時事情報(4/6) 呼吸ブース(呼吸器)に関して

〈呼吸ブース(呼吸器)に関して〉
 現在、創造主医療団が使用している「救命ブース(アストラル呼吸器)」に関する知見ですが、人間の体魂(オーラ球)を包み込む、直径が約3m大の医療ブースであり、個人の体魂に設置するものです。当然アストラル物質なので、人間の眼では確認出来ない代物ですが、本来の役割は呼吸器(肺や血液)の補助であり、呼吸器を経由せず別ルートで人体組織のガス交換(酸素を送り届けて炭酸ガスを体外へ排出する)を行うものです。物質概念上、地球の常識では考えられない医療器具の一つですが、人体の皮膚を透過して酸素や二酸化炭素の出し入れをしてくれる装置であり、呼吸器によるガス交換量の2割から3割を補ってくれるものです。直径3mの呼吸ブースには「ミニcom」と称される極小のアストラル・チップが大量に入っていて(10兆個から15兆個)、これらの作業チップがそれぞれ酸素分子や炭酸ガス分子を抱えて運搬作業を担っています。
 
 一個のミニcomのサイズはちょうどH2ウイルスと同サイズ、一個の体細胞の中に1万個入る大きさです。これらのミニcomは普段は医療ブース(直径5mの中に2兆個)の中に入っているもので、ハオリ医療団が手足として治療に用いているものですが、基本的に機械分子なので、システム的な自動運転操作が可能です。例えば、一人のコロナ患者に呼吸ブースをセットして呼吸の補助器として使用してみたり、あるいは一部のミニcomを人体内に侵入したウイロイドやウイルスを体外へ掻き出す作業を行わせたりする事も可能な訳です。当然、機械ですからあらかじめ詳細な命令指揮をインプットせねばならず、10兆個のミニcomのうち、1兆個はウイロイド排出に関わらせ、次の1兆個にはウイルス排出に関わってもらい、また残りの8兆個でガス交換作業を行なってもらうといった感じでしょうか。
 
 この呼吸ブースの最大のメリットは、呼吸器そのものに「予防シルエ膜」が巻かれており、外出時にも様々な病原体(ウイルスや細菌や花粉やフェロモンや毒素など)から人体を保護してくれるという点です。早い話が全身マスクとでも言いましょうか、これを装着せずに現在のヨーロッパやアメリカに出向く事は死にに行く様なものでしょうか。命を守ってくれる最大の武器であり、特に今のご時世では絶対に欠かせない必需品であると思っています。残念ながら、毎日生産しても(現在の在庫は33万台)物量的に日本人全員に充てがう事は出来ませんが、生粋な日本人、並びに日本に居住し日本語を喋れる外国人で、資格を得た者(解脱者)とその家族には優先的に設置しており、また今現在、病気で苦しんでいる方も、申請があれば医療団が人体に設置してくれます(女性優先)。呼吸ブースの取り付け作業は約5秒間で終わります。
 
 さて、現在はH4ウイルスとH2ウイルスとフラビノ・ウイルスとゴカイ・ウイロイドと海洋細菌のビブリオ菌とアルテロモナス菌に汚染されている日本国ですが、H4ウイルスに関しては昨年度から発生している長命ウイルスであり、海洋や湖沼や雪山の中で生きているばかりか、植物や昆虫や動物に感染して内部で増殖を続けています。干からびない限りは生き続けるという、癌化した反電荷ウイルスの逞しい生命力には舌を巻きます。日本国に長く居座る彼等は「シルエ耐性」を身に付けてきたのか、以前はビタッと増殖を止められていたのですが、最近は徐々に増殖率をアップさせてきている様です。「国土シルエの防御能力が薄れてきている」事に、「しまった、こんなに早いのか」と驚きを感じております。ただ、H4ウイルスの外毒素の中和と発信器の破壊はまだ大丈夫であり、外国のコロナ患者の様に「T細胞ストーム」は起こっていないのが現状です(H4ウイルスの耐性に関しては新たな手を打つ予定)。
 
 我々にはハオリ医療団が付いており、如何なるウイルスも毒素も発信器も、あるいはバイ菌も身体の中から一匹残らず完全除去してくれますが、神様の存在を信じていない一般の方はこれまで通り地球の医療に頼らざるを得なく、「薬」で何とか治療しようとしています。しかし、ハオリ医療団が出動してH4ウイルスを除去したところで、あるいは病院で薬を投与されたところで、人と会えば飛沫感染して、また、野菜を食べても蚊に刺されても再感染してしまう現状では感染を根本的に止められません。一番良いのは人体の免疫機能がH4ウイルスに対する免疫抗体を作り上げる事なのですが、その抗体形成は三ヶ月から半年以上も時間がかかるのが現状なれば、諸外国では抗体が形成される前に命を落としているのが実情です。H4ウイルスの免疫抗体を持っている若い方は日本国には一杯居ますが、年寄りの方は抗体形成が遅い為に肺炎で命を失っているという状況です。
 
 一方、H2ウイルスは今年の2月に発生した新参ウイルスであり、癌化していない種類もまだ残っている現状、このウイルスに関する免疫抗体を備えている人は誰も居ない状況です。赤ん坊も子供も大人も老人も犬も猫も平等に感染するウイルスです。このウイルスは肺炎とは無関係、フラビノ・ウイルスと同様に、基本的に咽粘膜や鼻粘膜の裏側に位置する脳組織に定着する脳ウイルスの一種であり、患者の容体を良く観察すれば、コロナ患者(H4患者)とは全く症状が違う事から、医者ならずとも二種類のウイルスの存在は素人にでも判別が付く話でしょうか。何でもカンでもコロナ・ウイルスに原因を擦(なす)り付けているのは頭がおかしいと言わざるを得ません。CT検査で首の脊髄を見れば一目瞭然、肺炎で呼吸不全を起こしているのではなく、肺を動かす運動神経の電流自体が止まっているのです。日本国では殆ど観察出来ませんが(T細胞ストームが起こっていない)、諸外国では大半のコロナ患者がそうした症状を呈しています。
 
 日本国に警告したい事は、相手はインフルエンザ・ウイルスであり、感染者数を気にかける必要は全く無く(陽性患者など調べる必要も無いし隔離する必要が無い)、実際に重篤な症状が出ている方のみを治療するという方向に切り替えないと、医療は崩壊するし、経済までもが回復出来ない位に崩壊してしまいます。毎年インフルエンザで数千人も死んでいる現状を考えれば、今年はむしろ少ないぐらいでしょうか。日本国は神々に守られており、他国と同じ事情ではありません。バイ菌一つ始末出来ない医学者達の意見を聞く必要も無い訳です。ただ、つい最近不意打ち的にゴカイ・ウイロイドの襲来を食らって、コロナ感染とは無関係に呼吸不全や免疫不全を起こしている方が多い状況なので、医療団が呼吸ブースを配給しているという話なのです。少々冷たいかもしれませんが、我々は人類を守っている訳ではなく、龍神島(神社の敷地)を守っているのであって、用事の無い民族を救けるつもりは毛頭ありません(どの道地球人は全滅する)。最初から何度も申し上げている通り、有象無象は要らないというのが我々の基本姿勢なのです。
 
 呼吸ブースに関してですが、医療団が使用する医療ブースでは「溶媒カプセル(バイ菌などの裏空間処理器)」がセットになっており、除去したウイルスの完全処理が可能ですが、呼吸ブースでは処理が不能であって、ただ人体の外にウイルスを放出するだけの機能です。従って、家族の中で一人だけ装着していても無意味であり(他に移してしまう)、家族全員を対象としなければならない性質のものです。ペットに関しては専用の呼吸ブースは有りませんが、ウイロイド遮断被膜を用意しており、それを巻けばウイロイドに感染する心配は有りません。現在、ポンプ排出によって日本国土内のウイロイド密度はかなり落ちましたが、既に人体に侵入してしまったウイロイドは呼吸ブース排出か、医療団に手取りしてもらうか、そのどちらかでなければ取り除く事が出来ません。太平洋や東シナ海の赤道付近で大量発生したウイロイドの本流は、今は中国沿岸部や台湾や韓国に流れ込んでいる状況でしょうか。
 
 こんな状況下なのに、もしハエ・ウイルス「H1N1G2V(癌化していないのがスペイン風邪)」が発生したら、来年中にも自然界による人類淘汰が完了してしまうのではないかと思われます。このウイルスも癌化したインフルエンザであり、最高の増殖率と最高の感染力(伝搬力)を誇る最も危険なウイルス、日本国内でも呼吸ブースを装着していなければ生きられないという「死神ウイルス」です。果たして、神様や創造主よりも幼稚な科学や医学を信奉している「あなた」は最後まで生きられるのでしょうか。家族を護ってやる事が本当に出来るのでしょうか。地球上の何処に逃げてもウイルスやウイロイドの魔手から逃れる事は出来ません。アメリカの空母や原子力潜水艦の中でもコロナ騒動が勃発している事は承知の通り、相手は自然界、我々だって四苦八苦しているのに人間が戦って勝てる様な相手ではありませんね。賢く生き延びましょう。