっぱり分からないのです。政治家は医者の意見を無視して、自分の目でありのままの社会の現実をちゃんと見て判断して欲しいと思います。コロナ陽性患者が実際に苦しんでいるのは、病気そのものではなく、隔離される事や、世間の冷たい眼差しや、経済的な保証が無いという問題なのです。コロナに感染してウンウンと唸っている急患が日本国の一体何処にいるのでしょうか。無実なのに犯罪の濡れ衣を着せられた被疑者、それが今のコロナ患者の実態に他ならなく、コロナ騒動はもういい加減にして欲しいと思います。日本人が海外に出るのは実際に危険、しかし外国人が日本国に入国してくる分には全然OKなのです。その為に我々は国土シルエを張って住民を保護してきました。
 
 PCR検査を拒否する者には5万円の罰金を課そうとか、あるいはコロナワクチン接種を法的に義務化するとか、無知なマスコミが騒ぎ立てていますが、それに賛同する「六道ピープル」にはビックリ仰天、心の芯まで洗脳されており、自分で判断する事もままならない状態なのだと思います。「ウィズ・コロナ」ですって、馬鹿言っちゃいけませんね。今の日本国の一体何処にコロナ患者がいるのでしょうか。コロナは医者達が作り上げた幻影に過ぎず、世界で流行っているから日本国にもきっといるのだろうと思い込んでいるだけなのです。彼等はウイルス病を全てコロナ病に仕立て上げており、愚かな事にそれに気づいていません。もっと愚かなのはマスコミ報道、人に移してはいけないとコロナ道徳を説いており、民衆に対して徒らにコロナの恐怖心を煽り立てています。毎日毎日のコロナ感染者の過熱報道、何百万人感染しようが実際に死んでいないならばそれは病気ではありませんね。日本国においては全く当てにならないPCR検査結果をわざわざ報道する意味が無いのです。
 
 我々が言いたい事は、科学者(医学者)を信用してはいけない、マスコミ報道を真に受けるな、阿保みたくPCR検査を自ら進んで受けるな、地球人が開発したワクチンなんぞ接種したら絶対に「アカン!!」、西洋人を見たら馬鹿だと思え、何だか極右翼みたいになってきましたが、これが読者の皆様に贈る言葉です。ブヒン!!
 

時事情報(5/30)

〈H2ウイルスの本流が到来〉
 5月20日頃に日本列島はH2ウイルスの本流域に入って、現在は列島の北緯40度以下の領域はウイルス圏にスッポリと包まれた状態と言えます。感染がドンドンと広がっている状況ですが、風邪症状が現れてくるのは1週間から2週間後ぐらいであると思われます。軍団の調査では本流の先端域に列島が入っただけの話であって、濃縮ジュースは梅雨前線と共に襲ってくる様子、6月から7月一杯まではウイルス圏の真っ只中という状況の様です。南部ヨーロッパを席巻したH2ウイルスの本流ですが、高い致死率はウイルスが放つ発信器に由来しており、免疫系のサイトカイン・ストーム(T細胞ストーム)によって引き起こされています。日本国には国土シルエが張られている関係上、H2ウイルス対策は万全な状況にあって、サイトカイン発信器の破壊データや、ヘマグルチニン毒素中和データ、ノイラミニダーゼ増殖酵素抑制データなどが入力されており、脅威のウイルスも「ただの風邪」と変じている状態です。
 
 分かり易く表現すれば、ウイルスを吸い込んで、咽粘膜に付着したウイルス母体がRNAを細胞内に打ち込んでもウイルス個体が形成されず増殖する事は無いという話であって、またヘマグルチニン毒を放っても高熱を発する事は無く、適度に中和された状態であり、また発信器の複製も形成されないという事です。当然、インフルエンザ・ウイルスに感染したのだから、体の免疫系が作動する事から、咽の違和感や空咳や味覚や嗅覚の鈍化や多少の微熱症状は現れるものの、軽い鼻風邪程度であって、それ以上に病気が進行する事は無く、重症化する心配は無いという話です。無論、感染したからといって隔離する必要も無く、通常のインフルエンザ扱いで十分かと思われます。現在、累計で約1万6000人の感染者が出ていますが、退院患者は約1万4000名余り、約2000名の者が入院しているというのが現状です。日本国の場合は重傷者や死亡者の大半がウイロイド・ガスを運悪く吸引してしまった者達であり、実際のコロナ死亡者は殆どいないという状況です。
 
 日本国に於いて、コロナ患者(実際はインフルエンザ患者)をまるで伝染病に感染したかの様な扱い方をするのは止めて頂きたいものですが、他国の現状を見れば「日本国も例外ではない」と感じてしまうのだろうと推測しております。諸外国ではH4ウイルスやH2ウイルスの他にも、ゴカイ・ウイロイドによる肺栓症や重篤な血栓障害が発生しており、またクラゲ・ウイルス(フラビノ・ウイルス)による精神障害や、大都市病と言われるレジオネラ肺炎や川崎病(ヒドロゲノフィラス菌)が蔓延しているばかりか、更に海洋性細菌によって、深刻な腎臓病(デスルフロモナス菌)や急性認知症(アルテロモナス菌)や猛烈な食中毒(腸炎ビブリオ菌)が進んでいる状況です。これらの病気はコロナ騒動の影に隠れていますが、確実に進行しており、人々を蝕み続けております。日本国に於いてはこれらの伏兵(病気)にも対応しており、外国の様な事態に陥る心配はありません。
 
 ニュースなど報道で語られているよりも、諸外国は悲惨な状況(健康被害)にあって、日本人として生まれた事を神様に感謝する日が訪れるだろうと思っております。大陸棚(海底)の砂地に生息するゴカイ(海ミミズ)ですが、今のところはアフリカ赤道部の西海岸と東海岸だけの発生であり、南緯や北緯の高い領域ではゴカイ類の大量死は観察出来ていません。また、人類の8割を抹殺すると言われる蝿ウイルス(H1N1G2V)も目下は発生が確認出来ておらず、今のところは安心して良いと言えますが、やはり放射能弊害による細菌やウイルスなどの病原化(癌化)が進んでおり、現在アメリカではウサギの出血病ウイルス(RHDV)が流行しており、カリシウイルス科ラゴウイルス属の癌化種が暴れている様子です。アリゾナ州の山中には1950年代の地下核廃棄場が存在し、そこから漏れた廃液が渓流に流れ出ており、その水を飲んだ野ウサギ(ジャックウサギなど)が自身の体内に抱えるRHDウイルスに変性をきたした結果、ウイルスが備える発信器が作動してサイトカイン・ストームでやられてしまう事になります。
 
 ちなみに、カリシウイルス科は正二十面体のビリオン構造を呈して「ダビデの星型ウイルス」と呼ばれており、一般的にはセキツイ動物を宿主とする、種固有のヘルペス・ウイルスの一種であると解釈出来ます。早い話がセキツイ動物共有の「自前のウイルス」なのですが、高濃度ラジカル水を吸収して癌化させてしまった結果、冬眠中の寝た子を起こしてしまった訳です。カリシウイルスは人間やペット(猫)や家畜(牛や豚)の身体にも常在しており、放射能に汚染された水を飲めば、兎と同じ運命を辿る事になります。普段は3600ベルツ数の力学信号音を発するこのウイルス(発信器を6個所有)は、癌化した場合は7100ベルツに周波数を上昇させます。その周波数は生体の免疫系(T細胞)に作用して頭を狂わせてしまいます。狂った白血球に身体を攻撃されて死に至る訳ですが、「そんなバナナ」と否定する科学者は兎が飲んだ高濃度ラジカル水を飲水して実験してみる事でしょうか。
 
 高濃度ラジカルの河川水を飲んだロシアの三つ星テントウ虫ウイルス(H4N1G2V)、高濃度のラジカル海水で生息しているアメリカ沿岸の海アメンボウイルス(H2N2G2V)、高濃度ラジカルの湖沼水を飲んだイタチ・ウイルス(COVID-19)、これらの癌化ウイルスと兎出血病ウイルスは基本的に一緒であり、種固有の自前ウイルスが変性したものです。日本人は平均3種類から5種類のヘルペス・ウイルスを体内に抱えており、それらの寄生ウイルス(内部爆弾)が動き始めれば、あっという間に身体はボロボロにされてしまうのです。外界から襲ってくるウイルスだけが敵ではなく、皆様の身体の中には既に住み着いている寄生ウイルスや寄生細菌も存在しています。放射能公害が生物体に及ぼす計り知れない弊害、その脅威は空中を飛ぶ放射線ばかりでは非ず、水から電子を奪い去ってラジカル水に変化させてしまう事こそ最も恐ろしい事なのです。その昔、天の川銀河系で栄えた381部族の人類ですが、核エネルギーに手を出した民族は200余り、その内半分の人類が完全に全滅しており、残りの半分は神々や先輩の宇宙人等によって一部の者は救出されました。
 
 我々は銀河の歴史を知るが故に、放射能公害の恐さを人類に訴えてきましたが、核爆弾に魅了された軍部の馬鹿共が天国の惑星を地獄の環境へ変えてしまいました。今更文句を垂れたところでどうにもなりませんが、子供の火遊びを管理出来なかった神々にも責任があり、我々としては一部の者を地球から脱出させる以外に手が無い状況です。別に放射能に汚染されなくても星の寿命は有限であって、いつかは宇宙へ飛び出さなければならない運命、やってしまった事をいつまでも後悔するよりも、未来を掴み取って(生命を存続させて)希望の灯を絶やさない事が大事、明日が必ず来るならば今日も頑張れる筈です。地球は大宇宙の聖地、人類の象徴とも言える聖地民族の血を未来に繋ごうと我々も必死で取り組んでいるのです。皆様にお願いしたい事は、他国に振り回されない事であり、インフルエンザ感染など恐るるに足りないという事です。そもそもPCR検査など受けない事であり、治療薬を飲むな、病院には行くなという事です。エチケット上のマスク着用で十分です。
 
 さて、地球コアの活動も盛んであり、先月(4月)から中央構造線上(スマトラ島から日本国を縦断し、千島列島に抜ける延べ6000kmに及ぶ火山地溝帯)の圧力が高じており、その線上に沿って群発地震が発生しています。これは昨晩の軍団調査の結果ですが、現在、米国カリフォルニア州のサンフランシスコ近郊で岩盤圧が「6.4p」と、ロサンゼルス沖合(60km沖)の海底に「7.3p」の圧力ポイントが認められており、軍団が注視している状況です。日本国では中央構造線上の茨城県と千葉県の県境付近で「7.3p」、岩手県沖合(沿岸部から120km沖)に「9.6p」の圧力ポイントが出現しております。大津波の危険性がありますね。また南太平洋ではバヌアツ諸島付近の海底で「10.7p」の圧力ポイントがあります。また、5月の半ば頃にイスラエルの原子炉(核兵器用)がメルトダウンを起こしてRAD濃度が急上昇をしており、本日それに気がついて原子炉の敷地をRAD被膜で包み込みました。現在、東京のRAD濃度は「0.64」という値を示しております。その影響を受けてドバイのRAD濃度が「4.57」と高じており、中東在住の方(派遣されている自衛隊員など)は気をつける必要があります。世界中の原発にはRAD被膜を張っておりますが、兵器用の地下原子炉にも張る必要があると考え直しました。
 
 こんな事ばかり書いておれば、我々は警察に逮捕されるかもしれませんが、西洋アンポンタン医学に洗脳された医者の言葉を鵜呑みにしてはダメ、コロナ・ウイルスなどは実在しない架空のウイルス(実際はインフルエンザ・ウイルス)、世界戦略上の産物に過ぎません。地球人口を減らしたいと考えている一連の輩が扇動している訳ですが、彼等の思惑は自分達が先に滅んでしまう結果となる事で大外れする事になるでしょう。コロナ騒動は人間の企みではなく自然界の企み、天智でも出来ないのに人智でコントロール出来る筈もありませんね。我々としては早く世界が滅んでくれる事を、つまり有象無象(救い様が無い馬鹿共)がこの世から早く消えてくれる事を望んでおります。芥川龍之介の「杜子春」ではありませんが、創造主や神様の存在を信じる者しか救われないのがこの宇宙の道理なのです。権力や財力や名誉に目を眩ませて欲望世界で生きるのか、それとも純粋に生きる事を望むのか、地球人類は大きな岐路に立たされていると言えましょう。何もかも失ってみないと本当に大事なものが見えてこないものです。
 
 人間は真に凍えないと太陽の恩恵を感じる事は無く、また真に飢えないと食べ物の有り難みを感じる事はありません。生きている事のその価値とは死なないと分からないもの、それは決して当たり前のものではないのです。あなたはこれまでの日々の暮らしが成り立たなくなる事を恐れていませんか。 つまり家庭の中や現行の社会の中で自己の存在価値を無理やり見出そうとしてはいませんか。もし家庭が崩壊し、社会が潰れてしまったら、あなたは生きる目的を見失ってしまう事になるのです。自己の境涯を宇宙大に広げれば、あなたは地球人を卒業して宇宙人に昇格するのです。空の上から地上を眺め下ろす立場になれば、あなたの小さな人生観も宇宙観も生命観も、あるいは価値観すらも変わってしまうのです。自身が執着している対象物を冷静に考えてみましょう。マイホームを綺麗に飾る事があなたの生き甲斐なのでしょうか。40年も経てば家はガダガタ、子供の成長と共に家族は離散して、あなた自身も若い姿ではおられないのです。価値を感じる対象が家という有限な物質だからです。
 
 土地や財産や金塊や宝石をどんなに溜め込んでも、それは社会がある間のみ通用するもの、世界の国々が崩壊すればお金の価値は無くなるものであり、また地球自体が終わるならば土地や財産すら無意味なものへと変じてしまいます。地球がそんな事態になるならば「死んだ方がマシだ」と考える人と、「生きられるならば何処の星でも生きてやる」と考える人の両方に分かれると思いますが、我々としては後者の断捨離(だんしゃり)が出来る方に、つまり裸の原点に戻られる方(物質に価値を見出していない方)に未来を与えてやりたいと考えております。遥かなる過去の話ですが、開闢した大宇宙に無数の素粒子(水素ガス)が誕生した時は、私は言いようも無い喜びを感じました。やがて天体の中心点に光が点灯し、惑星の原始海洋に沢山の単細胞生物が誕生してさざめき合うその姿を見た時は「やったー」という最高の充実感を感じたものです。宇宙の未来を奏でる生命の誕生、重厚なる命の価値、「どうぞ順調な進化を遂げて人間にまで成長して欲しい」と願ったものです。
 
 あれから100億年以上の時間が経過して、再び地球に降りてきたら、立派な人間には成長していたものの、人々の顔には喜びが溢れておらず、虚しい欲望を追いかけている悲しい姿が映っていました。笑っていても心底から笑っておらず、生きている事自体が苦痛な様子、なぜ子供の様に無邪気に笑わないのか、なぜ未来に希望を見出さないのか、私にはその意味がとんと分かりませんでした。生きている事自体が幸せな事であり、楽しい筈だったのです。確かに生きる事とは厳しく辛いものですが、それ以上の喜びがある筈なのです。小さな地球の中で小心翼々とした生き方には感心出来ず、また地球人になり切った哀れな姿には魅力を感じません。皆様の生命意識とは元々天体意識であって、肉体の器の大きさが本来の姿ではありません。皆様の意識の源とは我々が吹き込んだものであり、皆様は基本的に宇宙創造主の子供なのです。皆様が向かうべき(帰納すべき)場所は地球ではなく宇宙なのです。ぜひそれを悟って頂きたいと思います。
 
 ウイルスなんぞ怖がっていたら、大事な人間同士の触れ合いを無くしてしまいます。どの道死んでも死んだ事にはならない世界なれば、精一杯、一生懸命に生きる事が重要であって、各所に喜びの種を見出して、笑いのある充実した人生を送って頂きたいと思います。楽しそうにしている方は「生き生き」と映えており、美しく魅力的に感じるもの、一方、互いに憎しみ合っても一円の徳にもならず、己を醜く小さく収縮させてしまうだけの話です。人間は優しく寛容で、理性的でありたいものですね。
 
 

ヘルペスウイルスの異常活性

〈ヘルペス警報〉
 本日は7月13日(土)、このブログの記事が掲載されるのは7月20(土)を予定しております。今回は宇宙情報をお伝えしようと考えていたのですが、最近のヘルペスウイルスの活性が余りにひどい状況である事から、急遽、皆様にも連絡しておこうと思い立ちました。宇宙情報はともかく現実の生活に根ざした「役に立つ情報」の方が価値があると考えて、医学情報を優先させる事にしました。相手はヘルペスウイルス、地球人ならずとも何処の宇宙人だって、人間(生物)ならばほぼ100%感染していると言う宇宙共通の「常在ウイルス」、我々もこのウイルスには手を焼いて来た経緯があり、目下、増殖を防御する為の研究を続けている際中のウイルスの一つです。ヘルペスウイルスの多くは皮膚に水疱や発疹が現れるので、見た目にも直ぐそれと分かるのですが、アレルギー疾患やアトピー性皮膚炎と良く似ており、区別が付き難い事が発見が遅くなる理由です。皮膚に突発性の発疹が出たら、十中八九はヘルペスだと言っても過言では無い最近の状況であり、今回のウイルス情報はいわゆる一種の医学警報とも呼べるものでしょうか。
 
 そもそもウイルスとは元を正せば、原始地球の海洋の中で細胞の発生期に同時に誕生して来た物であり、RNAやDNAの切れ端が蛋白の衣を羽織って生き物化した余剰生産物(擬似生命)の事です。当然、同時に誕生した生命なのに、片方は高等生物に進化しているのに、もう片方は獲得した核酸分子が少ない故に、蛋白質の種類が作れず、進化に対応でき無いまま原始形態を維持せざるを得なかった訳です。当然、自然界の原理(優化劣化の法則)が作用して、彼等は高等生物に寄生して生きる様に成った訳です。ヘルペス系のウイルスは特に霊界生物のセキツイ動物の切れ端から出発しており、当然彼等は植物や昆虫には宿りませんが、同門の生物に対しては宿る権利を有しており、魚類や爬虫類や哺乳類や霊長類などの高等動物には幅広く寄生しています。本来はおとなしいウイルスなのですが、何かの刺激で異常増殖を始めると発病に至ることに成ります。現在、ヒト・ヘルペスウイルス(HHV)と定義されている物は地球医学では8種類ですが、人間と縁が深い他の動物ヘルペスにも良く感染する為に(例えば、鯉、鳩、牛、豚、馬など)、どれが人間専用のヘルペスなのかは正式に定まっている訳ではありません。つい先日も鯉ヘルペスに感染した患者の治療を行なったばかりであり、また逆にヒト・ヘルペスに感染したペット(犬)も治療しており、どの種が専用ウイルスだとは定まっておりません。
 
 一般にヒト・ヘルペスと言えば、「水痘・帯状疱疹ヘルペスウイルス(HHV―3)」が有名ですが、8種類のHHVの中でも、アクオン神経管やニューロン神経繊維のみに生息する種が3種類、また体の何処にでも生息する種が5種類であり、軍団がこれまでに調査した結果は地球人類のほぼ全員が最低2〜3種類のウイルスを保有している事が判明しています。無論、それは遥か昔からの話ですが、ここ10年ほど前から、潜伏ウイルスの活性が高じており、近年は発病する確率がとんでも無い数値にまで跳ね上がっているのが現状です。我々は普段「予防シルエ」でガードしている為に、大概の病原体からは守られているのですが、残念ながらヘルペスウイルスに関してはまだ増殖を抑制する手立てが考案されておらず(予防シルエに入力できていない)、我々も泣かされていると言う状況です。しかし、実際に発症した場合は医療団がウイルスを体内から除去してくれるので、一応は太刀打ちができていますが、一般の方は病院治療を受けるしか手段が無く、現代医学の技量が問われている状況です。地球の医師達はお粗末な医療道具で「よくウイルスと戦っているなー」と感心しているのですが、実際には「全く治療できない」というのが正直な所でしょうか。
 
 下記は8種類のヒト・ヘルペスウイルスに関する資料ですが、現代医学の資料では無く、人間王国の伝統資料や、銀河一般医学の資料に基づくものであり、参考になるかどうか分からないのですが、まあ惑星生物はいずこも一緒である理由から、そんなに大きな違いは無いだろうと踏んでおります。ちなみに人間王国医学ではHHVは8種類(地球医学の8種類とは違う)、プレアデス医学では11種類、ベテルギウス医学では6種類と定義されていますが、定義の仕方にもウイルス分類の違いがある様です。ちなみに単純ヘルペスであるHHV―1とHHV―2は同じウイルスの雌型(陰型=B)と雄型(陽型=A)の違いなので、分類上は1種と考えられているのが普通です。またこの様な陰陽差があるのはHHV―6にもA型とB型が存在します。本書では歴史が長い人間王国の医学文献をベースにして、統計的に個体数の多い順番から8種類のヒト・ヘルペスに付いて説明しています。この分類は地球医学の8種類のHHV分類とはウイルス種が異なっており、学名や病原体名の方を基準にして理解して頂ければと思います。
 
 
 
〈HHV分類(人間王国版)〉
 以下のヘルペス分類は人間王国の医学統計に基づくものですが、精密な生態調査の結果、今世の大宇宙人類(地球人も含む)にも適合しており、これらのウイルスは実際に人間ばかりでは無く他の動物にも保菌が確認されています。感染量の多い順番に記されており、8種類中で地球医学でも認められている同一ウイルスが5種類あって、HHV―7とHHV―8に関してはヒト・ヘルペスの範疇には含まれておらず(他動物ヘルペスと定義されている)、またHHV―1とHHV―2に関しては同じウイルスの型違いなので一つに纏められています。ヒト・ヘルペスの分類枠に新しく加わった3種類のヘルペスウイルスは、地球ではいずれも動物ヘルペスとして認められている物であって(人間も保菌している)、元々は人間から動物の方へ感染した物と考えられます。これはウイルス分類の定義上の問題であり、どの種をヒト・ヘルペスとして認めるかの違いであって、ウイルス自体は昔も今もその形態は一緒、相変わらず皆様の身体の中に潜んでいる物です。大概の人は保菌している訳ですが、普段は寝ている筈のウイルスが突然目を覚まして活動を始めるから発病に至ります。原因は定かではありませんが(多分、マクロ宇宙との戦闘が原因: ここ10年間電磁的な攻撃を常に受けている)、最近のヘルペスウイルスの活性は尋常では無い状態、少々専門的な話になりますが、我々としても医学ニュースとして特集を組まざるを得ない状況です。
 
 
   1) HHV―1型・・・単純ヘルペス(α―HV亜科・単純ウイルス属)
 宇宙で最もポピュラーな物量の多い大型霊長類専用のウイルス。他の動物には殆ど生息が確認できない。人類(ヒト化猿)の保菌率は100%、神経ウイルスの一種でA型とB型の二種類の株がある。地球ではA型株をHHV―1と定義し、B型株をHHV―2と定義している。優勢株はA型の方で繁殖力も活動力も旺盛。ウイルス直径は100〜150nmに至る中庸サイズであり、主に神経組織に潜伏しているが(他の臓器にも感染する)、一定量を超えると潜伏先の病巣から出て皮膚にウイルス・コロニー(繁殖基地: 発疹)を造って、そこから身体の外部へと進出して行く。A型株は主に体の上半身側(頭部: 口内や口唇や角膜)に、またB型株は主に下半身側(陰部)に水疱を伴う発疹を形成する。主な潜伏先は脊髄神経節や三叉神経節や仙髄神経節などのアクオン電線の内部、時にA型はヘルペス脳炎も引き起こす。ウイルスを退治しても、皮膚にはヘルペス瘭疽(ひょうそ)が、また神経にはウイルス痕(傷跡)が残る。帯状疱疹とは異なるポツポツ型の皮膚発疹が活動のサイン、ウイルスの沈静化に成功しても完全駆除は不能(再発)、多くは皮膚や神経の後遺症(痛み)に苦しむ。
 
 細胞には遺伝子である「細胞ヒール」がそれぞれ存在するが、ウイルスにも「ウイルス・ヒール」なる物が存在しており、これらは原始海洋の中で水磁場の誘導で細胞膜が形成された時分に、最初に核酸の長さ調節が行われて、核酸の余剰の切れ端が細胞外へと放出された。これがウイルス発祥の秘話であるが、この分離の際にヒールも分割されて放出されており、このヒール分派(分割)が後々大きな問題と成ってくる。その細胞と放出されたウイルスの関係とは同族ヒールを有する兄弟だからである。仮にその細胞の派生群が霊長類まで進化する能力を有していたとすると、かたや放出されたウイルスの派生群とは、同族ヒールを有する兄弟関係に在って、細胞ヒールはウイルス・ヒールを自己の身体に宿らせて、元の一つの形状に戻ろうとするのである。というより、同族ヒールを持つウイルスは同族細胞に宿る権利が有って、また同族細胞は彼等の面倒を見る義務が有るのである。従って、人間にだけしか宿らない専用ウイルスとか、霊長類だけに宿るウイルスとか、哺乳類専用のウイルスとか、ウイルスと宿主細胞の関係には少なからず因縁の筋書きが存在しており、それに基づく特異性が認められる。しかし、同族系のウイルスも居るが、異族系の敵方グループのウイルスも存在しており、事情は些か複雑である。ちなみにHHV―1は同族ヒール(同族遺伝子)の共生系のウイルスである。
 
 
   2) HHV―2型・・・EBウイルス(γ―HV亜科・リンフォクリプトウイルス属)
 人間(ヒト化猿)を宿主とするヒト専用の神経ウイルスで他の霊長類や動物には原則的に生息していない。人間王国ではヒトJPウイルスと呼ばれていた。地球では発見者の名前から「エプスタイン・バール・ウイルス」と呼ばれる(1966年発見)。大宇宙人類のみならず六員結晶宇宙の全ての人類が保有している最も身近にいる同族ヒールの脳ウイルス。人間は誰でも100%保菌している。非常におとなしいウイルスで普段は主に脳細胞内で寝ている。ウイルス直径は120〜180nmの中庸サイズ、この寝た子を起こして活動させると大変厄介な事態となる。ヘルペスとは思い難き皮膚発疹を形成しない唯一のヘルペスウイルス。単純ヘルペスもEBヘルペスもウィルス外被(エンベロープ)やカプシドを包む核膜に、人体細胞の表皮膜成分と同質の皮膜を被っている為に免疫軍が一切攻撃できない。免疫側から見れば、まるで人体の構成物の一つの様に見える。最も除去が難しいと言われるウイルスであり、このウイルスの増殖活性によって生じる主な病気は四つ、一つはパーキンソン系の運動障害、もう一つは認知障害、もう一つは空間認知障害(メニエール病)、もう一つは知覚障害(不思議の国のアリス症候群)である。EBウイルスにもA、Bの型があって、A型EBウイルスの方が活性力に富んでいる。
 
 EBウイルスに関して、地球医学では腫瘍形成に関わる腫瘍(癌)ウイルスであるとか、または自己免疫疾患病(全身性エリトマトーデスや慢性関節リュウマチや多発性硬化症やバセドウ病)のトリガーとなる悪玉ウイルスであるとか、あるいは炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)の原因ウイルスであると睨んで研究を続けているが、王国医学にも銀河医学にもその様な事例は無いし、また我々の創造主医学でもEBウイルスが免疫系に作用する事実は確認されていない。これらの病気はそれぞれ別の原因で起こっており、霊体憑依に原因を発する慢性関節リュウマチ(磁化病)以外は、我々はこれらの病気の大概を治しているが、どの病気もEBウイルスとは全く無関係である。何でもカンでもウイルスに原因を結び付けたがるのは、核酸を遺伝子だと盲信している「DNA信奉者の病理学者達」であり、彼等のたわ言に過ぎないと思われる。そもそもEBウイルスは脳血管や血液中には存在しないし、神経管やニューロン繊維の中にも潜伏せず、主に大脳細胞や小脳細胞や脳幹や脊髄や蝸牛や視床内部で生息している脳ウイルス、そんなウイルスを実験室で無理やり免疫細胞に感染させて異常を調べるなど「愚の骨頂」、その様な不自然な研究で一体何が分かるのだろうか。ちなみに腸の「粘膜整調ホルモン」の欠乏で起こる潰瘍性大腸炎やクローン病だが、脳ウイルスのEBウイルスが一体どうやって腸に作用できるのだろう。
 
 
   3) HHV―3型・・・ウサギヘルペス4型(α―HV亜科・単純ウイルス属)
 人間を宿主とする神経ウイルスの一種であるが、哺乳類以上の生物(霊長類を含む)の専用ウイルスであって、植物や昆虫類は勿論のこと鳥類や爬虫類や魚類にも原則として感染はしない。比較的大型のウイルスであり体長は150〜200nmにも及ぶ。人間の保有率が約70%にも至る事から、人間を介して他の哺乳類へ広がったと解釈できる。その証拠に野生のウサギには見られないが、ペットショップのウサギや犬や猫にはこのウイルスの存在が確認できる。神経には電流が流れているが、ヘルペスウイルスは電気が好きなのか、アクオン電線を住処にするものが多い。このウイルスはHHV―1の単純ヘルペスと酷似した病状を呈するが、発疹の発生場所に関する特徴は体の裏側では無く表側(胸や腹)に発疹が集中すると言った特異性である。当然、A、Bの二種類の型式が在って、A型の方が強い作用力を呈する。最近はペットブームなのでペットから感染するケースも多い。主に胸部や腹部の神経節に巣食うウイルスであり、神経管内に形成されたウイルス痕(傷跡)が異形の電気パルスを発生させて、後々疼痛を引き起こす。このウイルスは共生系の同族ヒールを備えた比較的おとなしいウイルスである。
 
 
   4) HHV―4型・・・サイトメガロウイルス(β―HV亜科・サイトメガロ属)
サイトメガロ属のウイルスは霊長類全体(小型霊長類も含む)を宿主とする専用ウイルスであり、他の生物の体内では繁殖できない。全種の猿をターゲットにしたウイルスであるが、ヒールが同族同士の兄弟関係(共生系)では無く、もともと異族の適対関係に在って、霊長類を標的とした一群の攻撃系の病原体ウイルスである。サイトメガロ属の中でもヒト・サイトメガロウイルス(HCMV)は人間だけをターゲットにして進化して来た危険なウイルスであり、同じ人間専用のEBウイルスとは似ても似つかない攻撃性の高いウイルスである。ヘルペスウイルスの中では最大級のウイルスであり、直径が300nmにも達する。このウイルスは外毒素も内毒素(発信器)も有しており、ウイルス性サイトカインを生産する能力を有している。また、成人の60%以上はこのウイルスに対する免疫抗体を有するが、それは反対に約40%の保菌者(キャリア)がいることを意味している。ちなみに、このウイルスのサイトカイン発信器は耐熱性の極めて頑丈な構造を呈しており、幼少期に感染してウイルス自体は消滅しても、発信器だけが体内に居残って不認可サイトカインを延々と生産し続ける。
 
 サイトメガロウイルスの外毒素は体の抵抗力を弱める性質のもので、結核菌毒に近い脂質系の発熱毒素であり、特に免疫系の細胞群を疲弊させる。また内毒素である発信器が生産を強要する不認可サイトカインとは「キラーT細胞」の事であり、これは本来外敵の侵入者を攻撃する免疫細胞であるが、発信器に誘導された「不認可キラーT細胞」は、何と敵では無く、味方である人体の組織細胞を襲って様々な病気(肝炎や腸炎)を引き起こす。当然、健全なキラーT細胞が生産されない為に、免疫力が落ちて他の病原体の増殖を助長する事になる(oncomodulation)。また大量に生産され続ける不認可キラーT細胞は「皮膚T細胞性リンパ腫」などを形成する。地球医学はHCMVが放つ外毒素やサイトカイン発信器の存在に気づいておらず、HCMVキャリアが示す特異的な症状について説明する事ができない。このウイルスの本当の恐ろしさは、この毒素と発信器にある。ちなみに前立腺癌や乳癌とも関係があると語られているが、癌発生とウイルスは基本的に無関係である。我々の治療法はウイルス本体の除去は勿論の事、放出された毒素の除去と、バラ撒かれたサイトカイン発信器の除去が最優先、それから大量に生産された「不認可サイトカイン(この場合はキラーT細胞)」を片付けて一段落を得るが、無論それらの除去行程が終了してから、やっと破壊された組織の再生作業に入る。ここまでやらないと治療した事にはならないからである。
 
 
   5) HHV―5型・・・水痘・帯状疱疹ヘルペス(α―HV亜科・バリセロ属)
 バリセロウイルス属は哺乳類以上の生物(霊長類を含む)を対象とした専用ウイルスであるが、残念ながら「ウサギ・ヘルペス(HHV―3)」とは異なり共生系の同族ヒールでは無く、攻撃系の異族ヒールであって敵方のウイルスである。運動神経(随意神経)のアクオン電線内部だけに蔓延るウイルスで、神経沿いに水痘を伴う帯状の疱疹を発症させるのが特徴である。保菌率は約35%、3人に1人はこのウイルスのキャリアである。人間の体力や体の抵抗力が失われると、にわかに活性化して皮膚に症状が現れるが、発病前に感じる神経のサワサワ感が特徴であり、また発疹が出現した場合は激しい痛みに襲われる。このウイルスはヘルペス目としては中堅サイズで、その体長は70〜120nmに至る。外毒素並びに内毒素は共に保有しておらず、普段は神経管内部に潜伏生息していて、増殖の目的の為に神経管を破って周辺細胞に進出し、皮膚にコロニーを造って人体外への脱出を試みる。このウイルスの最大の特徴はアクオン神経電線の中の「水六員環分子磁束(水電流)」という特殊な電流環境下で息づいている事である。ちなみに、人体の運動神経の本管はウイルスに食い破られた神経管の傷口を自動補修する能力を備えているが、顔面の三叉神経などの枝系神経には補修機能が無い事から、神経疼痛を緩和させる為に患者のウイルス痕を補修してあげる必要がある。
 
 そもそも自力運動もままならない単なる病原体物質に過ぎないウイルスが、まるで生き物の如き振る舞いが出来る事に、疑問を感じなければならないのだが、残念ながら地球人の科学者達にはそれを解明しようとする意欲が無い。「そんなものだ」と現象を額面通りに受け止めて、生命の根幹を深く追求しようとはしない。そんな姿勢では何百年間研究を続けようとも、生命の謎解きの前に横たわる絶対壁を打ち破って真理を得る事は決して出来ない。生物を生物たらしめる本源とは「遺伝子のヒール」なのである。ヒールは目に見えない力学系の存在物(バイゾン集合体)であるが、この存在に気づかないと医学は始まらない。昆虫や植物や微生物や細菌類やウイルスを動かしている生命当体とは「地球ヒール(全体意識)」なのである。そのヒールの全体支配を断ち切って、個の意識を意図的に芽生えさせたのが霊界生物(セキツイ動物)に他ならない。生体環境外の天然の細菌類やウイルスにはヒールの地上分子が宿っており、彼等は地球ヒールの意思を具現する自然界生物なのである。それに対して、セキツイ動物の体細胞は位相の個人意識を具現する霊界生物であり、個々の体魂(オーラ球体)がヒールを直接支配していて、惑星ヒールの支配を遮断している。だが、霊界生物の体も所詮は地球ヒールの借り物、意識をしっかり保っていないと、ヒールの原始本能に負けてしまう。創造主が自然界に対して霊界を創った本意は個の涌現と個の成長にある。
 
 
   6) HHV―6型・・・ロゼオロウイルス(β―HV亜科・ロゼオロ属)
 ロゼオロ属は基本的に人間だけを標的にしたウイルスであり、他の霊長類や動物には感染しない人間専用のウイルスである。その点ではEBウイルスと一緒だが、共生系の同族ヒール(同族遺伝子)では無く、残念ながら敵方の異族ヒールを有した一派である。人間専用のウイルスである事から、幼少時に感染して既に抗体を備えている人が多く約80%の者がこのウイルスに対する抵抗力を持っているが、約20%の方が感染しており(5人に1人)、保菌者(ウイルス・キャリア)と成っている。ウイルスの粒子直径は150〜200nmで比較的大型であり、正二十面体のカプシドを有している。ヒト・ロゼオロヘルペスウイルスには二つの種類があって、突発性発疹を生じせしめる方が陽のA型株、脳炎を引き起こす方が陰のB型株である(地球医学とは逆なので注意)。また亜属が存在し、地球医学で言う所のHHV―7も存在するが、人間王国ではこれらを纏めてHHV―6に集約している。このウイルスには外毒素も内毒素も無く、身体の何処にでも寄生して条件が整うと一斉稼働を始める。このウイルスは幼児期に感染して熱を出す為に「知恵熱ウイルス」とも呼ばれている。
 
 これはヘルペス系ウイルスに共通している事であるが、人体に最初に侵入したウイルスはエンベロープ外被を纏ったままの原形体だが、細胞内に誕生した二世ウイルスは宿主由来の細胞膜外被をエンベロープの上に纏って、生体物質の一員を装って静かにしている。同族ヒールのウイルスは免疫系からは殆ど攻撃を受けないが、異族ヒールのウイルスはヒールの色を外被で包み込んで隠さないと、直ぐに敵であると認知されてしまうのである。一般に地球の医学者達はDNAの領域コードを読み取って、それがウイルス感染の謎を解く「鍵」であると信じて日夜解読の研究を続けている。一見、物凄い綿密な研究をしている様に見えるが、DNA発見以来70年間が過ぎ去ったが、いくら遺伝学を駆使しても、未だに何一つとして謎が解けておらず、また遺伝病一つ治した実例が無い。なぜならばDNAとは蛋白質の鋳造生産装置に過ぎず、元々それは遺伝子では無いからである。例えばHHV―6のA型ウイルスがなぜ体細胞の被膜を破って細胞内に侵入出来るのかと言う問題に関して、細胞ヒールに対してある力学信号(開けゴマ信号)を送信すると、それをキャッチしたヒールが細胞膜に指令を送って、脂質構造をバラして侵入口を作り出すと言うシステムで細胞は動いているのである。そうした信号の基本的なやり取りを互いに読み合って、擬似信号を発したり、その予防対策を講じたり、細胞とウイルスは色々な駆け引きの演じ合いをしているのである。遺伝子学も免疫学も似非学問の典型であり、研究する事自体がナンセンス、そんな物質研究から得られる物は何も無い。
 
 
   7) HHV―7型・・・スクータヘルペス(α―HV亜科・スクータ属)
このウイルスは魚類以外、つまり爬虫類以上の動物に幅広く寄生するウイルスであり、当然人間にも保菌者が居る。人間も保菌している事から、ヒト・ヘルペスウイルスの範疇に加えているが、保菌率も2%以下なので、ベテルギウス医学ではヒト・ヘルペスの範疇には入れていない。体長は70〜120nmという比較的小型のウイルスで、主に頭皮に発疹が出来るのが特徴である。地上の動物に取って、このウイルスは異族ヒールを備えた敵方で、地球医学では「ウミガメ・ヘルペスウイルス」と呼ばれているウイルス種である。
 
 
   8) HHV―8型・・・コイ・ヘルペス(アロHV科)
 このウイルスは魚類以上の全ての霊界動物に幅広く寄生するウイルスであり、滅多に居ないが人間の中にも保菌者が居る。一応はヒト・ヘルペスウイルスの範疇には入るが、保菌率も1%以下なので、やはりベテルギウス医学ではヒト・ヘルペスとは認めていない。体長は非常に小さく35〜85nmという最小クラスのヘルペスウイルスであり、頭頂からつま先まで全身に発疹が出るのが特徴で強烈な症状を呈する(時に死に至る)。このウイルスも全セキツイ動物を敵に回した攻撃系の異族ヒールを有するウイルスである。地球医学では「コイ・ヘルペスウイルス」と呼ばれているウイルス種である。
 
 
 さて、以上が王国伝統のヒト・ヘルペス分類に関する説明ですが、最近はあらゆるヘルペスウイルスが活性している状況下であって、まあ活性化しているのはヘルペスウイルスだけの話ではありませんが、おとなしい筈の同族ヒールのウイルスまで暴れ出す始末、まさに手が付けられない状況だと言っても構わない事態でしょうか。「誰でも100%保菌しており、しかも一体何種類のヘルペスに感染しているのかも分からない」状況が、皆様が今現在、置かれている立場です。とても涼しい顔では居られないので、我が方としても警鐘を鳴らした次第です。我々も、ヘルペスウイルスに関しては目下は研究中の段階であり、僅かにサイトメガロ・ウイルスの外毒素の中和技術と、内毒素(サイトカイン発信器)の機能停止技術を「予防シルエ」に入力できているだけです。ウイルス駆除作業を行っても、直ぐまた再感染をしてしまう理由から徒労に近い状況ですが、それでも発病してしまった場合はやはり駆除しなければならず、細胞発生時に於ける大昔の因縁物(ウイルスの事)の処理作業には誠に苦労しております。