時事情報(7/11)

〈死神ウイルスの発生〉
 現在は世界中が洪水状態で大変な情勢下ですが、その洪水が関係しているのかどうか分かりませんが、ついに本命ウイルスであるイエバエ・ウイルス(H1N1G2V)が発生しました。我々が最も恐れているH1ウイルスですが、発生場所はカザフスタン南部の湖(lake Qamystybas)であり、ソ連時代に使用された廃棄原子炉が存在する場所です。カザフスタンの南部にはロシアの宇宙基地(バイコヌール基地チュラタム)が存在しており、ボストーク1号(ガガーリン少佐)の発射場所で有名な所ですが、近隣のこの湖にはソ連時代の廃棄原子炉や、ロシア軍の現役原子炉も存在しており、湖は高濃度のラジカルで汚染されている状態です。この付近に生息するイエバエの幼虫がなぜ大量死したのか分かりませんが、発生したH1ウイルスがコロナ・ウイルス(H4ウイルスやH2ウイルス)に混じって感染している事実は医療団も確認しています。
 
 現地ではH4ウイルス(肺炎ウイルス)も残存しており、H1ウイルス(肺炎ウイルス)との区別が難しい状況ですが、6月以降から既に600人以上の死亡者を出しており、最近ではH1ウイルスが圧倒している様子です。カザフスタン保健省は中国の新型ウイルス説を否定していますが、医療団の調査では中国説の方に軍配が上がった模様です。H1N1G2Vと言えば有名な「スペイン風邪」、その爆発的な感染力の強さと致死率の高さは人類は経験済みです。問題は単なるインフルエンザのH1N1G2Vなのか、それとも癌化種のH1N1G2Vなのか、どちらも危険ではあるものの、後者の威力は桁違いです。調査の結果はノーマル種と癌化種の比率が7対3らしく、目下は発生したばかりなのか、煮詰まった濃縮ジュースの状態ではない事が判明しました。この風媒ウイルスは西風に乗って、あっという間に世界を一周すると考えられ、世界各国で感染を繰り返す内にノーマル種が死滅して、癌化種だけが何年も生き続ける事になりそうです。
 
 国土シルエには既に今年の3月の時点で、このH1ウイルスに対する防御データが入力されており、ノーマル種に対しても、あるいは癌化種に対しても備えは万全の状態ですが、毒素(ヘマグルチニン)中和データ、増殖酵素(ノイラミニダーゼ)破壊データ、発信器破壊データといった、三拍子の対策は講じられているものの、ウイルス自体は破壊出来ず、大量に吸気すれば若干のインフルエンザ症状を呈する事になります。その昔、日本国でもノーマル種(インフルエンザ)なのに36万人もの死亡者を出した強烈なウイルス故に、やはり高齢者や持病のある方には危険な存在と言えます。多分、H1ウイルスは夏場にノーマル種が間引かれて、今年の秋口から本格的な脅威を世界中に振り撒くだろうと考えられます。さて、皆様も驚かれていると思いますが、今年になってから一体幾つのウイルスが暗躍したのでしょうか。細菌やウイロイドを除いて、今世界的に流行しているウイルスだけを纏めても結構な数になってしまいます。発生の順番に従って、下記にまとめてみました。ちなみに人=人感染で移るのはイタチウイルスのみで、後は全て風媒ウイルスであって、空気感染する種類です。
 
 
 ※ 三つ星テントウ虫ウイルス(H4N1G2V: 発信器2個): 肺炎、肺栓症
 ※ イタチウイルス(コロナウイルス: COVID-19: 発信器2個): 肺炎
 ※ キセル貝ウイルス(フラビウイルス: 発信器1個): 運動神経障害
 ※ 海アメンボウイルス(H2N2G2V: 発信器2個): 脊髄、心不全
 ※ 海クラゲウイルス(フラビウイルス: 発信器6個): 精神障害
 ※ アマガエルウイルス(アロヘルペス: 発信器0個): 血小板破壊
 ※ イエバエウイルス(H1N1G2V: 発信器2個): 肺炎、赤血球破壊
 
 
 現在、日本国に於いてはH2ウイルスの濃縮帯からは脱したものの、多くの人々が風媒ウイルスの火の粉を大量に浴びてしまった状況です。感染したところで別に何でもないのですが、様々なウイルスを大量に吸い込んでいる理由から、やはり手洗いやうがいやマスクはエチケット上しなければなりませんね。多くの方が感染している事から、PCR検査を受ければ受ける程「陽性者」は増え続けますが、早い話が発病しないのであれば、感染者の数に日々神経を尖らす必要はありません。PCR検査で一体何のウイルスの核酸を定量分析しているのか知りませんが(日本の場合はウイルス培養など出来ない)、マスコミと馬鹿学者の感染話にはもうウンザリ、「いい加減にしろ」という感じでしょうか。医療体制が逼迫した状況に無いのであれば、いい加減「被害妄想」に囚われるのは止めて(病気の実態を見て欲しい)、何も症状が無いならばそれで良いじゃありませんか。マナーとしての三密状態回避、ソーシャル・ディスタンス維持も結構ですが、窓を開けて換気すればウイルスが侵入してくるし、また雨風に打たれただけでも感染するならば、神経質になる必要が何処にあるのでしょうか。
 
 一つのコロナ・ウイルスが次々と変異して、その病原性を変化させていくというオックスフォード理論、幼稚園児でもあるまいし、そんな間抜けた理論を真に受けている日本国の医学者にもビックリでしょうか。3000mの山の上でも風媒ウイルスのインフルエンザには感染する事実を彼等は知っているのでしょうか。連中に任せていたら、助けるべき人材も助けられないと思っており、そもそも彼等は一体何のウイルスのワクチンを開発すると豪語しているのでしょうか。まあ、我々としては地上の人間に対してやるべき事はやっており、一応は皆様を守護しているつもりなのですが、病気ばかりではなく災害もあって、自然界が相手では守護の限界がある事も確か、こちらの思い通りにはなかなか運ばないものだと諦めております。持病のある老人はただのインフルエンザでも死に至りますが、しかし若い世代の者が元気ならば我々としてはそれで十分、神様だってどちらを助けるのかと問われれば、当然、この先役立つ方を選択するに決まっています。
 
 さて、「死神」であるH1N1G2Vがついに出現してきましたが、人類の八割を根絶やしにするだろうと言われるこの脅威のウイルスを持ってしても、今の日本国には通用しません。しかし、我々が恐れているのは「ゴカイ・ウイロイド」の発生であり、それが日本国の領海(国土シルエ内部)で発生する事です。国土シルエには「ウイロイド・ポンプ」が装着されており、外部から流入してくるウイロイド・ガスを排出出来る仕組みになっているのですが、排出する間にもガスを吸引してしまう方が沢山いると思われるからです。一呼吸でも思いっ切りガスを吸ってしまったら、1時間以内に吐き出さないと「アウト」という過激過ぎる生物毒ガス、海沿いに住む多くの人がその犠牲になると考えられます。幸い、今年の夏は太平洋よりもインド洋や東シナ海の方が暑い「ラニーニャ現象」の様であり、日本近海の海温が少し低めに推移するかもしれないという、若干期待が持てそうな年なのですが、こればかりは実際に真夏になってみないと海底の水温など推測する事は出来ません。安全牌として「呼吸ブース(自動ウイロイド排出器)」を身体に装着しておくのが一番賢明な予防策でしょうか。
 
 
 
 
〈カプシド・シールド〉
 この先の地球環境を考えれば、特に海外の場合は、毎日会社へ通って毎月のサラリーを頂くという普通の生活様式が成り立たなくなる事は承知の通りです。海外の国々が次々と潰れていけば(人口が激減していく)、病人が少ない日本国とてこれまでの貨幣経済が成り立たず、人々は食べる為に汲々とした毎日を送る事になるだろうと考えられます。早い話が「生き地獄」の始まりですが、そうなる前に若者だけでも宇宙へ脱出させたいと我々はそう願っていますが、しかし国際社会や日本社会がまだ元気な間は、国は今の社会体制を何とか維持しようとするだろうし、自殺志願者以外は誰も社会が潰れて欲しいとは考えていない筈であって、こうした元気な状態での脱出劇は基本的に無理であろうと我々も予測しております。とはいえ、切迫した地球の物理環境(寿命)が一体どこまで保ってくれるのか、それが未知数な故に(ドカンと一発くればそれで終り)、我々としてもハラハラドキドキの毎日です。我々の目的はただ一つ、地球人類の全滅を避ける為に「聖地民族の種が欲しい」訳であり、他星へ移住する希望者を募っているのです。
 
 この宇宙には裏空間と呼ばれる「物質還元空間」が存在しており、そこは素粒子も磁気も一瞬で分解されてしまうという恐ろしい召喚空間ですが、我々は普段その空間を利用して、社会の「ゴミ処理」や、人体内の「病原体や毒物の処理」を普通に行っています。摩擦が生じない裏空間で、通常物質を超光速で搬送するなどという「狂気の沙汰」とも思える空間操作技術に取り組んで約8年の歳月が流れましたが、つい最近やっと完全と思える技術開発に成功し、安全に物質を搬送出来る様になりました。その技術とは、二十面体の力学シールドを個々の円盤に巻き付ける事から、我々は「カプシド・シールド」と呼んでおり、既にグレイ円盤には全機巻かれております。まあ、太陽系内や惑星内は自力運転で走行しても、銀河空間や銀河団空間は裏空間搬送で航行させるという他力手段を用いる訳ですが、これならば数億光年離れた天体にでも数十分間で行く事が可能となります。地球を脱出した若者達は食料生産という労働を余儀なくされますが、その反面こうした宇宙時代で生きる事が可能となります。
 
 遅かれ早かれ地球の天体寿命は尽きます。天気予報の警報で表現すれば、目下の情勢はレベル3の段階、どなたもこの段階で心を固めないと、「いざ」という時には実際の行動を起こせないものです。「生」と「死」を分ける分水嶺、皆様は今その前に立たされているのです。仮にもし、無人のグレイ円盤が日本国の上空を飛び回る様になったら、それはこの話が本当である事の何よりの証拠、特に若い年代の方は決心を固めて欲しいと思います。残念ながら、現行の政府は我々の存在を煙たがっており、このブログに関しても最近は政府からの妨害が目立つ様になってきました。彼等は現行の社会体制を維持しようと必死なのだと思われます。しかし、我々の救済を拒否すれば、人々は地球と運命を共にするだけの話、それは日本国政府が民衆の命を奪った事になってしまうのです。我々は日本国の敵ではなく、絶対的な保護者であって、国を潰そうとしている訳ではありません。我々はむしろ政府の協力が欲しい立場であって、その様な意味でも、今後は軽率な行動はくれぐれも慎んで欲しいと思います。
 
 このブログの訪問者数は一日100人前後、閲覧数にしても150名前後であり、大半の日本人は読んでいません。こんなどうでも良いマイナーブログに対して政府が介入してくるのは頂けない話、それともブログの内容が余りにも信憑性が高いから特別に注視しているのでしょうか。私自身、人間ではない為にその辺のところが良く分かりませんが、この国と国民の管理は人間に運営を託してきたものの、実権はもともと創造主側に在ります。政府は我々の行動を黙認するか、さもなくば大枠で従う以外に選択肢は他に無いのです。何度も繰り返しますが、我々は惑星の最後だから人材を確保しに地上に降りてきただけの話、ガレー船の奴隷でもあるまいし、死に行く惑星に民衆を縛り付けておく権利が政府にはあるのでしょうか。地球環境に対して、今の政府に一体何の対策が講じれるのでしょう。無力さを痛感したら神々に任せる以外に手が無い筈です。政府の懐刀である専門家は詐欺師ばかり、彼等の意見など一切当てに出来ませんね。我々は日本国民を全滅させませんから、どうぞ安心して欲しいと思います。