陰陽派生(4)

 ところで、寡頭競争をもたらす自然法の成り立ち構造を解析して見ると、とどの詰まりは陰陽論の因果法則に突き当たり、宇宙は必ずしも宇宙人類に対して、安定生活をして生命を満喫(謳歌)して貰う為に創造したのでは無く、たった一つの目的の為に、つまり、宇宙の本懐を適えるたった一人の人間を生み出す為に、試練の道程を与えているに過ぎない事が良く分かります。食物連鎖のピラミッド構造そのものが、宇宙の本来の姿であって、頂点を目指す意欲が無く、安易に安楽を貪る様なハッピーな人間達は、実相世界でもまた心の世界でも淘汰されて行くという、まことに厳しい世界なのです。

だからといって、戦争に身をやつせという話ではなく、戦う相手は人間や国家では非ず、自然(宇宙)そのものに他ならなく、それは未来へ通じる道を切り開く為の「知能の戦い」であって、人類に与えられた生存を勝ち取る為の宿命的な戦いなのです。その様な意味では、自然の成り行きに任せる農耕民族の血を受け継ぐ東洋人には「自滅」が待ち受けており、自然との戦いよりも国家の生存争いに堕する狩猟民族の血を受け継ぐ西欧人には「破滅」が待ち受けていて、このまま進めば人類は未来を切り開く戦いに敗れる事は明白です。

 さて、一つの人間種(ホモ・サピエンス)の中の「民族派生」も生物進化と同様な「系列発生」であり、学問的には「分派形式」に該当するもので、双子発生の様な激しい優化劣化は起こらずとも、序列差が存在し、その陰陽差はあらかじめ定められており、その優劣は既に決定されています。無論、陽民族だからといって、必ずしも生存出来るとは限りませんが、未来を切り開く為の充分な能力資質を備えている事は勿論、陽民族特有の攻撃の気性や進取の気質に富んでいるのがその特徴と言えます。そして、何よりもその民族が地球の他の如何なる民族よりも新しい民族であって、一番最後に分派した民族であるというのがその証明となります。

 極東の、日(ひ)出(い)ずる国に住むその “日の出” 民族が、一体いつ自己の本分に目覚めるのか分かりませんが、民族全体というよりも、その民族に誕生する特別な人間達の一派が地球人類の未来を奏でると言った方が適切かも知れません。その民族には元々優れた固有の生命哲学があり、極めて精巧な言語を備え、更にそこは世界で最も優秀な二つの哲学(仏法哲学と陰陽哲学)の最終到達地点でもあって、宇宙レベルの哲学がこの地で開花するという「約束事」があり、その宇宙哲学が未来をもたらす直接の原動力になるのです。ユダヤ教の黙示録に登場する予言書や、あるいは中世や近代の予言者が極東の小さな島国に対する予言を述べている様に、この国(民族)には人類の命運を握る何かが存在するのです。それが我々が提唱する「宇宙哲理 生命論」である事は言うまでも無いでしょう。

 世界を救う筈の民族が、殺戮と破壊を周辺の国家にもたらした訳ですから、その天罰(原爆)は当然な話であり、そのお蔭で平和憲法を樹立する事が出来たのです。敗戦経験と原爆被爆という苦渋をなめたのですから、それを若気の過ちとして受け止めて、今度は大人の国家としての行動を取らねばなりません。そして何よりこの国、この民族の特徴を生かす事が重要であり、その卓越した技術能力を国の財産として守る必要があって、頭脳の国外流出を防ぐ事が一番大切な事かと思われます。また先輩国家、先輩民族である西欧国家に対して、いつまでもその傘下で庇護を当てにしているのではなく、彼等に対して堂々と持論を主張し、対等に渡り合わなければ、いつまで経っても自立国家として認めて貰えません。

 陽の国家(民族)が生み出した「陽の魂」を他国に流出させる事は、それを受け入れた国に陽の覇権が譲渡されると言う意味であり、一体何の為に民族と国家が存在して来たのか、その存在意味を問われる事になります。その様な事態になる事を一番恐れていますが、我が祖国を単なる「生命論」を生んだだけの国にはしたくありませんが、国家としての陽の存在はこの国では無い事を考えれば、生命論を受け入れる国はその母国では無く、他にある事になります。まあ同じ種族の兄弟民族ですからどこだって構いませんが、それが人類の命運を握るものであれば尚更、つまりそれが陽(本物)である証明は一番最後に現れると言う事であり、受け入れる国もたった一箇所という狭き門で、そこに到着するまでは、すなわち機が熟すまでは何事も進まず、また何事も起こせないのだと諦めています。

 それよりも、「宇宙哲理 生命論」を背負った私がなぜ今まで国外に出ず、受け入れ不能なこの国に留まっていたのか、その理由の方が重要な事かも知れません。それを誰かに譲渡すべく、つまり受け入れてくれる正統な人間の出現を待っていたのであり、「宇宙哲理 生命論」は預かりものに過ぎなく、手渡すべき主人公達を待っていたというのが正直なところです。そして、今現在の我々は、我々を受け入れてくれる正統な国の出現を待つ身であり、その国が一体どこに在るのか、母国なのか他国なのか、未だに分からない状態が続いています。無論、それ以前の問題として、「宇宙哲理 生命論」が存在する事実を世に知らせていないという理由もありますが、それが単なる原理論ではなく、応用技術論があるという事が簡単に公開出来ない理由になっています。原理論と応用論はセットのものであり、科学技術だけを渡す訳には行きません。

陰陽派生(3)

 ところで、ビッグ・バン膨張の放射気流は大きなベクトル渦と小さな拡散渦を誕生させますが、その気流線そのものが真空の空間に拡散する際には、極小の拡散渦が大量発生します。これは強制拡散では無く自然拡散ですから、ベクトル渦や乱流渦の発生は無く、極めて一様で均等なサイズの拡散渦が誕生して来ます。当然、「分派形式」では無く、「分割形式」で発生しますから、均等に右巻き渦と左巻き渦が誕生して来る事になり、その激しい優劣差はミクロの世界でもちゃんと作用している事になります。左右が異なるこれらの双子渦は、生存する為に合体を余儀なくされ、陰陽合体して一つの物質となります。当然、それらの双子渦の腹の中には、この渦世界の主人公である二種の子渦(電子流)が誕生しており、後世の物質社会の主役を奏でます。

 一方、個々の銀河渦を分析すると、巨大ベクトル渦と比較すれば、それが角運動半径が小さい馬力のある強制渦であり、子渦(小銀河流)を生み出すばかりでなく、そのメインは渦巻きの渦線に沿ってランダムに発生する「乱流渦」の生産であり、サイズはまちまちですが、大量の太陽渦を発生させます。乱流発生は基本的に「分派形式」であり、一体どこの太陽系が長男なのか全く分かりませんが、銀河系内の太陽系は皆兄弟である事に変わりは有りません。また、銀河系の子渦である「小銀河渦」に関しては、銀河系の系内もしくは直ぐ外部に存在するチビ銀河で、独自の回転系を備えた星雲と呼ばれているものであり、外部ではマゼラン星雲、内部では百に近い数の星雲が存在します。これらは乱流渦ではなく、銀河の渦線が生み出すベクトル渦の一種です。

 渦の発生形式は主に二つ、一つは直進気流が生み出す左右の「ベクトル渦」、もう一つは回転気流が生み出す「乱流渦」であり、後者は双子発生(分割形式)では無く、分派形式を取るのが特徴です。爆発的に瞬間発生する「拡散渦」は、基本的にはベクトル渦の範疇であり、渦のサイズが一様であるのが特徴です。「分割方式」には激しい優劣差が誕生し、雄型と雌型という格差が生じて、陰陽合体して一つになる運命が待ち受けています。無論、「分派方式」にも前者ほど激しくは無いものの、優劣差(序列差)がちゃんとあって、最初に誕生するのが陰、後から誕生するのが陽と定められています。

 さて、渦を総括しますと、巨大ベクトル渦と銀河渦と核子渦という、たった三種類に分類出来ますが、もう少し具体的に分類すると、一番大きい巨大ベクトル渦(小宇宙流)とその子渦(銀河団流)と、そして一番小さい核子渦とその子渦(電子流)という四種の存在はハッキリしていますが、その真ん中の中間サイズである銀河渦が多様に分かれている為に、難しい分類になります。当論では銀河系渦を五段階に分けて、合計で九種の渦系に大別しており、九次元磁界をメインとしていますが、これは上界の啓示のままの要約分類であり、本来は銀河の星雲磁界も入れて十種にしたい所ですが、すぐに回転が止まって、大して存在意味が無い事を考えれば、やっぱり九種の分類でも構わないのかと思い直したりもしています。数理概念と一致させる為には、それが九種である必要があるのです。

 自然界は一見、多種多様な側面を見せて、乱雑で無法な「カオスの世界」にも見えますが、そこには自然を支配する「自然法」が存在し、それなりの調和と秩序の下にある事は長い歴史を通じて人類が学んで来た事です。その様な自然法は人間生活にも見出されて、「道理法」と呼ばれて来ましたが、煩雑多様な現代国家社会では、人間の意思や宗教の意思を反映した「法律(人間法)」が主流を占めており、自然界から学んだ道理法とはえらく掛け離れたものになっています。人間そのものは今も昔もちっとも変わりませんが、昔の時代には存在しない電化製品や銃器や車が登場して来た訳ですから、それを規制する為の細やかな「法律」を作る必要があり、安定社会を築く為には、野放しには出来ないというのが、その理由です。

 野生動物の世界の様に、在るがままに放っておけば、自然法が作用してそれなりに安定する事は分かっていると思いますが、強者に脅えて暮らす野蛮な原始社会から抜け出した人類が、そんな熟睡すら出来ない過酷な生存競争の世界に今更戻れる筈もありません。自己を外敵から庇護してくれる国家と言う保護膜があるから人間らしい生き方が出来る訳であり、その様な意味では国家とは一つの磁場単位と考えられますが、その生活圏から一旦外の世界に出れば、その安全保障の糸が切れてしまう事になります。

 国家という単位は、一つの細胞単位あるいは一つの磁場単位であり、外界とは隔離された固有の内部社会を構成しているものであって、過酷な外環境から内環境を守護する為の「保護膜」に包まれたものです。当然それは一つの生命単位であって、自然法の効力はその内部まで浸透する事は難しくても、今度は国家単位に作用を及ぼし、そこに寡頭競争をもたらして、強者と弱者を明確に分離しようとして来ます。そうした国家間の覇権争いは国家が誕生した直後から発生しており、人類は何とも血生臭い国家間戦争の歴史を持っており、その争いが今現在でも続いている事は承知の通りです。

 しかし、宇宙という本格的な外世界に目をやれば、地球は「地球磁場圏」という保護膜に包まれた一つの安定社会であり、そこには生存に必要な物理環境もあれば、空気や水もあって、また食料となる有機物も、あるいは社会生活に必要な資源も、ふんだんに用意された極めて恵まれた環境である事を認識出来ると思います。つまり地球そのものが一つの細胞単位であって、我々は細胞内生物(酵素)である訳です。その様な「地球一国」という巨大単位を個々の人間が正しく意識しなければ、いつまで経っても内部抗争(国家間争い)に終止符を打つ事が出来ません。

 

次回へ続く

陰陽派生(2)

 我々の提唱する宇宙哲学とは、いわゆる「気の運動」と、その運動から生まれる「力の場」を説いたもので、原始宇宙のビッグ・バン膨張が生み出す巨大空間渦の「生命模様」を明らかにしたものです。物理的な表現を使えば、気の存在仮定と、その拡散膨張が生み出す渦運動、その角運動が形成する「磁場」、そしてその磁場が織り成す「生命運動」について語ったものです。この新しい「宇宙観」が未来科学の根幹思想となります。

 ビッグ・バン膨張が生み出す空間渦は、複数の巨大ベクトル渦(小宇宙流)と、無数の小さな拡散渦(銀河流)であり、基本的にはこの二種類です。また吹き出した直進気流そのものが真空の宇宙空間に自由拡散する時に誕生して来るのが、無量大数の一律一様なミクロの拡散渦であり、それが陽子と中性子であり、星間ガス(重水素ガス)の成分となります。巨大ベクトル渦は、その腹の中に複数の子渦(銀河団流)を発生させますが、親渦も子渦も周囲に砂粒の如く大量発生した「銀河系渦」を集めるのが基本的なその仕事です。

 また、その一つ一つのチビ銀河系は、その腹の中に大量の子渦(太陽流)を生産しますが、親渦も子渦も定められた仕事は一緒であり、基本的には周囲に発生した霧状のガス分子を吸収して集める事です。銀河系の子渦である太陽系は、更にその腹の中に子渦(惑星流)を誕生させますが、銀河系以下の渦は全て、星間ガスを吸収するのが仕事であり、特に太陽や惑星という角運動半径が小さい渦磁場は、強烈な磁場重力を備えている為に、ガスを吸収してプールするというよりも、捕獲圧縮して中心物体(コア)を造り出すのがその本分だと言えます。

 吸核的な回転力を誇る惑星渦は、その腹の中に幾つかの子渦(衛星流)を生み出すばかりか、その系内に大量の乱流渦である孫渦(岩石流)を誕生させるのがメインの仕事であり、それらの岩石渦はガスを捕獲して小さなコアを急速に誕生させます。乱流渦である岩石渦のサイズは様々ですが、大きなものは小惑星となり、小さなものは水や有機素材の原料となる星間物質(炭酸ガスやアンモニアやメタンガス)となって、これらの物質はゆくゆくは惑星自身に吸収される事になります。

 ビッグ・バン膨張が生み出す大小様々な「渦の世界」、それがこの宇宙の真実の姿であり、その全ての渦回転が気流回転であり、それぞれが特殊な天体磁場(渦磁場)を囲っています。この宇宙が気の粒の運動が織り成す世界であって、本源的な固体の物質など存在しない【運動の世界】であり、運動が終われば元の形状(気)に戻る「虚無の世界」だという、つまりは夜空に一瞬の輝きをもたらす打ち上げ花火の世界であるという意味が理解出来るのではないかと思います。その「虚無の世界」にあって、唯一永遠に残るものは、磁場に焼き付いた生命記憶であり、それは気に冥伏して次世の宇宙に受け継がれるもので、永遠の命を持っています。

 この様な「渦の世界」を陰陽分類すると、ビッグ・バン膨張が直接生産する巨大ベクトル渦と、瞬間発生する拡散渦(銀河渦)という形態が異なる渦が発生しますが、生道行程である事を考慮すれば、当然その陰陽の配当は前者が陰、そして後者が陽となります。もちろん、巨大ベクトル渦にも、あるいは無数の銀河渦にも、それぞれ右巻き(陰)と左巻き(陽)が存在しますが、陰陽派生にも二種類の形態が存在し、親が子供を産む「分派形式」と、親そのものが分割して双子を生み出す「分割形式」に分かれます。巨大ベクトル渦と拡散渦の関係は、ビッグ・バン膨張が生み出す「陰陽分派」であり、長男と次男の誕生となります。また、それぞれの渦が左右の双子渦に分かれるのは「陰陽分割」であり、最も優劣が発生し易い方式となります。

 

次回に続く