苦渋の選択・人間搬送

〈前進を拒む数々の障壁〉
 この原稿は2月10日に書かれたもので、掲載予定日は2月16日です。龍神島民族のケイエ魂選定者の数が53万人から110万人に倍増し、約60万人の太陽界同会者を銀河界に昇格同会させる事に成功しました。現在、約80万人分のサラ銀河位相帯を用意しており、数週間後には110万人全員の位相を形成出来る見込みです。地球終焉に伴う人間生命の脱出作業は「霊魂体脱出」に関しては極めて順調に推移しており、我々も満足していますが、ただ僅か30万人の「肉体脱出者」なのですが、次々と発生する難問難壁に突き当たって苦労しているのが現状です。また地球霊界の整理後の約4000万人に上る転生作業に関しては既に内定を終えており、こちらは全く問題がありません。現行の肉体を持ったまま他星へ移住させる事の難しさ、当初我々は軽く考えていたのですが、実際は超難題である事実が段々分かって来て、今は四苦八苦しているというのが正直なところでしょうか。

 アンポンタンなハリウッド映画の如く、空気と食料があれば人間は宇宙の何処でも生きて行けると単純に考えている輩にとっては、グレイの物質円盤を手に入れれば我々だって生きられると思ってしまうかも知れませんね。彼等は肉体そのものが自我意識を備え、生体電流を生産し、頭でものを思考しているという現代医学を頑なに信じているのです。生命作用そのものが天体の物理構造と密接に絡んで起こるもので、意識作用や精神作用が肉体とは遠く掛け離れた場所で行われている事実を彼等は知らないのです。何の宇宙教育も受けていない無知文盲の原始人、それが現行の地球人の実態でしょうか。現在、我々が直面している大きな問題は、頭が割れていない若者や子供達を如何様に短時間で他星に搬送するかであり、またズイマ電圧を如何様に回避させるか(血液凝固問題)、また惑星霊界への転写作業などに頭を悩ませています。

 物質円盤を操縦出来る様になったものの、ズイマ電圧を克服出来ず最高速で航海させる事が出来ないというジレンマ、それとアストラル宇宙船を用いたフェリー搬送には船底倉庫の気圧維持が難しく(倉庫の気密性の問題)、肉体を爆発させてしまう危険性が高い事実が分かって、目下は暗礁に乗り上げている状況(アストラル円盤に自動車を搭載する方式は危険だと分かった)、それに加えて人工ネブヤハゲル層をどうしても造り出す事が出来ず、頭の割れていない若者や子供やペットを仮死状態で運ぶ事になるという一か八かの博打搬送の問題もあります。とにかく肉体の命を失わない絶対安全な「箱」に人間を入れて、出来るだけ短時間で移住先に搬送して向こうの惑星位相と無事連結させるというスピーディーな作業が不可欠、その為には我々は何をすれば良いのかを煩悶しております。地球寿命が刻々と迫りつつある現況下、僅か30万人の惑星間輸送にあくせくしている情けない創造主軍団、肉体を他星へ搬送する事はとんでもなく難しい事なのです。

 マイナス230度の無重力空間の中、生身の人間を安全に輸送する為には、設備が完全に整っている物質円盤が一番安心な乗り物です(気絶する人をベッドに寝かしておく事が出来る)。銀河空間内に円盤が安全に航行出来るセンサートンネル(街道)を張り巡らせたものの、物質円盤輸送の最大の欠点は運送時間がかかるという事であり、おまけにズイマ電圧の関係上最高速度を出せないという健康上の問題もあります。一方、大型アストラル宇宙船を用いた手動搬送は、距離に関係なく僅か10分間で運べますが、船内環境が全く整っておらず、エアーは注入出来ても一瞬で冷凍付けになるか、あるいは一瞬で肉体が爆発してしまう可能性が大きいという最大の欠点があります。そこで我々は苦肉の策を選択し、人間を乗せた物質円盤を大型宇宙船に搭載し、そのままその宇宙船を我々が手動運送するという作戦を用いる事になりました。

 我々は、グレイが使用している血液凝固防御注射の代わりに「凝固防御呪文」を開発しており、またグレイが装着する宇宙服の代わりにアストラル宇宙服を開発して、べつにアンモニア空気を使用しなくてもある程度のズイマ電圧に身体が耐えられる様な準備を整えて来ました。動物実験で失敗後も研究を重ねて、今はかなりの高電圧にも耐えられる様になりました。物質円盤に人間を搭乗させて、太陽系内の巡航速度ぐらいならば安全を確保出来る為に、それらの円盤を銀河空間でアストラル宇宙船に積み込んで、強烈なズイマ電圧を使用しない状態で短時間で搬送するという手段ならば、肉体に大きな負荷を与えず絶対安全な宇宙航海が出来ます。今はこの手法以外に策が無い状況であって、我々も「これで行こう」と腹を決めた次第です。結局、物質円盤もアストラル宇宙船も両方とも使用する事になりましたが、とにかく移住出来る惑星が実在するのにそこに人間を運んでやれないのは創造主軍団の「恥」であると考えており、面子やプライドにかけても何が何でも人類の一部を脱出させようと決心しております。

 この搬送方式であれば、脱出の際は自動車に荷物を積んで円盤の離発着場に到着すれば、大型機に自動車を載せてもらい、人間やペットは人間搬送用の中型機に家族と一緒に搭乗する事になります。搭乗すると船内位相が身体に装着され、円盤が離陸して地球磁場圏を振り切ると、惑星位相との連結が自動的に切れて、搭乗者は船内位相から繰り出される自律神経電流の方で命を繋ぐ事になります。またその瞬間に地球回路から離脱する事になり、頭が割れていない幼弱な生命は仮死状態に陥りますが、あらかじめ個室のベッドで寝ていれば航行の邪魔になる事はありません。寝台車だと思って頂ければよいかと思います。円盤内部は生命維持装置が機能しており、空気も重力も温度も湿度も一定に保たれています。離陸から約30分間で太陽系の系外空間に出て、そこで大型宇宙船の内部に円盤が収納されます。固定作業を終えると約10分間で目的地の太陽系に到着しますが、そこで円盤は宇宙船から離脱して目的地の惑星まで航行します。

 目的地に到着すると、気絶していた子供やペットが目を覚ましますが、まだ円盤からは降りられず、個々の生命それぞれに「惑星簡易位相」が連結されます。待ち時間は約1時間ぐらいでしょうか。その連結が終了すれば円盤から外に出られます。本命である「惑星本位相」との接続は、同型選定という作業が必要な事から一週間後になるでしょうか。いずれにしても、乗船から下船までの待機時間は星間距離とは無関係に約5時間程度となります。これならば全く肉体に負担を掛ける事なく極めて安全に搬送出来ます。円盤を搭載するアストラル宇宙船の大きさは全長約4km、中型機のサイズならば600機は軽く詰め込める大きさなのですが、浮上したままのソフト固定方式(空中捕獲)なので、互いの衝突を避けて、宇宙船一機に付き約300台の円盤を積み込む予定です(大型機は16機搭載)。ちなみにオリオンにはこうしたアストラル物質の運搬用貨物船が150機程あります。多分、50機も稼働させれば輸送には十分かと思われます。

 移住先の惑星は四ヶ所、ブオ基地(6万人)とキエ基地(11万人)とブメデジ基地(2万5千人)とバエルヤ基地(11万5千人)です。我々が肉体脱出にこだわる理由は、このままでは地球人の象徴である龍神島民族の血が途絶えてしまうので「種」を残したいというのが本音、銀河ケイエ魂生命に昇格した者達にとっては、たとえ地球が滅び去っても民族自体が生き残っている事は「心の励み」になるし、またそこが次の覚醒者を輩出してくれる土壌ともなるからです。我々としては四つの惑星に民族が分散しても、物質円盤を運転出来る様になれば一つに纏まると考えており、ベテルギウスがついぞなし得なかったアンモニア空気を使用しないズイマ電圧回避法を開発して、新しい宇宙人生への手向(たむ)けとして移住者に伝授出来ればと考えております。龍神島民族には、物質円盤に乗って銀河空間を自由に闊歩する様な先進的な未来を築いて欲しいと願っています。

 ところで、物質円盤やアストラル宇宙船の準備に関して、今はズイマ電圧防御被膜の張り替え作業や、空中捕獲装置の取り付けや、宇宙服の生産作業などを行っており、この調子で進むと3月中に全ての作業が終わる見込みです。しかし、4月3日のグリッド合致は避けられない事から、民衆の心構えもままならない状態での緊急脱出作業は混乱を招くだけだと判断し、僅か三ヶ月程度の話ですが、我々は地球寿命の延長作業を念頭に置いています。もしかしたら延長が出来ない可能性もある事から、この話(延長)を確定したものとされては困るのですが、我々は我々なりに色々と考えて行動しているという話でしょうか。皆様はまな板の上の鯉、自力では何も出来ない幼弱な存在なれば、今は我々を頼りにする以外に道はありません。我々は霊界を整理する事だけを考えている訳では無く、主人公民族の存続を願って加護しているつもりであって、移住後も何かにつけて協力して行く所存です。

 さて、肉体脱出する方の選定作業という項目は特に無く、犯罪者や劣化者以外は基本的に誰でも乗船出来ます。特に若いカップルや子持ちの夫婦、妊娠可能な独身女性は大歓迎でしょうか。とはいえ、若い方達だけでは社会は成り立たない事から、お年寄りにも制限が無く、またケイエ魂選定者でも転生者でも、「生きたい」と望む者は基本的に誰でも乗船出来ます。人数制限枠がありますが、多分30万人の1.5倍から2倍の人数は受け入れ可能だと判断しており、未来社会で生きたい方は乗船すべきだと思います。地球と一緒に運命を共にする必要はどこにも無いからです。現地にはハオリ医療団が完備されており、大概の病気には対処出来ますし、また猛獣や蛮人に対する防御網(攻撃用ハル)も完備されているばかりか、さらに円盤の操縦も以前よりも自動化されて、操縦者の負担が軽減されている状況です。生活は日常道具が何も無くて不便ですが、いずれそれにも対応出来て行くものと考えており、最低限のライフラインは完備されている事から、働きさえすれば何処だって生きて行けます。

 地球に大きな自然災害が起きて悲惨な状況を目の当たりにすれば、あるいは上空に物質円盤が飛び交う様な時期になれば、「脱出の時が訪れた」と考えるべきであり、その時皆様は生か死かの選択を余儀なくされる事になります。この文章を読んでいる方は現況における宇宙知識を持っており、その円盤が如何なる目的で出現しているか分かると思いますが、何も知らない方は宇宙人が攻めて来たと思うかも知れませんね。どの道全員を救える訳が無く、宇宙知識と縁が無かった方は地球と運命を共にする事になるでしょう。我々としてはそれでも結構、一般の有象無象には用事が無く、宇宙を理解出来る者を救済のターゲットにしています。現在の月は約30万km程後退しており、軌道が三本外側にズレました。もうすぐ第10磁場圏の三途の川(太陽磁場圏との接点)に達すると考えられます。地球の表面重力値は0.97(スポーツの記録が出やすい)、酸素分子濃度は20%弱、一日の時間周期が2秒以上遅くなって来ました。ここ最近、太陽コアの内部圧力が急激に高じており、近い内に大きなスーパーフレアーが発生しそうな感じです。

 

〈地球最後の年: 八白の己亥年〉
 外宇宙からやって来た創造主たる者が、こんな恐ろしいお告げを民衆に直接知らせて良いものかどうか、さすがに気迷いますが、我々は軍団故に基本的に嘘は苦手、嘘も方便などという曖昧な姿勢も嫌いであり、真実一路をモットーとしております。時折、計算ミスや誤報告も犯しますが、間違った場合は素直に非を認めて訂正とお詫びを申し上げて来ました。べつに今更「今年が最後の年ですよ」と敢えて言及しなくても、読者の皆様はもう充分に察していると思われますが、もう来年は訪れないのだと思ってもらっても結構、今年の何月に終わりがやって来るのか正確には分かりませんが、最後の年に相応しい毅然とした精神(覚悟と諦念と達観)で残された日々を有意義に過ごして欲しいと思います。どの道、生命とは肉体を失っても死んだ事にはならなく、死とは振り出し原点の帰納点に過ぎません。零化されてリセットされる意味であって、脅える事は何も無いのです。

 「エー、こんなに静かで平和なのに本当に地球は終わってしまうの?」皆様はそう思われるかも知れませんが、それは我々が脱出作業の関係上、延長工作の為に致命的な災害を事前に食い止めて来ただけの話、ケイエ魂選定作業が終了した今は畑の収穫作業に目処が着いた状況、後は落ち穂(円盤脱出者)を拾って救い上げるだけの作業です。この落ち穂拾いに目処が立てば、もう自然界に人為的な作用を及ぼす事は止めにするつもりです。地球に伝えられている易学は実は人間王国の伝統芸であり、神々を介して地上の人間に伝えられて来たものです。「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われる易学の話ですが、今年は八白土星の己亥(つちのといのしし)年、その意味とは「地球が原点リセットされる年」であって、それが結果として現れる年回りです。本来ならば2009年に滅びる筈だったのですが、10年間に渡って我々が無理やり延長して来たのが実情、もはやこれ以上の延長が望めない最終局面(陽化が極まって運動寿命が尽きる点)にまで到達してしまいました。

 易学では「己」とは「おのれ=我」の事であり、五行論では大地を指す言葉です。地上の我とはあなた自身の事です。また「亥」とは地球磁場圏の最外殻層を指す言葉であって、同時に渦巻の中心点も指しており、つまり磁場全体を象徴する言葉です。我自身は地球磁場圏にあって「我=地球」に他ならなく、その我が八白艮宮(ごんきゅう)に回座する年回りの象意は、「これまでの一通りの行程が終息し、一区切りが着いて次の新たな行程を迎える」という意味になります。180年に一度訪れる八白己亥年ですが、特に今年は陽遁(ようとん)最後の年回り、陽化が極まる回帰点に相当する八白己亥年です。早い話が地球磁場圏(我)の最後の年という意味になりますが、「我=地球人類はこの年で一区切りを迎えて、次の新しい段階に突入します」そういう意味でしょうか。観測結果の根拠と一致している事から、私自身は「多分そーなのだろうなー」と思っている次第です。

 しかし、地球が終わっても人間の最後とは限らず、また生命の最後では決してありません。霊界生命とは創造主や神々が召還しない限りは消えておらず、霊界の位相バイオンの中で息づいているものです。子供を交通事故で亡くして泣き崩れる母親の傍らにその子がいて(霊魂体)、「お母さん、僕ここにいるよ」と叫んでも母親は我が子の存在を認知出来ず、子供は棺桶の中にいるものだと勘違いしています。棺桶の中の子供は肉体の亡骸であって、中身の本体はとっくの昔に肉体から抜け出しているのです。我々には霊魂体が見えるし、その声も聞こえますが、そういう光景に出くわす度に「人間って馬鹿だ」と思ってしまうのです。目に見える肉体が生命当体だと思っている様子です。相手を死ぬ程憎んで殺したところで、それは相手が乗っている車を破壊した事と一緒、本人は車の中にいるのです。犯罪者を死刑に処したところで、それは本人を罰した事にはならないのであって、もう少し大人の刑法を作りたいものです

 人間が死んで肉体を失うと「霊魂体」となり、さらに数十年の時が過ぎれば「魂体」が朽ち果てて「霊体」となります。霊体(神)とはいわゆる空の上の生命位相の事です。殺しても殺した事には全然なっておらず、人間の刑罰が甘いから犯罪者は死後に神々から正式な刑罰を喰らう事になります。地球大気が拡散し、人類の全員が窒息死しても、あるいは溶岩の海に呑み込まれて人類の全員が焼け死んだところで、結果的には誰も本当に死んだ事にはならない世界なのです。だから死に脅えて狼狽え騒いだところで、それは後々恥ずかしい行為に他ならなく、自己の体裁の為にも毅然として死を受け入れるべきなのです。肉体の死が今生の別れでは無く(生命の死では無い)、肉体を持たないあの世の世界もある事を知らなけばならないでしょう。問題はあの世に行ってから生前の行いをチェックされて天罰を喰らう事でしょうか。この世にもあの世にも社会や法律があって、この世と何にも変わり映えしないんですね。一般にこの世で駄目な者はあの世でも駄目な者だと相場が決まっています。

 さて、地球の力学圏が崩れて重力崩壊が起きれば、それは地球回路の停止を意味しており、身体の運動能力と、思考判断能力といった心活動が停止するという意味であって、ほとんどの人は自意識はあっても体は仮死状態を呈しており、言葉を喋る事が出来ません(睡眠状態と一緒)。無論、心臓も内臓も動いており呼吸は出来ていますが、目も開けられないし、体をピクリとも動かす事が出来ません。ところが太陽同会者や銀河同会者はもともと地球では無く、太陽回路や銀河回路を使用している為に、地球回路が物理的に消え去っても何らの影響も被らず、体も動くし思考も停止しない事から覚醒していられます。やがて地表の大気が急激膨張を起こして真空となり、酸欠と肉体破裂で睡眠者も覚醒者も皆死んでしまいますが、霊魂体になっても理屈は一緒、片方は霊魂体のままで寝ているし、片方は霊魂体のままで地表を歩き回る事が出来ます。日本国には現在110万人の覚醒者がいる事から、覚醒者のみを地表から拾い上げてアストラル宇宙船に回収する事は簡単な話です。

 宇宙船に乗せられた銀河ケイエ魂生命は、その場で地球の電子位相から銀河系のサラ位相帯へ「全転写(アカシックも含めた現行意識転写)」されると、その時点で銀河明王神(位相の場所が地球から銀河へと切り替わる)となって、魂体からズザネ管と432本のタボ線が外され、晴れて「霊魂体宇宙人」としての人生が始まる事になります。それまでの魂体はズザネ管とタボ線で地球の霊界位相に呪縛された身の上だったのですが、その拘束の糸が切れて自由な身の上となります。晴れて霊魂体宇宙人(銀河ケイエ魂生命)となった者は宇宙船でベテルギウス本星に運ばれて、そこで神界のノウハウを一から学習する事になります。一方、立ち上がる事の出来ない睡眠者である霊魂体は、一人一人が吟味されて、召還対象者、輪廻対象者、卑弥呼転生者の三種類に分類されます。いずれも魂体からズザネ管とタボ線を外されると、36時間で魂体は消え失せて(ケイエ魂の場合は消滅しない)位相意識だけの霊体生命となります。

 召還対象者は位相窓をオープンにされて、中身の電子バイオンをアカシック記憶ごと空間に解き放たれます。それに対して輪廻対象者はズザネ管とタボ線を位相内に収容し、中身の意識バイオンは初期化されて白紙に戻され(アカシック記憶はそのまま)、次の誕生を待つ事になります。また卑弥呼転生者(言語誘導者)は現行意識とアカシック記憶はそのままで保管され、霊体生命として卑弥呼霊界に送られて、現行意識のままで当地の惑星人と入れ替わる施行が行われます。日本国以外の国の霊魂体生命は覚醒者も睡眠者も同じ扱いであって、召還対象者か輪廻対象者かどちらかとなります。無論、覚醒者の場合は位相に「覚醒同会者」という認定マークが刻まれて、次世の有力候補生となります。犯罪者は召還されるものの、日本人でも外国人でも普通に生きた方は、普通に初期化されて輪廻生命として循環の途に着きます(次世における覚醒を待つ)。

 こうした作業が霊界移設に伴う整理作業なのですが、脱出円盤に乗って他星へ移住した者は、何十年間か選定査定が先送りになっただけの話、宇宙の何処で暮らそうが死んだ者は必ず審査基準に従って裁かれます。本来ならば外国人といえども覚醒者は上に行く権利があるのですが、霊魂体宇宙人になっても言語が違うと互いに民族戦争を始めるので、今回は創造主言語を喋る龍神島民族の覚醒者だけを優遇する事にしました。外国人の覚醒者は優先的に日本語を喋るお母様の子供として次世に誕生させる予定です。その様な意味でも日本語の種を持つ生命を存続させたい訳であり、将来、卑弥呼やブメデジの龍神島民族が覚醒者を輩出してくれる事を願っている次第です。もしブメデジの移住者達が円盤に乗って銀河空間を飛び回る様になれば、大人ならば誰でも日本語を喋る銀河同会者となります。我々はそれを期待しております。

動物輸送実験に失敗

〈A計画を中断しB計画へ移行〉
 本原稿は1月17日に書かれたもので、ブログへの掲載は1月26日を予定しております。地球時間の1月13日に最終段階の動物運搬実験が行われて、それは最高速走行状態におけるズイマ電荷の肉体への影響と、船外機(人工ネブヤハゲル層)の効力テストという主に二項目に関するものでした。円盤のテスト走行を行っていたダミー船長達から、ズイマ電圧があまりにも強くて人間の身体が保たないのではないかという心配な意見が出されたからです。予定よりも早く計画が進んでいた事から、人間の代役を務める動物を使った搬送実験を行う事となり、ブメデジ基地でグレイが面倒を見ていた猿と犬を円盤に搭乗させて行われました。ブメデジ磁場圏を振り切る以前から最初に犬が仮死状態を呈して、また磁場圏の外に出た次の瞬間には猿が昏睡状態に陥りました。どうやら船外機が全く機能を果たしていなかった様です。それでも船内位相と連結されている事から、循環器や呼吸器の運動には何の障害も無く、二匹の動物達はただコンコンと眠り続けていました。

 太陽系内を過ぎるのに30分の時間を要するのですが、オリオン街道に出れば後は目的地の地球までは自動運転、センサートンネルの中をcomputerが操縦してくれる航海システムです。光速度の8万倍速で3時間が経過した頃、猿や犬の体に変化が現れ、軽い痙攣を起こし始めました。医療団によると、血管内のそこら中に血液凝固が認められて血栓が発生して来たとの事でした。それがドンドン酷い状態となり、わずか4時間30分程で猿と犬が死亡しました。医療団が血液凝固を阻止する施行をしていたのですが、それにも拘わらず血漿タンパクの急激な変成が進んで血流が止まってしまうのです。結局、円盤は途中で引き返す嵌めとなり、動物の搬送実験は失敗に終わりました。軍団の担当者は顔を見合わせて「駄目だこりゃ」と一言、ここまで頑張って準備して来たのにその苦労が全て水泡と帰してしまいました。円盤は操縦出来る様になったものの、人間を乗せて運ぶ事が出来ないという何と皮肉な話でしょうか。

 我々の天の川銀河系には銀河341部族が開発したアストラル円盤が数十億機も存在し、霊魂体宇宙人世界の消滅と共に、今はまるで中古車センターの如くそこら中の天体に無人のままで停泊しています。過去の物質円盤は全て朽ち果てており(2万年以上が経過している)、現行の物質円盤といえば、オリオンのズイマ反電荷走行のグレイ戦闘機しか存在しません。最新鋭の物質円盤もアストラル円盤も、今は全てズイマ・エンジンに切り替わっている状況であり、生身の体を有した人間が安心して乗船出来る様な宇宙船が一台も無いのが現状でしょうか。たかが100光年足らずの星間距離なのに、何ヶ月間もあるいは何年間も航海時間を費やす訳には行かず、今や1万光年を30分間で飛ぶのが銀河常識の時代、グレイの物質円盤でも6時間程度で走破してしまうスピード狂の時代なのです。それでも我々の移動速度と比較するとカタツムリの如き「のろさ」、およそ速度の範疇には入りません。「もし、物質円盤で人間を脱出させる事が出来なかったら?」 それは無論我々もBパターンとして考えていました。

 人間が乗る事が出来ない霊魂体用のアストラル円盤は腐る程存在しており、ケイエ魂生命はこのアストラル円盤には乗せる事が出来ます。我々自身もアストラルの存在であり、また軍団そのものがアストラル軍団であって、いちいち円盤の動力を作動させて航海させなくても、自分達の触手で円盤自体を掴(つか)んで運ぶ事が出来ます。その方がずっと速いのです。オリオンのアストラル円盤でもブメデジまでは丸一日を要してしまうのですが、ハルク力体に運ばせれば慎重に輸送しても10分間で済む話、馬鹿らしくてエンジンなど焚く必要もありませんね。実はテリ基地ではグレイの寄宿舎(長さが250m)を生産しており、その寄宿舎を運ぶ為のアストラル宇宙船が二台あります。これは物質運搬用に特殊な改良を施されたアストラルの宇宙船であって、船体(4500m)の下部に両開きの運搬ボックスが取り付けてあるものです。当初、我々はこの宇宙船を使った搬送方法を考えていたのですが、あまりに船体が大き過ぎる理由から(着陸させる場所が限定されてしまう)、物質円盤の操作が可能になった次点で作戦を切り替えたのでした(アストラル宇宙船は主に物質輸送目的に切り替えた)。

 再度に渡る動物実験でも血液凝固は避けられず、また、残念ですが円盤を一種の人工回路に仕立て上げようという船外機(ネブヤハゲル層)は機能させられず(ヌーエ動帯は生み出せるが渦巻の様な回転体では無い為に回路運動が起こらない)、物質円盤で輸送するという当初の計画は断念する事となりました。今は物質運搬用のアストラル宇宙船の改良工事を行っており、今のところはこの方法しか生身の体を有した人間を脱出させる手立てがありません。この方法は人間と荷物を積んだ自家用車を車ごと吸引して、僅か10分間で目的地まで運ぶというフェリー形式の運搬方法であって、頭の割れていない子供やペットの搬送でも短い期間の気絶状態ならば体が耐えられるという計算に基づいています。無論、僅か10分間の航海でも船内位相と接続する必要があり、マイナス230度の真空の銀河空間を移動する訳ですから、エアータンクや気圧調整などの設備を取り付ける必要があります。アストラル宇宙船はズイマ動力を使用しない為に、超伝導磁場対策だけで済みます。船底部に自動車が到着すると、周辺は無重力状態であり、物の体重は無くなります。後は宇宙船の吸引機操作で自動車を船内に引き上げるだけなので、脱出方法としてはこちらの方が遥かに合理的でしょうか。

 現在、二台の宇宙船を改良している際中であって、人間が乗れるボックス環境にしています。多分、1月末には改良工事が終わる見込みであり、時間的にはまだ余裕がある状況です。宇宙船の搬送ボックスは一度に約1000台の自家用車を収納出来ます。自動車に乗ったまま空間を移動して、目的地へ到着後は自動車ごと降ろされるというスタイルになると思います。この宇宙船搬送の話は後日詳しく説明しますが、今のところは二台の宇宙船のうち、一台を政府関係者用として、もう一台をブメデジ行きの一般関係者用にしようと考えております。これは1月11日の再調査で判明した極最近の事実ですが、ダダジ・グレイ関係の基地探索を行った結果、ブメデジ基地とビエク基地の他に新しいバエルヤ基地が発見されて、移住可能な星がもう一つ増えました。バエルヤ基地は三都市から構成されるダダジ・グレイの食料基地であり、ここには11万5千人が入居出来る素晴らしい「新都市」がありました。これでセジス・グレイの基地は三箇所(キエ、ブオ、テリ)、またダダジ・グレイの基地も三箇所(ブメデジ、バエルヤ、ビエク)となり、全て出揃った事になります。

〈恒星ライネの第三惑星(バエルヤ)〉
 ダダジ・グレイの派遣数(30万人)と基地数とその人口が一致しない事から、どこかに10万人規模の基地がある筈だと睨んで捜索を続けていました。その結果、一番最後になってしまいましたが、念願の基地が見つかりました。ブメデジとは約30光年程離れていますが、恒星ライネの第三惑星(バエルヤ:霊界No.633番)であり、ほぼ地球サイズ(1.3倍大きい)の新生代の猿の惑星です。惑星バエルヤには三つの都市があって、いずれも46年前に建築された真新しい都市です。総人口は本部空港がある都市(ネユ)は52000人規模の住居数があり、第二の都市(ネア)は40000人規模、第三の都市(ネオ)は24000人規模の住居がありました。ブメデジの様な温暖な気候で、危険な動物もおらず住居も広くて大きいという、惑星バエルヤは最高の環境条件であると思われます。ネユはアメリカ大陸の西海岸に、ネアはヨーロッパ大陸の西海岸に、ネオはアジア大陸(ヨーロッパと同じ大陸)のインドの西海岸に面しており、三都市とも大きな食料工場がメインな様です。ブメデジ港に停泊している6艘の船で一体どうやってダダジ・グレイ全員の食料を賄っていたのだと我々には素朴な疑問があったのですが、これで謎が解けた次第です。

 この星のグレイ猿はセジス・グレイが使用している大型の猿(1m50cm)を使用しており、ネユは穀物、ネアは水産物、ネオは家畜の肉を生産していて、三種類のフードパックを用いていた様です。ダダジ・グレイの総本部はやはりブメデジなのですが、バエルヤは基本的に食料生産の基地です。しかしネユには巨大な金属生産所もあって、グレイの全ての円盤や住居の材料となる金属の超大な倉庫群(14棟)があります。ここのグレイ猿も空港の端に死体の山がある事から、オリオン帝国の滅亡と共に、セジス・グレイ同様猿の身体を抜け出してダダジの母星に戻った様子、基地は全て蛻(もぬけ)の殻でした。バエルヤだけで11万5千人も移住出来る見通し、基地を取り囲む防御柵も無く屋外施設が沢山ある惑星の姿に、何だか我々も希望が出て来ました。ここなら安心した暮らしを営めそうです。ただ、ブメデジよりも少し遠く、航海距離を考えれば嫌になりますが、女性軍の多くをこの星の安定環境に送り込んで、ここで子育てをさせたいと算段しております。最後の最後に吉報が舞い込んで来ました。自動車道がある都市で、円盤通勤よりもバス通勤が主体な基地はここが初めてですね。

 金属の家ですが、一軒家の窓枠にはネオで産出される宝石類を散りばめて装飾しており、庭には噴水まであるのでベテルギウス軍隊とは思われ難き様相にはビックリ、戦闘とはあまり関係が無い都市なので、平和とは実に良いものですね。山の硫黄泉の温泉施設まで電気自動車の道が続いているのはここぐらいなものでしょうか。それに海には漁船の他に遊覧船があって、木立に囲まれた公園があるなんて信じられません。バエルヤはブメデジよりも美しい惑星であり、子供を育てるには最高の環境だと言えましょうか。グレイ猿は性器を切り落としており、また猿の中に入っている霊魂体民族は男性ばかり、雌の要素など何処にも無いのですが、バエルヤの町の造りを見れば女性的と言いましょうか、軍隊の駐屯地というよりも「暮らし」を中心にした構造になっている様です。実はセジス・グレイのキエ基地もここと良く似ているのですが、屋外で散歩しておれば翼竜に襲われる様なジュラシック・パーク並の危ない環境では安心出来ませんね。

 竜座の矮小銀河に属する恒星ライネは地球太陽の20倍ぐらいの大きさであり、今現在は太陽系内に9個の惑星を抱えています。恒星リエル(ブメデジ)とは30光年、恒星ニエル(ビエク)とは15光年、恒星イゲエ(巨人惑星)とは24光年、ベテルギウス本星とは約40光年の距離を隔てていますが、いずれもベテルギウス本部近隣の太陽系の一つです。恒星ライネの第三惑星(バエルヤ)には地球の月よりも二回り程小さい衛星があり、バエルヤの第9磁場圏の軌道にあって、約30日間で公転しています。惑星バエルヤの直径は13800km、太陽公転面に対して約11.5度傾いており、かすかな四季はありますが、温暖期なのか、両極には冠雪がありません。これはバエルヤと太陽との距離が地球と一緒の1億5000万kmなのですが、太陽自体が大きい分、光線の入射量も多い事に原因がある様です。バエルヤの平均気温は16.5度、大陸と海洋の面積比率は1対3(25%と75%)、コア直径は80km、表面重力値は0.97、海面から10m地点の平均酸素分子濃度は23.4%、一日の長さは地球時間に換算すれば約26時間であり、生物相は地球のそれとほぼ同じであって、霊長類が主人公の新生代の星です。大型の爬虫類は生息していないとの事でした。

 バエルヤの住居は基本的に平屋の一戸建てが多く、部屋数は4で、ベッドは2個です。大きな工場周辺には集合住宅もありますが、幹部邸宅(海沿いの一軒家の二階建て6部屋)以外は基本的に皆一軒家4部屋の構成です。どの家にも庭があって、敷地が緑に包まれています。住宅地には道路に伴う区画があり、数百戸単位の整然とした扇形の形状を成しており、都市計画に基づいて町が造られた印象です。通勤用の電気自動車は地球で言う小型バス(14名+操縦席)であり、町の住民の交通手段になっています。海岸線の高台にある幹部住宅には敷地内に小型円盤用のヘリポートがあって、道路も整備されていますが、空港の軍事基地には円盤通勤をしていた様子です。グレイは基本的に軍隊組織、軍幹部や円盤操縦者などの身分が高い様です。ネユには2000戸、ネアにも2000戸、ネオには1000戸の幹部邸宅がありますが、ちなみにブメデジにも1500戸の幹部邸宅があります。セジス・グレイの三基地(キエ、ブオ、テリ)は基本的に集合住宅ですが(一軒家は幹部邸宅だけ)、ダダジ・グレイのブメデジとビエクも集合住宅、幹部以外の作業員が一軒家に住んでいるのはバエルヤのみの特徴でしょうか。

 天然惑星の海は生い茂る海藻と菌類のスープ、粘性が高い茶褐色(タンニン成分が多い)を呈する毒成分の多い海であり、お世辞にも美しい「水の惑星」とは言えません。ベテルギウス本星の海も、テリ基地やビエク基地の海も、人間が浸かる事は出来ません(有毒海水)。思わず泳ぎたくなる様なブルーのパノラマを広げる美しい健全な海は、やはり生物霊界がある惑星です。しかしブオ基地の海は北極海なので寒過ぎて遊泳禁止、またキエ基地の海は危険過ぎて遊泳禁止、海岸線で海水浴を楽しんだり、岩場で海産物が取れる安全な海はブメデジとバエルヤにしかありません。その様な環境条件を考慮すれば、子供を育てながら安定した暮らしを営めるのはブメデジとバエルヤだけでしょうか。バエルヤには深度が1万6000mにも及ぶ深い海溝や、標高が1万mクラスの山脈が数多くあるのに、不思議な事に山の峰々には雪が無く、成層圏の温度が非常に高い様です。それなのにバエルヤ三都市(北緯38度前後)の平均気温(24度)はブメデジよりも低く、非常に暮らしやすいと言うから驚きでしょうか。
 

〈創造主の仕事〉
 地球の力学圏の運動寿命が後どれ程保つのか、それは我々でも正確には分かりません。とにかくドミノ倒しの人類総崩れ現象が発生する前に移住希望者を宇宙船に乗せたいと我々は考えております。月が肉眼に見えている間は多分大丈夫だと判断しており、2月いっぱいまでは太鼓判を押せると見積もっていますが、それ以降は大丈夫であるとは保証出来ず、我々としては4月3日のグリッド合致日まで何が何でも地球環境を保(も)たせたいと思っている次第です。人類の総崩れ現象(重力崩壊=力学回路崩壊)が発生してから約二、三週間で地球は生物が住めない環境に変貌してしまいます。とにかく限られた時間制約の中で効率の良い準備作業を推し進めなければならず、我々としても大変な労力を払っている状況です。特に肉体を備えたまま脱出する移住者に関しては、他惑星で生きる為の個人位相を用意しなければならず(これを先に整備しないと円盤から降りられない)、また龍神島民族の存続を考えれば、世代交代要員(赤ちゃん=次世のスペア位相)の用意もしなければならず、生物霊界の管理も含めて昨年から大わらわの状況です。

 人間王国の三つの大宇宙の中で、今現在生き残っているのは我々の大宇宙のみです。人類が生息する惑星は数多くあって、惑星の運動寿命が尽きる事はべつに珍しい現象では無いのですが、今回は王国の直轄領である大宇宙の聖地人類が住む惑星(地球)の寿命が訪れている事から、我々が直接介入しています。龍神島民族は世界各国から優秀な人材を集中的に集めた地球を象徴する民族、というよりも大宇宙(メシアA球)の主人公民族であって、王国の優化遺伝子を持った創造主言語を話す「選抜民族」です。つまり我々の跡継ぎ生命がいる場所ですから、頭の割れた方(熟した方)は引き上げて、どうしても頭が割れない未熟な方に関しては更に人間を続けてもらって解脱課題を次の人生に掛けてもらうという話であって、また箸にも棒にも掛からない方に関しては召還して大宇宙から消えてもらうという整理処置が講じられます。つまり地球霊界を畳む関係上、龍神島民族も、召還対象者、輪廻続投者、転生対象者、移住対象者、銀河ケイエ魂対象者という五種類に分けられる訳です。

 このうち、移住対象者に関しては龍神島民族の種を残そうという試みであり、たまたま移住可能なオリオンの物質基地が無人状態で存在する事から、そこに移住させる事が出来れば、もしかしたら生き延びて龍神島民族の血を未来へ存続させてくれるかもしれないという「かすかな希望」を抱いている訳です。オリオンは地球寿命を5億年も縮めてしまいましたが、その分貴重な財産を地球人に残してくれました。主人公民族である日本人にはそれを引き継ぐ権利があります。移住者には人数の制限枠がありますが、基本的に召還対象者以外の生命ならば誰でもOK、出来れば次世代を担う若者や子供達を移住させてやりたいと願っております。創造主軍団といっても我々は皆様が連想する様な「万能なる存在」では無く、出来る事と出来ない事があって、また失敗も数多く、とても崇(あが)め奉(たてまつ)られる様な存在ではありません。それに「破壊」は得意ですが、「創造」や「管理」は少し苦手(専門外)な純然たる軍団組織です。我々の長所は嘘を付かず実直で厳格、秘密事が無いという事でしょうか。「守るべき者は守るが、守るに値しない者は守らない」といった明確な信条で行動するのが特徴です。

 マクロ宇宙の敵軍に侵略されて、我々の大宇宙からは天体神(成仏神)が一斉に消え去りました。今現在残っている神々とは生物霊界の神々(スゲ、ケゴ、チオの霊体神)だけです。地球の場合は既にそれらの神々ですらいませんが、他星ではまだ存在しています。ポリープ創造主に食べられてしまう様な軟弱な神々はもう創るべきでは無いと考えて、伝統の天体神体制(如来菩薩制度)を破棄し、改めて王国軍直轄の機械神体制に切り替える作業に取り組んでおり、天体空間には新しく人間生命用の「サラ位相帯」を設けて(敵に食べられない位相帯)、またそれぞれの天体場にはハオリ神付設を行っております。つまり王国の中央集権体制を再構築し、腐り切った神々体制(中間管理)を取り潰して、創造主世界と人間世界をより密着させる事になった次第です。惑星界においては霊体神(人間神)の召還、宇宙言語の統一、解脱生命の銀河ケイエ魂制度、生物霊界の機械神管理体制などを推し進めて行く所存であり、地上の人間生命世界と天体の人間生命世界(解脱者世界)の区分けをより明確にして、いずれも生物は皆人間王国所属の生命である事実をちゃんと認識して貰える様に統一化を図って行く計画です。

 現在、その計画を続行中の段階ですが、地球霊界の終わりを契機に、手始めに龍神島民族のケイエ魂選定者から、天の川銀河系にサラ銀河位相帯を築いて「霊魂体宇宙人」の世界をスタートさせる予定です。早い話が、地上人と天空人を分けるのであって、どちらも人間王国の学生身分となります。こうした話を信じる信じないは皆様の勝手、皆様の死後はどの道我々の管理下になるので、自覚が出来ない生命は召還対象となり、また自覚出来た者は次の行程に進めます。なまじっかの知識人は管理者の存在を認めず、個人の生命の根本的な自由を主張しがちですが、池の中の鯉が自由を主張しても、それを養殖している管理者から見れば「鯉の自由」の意味を理解する事は出来ません。金色の錦鯉の中に普通の鯉が混じっておれば間引かれるのは当然、鯉にはもともと好き勝手に生きる権利など無いのです。上位の存在を認めない、支配される事を好まない、自分で法律を作って自由に生きたいと願う「自惚れた生命」の大半が最初の関門で振り落とされる筈です。創造主や神々によってこれまで生かされて来た事実を悟っている様な「謙虚な姿勢」の方にしか未来は訪れないものだと思ってもらっても結構でしょうか。

 目下の我々の仕事は、なるべく多くの人々に開眼してもらう事で、本願の宇宙解脱を果たしてもらいたいと考えており、53万人に上る銀河系以上の覚醒者の他に、次席である太陽界覚醒者も龍神島には約40万人以上いる事から(女性が多い)、彼等にも生存の機会を与えようとしています。同じ解脱を果たした生命なのに、心の同会先が低い為に片方は霊魂体生命になれるのに対して、もう片方は卑弥呼送りかさもなくば輪廻要員に回されてしまいます。そこで40万人の太陽界覚醒者に関しては銀河覚醒のお手伝いをする事になり、地球位相の意識記憶を銀河ヌーエ動帯に転写して銀河回路を活用出来る様に手助けする運びとなりました。これまでに数百人の覚醒者に対してこの作業を施したところ、その大半の方がその日の内に銀河同会を果たし、第二解脱を達成した次第です。我々としても戦争技術がこんな事に応用出来るとは予想しておらず(磁気記憶の力帯転写)、大変気を良くしていますが、仮に93万人の銀河ケイエ魂生命が誕生すれば、その一人一人に銀河サラ位相帯を作らねばならず、嬉しい反面悲鳴を上げているところでもあります。現在は約20万人分の銀河位相帯が出来上がっていますが、後70万人分を用意しなければならず、担当者はテンテコマイの状況でしょうか。

 我々の収穫物とはいわゆる銀河ケイエ魂生命の事であり、まずはそれを収穫して次世代へと引き継がれる種撒き準備をする事です。なにせ母星が天体寿命を迎えており、そのまま放って置けば民族自体が途絶えてしまうからです。今回は100万人弱の収穫ですが、他星に種を撒いて繁殖させれば将来の収穫が期待出来ます。しかし、仮に卑弥呼に転生させた地球人が子供を作っても、生物霊界の位相ズザネ管は自動入力であって、誕生と同時に人間の赤ちゃんに接続されるズザネ管は「霊長類用の専属ズザネ管」であって、運が悪ければ猿のズザネ管が入力して「ダウン症」の子供として誕生するか、良くても原始人のズザネ管が入ってアカシック不足の「自閉症」まがいの子供が誕生するか、そのどちらかしか無い訳です。人間の子供の肉体なのに猿の位相と連結されてしまえば、その子供の体は人間でも「重度のダウン症生命」となり、人間アカシック歴が一度も無い為に、片言の言葉すら全く話す事が出来ない純然たる猿の生命として生まれて来ます。それを防ぐ為には地球人の子供には地球から運んで来た次世代要員の輪廻生命と連結させる必要があって、そうした誕生管理を行ってくれる担当神がまず必要となります。

 地球には人間アカシック歴が少ない「自閉症障害者」や、凍結処分された筈の「罰当たり犯罪者」や、「魔界職員」や、男女別の選定が行われていない「性同一性障害者」などがゴロゴロいる為に、その中から上等な生命だけを選定して惑星に配分する必要があるのです。龍神島民族である証明は血で受け継がれるものでは非ず、あくまでも位相の中身にあって、人間王国優化遺伝子が入っているか否か、創造主言語を喋っているか否か、十分なアカシック数値(人間回数)があるか否かで定まってしまうものです。従って、我々は次世代要員となる地球の輪廻スペアを卑弥呼霊界に注入し、そこで誕生管理をしてくれる軍団の機械神を用意しなければ優秀な生命を誕生させる事が出来ない訳です。その理屈はべつに卑弥呼だけの話ではなく、将来キエやブオやブメデジやバエルヤで生まれて来る子供達も一緒であり、やはり地球から運んで来たスペア生命をその惑星には事前に用意しておかなければなりません。上位の神々や龍神や創造主が消えてしまった今は、位相の選定作業や取り付け作業などを行えるのは我々の軍団だけであり、その様な意味では我々は戦争よりも難しい不慣れな仕事をさせられている状況でしょうか。

 ところで、キエ基地(11万人)、ブオ基地(6万人)、テリ基地(4万人)、ブメデジ(2.5万人)、バエルヤ(11.5万人)、ビエク(3500人)というグレイ基地の受け入れ可能な人数(約35万人)ですが、物質円盤を改良し移住者が円盤を操縦出来る様になるまでは、食料の自給が出来ない所のテリ基地やビエク基地には人間を移住させられません。ここは将来仕事をしに出向する場所であって、生活する所では無いからです。従って食料自給を考えれば、移住対象惑星はもともと生物霊界が存在したところの、キエ、ブオ、ブメデジ、バエルヤの4基地(30万人)に絞られます。物質円盤の改良が出来るかどうか分かりませんが、時間的な余裕がたっぷりあれば必ず出来るものだと信じており、移住民の最優先課題はこの物質円盤を操縦する事だと思っています(人間が防御服を纏って、血液不凝固剤の注射を打ち、アンモニア大気を使用すれば今でも乗れる)。今回は時間的な余裕が無く、アストラル宇宙船を用いた脱出手段に切り替わってしまいましたが、物質円盤を稼働させる事が未来社会を切り開く為の重要な「鍵」となりそうです。我々も技術的に協力して行きたいと思っています。

 

セジス・グレイの母星テリ

<セジス・グレイ>
 オリオン帝国の総帥民族であるベテルギウス星人は、霊魂体宇宙人になると、母星ベテルギウスの超新星爆発を逃れて遥か遠い竜座の矮小楕円銀河に民族移動し、そこで新しく本部基地を築いて軍の立て直しを図りました。グレイ本星(ブメデジ)からベテルギウス本星までの距離は約8光年、銀河の中心部(繁華街)にある地球からは約47万光年も離れた辺鄙な場所に本部を移した事になります。ベテルギウスのアストラル円盤はズイマ反電荷走行を改良した「ヨイレ反電荷段差走行」を基軸にして、そこにD-tube加速器を搭載しており、大型客船でも光速度の70万倍速、戦闘機では90万倍速という脅威的な航行速度を誇っていました。従って、彼等にとっては銀河系の中心部までの距離は片道たった一日間で走破出来る短い距離だった訳です。銀河の中心部には宿敵のネワブジ連合国が陣取っており、当然ベテルギウスも地球周辺の1~3万光年の領域に180箇所にも及ぶ前線基地を置いていました。

 ベテルギウスだけでも数百箇所の基地を築いており、またオリオン帝国全体では一万箇所以上の基地が存在していて、正直言って我々もまだ知らない基地が今でも沢山あります。これは今年の12月3日の調査で分かった事実ですが、白鳥座の恒星ヤエイ(β星の近く)の第2惑星(テリ)にグレイ本星の様な物質円盤基地が存在する事が判明し、我々も大変驚いた次第です。ヒューマノイドとして使用されている猿種は、鷲座のα星であるアルタイルの背後遠方に位置する恒星ネオの第三惑星(リエイ∶霊界NO552)から連れて来た猿で、身長が1m50cm程の比較的大型のグレイ猿でした。このグレイ猿の意識を牛耳っているのがオリオン帝国の奴隷民族であるセジス民族である事から、このグレイ猿は「セジス・グレイ」と呼ばれており、また従来のブメデジのグレイ猿は「ダダジ・グレイ」と呼ばれていた様です。ちなみに「ダダジ・グレイ」が使用していた猿種はブメデジの固有種では無く、オリオン座の恒星π3タビットの第三惑星(霊界No.374)から連れて来た二種類の猿で、身長が1mの者と1m20cmの者の二種類がいました。

 セジス・グレイの本部基地である「テリ星」は生物霊界の無い自然惑星、そこに4万人規模の町があり、物質円盤の生産拠点となっていました。ブメデジの工場群と比較すると何もかもが新しく、今から僅か43年前に建設されたベテルギウスの前線基地の一つでした。地球-テリ間の星間距離は約2万光年、アストラル円盤では1時間弱、物質円盤でも10時間で移動出来る至近距離です。テリのグレイ基地は残念ながら動物や魚がいない自然惑星(生物霊界が無い)であり、食料は他星から運んでいた様ですが、こんな地球の目と鼻の先にグレイ基地が存在し、今や無人化して誰もいないという「何とももったいない話」、我々もこの事実を知って、何とか地球人を脱出させられたらと思いを強くしております。同じ白鳥座の内部ですが、恒星ヤエイから6光年ほど離れた距離に恒星ヨギオイがあって、その第三惑星(フク∶霊界No.377)が原始星であり、そこは中生代の恐竜の里らしく、グレイはその肉を加工して食料にしていた様子です。

 ダダジ・グレイの物質円盤は約11万機、セジス・グレイの新型機は約10万機、両方合わせると20万機もの乗り物がある事から、折角築いた宇宙文明を引き継ぐ人間がいないのは情けない限り、宇宙の主人公民族である龍神島民族にベテルギウス文明の継承をしてもらいたいと我々は考えています。しかし現実はそう甘くは無く、グレイ円盤は基本的に戦闘機であって、物質宇宙船の限界速度に近い能力を持たせており、全機がズイマ反電荷走行(D-tube加速器付)エンジン故に、乗組員の健康上の問題が大変深刻だったのです。当初、ベテルギウスは猿では無く人間を用いていたのですが、乗組員が僅か4~5年で死んでしまう事から、スペアが一杯いる猿に切り替えて来た経緯があります。それでもグレイ猿の戦闘員の平均寿命は10年間程度、猛烈なズイマ電荷、超伝導磁場、X線被爆、アンモニアガスなどがもたらす弊害が肉体を蝕んで来た訳です。彼等は乗船するに当たって、防護服を纏い、抗血液凝固剤の注射を打って、両肺に開けた穴に酸素チューブを挿入する(口から呼吸できない)という、そんな状態で乗船していたのです。

 昔の円盤は普通に乗船出来たのに(超伝導磁場対策のみ)、光速度の何万倍もの速度を実現する為には、戦時中とはいえこんな馬鹿げた事をしなければならなかった訳です。もし我々の技術で、船の航海速度はそのままで、人間が防護服も纏わず、注射も打たずして安心して呼吸できる宇宙船に改良してやる事が出来れば、ベテルギウスの物質文明を引き継がせる事が出来ると考えて、我々は必死で物質円盤の改良を手掛けて来た次第です。だが越すに越せない大きな難壁がいくつもあって、目下は5番目の自動運転走行の問題と、6番目のネブヤハゲル問題に苦悩している状況です。グレイの物質円盤は皆操縦者の意識で船体運動をコントロールしており、船内computerがその意識に対応する様なシステムになっていて(船が操縦者と一体になっている)、船体computerを我々のアストラルcomputerが牛耳っても、指令を出す者がいないのでどうにもコントロールが効かない訳です。つまり、人間が円盤の操縦を覚えるまで軍団側から操縦者を配置しなければならないという大問題があります(我々は意識体になり、体という形状を持っていない)。

 6番目の問題は、移住する若者で頭が割れている者(覚醒者=解脱者)が殆どいないという現行の地球人の機根(きこん∶文化度)の問題です。その根本原因は、地球がオリオンの人間牧場だった為にこれぽっちの宇宙情報も入って来なかった事にあり、「宇宙に地球外生命体がいるのか?」などと真剣に議論される位の馬鹿丸出し状態だった訳です。船に乗って地球磁場圏を振り切る度に気絶する様な阿呆(他惑星)を宇宙に出して良いものかという問題です。つまり航海中はずっと寝ているのだから、そんな連中を送り出したところで成長が見込めないという頭が痛くなる様な問題です。かといって、年寄りを移住させたところで、労働は出来ず、子供は産めず、次の世代が育つ前に寿命が来てしまいます。しかし今回、セジス・グレイの基地が僅か半日の距離にある事実が分かって、テリ基地までならば女性も赤ちゃんもパーの息子も運べる様になりました。問題は食料ですが、セジス・グレイの宇宙食は10年間対応らしく、一番新しいものでも6年目と聞いて(6年前に猿から離脱した)、我々も目を光らせております。ちなみにダダジ・グレイの宇宙食は全て期限切れです。

 「ズイマ電荷対策」と「超電磁場対策」と「X線防御対策」と「アンモニア問題」にはある程度の決着は付いており、無害とは言えませんが何とかクリアー出来た様に思えます。別に注射を打たなくても血液が凝固してしまう医学的な問題は起こらないでしょう。問題は宇宙船を操縦してくれるキャプテンですが、特殊なケイエ魂体生命で軍団意識の人工生命を我々が創り出せるかどうか、今はこの問題が一番の課題になっており、その開発が果たして「地球の終焉」までに間に合うのかどうかという事でしょうか。既にアストラル円盤の方の用意は出来上がっており、日本上空には8機のアストラル大型円盤(直径4.5km∶一機7万人収容)が停泊しています。銀河覚醒者以上の優れたケイエ魂生命の死後回収が目的の船です。つまり、あの世行きの天国船がアストラル円盤、この世を継続する未来船が物質円盤、そして来世行きなのが残りの転生者達です。地球寿命が尽きたら地球霊界そのものを畳む訳ですから、分かれ道は致し方も無い話、生きる事自体は地獄ですが、未来に夢を抱ければ地獄は天国へと変わります。

 

<ケイエ魂選定>
 旧世界の神々も、また人類の責任者である担当創造主も、龍神もいない、つまり人間の誕生や死後のお世話を焼いてくれる者が誰もいないという世紀末的な末期症状が現在の大宇宙人類の現況です。本来はビッグ・バン再生時期を迎えて、大宇宙自体を畳む作業中にポリープ創造主達の侵攻があって、大宇宙を畳む作業が中断されてしまった訳です。逆説的に言えば、本来は大宇宙人類の全員が霊界も含めて気の粒に戻される召還状態だったのに、幸か不幸か分かりませんが、皆様も含めてまだ生きられる事になってしまいました。無論、人類が生きられる期間は、小宇宙渦流が崩壊する後50億年という期限付きの期間です。当時、人間王国軍はポリープ世界の遥か上方のマクロ宇宙で戦っていた軍隊だったのですが、我々が気付いた時には二つの大宇宙が破壊されて、唯一残された我々の大宇宙(メシアA球)も敵に占領された状態でした。それは約8年前の出来事、2011年の2月に他のメシア球が破壊されて、その翌月にはメシアA球に反重力装置を仕掛けられて「大地震(東日本大震災)」を引き起こされました。龍神島民族を狙ったポリープ軍の攻撃でした。

 現在は人間王国軍が巻き返してポリープ軍を撃破し、目下は遥か上の創造主軍と戦っている際中ですが、そんな状況下故に人間世界の面倒をちゃんと見てやる事が出来なかった訳です。人間王国軍も大宇宙担当のウケエ=イアアーを三人失い、また幹部創造主である175名のケエ・エオイ・イアアー達も失いました。我々も一時は全滅寸前まで追い込まれていました。もとより戦士を育てる学校が惑星界の人間養育機関なのですが、ふぬけたプレアデスの神々が人間を駄目にしていました。彼等は外宇宙の差し迫った事情など知ろうともせず、如何に有意義に平和的に人生を送るか、それしか考えない連中だったのです。生きる事とは戦いに他ならなく、あなたが生きる分、植物や動物が日々犠牲になっている事を忘れてはなりませんね。米は稲の受精卵であり、パンは小麦の受精卵なのです。皆様の命とは他の生物の犠牲の上に成り立っており、そんな尊くて罪深い人間の命なのに、個人的な満足の為に生きるとは言語道断、人間が大きく成長して大宇宙の生命を守ってくれるから彼等は人間に命を差し出して犠牲になってくれているのです。

 平和で楽しい有意義な人生、それを求めた貴族的な生き方(欲望の満足追求)に如何程の意味があるのか、ビッグ・バン再生はそうした腐り切った神界や人間界をリセットする絶好の機会だったのですが、残念ながら滅んで欲しい人間の輩も大量に残ってしまいました。家族の為に、社会の為に、国家の為に、人類の為に、「自分を殺して働きなさい、生きている限りパースピレーション(永久の修行僧)」、それが人間界でも神界でも当たり前の話であって、そもそも生きる事の価値と意味は自分自身では回答が得られず、周囲の取り巻きが与えてくれるものなのです。空気が吸えるのも当たり前、食べられるのも当たり前、生きている事も当たり前なのでしょうか。誰かがトイレを磨いているからトイレはいつも綺麗なのです。家庭を支えている裏方の苦労(両親)、社会を支えている裏方の苦労(公務員)、人類を支えている裏方の苦労(神々)、大宇宙を支えている裏方の苦労(創造主)、どこに行っても楽チンな仕事などこの世には一つもありませんね。それを悟って欲しいのであって、仕事をしなければ自身の存在意味が無いのです。生命の価値とは「事物に作用を及ぼして得られる反作用」なのですから。

 さて、戦いとは何も戦争だけの意味ではありません。農家の戦場は畑、漁師の戦場は海、医者の戦場は病院です。我々の戦場は外宇宙ですが、いずれも生きる為に戦っており、戦わない者は人間としても要らないし、神様としても要らないし、創造主としても要りません。今回、約50万人の銀河界以上の解脱者が龍神島民族にいました。その方達の魂体をケイエ化(成仏化)して、霊界の位相内意識を天体位相帯に転写し、神様の存在になってもらう事となりました。ケイエ魂選定に選ばれたという事は、いわゆる神々登用試験に合格した事になります。地球霊界は卑弥呼で解体される為に、皆様の意識と記憶は惑星位相としては居場所が無くなり、銀河位相に移される事になります。昔風に表現すれば、銀河指導霊界の明王神に格上げされた事になりますが、ケイエ魂体を与えられている為に、一段上の「あの世の人間(霊魂体宇宙人)」という形式でしょうか。普通の神様には魂体は与えられませんが、一体何の為にケイエ魂体を持たせたのかと言えば、明晰な自己意識を持ってもらう為であり、あの世で勉強してもらう為です。神業のノウハウばかりでは無く、境涯選定試験を受けて、より高い位置に同会してもらうのが目的です。銀河神とは人間世界で言えば一般社会人の事、普通はそこは誰でも同会出来るポピュラーな場だからです。

 明王界の上には菩薩界があり、その上には如来界があって、更にその上には創造主界の無限階段が待っています。創造主の段階もピンからキリまであって、一番低いのが人類の面倒を見る大宇宙担当創造主なのです。龍神島には既に26名の創造主格の生命がいて、彼等が皆様の指導に当たる予定です。ケイエ魂選定者は地球が終わるギリギリまで地上に残ってもらい、惑星の終わりをその目で確かめてもらう事になります。そして死後にアストラル宇宙船に引き上げられて、他の人達と面会する事になるでしょう。宇宙船の行き先はベテルギウス本星、そこには約300万棟の住居連が海沿いに広がっています。ベテルギウスの質素な家ですから、豪勢なプレアデス邸宅とは異なりますが、全て夫妻用なので、独り身の者はいずれ一緒に住むパートナーを決めて頂く事になります。暫くの期間は勉強と実践研修と銀河視察をして貰って、それから配分された個々の仕事に従事してもらう事になるでしょう。当然、出向先は天の川銀河系内とは限らず、19銀河団のどこかの銀河系に夫妻で赴任する事になるでしょう。一般的に霊魂体宇宙人の世界は天国(極楽)と呼ばれていますが、それは地上の人間世界から見た話、どこに行ってもそれなりの苦渋の戦いが待っています。

 皆様が各銀河系に赴任する頃には人類が住む惑星には軍団の機械神が配属されていると思われます。霊界位相を整備したり、輪廻作業や、誕生管理や、死後管理をするのは機械神が行いますが、皆様は機械神を指揮しながら惑星霊界の指導に当たるのが仕事です。生命霊界も機械化が進んでその分楽にはなると思いますが(人間神とは異なり不満は言わない)、問題ばかり引き起こす人類の面倒を見るのは大変、最終決断を下すのが責任者の立場です。「エー、死んでも仕事するのかよー」という方は神界には要りませんね。地球はもう無くなってしまいます。甘えた惑星人根性は地球に捨てて、一人前の自立した大人の神様になりましょう。ところで、皆様が天体神になれば、自分の家族の行く末が気になる筈、86億光年も離れた卑弥呼に行けば家族とは会えるかも知れませんが、容姿も容貌も地球人の頃とは違います。もし、この天の川銀河系のブメデジ基地かテリ基地のいずれかに家族の誰かがいると分かれば、彼等を応援したくなるのも当然だと思われます。別に家族で無くても同じ同胞の地球人がいてくれるだけでも心の励みにはなるものです。だから何とか脱出させてやりたいと我々も願っている次第です。