〈輪廻と成長に見る学習方法〉

 惑星系に誕生した人間は、輪廻行程を経て、何度も肉体と接続されて、地上の個の生命として誕生してきています。日本人の平均アカシック総数(人間経験値)が7000回と、諸外国に比べて多い理由は既に以前の記事で解説された通りですが、それだけの経験値があるからこそ日本人は道徳心やマナーといった精神性の高さが身に付いているとも言えます。精神的には諸外国よりも大人の社会を形成できているのが日本国だったとも言えますが、残念ながら、生命霊界の事情から、今はアカシック総数の少ない生命(特に文明人回数)が日本国にも多数出生しており、少しずつその精神性も低下しているように見受けられます。欲望を理性でコントロールできない、感情を抑えることもできない、そんな生命が増えてきており、今から40年前までの日本社会とは随分変わってきたことは皆様も感じておられることだろうと思います。

 経験を積むことで学習して成長できるのが心回路(ヌクヒブイ動帯)を使う生命の特徴ですが、輪廻行程という生命霊界の仕組みとは、単に輪廻させるだけではなく、同時に縦の成長を誘引するものだとも言えます。左回転を行う渦磁場の骨格を見れば、正八面体形状そのものが回転運動を行っており、その中心部分には足側のS極から頭側のN極に向かって力束流や磁束流が流れています。つまり、四角点運動(回転運動)はその運動形態の内部に縦方向への潮流を抱えていると見ることができます。その骨格内部で創造され、輪廻(回転)を繰り返した生命は自ずと縦成長するようになっていると考えることができるとも言えます。

 このように、「何度も経験することで学習、成長させる」という仕組みは今世でも活かされており、私たち人間は毎日睡眠(仮の死)を迎えて、朝にはまた生き返るという仮輪廻を繰り返しています。肉体を持った一度の人生の中にも輪廻があって、成長を促されていると考えると、貴方が過ごす一日が無意味であってはならないものとも言えます。ただ一日を過ごすのではなく、少なくとも成長しようという向上心を持って、昨日よりも1ミリでも成長できる一日にするという意思が大切ではないかと思います。明日も明後日も、昨日と同じ様に見えても、貴方が成長を感じて生きていればその成果はいずれ『心の成長』として現れることでしょう。貴方の同会先や解脱先が上の磁場磁界へと推移していけば、それは即身成仏ですから、今世の出生の目的を一つ達成したと言えます。

 この何度も経験するという成長方法は宇宙生命論の学習においても活用できるものだと言えます。例えば、貴方が読まれている当RIAT BLOGは、2017年8月より記事投稿を継続しており、既に300を超える記事が掲載されています。当ブログの記事内容は、ケイエ=スイによって執筆されたものが大半を占めており、これらの記事は生命論の知識を得るだけなく、時事情報といった最新の情報も含まれており、創造主からの直接の情報を読める、稀有で重要な手段となっております。『どうやって勉強したら良いですか?』という質問をされることがあります。私たち先端技術研究機構では、講演会や書籍出版(ソロンとカリン 龍神物語)といった啓蒙活動なども行っておりますが、それらと併せてRIATブログを読むことを推奨、提案しております。こんな風にお話しすると、「読んでいます。」と答えが返ってくることもあるのですが、「一度見たことがある」という方が多く、繰り返して見ているという方は少ない様に感じています。

 初めてRIATブログを御覧になった方の中には、難しくて一つの記事を読みきれないということもあるようです。しかしながら、成長の為に学習するという意味においては、ブログを『何度も』読み込むことが必要です。一度流して読んだだけで理解できたとしたら、それは理解した気分になっているだけだと思われます。一つの記事を何度も何度も読み込むことによって、最初はさっぱり分からなかった内容が段々と理解できるようになります。そして、何度も読み返しながら『自分で考える』ことが分脳のN単位(ニューロン・ループ)を増やしていくことに繋がりますので、結果として脳体力が段々と付いてくることにもなります。脳体力が少ない方の場合、難しい文章を長時間読むという集中力が保てないことから、途中で眠くなったり、読むのを中断してしまいがちです。それでも頑張って、何度も読み返していくと、半分しか読めなかったものが最後まで読み切れるようになったり、文章の意味やその背景にある文意も段々と読み取れるようになるものです。N単位が増えて脳体力が付いてくると、何度も読み返すことが楽になりますので、そこから理解はどんどん深まることになります。身体の筋力増強と一緒で、最初はきつくて長時間できないことが楽に行えるようになっていきますから、人間の能力はすごいと感心してしまいます。

 当ブログの記事は、専門的な内容が詳しく解説されています。もう一つの学習の方法として、文章を読んで理解しながら図を描いてみることも提案したいと思います。肉体の目では見ることができないアストラル世界ですが、人間にはイメージするという能力が備わっています。文章を読んで図に描くことで、自身のイメージをしっかりとしたものにできます。イメージがしっかりとできてくれば貴方の宇宙観もきっとしっかりしてくるでしょう。そのイメージが意識同会の際に大きな助けになってくれるものと思います。理解が深まれば描く図も変化していくかもしれませんね。何度も読み返しながら描くことも学習になり、結果として成長に繋がるはずです。人間が輪廻転生を繰り返して成長を促されているように、学習もやはり繰り返しが理解を促し深めることを是非実感していただきたいと思います。ブログも講演会も、そして交信などの実践もコツは同じ、何度も挑むことをお勧めしたいと思います。今後の学習に活かしていただけると嬉しいです。

 

〈お知らせ〉

 来週前半より『宇宙会議』へ出張の為、ブログの記事更新はしばらくの間はお休みになります。次回の更新をお楽しみにお待ちください。

 

先端技術研究機構 事務局

                                                         

Comments are closed

マーク
Kindle版もございます。 ソロンとカリン
ソロンとカリン 龍神物語

アーカイブ
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Count per Day
  • 494283総閲覧数:
  • 55今日の閲覧数:
  • 616昨日の閲覧数:
  • 243602総訪問者数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 275昨日の訪問者数:
  • 29月別訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2017年8月17日カウント開始日: