時事情報(6/20)

〈現在の癌化病原体〉
 下記に示したのは今現在、地球人を死に追いやっている癌化した病原体の一覧です。「コロナウイルス(COVID-19)」として扱われて爆発的なパンデミックを引き起こしている癌化ウイルスは主に三種類、その内の二つはインフルエンザVのH4N1G2VとH2N2G2Vですが、もう一つはクラゲのフラビウイルスです。なぜ、三種類のウイルスがコロナウイルスに一本化されているのか我々には理解出来ませんが、多分癌化したウイルスが皆一様な免疫反応を呈するのか、現在のPCR検査器では正しい陽性判断がおぼつかなく、またウイルス種そのものの区別が全く出来ていない事には驚かざるを得ません。もし仮に我々の主張の方が正しいとすれば、人類の今のコロナ対応策(伝染病扱い)それ自体が馬鹿げている事になります。またコロナ患者(死亡者)の多くが別な病原体に感染して死んでいる事実も知って頂きたいものです。先ずは世界で流行している癌化した病原体の主な種類を確認して頂きたいと思います(詳しい資料は3月初旬のブログ「末期に出現する病原体」を参照)。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ※ 昆虫ウイルス(癌化インフルエンザ)
 ● H4N1G2V(テントウ虫: 発信器2個)・・・爆発的に感染中(T細胞変異: 肺炎)
 ● H2N2G2V(海アメンボ: 発信器2個)・・・爆発的に感染中(T細胞変異: 脊髄破壊: 呼吸不全: 心不全)
 ● H1N1G2V(ハエ: 発信器2個)・・・まだ発生していない(赤血球破壊: 呼吸不全)
 ● H1N4G2V(バッタ: 発信器2個)・・・まだ発生していない(認知症、アルツハイマー)
 
 
  ※ 生物の癌化ウイルス
 ● クラゲ・ウイルス(フラビV: 発信器6個)・・・爆発的に感染中(脳コリン電線脱落)
 ● 陸性キセル貝・ウイルス(フラビV: 発信器1個)・・・極僅かに発生(運動神経障害: ギランバレー)
 ● イタチ科(オコジョ)・ウイルス(コロナV: 外毒素: 発信器2個)・・・小規模発生(肺炎)
 
 
  ※ 癌化細菌
 ● 海洋性細菌(ビブリオ科: 発信器6個)・・・小規模発生(食中毒)
 ● 海洋性細菌(デスルフロモナス科: 発信器2個)・・・大規模発生(腎臓病)
 ● 海洋性細菌(アルテロモナス科: 外毒素: 発信器6個)・・・小規模発生(発狂認知)
 ○ 陸性細菌(レジオネラ科: 発信器6個)・・・大発生(肺炎)
 ○ 陸性細菌(ヒドロゲノフィリス属: 発信器2個)・・・小規模発生(川崎熱)
 ○ 陸性細菌(ヒュードモナス属: 発信器6個)・・・大発生(主に関節炎他)
 
 
  ※ 危険な動物ウイロイド
 ○ 海洋性動物ウイロイド(ゴカイ: 非癌化: 発信器は無し)・・・中規模発生(血球破壊: 血栓症: 肺栓症)
 
 ● 印は国土シルエに防御データを入力済
 ○ 印は家庭用シルエ及び呼吸ブースに入力済(国土シルエには入力されていない)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 ヨーロッパ諸国やアメリカやブラジルなどの感染死亡者が特に多い理由は、勿論これらの国々がインフルエンザ・ウイルスを運ぶ南北の偏西風の通り道である事に関係しますが、死者数に関しては昨年赤道付近の各地で発生した「ゴカイの大量死」によるウイロイド・ガスの上陸こそが当然一番の原因だったと考えられます。pm2.5粒子の1/1000サイズという極小のウイロイド・ガスが海流に乗って沿岸部に上陸した事は承知の通り、医療団の追跡調査ではゴカイの大量死が確認された赤道付近の大陸棚とは、アフリカ大陸の東海岸(ソマリア・ケニア・タンザニア)と西海岸(ギニア湾諸国)と、南アメリカ大陸の西海岸(コロンビア・エクアドル・ペルー)という三箇所、日本国もそうですが、海流の関係から沿岸部の諸国の被害が大きかったと思われます。下記は世界の海流図ですが、ゴカイのみならず、クラゲの大量死(主に米国カリフォルニア沿岸)によるフラビウイルスの被害も海流と深く関係しており、いずれも海流が洗う沿岸部の諸都市の被害が軒並み高くなっている様です。
 
 
(世界の海流図)
 
 
 南アメリカ大陸の西沿岸部で発生したウイロイドが太平洋の赤道直流に乗って、黒潮経由で日本国の東沿岸部を洗った事は皆様も承知の通り、また、アフリカ大陸のギニア湾で発生したウイロイドが大西洋の赤道直流に乗って、ブラジルやカリブ海諸国や北アメリカ沿岸部を洗い、更にヨーロッパの西岸部の諸国や地中海諸国に流れ込みました。また、アフリカ大陸の東海岸で発生したウイロイドは北赤道流に乗って、中東やインドや東アジア諸国を席巻しました。いずれも中規模のゴカイの大量死ですが、海流に席巻された沿岸部の諸都市の死亡率が極端に高い数値を示しています。また、海アメンボ(H2ウイルス)やクラゲ(フラビウイルス)の大量死はいずれもラジカル濃度の高いカリフォルニア沿岸部で生じており、これらがカリフォルニア湾流や北太平洋直流に乗って、ウイルスの初期上陸が始まっています。また、H4ウイルスに関してはロシアの中央部(モンゴルの北)で発生しており、これらのテントウ虫ウイルスは北風の強風に乗じて風で運ばれてきたものです。
 
 ウイロイド・ガスに関しては運悪くガスを吸引してしまった時点で「アウト(毒ガスと一緒)」であり、もはや処置無しの状態ですが、ウイルスや細菌に関しては体の抵抗力次第では急場を凌げる場合もあります。しかし、これらの病原体が大変な強敵である理由は相手の大半が「癌化した病原体」である事です。そう簡単には死んでくれないし、また大変しぶとい生命力を保有しているばかりか、反電荷生命である理由から、体の免疫系がまともに作用出来ない大変異質な相手だという事です。それともう一つ、最悪なのは相手が力学発信器という優秀な武器を携えている事であり、自身の免疫系を操作されてしまって、たとえ病原体を片付けてもその後は自己免疫疾患で病状が進んでしまうという恐ろしい超能力を持つ事です。考えてみれば、地球の医学は未だに癌細胞と戦えておらず、基本的には物理的に切除するか、放射線や重粒子線でピンポイントで破壊するか、強烈な抗癌剤(ラジカル剤: 発癌剤でもある)で一か八かで叩くしか手がありません。
 
 同じ黄色ブドウ球菌でも、癌化した種類はMRSAやVRSAと呼ばれて「抗生物質耐性」を示すし、また、同じアシネトバクターでも癌化した種類はMDRAと呼ばれて「多剤耐性」を示すし、その理屈は癌化した結核菌(XDR-TB)でも緑膿菌(MDRP)でも肺炎球菌(PRSP)でも淋菌(PPNG)でも一緒、当然ウイルスだって癌化種と普通種が存在する訳です。「癌とは何ぞや」、その物理的な意味が分からねば、普通種の細菌やウイルスが薬剤耐性を学習したと勘違いしてしまいます。宇宙の真実は常にシンプルであって、細胞にもウイルスにもその「癌化種(反電荷種)」が必ず存在するのです。相手が癌化種であれば、身体の免疫系が一切近づけないばかりか、化学処理を不能にしてしまう薬剤耐性を示すのは当然の話、そもそも地球の物理学も化学も電磁気学も狂っているから「反電荷」の意味が分からず、また当然医者にも分かる筈がありませんね。「電気とは何ぞや」「電流とは何ぞや」といった基礎の基礎からやり直さないと、ほぼ永久に癌化の意味が分からない事になります。
 
 そもそもH4ウイルスにしてもH2ウイルスにしても正真正銘の癌化ウイルス、免疫グロブリンもT細胞も好中球もマクロファージも誰も近づけないのです。実際、免疫抗体なども一切作られずにウイルスが野放しの状態となってしまうのですが、唯一癌化ウイルスと戦える免疫細胞が「NK細胞」だけです。抗体は形成されないけれども、ウイルスに打ち勝った多くの人の血液を覗いてみると、NK細胞の生産量を倍増させている方が生き残っており、体力的にやはり若者が多い様です。NK細胞は主に静脈の中で形成されますが、血管ヒールがNK細胞用のズザネ管やタボ線の本数を増設しなければ自動的に増える事は有り得ません。「では、一体どうやればヒールを操作してNK細胞を増殖させる事が出来るのでしょうか」。ヒール遺伝子の存在すらも知らない地球医学にそんな芸当が出来る筈もありませんが、その患者の「免疫総合力」がものを申している事は確かでしょうか。PCR検査や抗体検査をいくらしたところで、癌化ウイルスに有効な抗体など作られておらず、無意味な検査は国費の無駄遣い、西洋アンポンタン医学に洗脳されるのもいい加減にして欲しいものです。
 
 日本人の場合は諸外国と比較すれば、国土シルエによって守られており、他国とは事情が大きく異なりますが、仮に日本国を出国して外国に出向けば庇護領域から外れる事になり、体はもろに病原体に侵入されてしまう事になります。国土シルエには上記の一覧表の「● 印」の病原体の防御データが入力されており、また家庭用シルエ並びに呼吸用ブースには全ての防御データが入力されています。軍団の呼吸ブースを装着していない方が旅行や出張で海外へ出向くのは自殺行為、必ず何かの病原体を拾ってくる結果となります。しかし、国内に居ても絶対安全とは言い切れず、病院に入院すればレジオネラ菌や各種の耐性菌に感染する恐れがあるし、また家庭に閉じ込もっていても、日本国が再びウイロイド・ガスに席巻されてしまえば、一回呼吸しただけでも一巻の終わりです。早い話が呼吸ブースをしていないと命の保証が出来ない危険な世界状況であると言えます。
 
 そんな大切な呼吸ブースですが、決して「ただの物」ではなく、それを手に入れる為には条件をクリアーしなければなりません。お金こそ掛かりませんが、第二解脱(銀河系即身同会)を果たした者でなければ宇宙時代を生き残る資格が無いと判断されて、ブースの設置が出来ない約束なのです。現在、呼吸ブースの生産量は約160万台、既に設置した方は今現在で1000名弱といった状況です。皆様には是非、当組織のブログを読んで頂いて、銀河一般レベルの基礎教養を身に付け、頭を割って頂きたい(解脱して欲しい)と思います。繰り返しになりますが、上記の病原体種はバリバリの現役であって、コロナウイルス・パンデミックを引き起こしている主役の病原体です。「一つのウイルスの病状が多岐に渡る事実」を鑑みれば、「コロナ定説がおかしい」と思わなければならず、もしあなたが骨のある研究者ならば、昨今の医学定説に対して異議を申し立てて、西洋医学に反旗を翻(ひるがえ)す勇気を持って欲しいと思います。