〈銀河サラ位相帯〉

 一般に、神様と呼ばれる存在は基本的に人間の意識、特に天体磁場圏に入力された人間の意識は「成仏神(仏様)」と呼ばれて、地上の人々の信仰対象となってきました。如来神(小宇宙系)も、菩薩神(銀河団系)も、明王神(銀河系)も、天使神(太陽系)も、天神(惑星系)も、元を正せば皆人間生命であって、惑星内の個人位相から天体場(渦磁場)に転写された「コピー意識」です。惑星内部の生命位相(個人位相)は電子由来の電子磁気(バイオン)で満たされており、その電子バイオンに冥伏(みょうぶく)した意識(記憶)が生物意識の源です。一方、天体場(渦磁場)は電子骨格ではなく、サイ粒子(気の粒)が生産するサイ粒子磁気(サイ粒子バイオン)で構成されており、それは電子バイオンとは異なる磁気粒子が故に、特殊な転写技術が必要となります。ある人間がその生涯の中で「初期解脱(太陽界の悟り)」を果たすと、創造主系の神々が死後にその人の意識(電子バイオン)を太陽磁場圏のサイ粒子バイオンに転写投影させて「太陽神(天使)」を作り出します。小さな電子バイオン意識が巨大な太陽磁場圏に転写されたことから、その生命は以後、太陽天使神の一人として使命に生きることになります。

 一方、一人の太陽天使を輩出したコピー原本の地球位相は、初期化されて360年周期の輪廻行程の途に就きますが、再び人間として誕生してきた赤ちゃんの額には「太陽界解脱の印」が刻まれており、この生命が過去世において太陽界解脱を果たした生命であることが一目で分かる様になっています。また、この生命が次に「銀河界解脱」を果たすと、死後には銀河磁場圏に転写されて一人の「銀河明王神」を輩出したことになり、次の出生の際にはその赤ちゃんの額には「銀河界解脱の印」が刻まれていることになります。こうして神々を何度も輩出させた優秀な生命は、自身が送り出した天体神に守護されており、誕生して間もないのに、その生命の背後には偉い神々が一杯付いていることになります。コピー神達は自己を産み出してくれた地上の原本生命を守護する役割があるのです。人間が言葉や文字を習得して文明を発達させてくると、優秀な生命が一杯出現することになり、天体の成仏神達がその分大量に増えてくることになります。特に我々の「天の川銀河系」や「乙女座銀河団」は創造主が最初に取り組んだ人間生産の天体場、異例とも思える大量の生命霊界(800箇所)を築いて人類を丹念に育て上げたことから、最終的には過剰な神々が誕生してしまいました。

 ちなみに「乙女座菩薩界」の総人口は数兆の規模に達し、また「天の川明王界」の総人口は数百兆の規模に至ったことから、神々意識を収納する余白が無い過飽和状態を呈していました。最終的には銀河磁場圏のポケット空間に目と口だけを出した状態でギュウギュウ詰めに強制保管している状況でした。お偉方の古い成仏神が磁場を支配し権力を握っていて、新しく誕生してくる神々を奴隷部屋に閉じ込めるという作業を行なっていました。そんな過密な磁場圏でしたが、六員結晶宇宙の外側からポリープ創造主達が襲ってきて、神々意識を吸引してしまった(食べられた)ことから、今度は反対に天体場に存在した無数の神意識が突然ゼロ状態となってしまいました。彼ら(ポリープ創造主)の食べ物とは「サイ粒子バイオン」なのです。天体場の成仏神とはサイ粒子バイオンに入力された意識記憶であることから一瞬で消滅してしまいましたが、成仏神以外の不成仏の神々(スゲ、ケゴ、チオ)は人間と一緒の電子バイオン意識(位相内意識)である理由から全滅は免れました。不成仏神とはいわゆる神界の奴隷神のことであり、人間よりも劣る劣化神の政権下に移行したことから、人間世界も甚だしい劣化を余儀なくされている状況です。

 我々は「ケイエ=スイ」が率いる大宇宙外の創造主軍団ですが、仕事もしない劣化神達は召喚して、現在は新しい機械神体制に切り替えている段階です。また、王国伝統の成仏神主導の神々体制も撤廃して、新しく「銀河サラ位相帯生命」による管理体制を敷くことになりました。現在、銀河サラ位相帯は「乙女座銀河団」のいくつかの銀河系にしか存在しませんが、この実験的な試みが成功する様であれば、人類が住む他銀河団の銀河系にも施工していく予定です。ところで、銀河サラ位相帯とは一体何のことなのでしょうか。また、銀河サラ位相帯生命とは一体どんな生命体なのでしょうか。大変難しい話になりますが、既に我々の銀河系には100万帯のサラ位相帯が形成されており、生死を問わず66名の選ばれた者達がこの銀河位相を獲得していることになります。この宇宙では一番優秀な磁気は「電子磁気」であり、その電子磁気の凝集体を「電子バイオン」と称していますが、半径80万光年にも及ぶ銀河系磁場圏サイズの電子位相を作ることは物理的に不可能です(電子数には限りがある)。そこで、外宇宙のマクロ世界に存在する巨大電子(一個の大きさが野球ボール・サイズ)を使用して、銀河を取り巻く生命位相を作ろうと思い立ちました。大きくても小さくても電子であることに変わりは無いからです。それが銀河サラ位相帯なのです。

 惑星霊界に存在する単独位相と同じものを銀河霊界に作り出そうという壮大な試みですが、その目的は無論、自然界のサイ粒子バイオンでは敵に食べられてしまうからであり、敵に食べられない一番優秀な電子バイオンの巨大位相を作るという意図から始まりました。惑星位相と銀河サラ位相帯の違いは「ズザネ管」や「タボ線」が無いということであり、人間の肉体とは直結しない位相帯なのが特徴ですが、それは主にケイエ魂体とそのオーブ核に作用を及ぼすもので、早い話が「霊魂体宇宙人」専用位相です。これまでの霊魂体宇宙人の意識と異なる点は、サラ位相帯そのものが電子位相である理由から個人アカシック履歴を注入できるという特徴であり、明晰な神(個人)意識を涌現できるところに大きな違いがあります。もちろん、魂体を有した生命であることから心回路を使用できるので、学習や経験によって個人の成長が望めるところが従来の天体神とは大きく異なるところです。地球が終われば地球霊界は解体されて消滅してしまいます。皆様の過去世の履歴も、また原本の意識記憶も消滅してしまうことから、優秀な生命に関しては他星の霊界へ移動させるのではなく、銀河霊界に直接刻み込もうという訳であり、魂体があれば「霊魂体宇宙人」としてアストラル円盤に乗って活躍できるし、たとえ魂体を失っても銀河明王神として活動できることから、今後はこの様な体制でやっていこうと考えています。

 大宇宙の担当創造主が日本人に切り替わったために、また、現在ケイエ=スイ自体が日本人に意識を注入していることから、王国の創造主世界の共通言語が日本語に切り替わり、機械神軍団やcomputerまでもが日本語を話している状況です。従って、神々の共通言語も日本語でなければならず、今後は新しい神々は全て日本人から選出される予定です。日本語を絶やさないためにも日本人には生きてもらわなければならず、そこからバエルヤ移住計画が始まった次第です。移住先の星で日本人の子孫が生きておれば、少なくとも日本語は継承されていくはずであり、彼らの子供達がいずれは銀河サラ位相帯生命となり、宇宙中を闊歩することになると思うからです。仮にもし、どこぞの企業が反重力装置を開発して、創造主の「銀河広域指定民族」の肩書きを獲得できれば、バエルヤ用の350万人の若者達ばかりではなく、他の基地にも大量の日本人を移住させることが可能となります。それが実現できるかどうかは定かではありませんが、既に宇宙船は準備されていることから、後は国家次第、国民次第の問題です。反対したり妨害したりする連中は移動したくないのだから、地球に残ってもらえばそれでよい訳です。

 さて、現在66名の者が銀河サラ位相帯に意識を注入されており、その内26名の方が肉体を失っており、目下は霊魂体宇宙人としてDDO−208星雲のベテルギウス本星で勉強中の身の上です。魂体がある期間は人間と一緒であり、アストラル街の自分の家で寝起きして学校に通っているといった状況です。この26名の中には太陽天使界の修学生だった元俳優の「三浦春馬さん」と、元女優だった「竹内結子さん」がいらっしゃいます。二人とも元気に暮らしており、三浦さんは最近円盤も運転できる様になりました。残りの40名の方はまだ生身の体を有しているために人間を続けていますが、その全員が我々の仲間の者です。日本人以外の外国人であっても優秀な方は一杯います。彼らの死後は位相を移動させて、次の生命として日本人女性の子供として誕生させれば、彼らが日本語を覚えることになります。どの道、肉体の生死など超えた生命構造故に、死んでも死んだことにはならない世界であって、死に脅える必要は全くありませんね。もし、霊魂体宇宙人(神様)が罪を犯せば、その刑罰として再び人間世界に戻される場合もあります。霊魂体宇宙人の世界はどうやら楽チンな天国世界らしく、彼らに人間に戻すぞと脅すと顔が真っ青になるらしいのです。

 銀河サラ位相帯生命は当初は約100万人の候補生がいて、軍団がその一人一人を吟味した結果、その大半が不合格となり、目下はたった66名しか残っていない状況です。そもそも銀河サラ位相帯生命とは死後も勉学に励んで創造主に昇格するための訓練機関、銀河系同会を果たしたといっても、それは銀河人ならば当たり前の話、霊格だけを上げても地上の人格が伴わない方が圧倒的であり、「修行が足りん」と言わざるを得ない状況でしょうか。落とされた方は自己修行のやり直しであって、創造主世界に認めてもらえる様に頑張って頂きたいと思います。多少人格が劣っていても、移住者に関しては選定条件は無く、健康な肉体の持ち主ならば誰でも移住が可能です。他星に移住してから頑張るでも、こちらとしてはそれでも構わない訳です。地球が存続している期間中に銀河サラ位相帯を満タンにしようとは思っていませんが、特に龍神合体をした方は専用神が付いていることから、これからの人格向上に期待せざるを得ません。

 

〈単独位相生命体〉

 人間の位相は基本的に霊長類専用の「共有位相」であり、一つの位相帯が8等分された1/8チップ位相が割り当てられています。それが雌の位相体であれば、人間の女性もしくは猿の雌が同時に使用しており、南半球に4人、北半球に4人という様な区分が設けられています。無論、位相は眷属性(緯度分割)にも関係しており、龍属の生命が北半球に1人と南半球に1人、麒麟属の生命が北半球に1人と南半球に1人、鳳凰属の生命が北半球に1人と南半球に1人、玄武属の生命が北半球に1人と南半球に1人という配置になっています。人間が4人で猿が4匹という場合もありますが、現在は人間が6人で猿が2匹という比率が一般的な様です。人間と猿が一緒の共有位相であることから人間と猿には互換性があって、猿が人間の肉体に入る場合(ダウン症)もあれば、逆に人間が猿に入る場合もあります。しかし、霊長類以外の動物位相とは互換性が無いことから、人間が犬に生まれ変わるとか、あるいは犬が人間に生まれる変わるといった心配は要りません。無論、動物の場合は犬なのに前世が猫であったり、馬であったり、カモメであったり、マグロであったりするために、前世の動物如何で個性が大きく変わります。ちなみに我が家で飼っていた猫の前世は柴犬だったのですが、子猫の頃に尻尾が柴犬の様にクリンと丸まっていたので驚きました。

 また、位相体は雄用と雌用に交互に存在しており、出産時に祖先の神様の誘導作業が無い場合は、女の子に雄の位相が入力されたり、逆に男の子なのに雌の位相が入力されたりする場合があって、性同一性障害が発生しやすくなります。皆様も承知の通り、十数年前から神界に激震が発生して(ポリープ創造主達の攻撃)、現在は太陽守護霊界も無ければ、祖先の神々である地球神(スゲ、ケゴ、チオ)も殆どいない理由から、誕生の管理をしてくれる神々の協力が得られないまま自然分娩を余儀なくされている状況です。今現在の確率を言わせてもらえば、「ダウン症」の子供の出生確率は約4%、アカシック回数が劣る「自閉症児」の出生確率が約35%、雄と雌の区分けができていない「性同一性障害児」の出生確率は約50%という世界的な値です。人間の子供が備わる確率は高いものの、何の障害も無いまともな子供が備わる確率は実に半分以下、丁(偶数)か半(奇数)かの博打に近い状況と言えます。神々の配置が用意される準備段階の今は、できれば子供は作って欲しくないというのが我々の願いでしょうか。

 人間期間とは早い話が「共有位相」の「動物期間」の意味であって、基本的に地上の人間は皆「人以前」の動物期間の生命という意味です。つまり人間とは人(human)になる以前の訓練生の段階という意味であって、生身の体を備えた状態で「人(human)」であると認定された生命は、地球の場合はたった16名しか存在していません。その生命が動物期間を完全に卒業しましたという卒業証書は、個人位相が「1/8チップ共有位相」から「単独位相」に切り替えられることであり、ちなみにプレアデス連合の総帥民族であるアルデバランには約1000万人の単独位相者が存在しましたが、地球の数とは比較になりませんね。現在の地球には釈迦などの16名の単独位相者の他に、38名の単独位相者が増えており、その全員が我々の門下の生命です。もちろん、彼らは地球では単独位相ですが、同時に銀河系のサラ位相帯に入力されている生命でもあって、霊格も人格も釣り合いが取れているバランスの取れた生命と言えます。アルデバランでは今から2700万年前に猿をヒト化させて人間を作りましたが、地球の場合はわずか550万年前からヒト化作業が始まりました。人間の能力には大差が無いことから、単独位相者の数の違いはアカシック歴(人間歴)の違いだろうと思われます。

 世の中には自惚れた輩が一杯いて偉そうに大口を叩いていますが、創造主世界から見れば人間以前のただの猿、そもそも「能ある鷹は爪を隠す」の故事の如く、本当に賢い人間は表舞台には立たないし、我を主張しないものです。単独位相や銀河サラ位相帯も獲得できていない無能な人間の指導なんぞ受けたくないというのが正直なところでしょうか。その様な意味で、政治家も専門家も民衆に対してやり過ぎてはいけませんね。似非コロナに振り回されている日本国、とにかくテレビ報道など真に受けたらいけませんね。科学者や医者の言葉は「嘘」だと思うこと、テレビに登場する様な専門家は全員が詐欺師だと思ってもちょうどよいくらいなのです。一日三食という過剰な栄養を取らすのも罪、130以上は高血圧だというのも血圧剤を飲ますための嘘、中性脂肪値やコレステロールは血栓発生とは無関係、とにかくデタラメ過ぎる医学界、コロナのこともワクチンのことも全く見当違い、付き合ってはおられませんね。お馬鹿な世界ですからお馬鹿がいるのは当たり前の話、でもお馬鹿を返上してまともな人間になってくれることを願っている我々もお馬鹿なのかもしれませんね。ブヒン!!

 

Comments are closed

マーク

アーカイブ
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Count per Day
  • 239528総閲覧数:
  • 307今日の閲覧数:
  • 755昨日の閲覧数:
  • 146414総訪問者数:
  • 132今日の訪問者数:
  • 250昨日の訪問者数:
  • 6058月別訪問者数:
  • 6現在オンライン中の人数:
  • 2017年8月17日カウント開始日:

Please follow & like us