時事情報(10/17)

  〈大脳と地球磁場の関連構造〉
 「四階十二層」の地球磁場圏とは、早い話が地表の生物の精神回路(心回路)の事であり、地球力場の力学的な心動帯(可動体)と地上の生物との接続点は大脳の中心点に存在する「オーブ核」であって、それは中脳水道の真ん中に位置し、物質的には大脳基底核と称されております(オーブ核の内部に基底核が存在する形式)。大脳基底核を中心に広がる大脳の12磁界構造と、オーブ核を中心とした地球磁場圏の12磁界構造とは基本的に同期呼応するもので、その様な意味では生物の大脳とは地球の磁場圏と送受信するところの「アンテナ」であると表現しても構わないものです。地球磁場圏は上六道界と呼ばれる「理性精神界域(地上高度35000km以上=磁力圏)」と、下六道界と呼ばれる「感情本能界域(高度35000km以下=重力圏)」に分かれており、それは大脳の辺縁系を境にした「白質、灰白質領域」と「中枢神経領域(辺縁海馬基底核領域)」と一緒のものです。
 
 解剖学的な所見を述べれば、大脳は基本的に右脳と左脳に分かれて存在しますが、中枢部の辺縁系も海馬も基底核も右脳側と左脳側に分かれて機能しており、またズザネ管から自律神経電流が入力する大脳基底核に関しては中脳水道(脳神経脊髄液)に浮いている状況で存在しています。大脳の基本形は外観上は球体を呈しており、外側(上六道部)と内部(下六道部)に分かれて存在し、間脳を起点として始まる脳幹も、あるいは首に近い位置の小脳も、いずれも外側(上六道)に関係する部位と言えます。その様な意味では大脳の中心点付近に存在する辺縁系以下の領域は独立した特別な領域であると言えます。そこに位相から伸びるズザネ管の開口部が存在し、また精神回路の接続点(オーブ核)である事を考えれば、さらに「生命バイオン」と「生命電流」の入力点である事も鑑みれば、生物にとってそこが最も重要な基点である事は分かって頂けると思います。
 
 
 
 
 地上の生物とは地球(磁場圏もコアも含めた地球渦流)の分身に他ならなく、生物の自律性とは基本的に地球自身の自律性(渦磁場)に由来しています。地球の分身意識を宿している場所が霊界の位相、また、地球の思考回路と同期させて心を操作する場所が大脳中枢部のオーブ核です。つまり生物は個々の意識もその心も地球なのであり、我々人間も地球の分身に過ぎなく、その関係性とはスギナとツクシの関係にあります。ツクシ(ツクシンボウ)がどんなに我を雄弁に語っても、ツクシ(人間)の本体はスギナ(地球)であって、そもそもツクシとスギナは地下の茎管で繋がっているのです。地球磁場圏の乱れは生物の大脳灰白質に影響を及ぼし、また地球コアの乱れは大脳の中枢部に影響を与えますが、そうした天体環境の乱れとは無関係に個人の位相や記憶帯が故障したり(ボケ症状)、また大脳アンテナに異常が発生すれば、精神異常や認知症や運動障害が現れてきます。
 
 創造主医療団(ハオリ医療団)はこれまで多くの人々(日本人限定)の治療に当たってきました。ウイルス感染病や細菌感染病や癌病や糖尿病だけではなく、骨折や関節症や眼病や脳障害や臓器障害は勿論、各種の難病や精神疾患なども取り扱ってきました。医療団は今では一般的な症例は殆ど経験済みであり、ファイトを燃やせる様な未知なる症例は無いものかと探しているぐらいでしょうか。先月、たまたま偶然に、銀河系でも珍しい症例の「骨髄組織萎縮病」という奇病に出会って、医療団の意気がメラメラと燃え上がったのですが、その治療法を開発してしまうと途端に意気消沈、来る日も来る日も毎度お馴染みの症例にヘキエキしているという状況です。癌と糖尿、ウイルスや細菌の感染と毒処理、腎臓病と肝臓病、網膜変性症と緑内障、変形性膝関節症とサイトカイン関節炎、霊障害と天罰障害、ボケと認知症、心不全と血栓障害、ギックリ腰と脊椎異常など、もう飽きが来るぐらい日常茶飯事の症例です。
 
 しかし、我々にとっては見飽きた症例であり、いずれも簡単に治せる病気であっても、地球医学の現状はどれもちゃんと治せていないのが実情です。例えば糖尿関連病である糖化ヘモグロビン(A1値)のグルコース除去も、あるいは糖尿性の網膜障害も、分子レベルの治療が可能な我々には決して戦えない症例ではありません。しかし、地球医学にとっては雲の上の宇宙技術、そんな真似は逆立ちしても出来ないのが現状です。癌化組織に放射線を浴びせたり、抗癌剤を振りかけたり、あるいは外科的に開腹して患部を摘出しなくても、癌細胞だけをターゲットにして破壊すれば良いだけの話(全身癌でも1時間もかからない)、原始人でもあるまいし、そんな簡単な施術も出来ない事自体がおかしいのであって、それは医学とは呼べない代物なのです。当然、我々は治療費は請求しないものの、全くのただではなく、生かすだけの価値のある人しか治療しないのが医療団の特徴、誰でも彼でも治療しないところがミソであり素晴らしいところでしょうか。
 
 ところで、本日は大脳の話であり、特に認知症の話をしようと思います。その前に日本国政府に対して感謝を申し上げたく、世界規模のコロナ禍情勢にも拘わらず、感染規制を緩めて経済活動を活性させ(Go to キャンペーン)、外国人の受け入れを表明した事は大変勇気のある決断だったと思います。我々としても「そうして欲しかった」訳であり、その為の国土シルエ被膜であり、それを応援する為の災害回避作業でした(台風災害を最小限にした)。財政も尽きている出血状態なのに、国民の為に良く働いてくれたと現行の政府には感謝したいと存じます。出来れば宇宙事情も理解して頂いて、行く行くは我々の救出用の宇宙船団も受け入れて頂ければと思っております。もし正式に受け入れてくれるならば、日本国に対する財政支援も考えております。日本国はもともと「国」では非ず、ここは宇宙創造主の敷地なれば、我々の都合も考慮して頂きたいと思います。我々はお金が欲しい訳ではありません。日本国から宇宙人材を提供して頂きたいだけなのです。
 
 
 
〈認知症の治療〉
 「老人=認知症」となりつつある昨今、この問題は解決の仕様が無い社会問題の一つです。健康で健全なお年寄りでも、人間と関わっていないとボケが進行してしまうという状況、若い方でも鬱病に苛まれており、今や世界規模で憂慮すべき深刻な事態となっていると考えられます。基本的な原因は天体規模の陽化病であって、惑星磁場圏の膨張に伴う個々の細胞の膨張が原因している事は確かな様です。体細胞が通常のサイズを保てず、加齢に従って徐々に肥大化(メタボ化)していくという陽化病は、別に前立腺肥大(膀胱圧迫)や心臓肥大(弁膜症)や気管支粘膜肥大(気道狭窄)や血管壁肥大(静脈瘤)だけの問題ではなく、脳神経細胞にも起こり得る事です。特に辺縁系や海馬や基底核などの中枢脳神経細胞が膨張した場合は、認知機能の低下や、運動障害や、感情障害や、睡眠や情動や食欲や性欲など各種の生理機能にも弊害が及ぶ様です。その根本原因は地球コアの膨張なのですが、生物界では細胞核膨張として現れる様です。細胞核膨張と言えば「癌細胞」の最大の特徴ですが、べつに癌化していなくても核膜が緩んで細胞核そのものが膨張していく為に、細胞自体が肥大化していく様です。
 
 大脳全体は「大脳コリン電線(60本)」が、また小脳全体には「小脳コリン電線(60本)」が巻かれており、また、左脳と右脳にはそれぞれニューロン・ループ単位の電線が巻かれていて、脳電位に関する全体的な電磁場の強さが維持されていますが、残念ながら中枢部の辺縁系や海馬や基底核には特別なコリン電線は存在せず、基本的にそれぞれの被膜(辺縁系被膜や海馬被膜や基底核被膜)が放つ電位に頼っています。脳神経細胞の肥大化が進行すると、これらの被膜電流が弱くなり、それぞれの組織電位の下降を招いてしまう為に、シャキッとした機能を発揮出来なくなってしまいます。特に基底核には自律神経電流が入力している事から、基底核の機能ダウンは交感神経や副交感神経の失調を招き、血流や呼吸や内臓の機能にも関係してくる事になります。中枢神経の膨張対策としては、我々は「細胞収縮」という手段を講じており、膨張細胞を1/2サイズに戻してやる手法を用いて対処しています。比較的年齢が若い方にはとても有効な手段であり、鬱病などで悩む若い患者の大半は元気になっているのですが、高齢者の場合は複合的な要因が重なっており、細胞収縮だけでは元に戻らないのが普通です。
 
 認知症といっても、物事の認知機能の問題だけではなく、意識低下(しっかりとした自意識が保てない)、心回路の機能低下(判断や分析が出来ない)、記憶低下(記憶の想起が出来ない)、感覚の機能低下(外部の場状況を認識出来ない)など様々な原因があって、高齢者の認知症患者の場合は幅広い治療が必要となります。まずは位相電位や魂電位の補正、そして四つの記憶回路修理、ヌクヒブイ動帯転写被膜の修理、大脳や小脳のコリン電線補修、変性脳アミロイドの除去などを行わないと、中枢神経細胞の縮小作業だけでは認知機能が戻らないケースが多いのです。また老人の場合は真面目に病院の薬を服用している方が多く、危険な血液サラサラ剤や降圧剤や抗鬱剤を飲んでいる為に、持病治療の他にも薬抜き作業や、弱っている諸器官の機能回復や、膝や腰や目の治療なども行わねばならず、若者の50倍は手間がかかる事になります。使い物にならないお馬鹿な老人の治療など引き受けたくもないというのが正直なところでしょうか。しかし、親の認知症で苦しんでいる家族を見れば、老人を助けたくはないものの、他の家族に免じて治療を行なっているのが現状です。
 
 認知症患者の治療を行なっていると、意外に多いのが、自然認知症ではなく神々による天罰が原因の発症である事に気が付きます。これは首都圏における認知症患者の比率ですが、10人の患者がいれば、そのうち2、3人は大脳中枢部に仕掛けられたアストラル武器が原因で認知症を併発していました。無論、この比率の中には「六道劣化病患者(痴呆)」は入っておらず、あくまでも健全に発達した脳の持ち主だけを対象としています。ちなみに、六道劣化病患者(10人中3名の比率)の認知症は病気では非ず、脳組織そのものが発達していない為に(ものを考えない人)、我々でも治し様が無い代物です。50歳代まで順調に脳を発達させてきた人なのに、突然鬱病に陥り、まもなく認知症を来して物凄いペースで「パープリン」になっていくといった場合は、神々による攻撃と考えられ、多くの場合、脳の内部には電磁糸や電流阻害剤などの拷問道具が入っているというのが普通です。アストラル武器を挿入されて時間が経過していない場合は、武器を摘出してやるとすぐ元の状態に戻りますが、挿入されてから長い時間が経過した場合は脳神経自体が壊死しており、手の付けようが無い場合があります。
 
 神々天罰は、魔界関係者であるか、それとも天罰に相応する罪を犯した方(墓荒らし、神仏破損、詐欺ペテン行為者、神々の冒涜者、殺人犯、放火犯、公共物破損罪などを犯した人)かのいずれかであり、まあ十中八九は前者だと言えます。頭にアストラル武器を挿入された認知症患者の治療は基本的にご法度、医療団も余程の事情が無い限りは治療を引き受けません(中には純然たる被害者の場合もある)。科学者や医者や弁護士でも武器を挿入されている方を多く見かけるので要注意でしょうか。我々の医療団に治療を申請して断られた場合は「何か原因」が必ずあります。また、日本国の場合はあまり見かけませんが、ヘルペスやフラビウイルスやキセル貝ウイルスなどの脳ウイルスの繁殖で認知症を併発している方が諸外国ではかなり多く、いずれこうした外因性の認知症がトップに躍り出ると考えられます。今回は認知症に関する情報を提供しましたが、いずれも地球医学では解決が不能な問題であり、with コロナと同様に、with 認知症という妥協路線を取らざるを得ないのだと思います。
 
 
 
〈三浦半島のメタンハイドレート層〉
 三浦半島沖の異臭騒動の原因は、海底の沈殿有機物層に硫酸還元菌などが作用して、メタンハイドレートなどの安定化合物が育成されている途上過程に放出された有機揮発物(ペンタンやイソペンタンや硫化水素など)であると考えられます。軍団の調査ではその様な結論になっており、海底の火山活動でもなく、また青潮による異臭でもありませんでした。基本的に無害なので心配は要りませんが、海底水温の上昇が硫酸還元菌などの活性化を招いた結果となり、東京湾に生息するゴカイの事を考えれば(ウイロイド被害)、これ以上の海水温上昇は危険極まりなく、来年の夏場が心配なところでしょうか。富士山の地下マグマの活動が徐々に活性化しており、現在の火山マグマ圧はマグニチュード(M)に換算して約「4.0p」に達しております。これは浅間山「2.3p」よりも高く、また伊豆諸島の三原山「4.4p」よりも低い値です。いずれにしても、小笠原マグマ道全体が活性化しており、もしかしたら硫酸還元菌の活性化に間接的ながらも影響を及ぼしているのかもしれません。
 
 10月15日現在の列島各地の地震圧力ですが、Mに換算して「6.0p」を超えている場所は7箇所、北から順番に、北海道の「音威子府」の地下が「7.3p」、同じく北海道の十勝「浦幌町」の地下が「6.4p」、茨城沖70kmの海底岩盤圧が「8.3p」、大阪沖合130kmの海底岩盤圧が「7.7p」、九州の熊本沖60km沖合の海底岩盤圧が「6.7p」、奄美大島の東120kmの海底岩盤圧が「7.1p」、沖縄の南160km沖合の海底岩盤圧が「6.3p」を呈しております。特に、熊本沖の有明海の海底と茨城沖の海底は中央構造線上である理由から地震が発生する確率が高く、注意が必要でしょうか。また、大阪沖は南海トラフ地震に発展する可能性が高く、我々も注視しております。いつの間にか日本国周辺の岩盤に圧力が付加されており、ボーッとしていたら巨大地震を発生させてしまいそうです。気になる観測結果がもう一つ、それは米国カリフォルニア州の地下岩盤に大きな圧力が付加されている事です。ロサンゼルス沖合20kmの海底岩盤圧が「8.4p」に達しており、今後の経過を見守る必要が出てきました。
 
 地震が発生するならば、圧力が小さい今のうちに発生して欲しいものですが、「10.0p」を超えてくるとこの地域は「地殻崩落」の可能性が高くなる事から、カリフォルニアの地震に関しては気が抜けない状況です。他にも南太平洋やチリ沖やインドネシアなどで圧力が高い箇所はいくつもありますが、「10.0p」を超えない限りは面倒なので報告しません。以前、当ブログで紹介した二つの浮遊岩石が我々の太陽系に近づいており、小さい岩石は太陽をかすってくる軌道にある様です。大きい岩石の方は来月以降に太陽と衝突する感じで迫ってきています。もうすぐ地球でも発見されるものと思われます。
 
 

時事情報(4/24)

〈PCR検査の是非〉
 日本国に於ける現在のウイルス感染、並びにウイロイド感染の状況は、二種類の普通のインフルエンザ(H5N2VとH2N4V)の他に、猛悪な病原体と化した癌化ウイルスであるH4N1G2V(テントウ虫)と、H2N2G2V(海アメンボ)と、フラビノ・ウイルス(クラゲ)という三種類のウイルスと、死神であるゴカイ・ウイロイドという合計で6種類の病原体です。このうち国土シルエに防御データが組み込まれている伝染病扱いの対象は癌化ウイルスの三種類のみ(一般的にはコロナ・ウイルスと呼ばれている)、二種類のインフルエンザに関しては家庭用の予防シルエには入力されているものの、国土シルエには入っておりません。またゴカイ・ウイロイドに関しても予防対策が不能である為に当然何のデータも入力されていないのが現状です。世間ではコロナ・コロナと騒いでいるものの、実際の新型コロナ・ウイルス(COVID-19)は既に消滅しており、日本国の感染者は零という状況です。当然、国土シルエにはCOVID-19の防御データも既に入力されています。皆様がコロナ・ウイルスとして電子顕微鏡写真で確認しているウイルス画像はコロナ・ウイルスのものではなく、実際はH4ウイルス、H2ウイルス、フラビノ・ウイルスという三種類のウイルスの画像なのです。
 
 国土シルエに入力された防御データは、H4ウイルス(肺炎ウイルス)とH2ウイルス(脊髄ウイルス)に関しては基本的にインフルエンザ(昆虫)ウイルスである為に、ヘマグルチニン(抗原)毒性緩和、ノイラミニダーゼ(増殖酵素)抑制、発信器破壊という三要素を入力しています。これらの癌化(反電荷)ウイルスを吸い込むと、咽粘膜や鼻粘膜に付着したウイルスは当然ヘマグルチニンを放ってから粘膜細胞に対して自己の核酸を内部(細胞質)に打ち込みます。本来はウイルス核酸を細胞質に打ち込んだだけで自己の複製が生産される筈なのですが、ノイラミニダーゼを不活性にしている為に、ウイルス核酸はそのままの形状でウイルス化せず(エンベロープが作られない)、核酸のままで細胞質内に残留している事になります。その仕組みはフラビノ・ウイルス(脳ウイルス)も一緒であり、フラビノ・ウイルスの核酸もウイルス個体を作れず、細胞質内で核酸のままで残留している事になります。つまり日本国の場合はこれらの三種の癌化ウイルスは複製増殖出来ないばかりか、最大の病原要素である発信器を破壊されている為に、肺胞や脊髄を食い荒らす「T細胞ストーム」や「脳神経細胞の蛋白破壊」などの重篤な症状が現れていない訳です。
 
 PCR検査とはウイルス(核酸)検査だと言われていますが、簡易キットでウイルス種を判別出来る検査法は存在せず、ましてやウイルスの硬い殻(エンベロープ)の内部にしまわれているウイルス核酸はX線構造解析法しか成分を調べる分析方法がありません。では一体どうやってPCR検査でウイルスの核酸成分を調べているのかと言えば、ウイルスが付着した咽の粘膜細胞を剥ぎ取って、その内部に打ち込まれたウイルス核酸を分析するという手法なのです。コロナ・ウイルスにしても、H4ウイルスにしても、H2ウイルスにしても、フラビノ・ウイルスにしても、あるいは普通のインフルエンザ・ウイルスにしても、これらはいずれも皆似た様な一本鎖のRNAウイルス、常にウイルスの侵略を受けて複合的な敵方のRNAを抱えている咽粘膜から、それがコロナ・ウイルスのRNA成分であると「どうして分かるのだろうか?」と疑問に感じざるを得ません。承知の様に細胞質内には人体細胞のRNA(mRNAやtRNAなど)がウヨウヨと存在しており、敵の核酸成分と味方の核酸成分の見分けも付けられない「いい加減な検査法」を基準にするのは余りに粗野でアバウトな行為、非科学的過ぎると言わざるを得ません。
 
 実際、現在の日本人の感染状況を見れば、ウイルスに感染していない日本人など誰もおらず、この三種類のウイルスには今や殆ど全員が感染しているという状況です。PCR検査に一体何の意味があるのか、一体何のウイルス核酸を見て陽性陰性の判断を下しているのか、陽性だからといって隔離する必要があるのかどうか、それが経済活動や学校教育よりもウエイトのある事なのかどうか、我々には理解出来ないのです。人=人感染で広がるのは新型コロナ・ウイルスだけの話、他のウイルスは皆風媒ウイルスであって、感染そのものは人為的には決して止められない代物です(完全には抑えられない)。これらのウイルスは大変しぶとい癌化ウイルスであり、人間や動物に感染するばかりか、その多くは植物に感染して生き延びます。秋枯れの時期を迎えると、今度は落ち葉の中から発生したこれらのウイルスが再び人間世界を襲うのであって、今後何年間にも渡って同じウイルスに犯される事を考えれば、今の内に感染して個々の体に免疫抗体を作っておく以外に根本的な解決策は無い訳です。国土シルエで毒性を抑制している理由は、早く感染して免疫抗体を作って欲しいからそうしている訳です。他国の場合は毒性を弱められていないので、抗体が形成される以前にやられてしまうといった悲惨な事態に陥っています。
 
 皆様に知って欲しい事は、地球医学は皆様が考えているよりも未発達で、何の治療法も確立されていないという医療技術の実態です。病院とは患者の収容先に過ぎず、冷静に考えれば、病院は少なくとも病気を治してくれる場所ではないというのが賢い方達の一般認識です。「病院に行けば医者に殺される」と特に癌患者の方がそう考えているのは今や二人に一人の時代です。政府が参考にしている諮問委員会そのものが西洋医学に毒されたアンポンタン博士の集合組織、人間が人間に意見を求めれば、天智ではなく人智の回答が戻ってくるのが当たり前の話、我々から言わせて貰えば、医学の「いの字」も知らないど素人の専門家に意見を求めて、それで政治家が決断をして良いものだろうかと心配になってしまいます。現在のコロナ・ウイルスは誰がどう判断しても単なるインフルエンザ・ウイルスに過ぎなく、法定に準ずる伝染病ではありません。確かに恐ろしいインフルエンザですが、インフルエンザはインフルエンザ、感染者を隔離したところで抑え切れる訳も無く、重症化した者を治療すれば良いだけの話です。それともコロナ・ウイルスはチャイナ・ウイルスであると意図的に断定せねばならない、つまり伝染病扱いに仕立て上げねばならない国策上の都合でもあるのでしょうか。
 
 現在の日本国にはコロナ伝染病などという仮想病は存在せず、実際に存在するのは三種類の癌化ウイルスと一種類のウイロイドです。三種類のウイルスは無害化されており、このウイルスに感染して死ぬ方は日本の場合は殆ど存在しないのが現状、多くの方が他の疾患病(持病)で亡くなられているのが実態です。3月末にアフリカ産のウイロイドが日本国に上陸してから、特に関東や関西の太平洋沿岸部では肺炎で死ぬ方が急増していますが、これは「ウイロイド肺炎」であって、「コロナ肺炎」や「H4肺炎」とは性質が異なるものです。上陸したウイロイドは既に除去しており、これから吸い込んで感染するという心配は無いのですが、微量であっても既に吸い込んでしまった方達が重症化しており、今の医学では戦い様も無い死神となっています。今回、岡江久美子さんがウイロイド肺炎で亡くなられましたが、抗癌剤投与で免疫力が低下していた様子、私が吸い込んだ程度の極微量のウイロイドだったのですが、肺炎を招いてしまった結果、院内耐性菌によって命を奪われてしまいました。もし、家族の者が神様に治療をお願いしていたら救われた命でした。同じウイロイド肺炎で入院していた石田純一さんですが、何と家族ではなく彼のファンの方から治療依頼が届いて、20日から医療団が治療を開始しました。もしかしたら彼は助かるかもしれませんね。
 
 ウイロイドを吸引して肺炎症状が出てくると、肺胞細胞が次々と壊死していく事から、肺の痛みが背中の痛みとして現れる様です。当然、肺炎が悪化すると40度以上の高熱を出すのが普通、病院の呼吸器が必要な状態になりますが、その呼吸器(鼻からの酸素吸引)から院内感染菌が肺に入ってしまうのが普通、病院よりも自宅にいる方がまだ安全でしょうか。病院は病人の収容所であって、そこは菌類に汚染された不衛生で危険な場所の一つなのです。ただ、病院のメリットは多分にあって、自宅で死なられたら大変な騒動に発展しますが、病院と墓場が一直線で結ばれている関係上、そこで息を引き取るのが一般的には無難なコースとなっています。その様な意味では、病院へ通院している方は墓場へ通っているとしか我々には思えません。そもそもこれは神界の法令ですが、人間が人間の病気を治す行為は禁止されており、医者という職業そのものが違法な存在であって(歯科業や産婦人科業やナース業は認められている)、その人を生かすも殺すも神様次第、そこに人間が関与したら駄目なんですね。神様も病気を治す力は持っており、本来は神様に病気の治療依頼をするのが人間の本道なのです。我々は神様ではありませんが、創造主世界にも医療団がちゃんと居て、人間界から依頼が来れば出動する体制となっています。地上の人間が神様と似た様な行為をするのは「自惚れ」であって、それは感心出来ません。
 
 アメリカではPCR検査(組織検査)の他に抗体検査(血液検査)を行う様ですが、我々が疑問に感じるのは三種類の感染ウイルスのうちの一体何のウイルスの免疫抗体を調査するのかという事です。H4ウイルスに関しては多くの方に免疫抗体が形成されていますが、H2ウイルスやフラビノ・ウイルスに対する抗体形成は始まったばかり、まだ形成されていない方が大半を占めています。特にアメリカの場合はH2ウイルスの発祥地ですが、当時(2月中旬)のH2ウイルスは癌化していないただの「H2N2G2V」の時でした。今のH2ウイルスは濃縮された癌化ウイルスであり、前者はインフルエンザ用の免疫抗体が形成されますが、後者は別物の反電荷ウイルスと化しており、作られる免疫抗体そのものが違います。早い話が、抗体検査も単純に判断出来るものではなく(抗体自体が未熟性の場合もある)、抗体があるからもう安心だとは言えない代物なのです。X線器具にしても、放射線器具にしても、MRIにしても、超音波にしても、PCR検査キットにしても、西洋医学の単細胞的な医療器具はまるで子供の玩具、そんなものを医療判断に用いてはなりません。つまり医学を信用するなという話です。なぜ心臓が動いているのか、神経電流の電源部も未だに分からない様な医学は医学とは言えませんね。
 
 PCR検査を受けさせて感染者の有無を割り出す、それに一体何の意味があるのでしょうか。重篤な症状を呈した方は治療を受ければそれで良いだけの話、無症状の方や、味覚障害程度(風邪症状の一つ)の方でもウイルスを保菌しているという理由で隔離する必要が何処にあるのでしょう。感染しているのは犬も猫もスズメもそうであって、海洋や湖の中でもウイルスは生き続けるし、また多くの植物も感染してウイルスを保菌した状態でいます。路面に落ちて干からびない限りは癌化ウイルスはそこら中で生き続けているのです。店頭に出されている野菜にもウイルスが入っている事を忘れてはなりません。早く感染して体に免疫抗体を作ってもらうしか方法が無いのですから、感染を恐れて閉じ籠っても、後で遅れて感染するならば隔離した意味が無い事になります。相手はしぶとい病原体といえども、インフルエンザ・ウイルスである事実に変わりは無く、普通のインフルエンザの対処法で良いんですね。インフルエンザは昔から持病持ちの年寄りには強敵ですが、弱い年寄りを間引いて淘汰するといった自然界の重要な役割があるのです。その理屈は民族も一緒、インフルエンザ感染に対処出来ない民族は滅ぶのが当然、それが自然界の定めなのですから。
 
 一方、ゴカイ・ウイロイドは基本的に「死神」であり、これはインフルエンザとは異なり、あらゆる生物の命を奪い去っていく自然界の凶器です。地上の生命を一網打尽に始末する死神の到来を見て、我々としても地球終焉の最終章を感じざるを得ない状況です。ウイルスとは異なり人間が戦える相手ではない理由から、我々も貴重な人材を確保する為の緊急手段を講じざるを得なく、ウイロイドの侵入を食い止める呼吸ブースを装着させる事になりました。当然、国土シルエにも未侵入バリアは巻かれていますが、近い将来、日本国の領海内部でウイロイドが発生した場合を考えれば、今のうちに個人の肉体に巻いていない限りは生き延びる術がありません。大陸棚の海底水温が20度を超えるのは今年なのか来年なのか夏場の気象次第ですが、もしかしたらその前に「殺し屋」の「H1N1G2V(ハエ・ウイルス)」が発生するやもしれず、自然界が相手では先が読めなく、我々も戦々恐々とした状態でおります。神様や創造主といった存在を認めて、生きたいと願う者しか外には連れてはいけないのが定められた筋書(シナリオ)、最後の最後は能力以前の信心の是非が問われる事でしょう。生かされてきた身の上である事を謙虚に受け止めて、決して偉ぶらない事、「俺は一国の大統領だ」「俺は科学者だ」と鼻を高くすればする程(神様を気取れば)神様の世話は受け難くなるだけの話です。もっと素直になりましょう。
 
 
 
 
〈西洋列国と足並みを揃えるな〉
 これはボヤキですが、なぜ西洋民族の馬鹿げた文明を日本国は受け入れてしまったのでしょうか。チョンまげ武士の鎖国状態(神が定めた)から突然宇宙へ飛び出す事だって可能だったのです。文明開化と称して劣化民族の文明を受け入れてしまった維新の馬鹿供を呪わざるを得ません。龍神島民族という選民が他の民族に媚びるなど言語道断、東大生の大半がニュートンやアインシュタインやシュレーディンガーを尊敬しているという情けなさ、「恥を知れ」でしょうか。そんな西洋カブれした稚拙な単純人間は日本人ではありませんね。彼等のいい加減な理論を真に受けてはいけませんし、嘘を教科書に掲載するのは止めましょう。地球から脱出して他星で育った子供達が学ぶのは銀河の真実の歴史と本物の科学と医学です。民族の故郷である地球の名前を忘れてもらっては困りますが、過去の地球人が築いた文明など参考にすべきものではなく、失敗の参考例(教訓)として残るだけだと思われます。我々も早く地球文明から逸脱させて、子供達には銀河一般レベルの大人の教育を施したいと考えている次第です。宇宙の聖地惑星だからと少々期待していた我々ですが、その期待は見事に裏切られて、地球人の「お馬鹿振り」には本当に驚かされました。でも最初は馬鹿でも良いんですね、勉強すれば馬鹿でも馬鹿を卒業出来ますから。問題は「自分は馬鹿じゃない」といつまでも馬鹿を認識出来ない一部の輩です。
 
 我々が地球に来た時の話ですが、今はインフルエンザの特効薬(タミフル)が開発されていると聞いて、「それは何のインフルエンザ・ウイルスに効く薬なの?」と尋ねると、全てのインフルエンザ種に効く薬だよと答えられてビックリ、中学生の小坊主でもあるまいし、夢と現実の区別も付けられないのか地球人は、と呆れ果てました。そういったアバウトな発想は全ての毒物を中和出来る特効薬を開発したと言うのと一緒、そんな夢話を信じてタミフルに群がる老人達を冷ややかな目で観察しておりました。一年間で訪れるインフルエンザ・ウイルスの種類は15種類〜20種類程度、それが毎年恒例の話であって、タミフル摂取で完全予防が出来ると信じていた老人達が沢山死んでいきました。死因はインフルエンザ感染でした。我々もインフルエンザの予防治療を行なっていますが、同じH2N4ウイルスでも毎年磁気型を変化させてきており、その都度それに応じた予防データを入力しなければ全く効かないんですね。20種類のインフルエンザが来れば20種類の予防データを作成しなければならず、そうしなければウイルスの増殖を食い止められないのです。時にはH2N4ウイルスの癌化種も出現する事から、反電荷インフルエンザ用の予防データも作らなければならないのが実情でした。
 
 次に驚いたのが「子宮頸癌ワクチン」の話であり、癌発生の原因がヒトパローマウイルス(HPV)の感染が原因であるという「お馬鹿な発想」でした。つまり、発癌ウイルスを抑制するHPVワクチンを投与すれば若い女性の子宮頸癌の発生が食い止められるというイギリスの医学者の発想でした。ウイルスと癌発生を勝手に結び付けてしまった発想ですが、ウイルスが体細胞の癌化を引き起こした症例は宇宙史では一度も無い事から、そんなワクチンを投与しても効かないし、ともかく弱毒したとはいえウイルスを体内に打ち込む事など危険極まりない話、若い子供達にワクチン注射など打っては駄目だと盛んに警告していました。当時は世界中の原発が何箇所もメルトダウンを起こしてラジカル濃度が非常に高かった時代ですが、結果的にはワクチンを投与した方でも子宮頸癌が発生し、ワクチンの副作用で身体障害者を多数生み出してしまいました。子宮頸癌とHPVは無関係、高いRAD濃度による体内被曝や汚染された飲み水が発癌原因である事は承知の通り、女性器(子宮や膣)は体液や粘液や潮水や羊水を多分に保管しており、それがラジカル水に変化する事から子宮癌や子宮頸癌がどうしても多くなります。癌とは何かも知らないのに「100年早いわ馬鹿どもが」と憤った次第です。
 
 その次に驚いたのが各種の健康サプリメントです。皆様は知らないと思いますが、同じビタミンC(アスコルビン酸)でも合成物と天然物は同じものではなく、構造式が一緒だからといって自然物と同等な作用は示さないものです。生体物質には分子磁場が形成されており、そこには生体の記憶情報が入っているのです。自分は血中で何をすれば良いのか、そうした情報を備えた天然物はビタミンとしてちゃんと機能するのですが、何の記憶も持たない合成ビタミン剤は気の利いた効力を全く発揮出来ない事は言うまでもありません。特にビタミンCは環境に応じて単鎖状から環状に分子変化して作用するのですが、同じ分子構造の物質でも、合成物の場合は相手によって形状を変化させる事はありません。そんな合成ビタミン剤を毎日服用しても体の役割を果たしているとはとても考えられません。これはアメリカの一企業の話ですが、対外向け用の自然物加工場と、化学合成工場の両方を所有していて、同じマキシモル・ジュースでも、純粋な自然物のジュースと合成物ジュースを生産していて、お金持ちには一本8万円の自然物ジュースを販売し、ネットワーク・ビジネス用の商品は一本3000円の合成ジュースを販売させています。自然物と合成物の容器のレッテルは一緒だから悪徳商法だと言わざるを得ません。
 
 ネットワーク・ビジネスの工場見学員に見せるのは自然物を扱う工場の方であり、世界の販売員達に対して如何にも自然物から抽出しているかの様な錯覚を植え付けさせております。もっと許せない事は化学工場の方の商品内容であって、同じ合成化合物でも光学旋光性がL系の物質しか人体は分解出来ないのですが(例えばL-カフェイン)、分解不能なD系の物質(D-カフェイン)を取り除いておらず(手間を省く為)、原液のラセミ体(混合体)のままで商品化しているという極悪非道な事実です。我々はサプリメントを服用し過ぎて肝臓がパンクしている方の治療を何度も引き受けてきましたが、分解出来ないD系の化合物を肝臓が大量に抱え込んで機能不全に陥っているのがその病状です。医療団は4日間もの時間を費やして全ての合成物を肝臓から除去するのですが、急性の劇症肝炎を併発している方も居て、「これなら殺人薬だろう」と思ってしまう訳です。その会社のサプリメントには全てD系の化合物が含まれていたから驚いた次第です。これは皆様に聞きたい事ですが、一箱(瓶)のDHAサプリメントを作るのに一体どれ程の物量の青魚が必要なのでしょうか。正解はたった10箱(瓶)のサプリメントを作るのに4トン車一台分の青魚が必要であり、常識的に考えて実際に魚から抽出していると貴方は本当に信じているのでしょうか。大概のサプリメントは合成物なのです。
 
 我々はこうした犯罪人まがいの地球人を見ており、科学者が政府を騙して科学詐欺を行なっている似非研究の数々(例えば核融合炉やMHD発電機や大型コライダーやニュートリノ研究や癌研やiPS研究など)の内情も熟知しており、国がそんな初歩的な詐欺に引っ掛かるとは情けないと言わざるを得ません。その首謀者達には死後に天罰が下るのは当然の話、我々も早く人間の整理をしたくて(地球文明を処理したい)ウズウズしております。そんな詐欺師的な人材は神々の世界には要りませんね。皆様も今回のコロナ騒動で医学の実態が分かったと思うのですが、西洋医学は進んでいるどころか反対に劣化しているのです。PCR検査も抗体検査も当てにはならず、受けるべきものではありません。その信憑性が問われる事態がこれから明るみに出てくるからです。地球人の科学者も医学者も信用してはいけません。私自身、子供の医者に命を託す事は到底出来ませんし、生命の「せの字」も医学の「いの字」も分からない似非医学者達、彼等に任せれば何をされるか分からないからです。日本国には是非、西洋医学を否定する本物の医者(宇宙医師)が育って欲しいものです。
 
 

銀河標準科学論 化学編(その3)

<素粒子ラジカルの化学的性質>
水に放射線を照射すると、「お化けラジカル」が形成され、活性酸素の数十万倍にも及ぶ激しい反応力を示す物質が誕生して来る事実を人類はかなり前から気付いていました。その物質とは「ハイドロキシ・ラジカル」であり、基本的には水分子を構成する単なる水酸基(OH基)の一種なのですが、動物の毛(細胞)まで溶かしてしまう恐ろしい溶解力を持っている事から、医学界ではこの物質を「抗癌剤」として用いて今日まで来ました。早い話が被爆水の活用なのですが、原子力発電所から海に放出される冷却水(被爆水)の弊害を考えると、あるいは医療検査に使用されるX線照射機(CTやレントゲンの事)の弊害を考えると、被爆水分子の医学活用は水面下で内密に行われて来た経緯があります。世の人々の反発を恐れたからです。本日は、抗癌剤の実態とは「発癌剤」ではないかという話ではなく、純粋な学問の話であって、「ラジカルとは何ぞや」というその物理的及び化学的な背景を説明したいと思います。

 原子核の陽子や中性子に振動を与えると、空間溶媒である気の粒を揺すって粒子光が放出されます。核子を激しく振動させた場合はエネルギーの高い「硬X線」が放たれ、普通に振動させた場合は中間波長の「X線」が放たれ、またゆっくり緩慢に振動させた場合は比較的波長の長い「柔X線」が放出されます。早い話が、陽子や中性子といった核子に振動を与えるとX線領域の一連の波長の光が放出される訳であり、その様な意味でX線は「粒子光」とか「核子光」と呼ばれており、そのサイズに応じた一連の波長領域の光を生産します。一方、核子よりもサイズが小さい電子に振動を与えると、ガンマ(Y)線領域の一連の波長の光を放出します。当然、電子を激しく揺すれば「硬Y線」、普通に振動させれば「中間Y線」、ゆっくり振動させれば「柔Y線」が放出されます。まあ光とは光粒子(フォトン)であると真っ赤な嘘を唱えるオリオン科学者もいますが、光学の専門家100人に聞いても、光が粒子であるという仮説を鵜呑みにしている阿呆は地球人ですら誰一人いないのが現状でしょうか。全員が波だという認識を持っています。

核子や電子の正体とはミクロサイズの渦巻であり、渦磁場振動こそ粒子の会話に他ならなく、その波動は粒子運動を増幅させるエネルギーの一種とも言えます。当然、電子サイズの光は電子スピンを増幅し、核子サイズの光は核子スピンを増幅する性質を持っています。太陽は基本的にD―重合体の核分裂反応で燃えている事からピンからキリまでの波長の光束が入り混じっていますが、その大半は原子光や分子光であり、紫外線領域や可視光線領域や遠赤外線領域までの波長の光が主軸です。当然、人体には有毒なY線やX線も含まれており、また光ではありませんが、電子線も粒子線も気の粒分子線も含まれています。太陽光の原子スペクトル分析を行えば、惑星と一緒の100種の元素が太陽にも存在する事実は疑い様も無く、太陽燃焼のメカニズムがコアの核分裂反応である事は一目瞭然、核融合反応理論では鉄までの原子しか生産されないからです。それに誰がどう見たって太陽が気体の星である訳が無く、表面地殻を乗り越えて内部から炎が吹き出して来ている事実は小学生の目でも分かります。嘘八百で綴られた西洋似非科学、我々としては地球人にはいい加減目を覚まして欲しいと思っています。

一般に放射線と言った場合は、核子光(X線)と電子光(Y線)の事であり、どちらの光もガイガーカウンターを唸らせて、物質を構成する原子や原子核や電子に良い意味でも悪い意味でも影響を及ぼします。水素原子を例に上げると、水素原子が受け入れられる(影響を与えられる)波長の光は紫外線領域の光であり、それをもろに体の水素原子が受け取った場合は、水素原子が異常励起を起して分子結合を解いて単独分離してしまう場合があります。身体の表層を構成する有機物水素が分派して火傷を負ってしまうのであって、それは電子レンジで「チン」されたのと一緒の状態になってしまいます。普通は水素原子に粒子光のX線や、電子光のY線を照射したところでそれらの波長光は原子内を楽々貫通して行くのですが、たまたまX線を陽子が拾ったり、あるいはY線を電子が吸収した場合はさあ大変、原子核の陽子が励起して電荷量を増し、軌道電子を弾き出してしまう事は勿論、電子が異常励起しても電荷量を増幅させた電子が軌道外に飛び出してしまうという現象が起こります。

 水素原子から軌道電子が突然いなくなってしまえば、突然原子磁場(電子の軌道磁界)が失われて、電子バイオンも飛び散り、水素原子は単独の陽子だけの存在となってしまいます。水分子(2H2O)は普段、仮に「OH3―OH」の状態で存在しており、そこに放射線を照射すれば、軌道電子を失った「OH2・」とか「O・」という物質が形成されてしまいます。「・」とは素粒子の陽子の事です。酸素原子の化学反応点(極部)に、水素では無く素粒子の陽子が結合しているという異常な状態、その状態を呈する物質を宇宙では一般に「素粒子ラジカル」と称しており、本来の酸素原子の約30万倍の電磁力を有する「お化けラジカル」の出現となります。物理学的には回転半径が小さくなればなる程磁束密度が高じる為に、陽子と結合した酸素極の電磁力が跳ね上がるのが原因しております。水に放射線を浴びせて被爆水を作り出すと、水の内部に「オキソニウム・カチオン・ラジカル(OH2・)」や「ハイドロキシ・アニオン・ラジカル(O・)」が誕生し、それらが互いの電子を奪い合う光景が見られます。

 さて、人体に大量の放射線を打ち込めば、こうした水ラジカルが体液の中に発生する事になり、これらの激烈な酸化剤は人体組織から電子を奪い去って様々な障害を引き起こす事になります。血中ラジカルがグルコースから電子を奪い去ると、電子を奪い取った水ラジカルは普通の水分子に戻るものの、電子を奪われたグルコースは逆にグルコース・ラジカルと変じて、蛋白質と化合して糖化反応を起こしてしまいます。また水ラジカルが赤血球を襲って細胞の赤道コリン電線と結合してしまえば、原子炉の如き電磁力がコリン電流に付加されて、逆バイアス電圧に基づく「反電荷細胞(右回転細胞=癌細胞の事)」の誕生を誘導してしまいます。水ラジカルが持つ強烈な電磁力はまるで瞬間接着剤のアロンアルファと一緒、多くの血球同士を癒着させてドロドロの血流にしてしまい、あちこちの血管内に血球血栓を生じせしめる要因となります。原子力発電所の悩みの一つは冷却水(被爆水)の放出問題であり、強烈なラジカル水は硫酸と一緒、金属の導管を腐食させてボロボロにしてしまう事から頻繁に配管交換を余儀なくされます。原子炉内も被覆管もすぐ腐食してしまう為に、頻繁に交換しなければ即事故を起こしてしまうのです。

原発から放出される大量の冷却水(被爆水)が近海の海洋生物に及ぼす影響は甚大であり、水ラジカルが染色体を癒着させて巨大生物や変形種を作り出し、そのラジカル蒸気は雲となり酸性雨の原因となっています。更に事故基の原子炉から吐き出されるRAD分子は大地に吸収され、ウイルスやバクテリアなどの変成種を生み出し、飲み水に溶け込んでラジカル水を作ってしまいます。生物にとって一番の脅威は水ラジカルであり、一惑星人類を全滅させてしまう放射線の脅威とはそれがラジカルを生産してしまう事にあります。癌病も糖尿も脳溢血も心臓病も認知症も、そもそも放射線が原因であり、その危険な放射線を吐き出しているのは原子力発電所のみならず、LED照明やTVやPCや携帯やナビのモニター画面からも常時放出されており、人々は常に被爆しているのです。放射性核種を材料に使用しないと強い光がどうしても出ないんですね(輝度が得られない)。危険な放射線は身の回りのそこら中に存在しており、TVは一定の距離を置いて見る事、そして携帯は直接耳に当てず、なるべくイヤホーンで話す様に心掛けましょう。

ラジカル分子は別に水ラジカルだけの話では無く、もともと自然界にも存在しますが、地球では人間が作り出したラジカルが幅を効かせております。合成薬品や合成繊維などの多くがラジカルを用いた化学合成から誕生している事は化学関係者ならば誰でも知る事実、工業的にも、硫酸や塩酸や硝酸やフッ化水素酸なども純然たるラジカルであるし、農薬や毒ガスやダイオキシンなどもラジカルです。これらは放射線とは無関係なラジカルですが、生物毒や細菌毒やウイルス毒の大半の反応基がラジカルを呈しております。硫酸「H2SO4」の実態は「・・SO4:ビラジカル硫酸」であり、塩酸「HCl」の実態は「・Cl:ラジカル塩素」、硝酸「HNO3」の実態は「・NO3:ラジカル硝酸」、フッ化水素酸「HF」の実態は「・F:ラジカルフッ素」、他にもパラコート・ラジカルとかサリン・ラジカルとかダイオキシン・ラジカルとかトキシン・ラジカルとか、その反応基が素粒子ラジカルを呈している物質は一杯あります。抗癌剤が発癌剤であるという理由は、ラジカル反応基を持っているからであり、大量に服用した場合は癌の5倍返しや100倍返しで命を落とすケースが多いです。また放射線治療も一回ならばともかく、何度も続けるとそこら中から新たな癌が発生して来ます。

「癌と放射線の因果関係が明確ではない」という理由が今の医学会の言い訳ですが、それはラジカルの意味が良く分かっていないのが原因であり、物理学も化学も医学もアヤフヤな状態だから明確な結論が導けないだけなのです。ラジカルの定義は極めてシンプルであり、水素原子の代わりに素粒子の陽子が置換されている状態をラジカル状態と言います。原子地球の海洋の中では水の軽水化が起こり、大量に発生した水ラジカルが原始核酸や原始タンパクや原始糖類などの有機物合成に一役買っていた時代がありました。ダイヤモンドやサファイアやルビーの結晶化にもラジカルが作用しており、ラジカルが悪いという訳ではありませんが、反応力が激烈であるが故に毒にも薬にもなる代物なのです。まずは学問の軌道を銀河標準に戻す為に、学校で習った似非知識を一度全て排除して今一度組み立て直す事が重要だと思われます。何もかも間違っているから何もかも組み立て直す必要があります。地球人は西洋アンポンタン科学のお陰で全く酷い教育を受けてしまったと言えましょうか。

下記の図はグルコース・ラジカルが引き起こす蛋白質の糖化反応ですが、目の網膜細胞の光アミロイド蛋白と結合して目から明るさを奪ってしまう行程図です。またもう一つの図は白血球細胞を水ラジカルが襲って、白血球の赤道コリン電線の不可逆的な電流方向を無理やり切り替えてしまい、反電荷細胞が誕生する際の図です。いわゆる癌細胞の発生メカニズムですが、癌発生がDNA異常で起こるものでは無く物理的な要因で起こる事を知って欲しいと思います。

  それともう一つ、青色発光ダイオードの話ですが、窒化ガリウム(GaN)を用いた青色の半導体素子に関して、輝度の高い鮮やかな青色を得る為に通常のガリウム(Ga69やGa71)では出せない輝度を人工放射能元素であるGa68やGa67やGa72を使用して出すのは道徳違反であり、健康上の問題が大いにあるので輝度を下げてもらいたいものです。たとえ1~2cmの粒子光と言っても、携帯電話にそれを使用されてしまうと大脳コリン電線が切断されてしまうし、頭皮下の体液内にラジカルが発生するからです。でも、そんな厳しい規制を設けたら今の社会生活が成り立たないかも知れませんね。

血球は腸内で造られる

<血球は腸内で造られている>
私が地球に来てから既に9年の歳月が流れており、つい最近まで地球言語と地球知識を覚えるのに汲々とした勉強の毎日を過ごして参りました。私にとって物質世界(粒子世界)は初めての経験、光溢れる美しい世界に触れてみて「ここは天国だ」と感じたものです。地球人について今の感想を聞かれれば「天国世界に住む地獄の人々」と答えざるを得ないのが多少残念ですが、マクロ宇宙のモノクロトーンの世界と比較すれば、生きている実感が掴める素晴らしき世界だと今でも思っております。地球人の頭の悪さには非常に驚いていますが、でも正しい知識を学べばその限りでは非ず、「お馬鹿な原石でも宝石は磨けば光る筈だ」とそう信じております。地球の知識に触れて当初は大変驚いたものですが、医学関係の事柄に限ってその幾つかを告白すると、「人間は脳(頭)で物を考えている」というとんでもない偏見にはビックリ、その他にも「血液が骨髄で造られている」とか「DNAが遺伝子だ」とか、彼等には意作用と心作用の区別も、また命の定義付けすらも出来ていない事には驚かされました。

地球では人体を覗き見るまともな検査機器も無く、またちゃんとした治療も施せていないのに無知な医学者が偉そうにしているのは「なぜ?」そしてどうして一般企業の様に病院がテレビ広告で宣伝をし患者を募っているのか、それも驚きでした。それでも地球医学は進歩していると70億人の全員がそう思っている様子、だがそれは過去と比較すればの話であって、進歩しているか否かは他星の医学と比較してみないと分からないものです。病気を治しているならばともかく、さっぱり病気を治せていないのに患者を募って、ただ火葬場までの準備期間の面倒を見ているだけならば医療行為とは言えませんね。無論、今の宇宙医学を持ってしても治せない病気もある事は確かですが、少なくも癌病なのに抗癌剤(発癌剤)を打ったり、人体に放射線(ラジカル発生剤)を打ち込んだり、臓器を摘出したり、危険な合成薬を服用させたり、骨をボルトで繋ぎ合わせる様な乱暴な治療はしていません。もし銀河系に中央政府なるものが存在するならば、地球人の病院や製薬会社を「犯罪行為(詐欺治療)」で訴えたいぐらいでしょうか。

ところで「血球は本当に骨髄で造られているのでしょうか?」そんなとんでもない冗談が通じてしまう程、きっと医学者も民衆も皆無知なのだろうと思いますが、地球人の中にも正解を主張している研究者が居ることから(西欧アンポンタン医学に洗脳されずに自力で物事を判断出来る優秀な方も居るので)、人類は全員がお馬鹿であるとは一概には決め付けられない様です。そう言えば、オリオン・スイーパーであるニュートン(重力の引力仮説)に真っ向から楯突いたロバート・フックやデカルトが居ましたね。医学界でも細胞分裂説に異議を申し立て、血球の腸内造血説(赤血球幹細胞説)を主張した千島喜久男という博士が居ました。千島学説の全部の主張が正解だとは言いませんが、彼の生涯を懸けた長い研究観察から導き出した学説であり、それはこれまで常識だと判断されて来た医学定説に真っ向から逆らうものでした。千島博士はお粗末な光学顕微鏡を駆使しながらも生涯に渡って生体観察を続け、ある重要な真実に到達したのでした。

我々は人体内部の分子構造や原子構造まで見極められる力学検査機器(全ての物質を透過する機器)を開発している為に、生きている一個の細胞内部の生理の営みを実映像で見定められますが、地球の科学力ではミクロの映像は見られず、推測や憶測がものを言う幼稚なレベル、それでは正確な事は何も分かりませんね。過去の有名科学者の多くがオリオン・ヒューマノイドだった事を考えれば、真理とは正反対の学説が正しいとされて来た暗黒時代の学説が、現代学生の教科書に掲げられて今尚間違ったまま生き続けている理由が分かります。地球人の能力を削ぐ為に、間違った学説を提唱すれば「ノーベル賞」だった時代はつい最近まで続いていました(6年前までノーベル賞財団そのものがオリオンの巣窟だった)。医学書には癌も糖尿病も生活習慣病だと書かれていますが、公害病だとは言えない様です。

さて話の内容を血液に戻しますと、プレアデス医学とベテルギウス医学と人間王国の伝統医学と、また銀河一般の医学書を見ても、人体には二種類の血液が存在し、循環型血液と非循環型血液に分かれていると書かれています。静脈血と動脈血に分かれて循環する血液は皆様もお分かりの筈ですが、非循環型の血液とは骨内部の「骨髄液」の事です。無論、両者の血液は形状も組成も成分も細胞生理も大きく異なっており、両者は互換性も無く(互いに混じり合う事が無い)、同じ血液として一緒に取り扱う事は出来ません。ところで、通常の血液の白血球寿命は約6ヶ月、また赤血球寿命は約4ヶ月と言われていますが、僅か1ccの血液の中に500万個も存在する赤血球が一体どうやって一斉に世代交代をしているのでしょうか、また寿命を迎えて死んだ筈の大量の赤血球は一体どこで処理されているのでしょうか。不思議な事に地球人の中で赤血球の大量死を観察出来た者は一人もおらず、また赤血球が何処から誕生して来たものか、その行程を追跡出来た者も誰も居ないのです。

赤血球や白血球が細胞分裂を起こして増殖する様子を観察出来た者は地球には誰も居ません(循環型血液は原則的に分裂しない)。千島博士もその姿をついぞ見る事が出来なかったのでした。増殖分裂をしていないのに、血球とは一体何処から発生し、一体どうやって補充されて一定量が維持されているのでしょうか。そうした摩訶不思議な疑問をやっと払拭してくれたのが骨内部の固有の血液である骨髄細胞群の発見だったのです。骨髄液の中にはヘモグロビンを有した赤血球もいれば、また白血球も存在しますが、循環系の血球と比較するといずれもサイズが少々大きめであり、一番顕著な違いは、骨髄の血球は明白な細胞分裂を行って増殖する事でした。骨髄の赤血球とは骨芽細胞から誕生する細胞分裂細胞であって、一般血液の赤血球との大きな違いは、脱核した扁平細胞では無く、1.2倍の体積を誇る「球体状の赤血球」である事です。当然、白血球もマクロファージもリンパ球も存在しますが、どれも循環型血球の約1.2倍の大きさを呈しており、細胞寿命が長いのが際立つ特徴でした。

 
 
  一般の循環型血液ではさっぱり分からなかった血球の増殖分化行程が、骨髄血球の研究で明白になった事から、地球人の医学者達は一般の血液は骨髄で生産されているという回答を導き出しました。しかし、どんなに観察しても一般血液と骨髄血液との接点が発見できず、骨膜を境にして両者の血液がガス交換や栄養素の出し入れはしているものの、境界線を越えた血球の行き交いは認められず、骨髄造血説は暗礁に乗り上げたままの状態だったのです。結局そのまま現在に至っている訳ですが、途中で骨髄造血説を覆す千島学説が登場したものの、オリオン・スイーパー達の魔手によって封印されてしまいました。では、循環型の一般血液とは一体なぜ細胞分裂をせずに増殖する事が出来るのでしょうか。彼等は一体どうやって体全体の血球量を保持しているのでしょうか。
 
 一般に、細胞核を有する細胞を「真核細胞」と称し、また明白な細胞核を持たない原始的な単細胞を「原核細胞」と称していますが、どちらも核酸を有している事は確か、大きな違いは細胞質との間切である「核膜」を持つか持たないかの違いです。核酸は細胞質と直接触れ合うと本能的に猛烈な勢いで自己の複製を造ってしまう事から、バースコントロールの為に普段は間切の被膜で隔離しているのが普通なのです。原核生物(バクテリアなど)の様に無制限の増殖を行ってしまえば、宿主を破壊してしまうばかりか、自己が所属する生息環境を根こそぎ駄目にしてしまう場合がある事から、ある程度増殖したら核酸にカバーを掛けるのが生物界の掟となっています。高等生物の細胞は殆ど最初から核膜を有しているのが普通ですが、時には自ら核膜カバーを解いて無限増殖を試みる場合も多々あります。その典型的な細胞が一般血液の赤血球であり、自ら脱核して(核膜を解いて)「無限増殖細胞」と成り、核酸増殖を行っては血球の元台帳を増やしているのです。
 
 一個の赤血球は、脱核して扁平細胞と変じてから盛んに核酸増殖を行って、最大で36setのDNA単位を自らの体の中に抱えます。核酸の複製作業が飽和状態を迎えると、赤血球は36個の破片細胞に分割され、造血幹細胞としての自己の本分を努め終わります。破片細胞とは所謂「血小板細胞」の事であり、一個の赤血球が36個の血小板細胞に分かれて生まれ変わるのです。核膜も持たない小さな血小板とは、分化前の「ES細胞(万能細胞)」であり(核膜はまだ作っていないが核酸は有している)、これらの血小板細胞が再び血球に分化して行くばかりか、身体の全細胞の補充要員と成って生体細胞量の一定維持が図られているのです。もし肝臓の細胞が死んだら、肝臓ヒールはES血小板細胞をズザネ管で捕獲し、その幼弱な細胞を一人前の肝細胞へと成長させる誘導を行う訳です。
 
 
 
 
 
 
 ところで「造血幹細胞」である赤血球は血管の何処ででも出産作業を行う訳ではありません。赤血球も人間と一緒であり、街の通りで子供を出産する女性は殆ど見掛けませんが、それは赤血球とて一緒、体の出産場所は定まっていて、ある特定の場所でしか出産しないのが普通です。栄養素が豊富な血管と言えば、小腸の粘膜下部に広がる「小腸絨毛血管群」の中であり、主に出産作業はここの血管内で行われています。それは千島博士が長年観察して来た通りの光景であり、ここで赤血球の崩壊と創造が行われていたのでした。従って、骨髄血球と一般血球を混同している現代医学は、骨髄移植をしたところで白血病一つ治せないのが当たり前、骨髄性白血病ならばまだしも、一般血液の急性白血病に対して骨髄移植しても意味が無いんですわ。頭が悪く大ボケをかましている医学界ですが、先ずは基礎的な勉強を積まないと一人前の医者には成れませんね。