先端技術研究機構の浅弘です。私が宇宙生命論に出会ってから十年余りが経ちました。初めて宇宙生命論に出会ったのは2010年1月のことになります。「宇宙はどうなっている?」「人間は死んだらどうなる?」「人間はなぜ生まれてくる?」と言ったことの答えを求めていた私には衝撃的なその内容に圧倒されてしまう出会いでした。それらの疑問に対して論理的な解説に理解は付いて行けなかったものの、直感的に「これは真実だ」と思ったことを今もはっきりと覚えています。2日間の講演会だけで十分に理解できるはずもなく、そこから先は「どうしても学びたい」という思いが消えずしばらくしてからようやく門下生の末席に加えていただいたことが私の人生の転機となりました。当時は距離の問題もあってなかなか直接会って学ぶということは叶わず、メールで教授してもらうというスタイルが続きながら学んできたのですが、当初はなかなか理解が及ばずトンチンカンな質問も多かったなと思います。「どうやって勉強したら良いですか?」と最近は聞かれる側になっていますが、現在は手前味噌ですがRIATブログという素晴らしいコンテンツが出来上がっていますので、是非このブログを何度も何度も読み返していただきたいと思います。

 こうして門下生の末席に加えていただいた訳ですが、時間の経過と共に宇宙生命論の内容が少しづつ理解できるようになってきました。何事も一気にとはいかないんですね。時間をかけて少しづつ少しづつの学びでしたので、「門下生で一番成長が遅い」という自負もありました。成長は早いに越したことはないと思いますが、私の場合はマイペースの鈍亀だった訳です。特に私が苦手だったのは「イメージ」することでしたので、早い話がアンポンタン地球人を地でやっていたという話しなんですね。そんな鈍亀がなぜか講演会で講師を務めることになるとは晴天の霹靂、自分如きがそんな大役を?となかなか踏み出せずモタモタしてたところも鈍亀だったなと今は思えます。師匠夫妻の後押しに応えるべくスカイツリーから飛び降りるくらいの気持ちで講師を務めることになりました。

 そんな経緯で2019年4月から宇宙生命論の初級講演会を開始してきた訳ですが、当初は「自分が学べれば良い」と思っていた考え方は講演会を通じて「学んだ以上、伝える責任もある」と思えるようになってきました。これはある意味では「個」からの卒業だったのでしょうか、自分自身の変化はある意味の成長だったと思います。当初は内容も構成もイマイチだった講演会活動が転機を迎えたのは2020年の後半です。「知っていることを話す」というスタンスから「理解しやすく話す」という風に内容を大きく見直したこと、ここから講演会に参加された方々の反応が良い意味で随分変わってきたように思います。

 講演会の表向きの目的は宇宙生命論の啓蒙ですが、実の狙いは他にあって「覚醒解脱者」の輩出にあります。地球人を卒業して銀河系同会した「一人前の生命」を生み出すことが本当の狙いなのです。受講者がみんな銀河系同会できる訳ではありませんが、参加者からは毎回何名かの解脱者が誕生してきています。初級講演会を受講された方はアカシック・リーディングへの参加が可能となり、そこでその方の生命型や過去世などの生命査定を知ることができることとなります。その中には神界登録名称の有無という重要な内容も含まれており、もしその方が銀河系同会した方で神界登録名称をお持ちであれば「龍神合体」が可能となります。当ブログでも既に書かれていますが龍神合体は先着順で既に約700名が合体されています。

 龍神合体を終えた方には専属神が付くこととなりますのでとても心強い味方を得たことになります。合体完了された方には専属神とのコミュニケーションを交信で図られるようにお奨めしています。専属の神様が付いてるというだけでは勿体ないので、是非直接コンタクトとってコミュニケーションを図れるようになっていただきたいと思います。今、この瞬間にも多数の方が交信訓練に取り組んでおられていますので、これからは専属神と交信できる方の方が普通という状況になっていくことでしょう。専属神から様々なことを聞きながら学び成長していくことがこれから未来の姿になるのでしょうね。ここから先も成長の余地は多々残されています。その方にやる気さえあればどんどん成長していくことが可能となっていくでしょう。

 2019年以降、新たに宇宙生命論に関わった方々の中から多数の優秀な生命が現れて来ています。惑星寿命の残りが少ない地球ではもう間に合わないかもしれないと思いながら始めた初級講演会、そこから僅か2年ほどで銀河系を遥かに超える同会者が誕生してきた事実を見ていると、地球人がお馬鹿なのではなく真実を学ぶ機会が無かっただけなのかもしれないと感じています。宇宙生命論と縁してご自身の潜在能力を開花された人が多数居ると言って良いと思います。貴方にもまだチャンスはあります!

全てのスタートは初級講演会から始まります。
2022年は四国、松山からスタートになります。

 

〈宇宙生命論 初級基礎編 次回のお知らせ〉

 2022年1月29日・30日  愛媛県松山市内

 詳細は下記URLからご覧ください。

 https://riat-or.jp/?page_id=2083

Comments are closed

マーク
Kindle版もございます。 ソロンとカリン
ソロンとカリン 龍神物語

アーカイブ
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Count per Day
  • 494287総閲覧数:
  • 59今日の閲覧数:
  • 616昨日の閲覧数:
  • 243606総訪問者数:
  • 33今日の訪問者数:
  • 275昨日の訪問者数:
  • 33月別訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2017年8月17日カウント開始日: