陰陽論

はじめに

陰陽論って何?

 

 陰陽論とは、我々の生きるこの宇宙全体における唯一絶対の法則のことです。陰陽哲理とも言います。唯一絶対の法則ですから当然、宇宙に存在する我々の地球も、そしてそこに生きる人間も生物も物質もみなこの法則に従って存在することになります。
陰陽論の基本的な概念は全ての物質も生物も現象も、陰と陽という二つの異なる存在によって成り立っているという考えから始まります。従って万物万象はこの法則に基づいた成り立ちや振る舞い、現象を現すことになります。また、逆の言い方をすればこの法則に従わない物質、生命、現象はこの宇宙には存在しません。

 そして、これらの陰と陽が合体した状態こそが目に見える実体を有しており、それらはいずれ姿を失っていくという、この世の流れそのものを解析していくことができます。
また、陰陽論を学んでいく課程において、心とは何か? 生命とは何か?といった現代科学では明確となっていない事柄についてもお話していきます。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です