オリオン牧場の似非科学の実態(1) 石油はどうして生れた?

<石油はどうして生まれた?> 
 
 石油の起源を正確に知る者は多分いないと思いますが、しかし地球磁場圏には原始時代からの映像記録が磁場に焼き付いており、お馬鹿な科学者の想像仮説よりも過去の映像を見て解析した方がよっぽど確かであり、ずっと信頼がおけます。地球には未来の記憶はありませんが、過去の事なら何でも記録が残っていると言う話であり(磁場記憶)、地球人が捏造した科学仮説(オリオン介入)は一旦脳裏から捨て去った方が良いと思われます。私は映像を見ながら解説している訳ですから、地球人の推測よりは少しはまともかなと思っております。ところで、我が国の古事記の中の一節(創世編: 特別な五柱の天津神の項目)の中に「次に国稚く浮ける脂の如く、海月なす漂えるとき、葦牙の如く萌え騰る物によりて、成りし神の名は宇摩志阿斯訶備比古遲神、次に天之常立神。この二柱の神もまた独神と成りて、身を隠したる」という文章の一節が出て来ます。この後に伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)が海を天の沼矛(あめのぬぼこ)で突いてオノゴロ島を造るという情景が説明されています。さて、原始地球の様を表現した古事記の創世伝は意外と真意を有りのままを伝えており、素直に受け取れば良いんだと感じた次第です。生物が出来る以前の大昔、神様など誕生する以前の神話で在って、古事記に登場して来る神とは生命の意味だと捉えると分かり易いかも知れません。
 
 「地球の原始海洋の表層面には大量の有機物(脂)の塊が漂い、そこから生物の源と成り得る無数の有機分子(宇摩志阿斯訶備比古遲神)が誕生し、やがてそれらは天(地球)の化身である細胞群(天之常立神)へと成長して来た(身を隠した)。何も見えない大海原に地球第一磁界(コアのこと: イザナギ尊)と地球第二磁界(地表のこと: イザナミ尊)が共同作業で海の底から陸地を誕生させた」私には古事記がその様に物語っていると感じられるのですが、あなたはその文意をどう受け止めたのでしょうか。創世編を除くと嘘の多い古事記の文献など、所詮どうでも良い話ですが、科学的には「まんざらでもないぜ」という事でしょうか。コアが熟成したばかりの原始地球は現在の月よりも体積が小さく、満々たる水を讃えた陸一つ見えない「小さな水の惑星」でした。アンモニアやメタンからなる原始大気の成分が海に吸収されて行くと、大気が透き通る事は勿論、海洋表面には大量の有機物の塊が形成されていました。それらが太陽の陽光を受け止めて、左旋光性有機物(L系=陽)と右旋光性有機物(D系=陰)の二種類に大きく分かれて行きます。これらの二種類の物質はL系の化合物のみが生命の素材となり、その多くの物(原始核酸分子、原始アミノ酸、原始糖類など)は海中に溶け込んで行きました。それに対して難溶のD系分子は徐々に沈殿を起して海底に積もって行きます(石油の起源)。
 
 生物体を構成する全ての有機分子が基本的にL系分子である事実を鑑みれば、また有機物の合成の際にはD系分子とL系分子がまるで男女の比率の様に均等に(五割五割に)誕生して来る事を考えれば(混合体: ラセミ体)、L系のみが生物体の素材として使われ、またD系はただの有機物材料として居残るものだと常識的に考えられます。皆様も承知の様に、石油は砂漠の様な低い土地や、海底の中からしか産出して来ません。アルプスの山麓から石炭の産出は有りえても、石油の産出は有りえませんね。これは一体どういう意味なのでしょうか。実はこれが星のコア(重列元素)の成長と関係が在って、地球は小さな水の惑星から始まり、コアの膨張と共に体積を増して海が段々浅く成り、海底火山の山頂が陸として突き出て来たのです。つまり海の底から陸が浮かび上がって現れて来た訳です(図参照)。古事記には海洋を抱く地球第二磁界と地底の地球第一磁界の共同作業で陸地(島)が形成されたと書かれており、それに相違はありません。その昔、D系の有機分子だけが海底に降り積もり、それらが圧力を被って重合体分子へと変成したものが石油なのです(海底のメタンハイドレードや天然ガスもその一種)。

                                                        

                              (コア成長の段階図)
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 宇宙空間の重水素ガスが重力によって圧縮配列した物が「デュートロン重列体(重列元素=コア)」であり、その核崩壊によって100種の元素が誕生し、その崩壊熱でマントルが燃えている訳です。またコアが段階的に膨張し大きく成って来たから、最初に形成された地殻(ゴンドワナ)がひび割れて大陸が移動した様に見えるだけの話であって、地球の科学者達にはなぜかコアの膨張という概念が欠如しています。無論コアを膨張させる内部圧力が地震の根本原因である事もです。コア(重列元素)は磁性を放出して「地磁気圏」を形成していますが、それを地球磁場圏(渦磁場)と混同している所が終わっていますね。混同しているから地軸が反転すると騒いでいるのだと思われます。コアは地球スピンとは同調せず独自に回転しており、時にはNSが逆転する場合もありますが、それはコア磁性のNS逆転であって、渦磁場そのもののNS逆転(地軸逆転)とは無関係な話なのです。コアの磁性を知った科学者が「コアの主成分は鉄だ(磁性を持つから)」と主張しており、その余りの馬鹿さ加減には笑いも出て来ません。
 
 真実を隠そうとして宇宙人が嘘吹いてるならともかく、洗脳され頭から信用している先生達の顔を見る度に苛立ち、また「そーなんだ」と微塵も疑わずに納得している学生達の阿呆面がまた腹立たしいと、地球人では無いこの私は特にそう感じるのであります。ただ知識を覚えているだけで、自分の頭を使って判断していない、それがチト情けないですね。宇宙創成紀の置き土産である重水素ガスを求めて、その昔はプレアデスが(重水素化ゲルマニウム合成の為)、近年ではベテルギウスが(D-tube合成の為)、原始星雲に出向いて盛んに重水素工場を建築していましたが、現在の地球人がその価値に気づく事は無いかも知りませんね。重水素ガス(デュートリウム)や三重水素ガス(トリチウム)と言えば「水爆」の原料とされていますが、はて何処の国なのか知りませんが、現実には有り得ない架空の爆弾である水爆を装って、一度に原子爆弾を三個も爆発させた間抜けた国もある様です。どこを見てもお馬鹿のオンパレード、付き合い切れませんな。ブヒン!!
 
 
次回に続く