時事情報(6/5)

〈銀河史概論・星の環境汚染(その3)〉
 天の川銀河系の天体に築かれた生物霊界の設置数は正確に言うと847惑星、そのうち「ヒト遺伝子」を注入して人間を創った惑星が421惑星であり、残りの426惑星は人間がいない「猿(動物)の惑星」です。担当創造主(セザナ神)の記録を紐解けば、通算累計では381/421部族が「銀河広域指定」の創造主認可を受けており、これは過去に宇宙船に乗って銀河空間に飛び出した民族が381部族もいたという話です。初期の銀河レムリア期においては、宇宙船は開発できたものの、同時に「核」を操作する技術を開発し、原子爆弾や原子炉を作って滅んだ惑星が続出し、我々の銀河系でも40の民族が立て続けに滅んでしまいました。自滅した民族は単独文明を発達させた惑星が多かったのですが、それ以後は連合組織が発達し、技術共有が進んで、核に頼らない発電法が編み出された理由から、銀河広域指定民族の数が飛躍的に跳ね上がり、放射線公害で自滅する星も無くなりました。結局、最終的には341部族の広域指定民族が2万年前まで活躍していたことになります。また、2万年前にはそれらの民族は霊魂体宇宙人と化し、地球も含めて40の原始民族が彼らの植民地星とされてきました。ちなみに、乙女座銀河団全体では放射能弊害で自滅した星は46箇所(他に6つの銀河民族がいた)、宇宙全体では三百数十箇所にも及んでおります。

 霊魂体宇宙人が存在する銀河系は、我々の「天の川銀河系」とボラン銀河団の「八つの銀河系」という合計で9箇所だけですが、今現在、原子力という危険なエネルギーを扱っている民族は、宇宙全体でも地球も入れてたったの4箇所の惑星であり、ボラン銀河団には存在しません(蟹座銀河団と大熊座クイオ銀河団とペルセウス銀河団に一つずつ)。多くの惑星民族が過去の失敗から学んで、神界の掟を破っていないのが現状です。地球人はオリオンの悪しき神々に誘導されて、自滅の道を選択してしまったのです。大宇宙(14組の小宇宙民族)の中の聖地民族である地球人なのに、つまり、大宇宙民族を象徴する陽の陽たる嗣子(しし)民族なのに、なぜそんな大失態を招いてしまったのでしょうか。神々を野放しにした担当創造主の失敗とも言えますが、我々人間王国軍団の考えは別の視点にあって、創造主や神々が犯した罪も含めて、人間のあらゆる罪深き運命を背負うべき存在だから宇宙の主人公にもなれるのであって、だからこそ悪しき過去の断捨離を行い、未来宇宙へ向かって龍神島民族(人間王国の選民)はひたすら邁進しなければならないと、我々はそう思っている次第です。つまり、目の前に立ちはだかる困難な壁、それを試練として受け止めて、乗り越えなければならない運命にある訳です。

 そもそも龍神島民族は世界中から優秀な生命を集めており、個々のアカシック記録を見ても、前世が日本人だった者は殆どいない状況です。日本人として生まれ変わり、その生命の一生涯を観察した創造主や神々が人間王国の一員として認可した生命には人間王国のマークが刻まれることになり、個人の眷属名称が与えられて、王国の住民登録がなされています。これまで王国の一員として認められた人間の総数は世界中で4億6000万人にも上っており、その半分以上は輪廻の最中ですが、認可した生命が世界中のあらゆる国々に分散しているのが現状です。また、現行の日本人ではその1/3が認可マークを貰った生命であり、これらの認可者(神々候補生)に関しては、地球霊界が無くなっても(人類全滅後も)、その生命位相を他惑星へ運んで人間修行を続けてもらうことになります。特に日本語を喋る認可者の中で銀河解脱を果たした者については、死後は銀河サラ位相帯生命(霊魂体宇宙人)としてベテルギウス本星で神々の一員として暮らせますし、一方、まだ生きたいと願う者に関しては、円盤に乗船して移住地で暮らしてもらうことになります。地球で死のうが移住先で死のうが、神様として生きられることは確定しており、できれば最後まで肉体を生かし続けて欲しいと思います。

 それに対して、海外で外国人をやっている王国の認可者に関しては、現行の言語の関係上、ベテルギウスにもバエルヤにも行けませんが、移住者の子供として輪廻転生してもらいます。また、日本人の認可者でも銀河解脱ができていない者に関しては海外の認可者と一緒の待遇であり、死後は輪廻の行程に入って頂いて、いずれはバエルヤで新生児として誕生してもらうことになります。円盤脱出をする若い日本人に関しては、認可者でなくても解脱とは一切無関係に、日本語を喋れるとか、子供を産めるという理由だけで移住が可能ですが、いずれ移住者は世代交代して認可者である子供達に取って代わっていきます。無論、移住者が解脱をすれば新しく王国の一員となれます。人間王国軍は地球の終焉に際して、我々の財産である認可者(登録者)を引き取りに来たのであって、日本国や日本人を救いに来た訳ではありません。現在の創造主世界は人員不足、だから収穫物を取りに来ただけの話なのです。脱出者は地球人として生まれたが故に大きなハンデを背負って生きることになりますが(世界人類の不運を背負う=生きられなかった彼らの分まで生きなければならない)、だからこそ主人公に相応しい境遇だと言える訳です。

 ところで、核を扱ってしまった人類はなぜ生きられないのでしょうか。科学力が進歩して粒子を操作する様になれば、遅かれ早かれ放射線(素粒子振動波)はつきものであり、人体の安全上、必ず放射線対策を講じなければならないものです。地球人もそうなのですが、放射線が恐ろしいものである認識は持っていても、放射線が引き起こす二次弊害に関しは注意を払わない傾向にあり、気がついたときには既に手遅れというのが大半のようです。軌道電子世界(軌道電磁場)である物質世界は、軌道電磁場の極性と極性が結ばれる化学反応の世界であって、そこに原子核の構成物である陽子が単体(裸)で侵入すると、軌道電磁場の極性と陽子の極性が結合して(ダブリングして)、異常な結合力を呈する「過激な物質(ラジカル分子)」が誕生してきます。そのお化け物質が特に水分子に放射線が当たって形成される理由から、生物体に多大な影響を及ぼしてしまうのです。つまり「放射性ラジカル(放射線が当たってラジカル化したもの)」の問題が見落とされてしまう場合が多いのです。原子力発電所を作って、核分裂反応の熱エネルギーを使用するのは原子炉が故障しない限りは大きな問題にはならないのですが、重要なのは原子炉を冷却する「冷却水」であって、ラジカル化した汚染水(被曝水)を河川や海洋に排出するために、最終的には環境を破壊してしまう結果となります。

 一連のコロナ・ウイルスとは何処かの国が生物兵器として開発したものではありません。文明国が被曝水(ラジカル水)を垂れ流し続けた結果、微生物の大量死を招いて、内胞ウイルスなどの変異種(癌化種)を生み出してしまったのが原因です。仮に核爆弾や原子炉がオリオンの神々が仕掛けた罠だと理解しても、それをキッパリ廃絶できないところが地球人の尻の青さであり、結局は死なないと分からない「お馬鹿」ということになります。特に現代社会は放射線光(LED照明や液晶画面光)を家庭や病院の中まで持ち込んで使用しており、自らの肉体が被曝しているばかりか、ウイルスどころかその辺の雑菌やカビ菌まで癌化させているといった現状なれば、もはや全滅は避けられない状況です。「もう後戻りができない」段階を迎えており、奈落の底に真っ逆さまに転落している現状でしょうか。あまりにもお馬鹿なので、我々が手を出さざるを得ない訳です。国家や政府が地球人の抹殺(人口削減)を考えてきた訳ではありません。それは元々牧場主であるオリオンの神々の戦略(陰謀)であって、その組織(イルミナティ)が消滅した今も、頭を洗脳されたダボス会議の人間メンバー等が、自分達が生き残るために世界人口の削減を画策しているのです。だが、ヒューマノイドの抜け殻人間は無能そのもの、今の彼らには何の具体策も講じられません。地球人類は今、陽化が極まった自然界と戦っているのです。

 これは全滅したベガ星人の話ですが、今から51万年前、惑星ケケウに建設した原子力発電所の総数はトータルで1300箇所にも及びました。海岸線の原子炉は海に冷却水を放出できますが、当然、内陸部の原子炉は湖や河川に冷却水を放出しなければなりません。放射線を発する核物質の漏泄には特に慎重に対処してきたベガ星人でしたが、科学理論体系の構築が今一の状況であって、地球人同様に、生物体に対する「放射性ラジカルの弊害」や、癌化(反電荷化)のメカニズムや、力学発信器などの知識を持っておらず、創造主の警告の意味すらよく理解できていなかった状況でした。原子炉材が40〜50年程度の耐久性しかないことは彼らも熟知しており、古い原子炉をどうやって解体し、核廃棄物の処理をどうするのか、地球の場合もそうですが、原子炉の問題と言えばそれだけに終始してしまう傾向があります。一方、TABエンジンの開発に成功した彼らは「銀河広域指定民族」の認可を受けており、宇宙船に船内位相を装備してもらう権利を取得していました。そのお陰で核廃棄物を宇宙船に乗せて太陽に廃棄するという手段を講じていましたが、一連の原子炉建設から50年が経過した頃から癌病や糖尿病の患者が増え始め、さらに微生物の大量死や、無害な細菌種の病原体化(癌化)が認められる様になってきました。

 ベガの科学者達はやっとその原因に気づきますが、時既に遅く、海洋のラジカル汚染が極めて深刻な状況になっていました。最初の原子炉建設からわずか100年間で母星ケケウは癌化ウイルスや癌化細菌の巣窟と変じて、地上のあらゆる動物が死に絶えてしまうのですが、幸い宇宙船を開発していたことから、わずか8000名弱の人間だけですが、創造主の配慮によって他星へ移住して生き延びることができました。原子炉を開発したベガ星人(28億人)の悲惨な運命は、以後銀河史を飾る歴史となり、後世に語り継がれることとなりました。地球から25光年の星間距離にあるベガ星とはすぐ目の前の近隣の星、現在も惑星ケケウは水の惑星として美しいその姿を留めていますが、空気や水の補給もできない立ち入り禁止の「禁断の地」となっています。ベガ星人を皮切りにして、原子炉を開発していた40個余りの惑星民族(牛飼い座α星のアークトゥルス星人、三角座β星のカイエギ星人、白鳥座のヒエヨイ星人など)が次々と母星を失う結果となり、どれも宇宙船を開発していた銀河広域指定民族だったことから、一部のわずかな人間だけが脱出できましたが、彼らも母星を失う結果となりました。50万年も前から原子炉開発は神界の「絶対禁制」の筈なのに、一体なぜ地球人は今頃原子炉を開発しているのでしょうか。

 地球人が原子炉を開発してから既に70年が経過しています。アメリカやロシアはもちろんですが、原子炉大国と言えば、日本国と中国とインドと西欧諸国です。ちなみに中国の原子炉は約220基、その内発電使用しているのは34基、そしてインドの原子炉は約60基、その内発電使用しているのは28基です。日本国の原子炉は59基、発電使用は57基です。発電していない原子炉とは無論「核爆弾製造工場」のことです。承知の様に、原子炉は稼働しているしていないは別問題として、冷却水を常に循環させておかないと原子炉がメルトダウンを起こしてしまいます。原子炉に核燃料を入れた瞬間から冷却は必須のものであり、毎分何百トンもの冷却水が必要となります。カスピ海にはロシアの原子炉が3基とイランの原子炉が2基の合計5基、また、黒海にはウクライナの原子炉が2基とトルコの原子炉が3基の合計5基、カスピ海や黒海のラジカル濃度が太平洋並みに跳ね上がっており、カスピ海アザラシが変性菌に感染して大量死するのは当然の話と言えます。海も山も湖も河川も「放射性ラジカル(ハイドロキシ・ラジカル)」によってこっぴどく汚染された地球、こんな環境下において、今さら地球環境の是正を試みても無駄な話、昨年度から人類全滅のカウントダウンが始まっているのです。

 地球は1万8000年前から「オリオン植民地」として霊魂体宇宙人に管理されてきました。唯一オリオン支配が及ばない地域が創造主の直轄領である「龍神島(日本列島)」だったのです。日本人だけがオリオンの洗脳教育を受けていなかった民族なのですが、創造主の後継者選定に関わる候補生(50人)が出揃うと、セザナ神から彼ら以外の日本人も植民化してよいとの承諾を得て、グレイの大脳コントローラー移植作業やヒューマノイド潜伏工作が始まり、彼らは日本人(オリオン幹部生候補)のための宇宙教育学校を天秤座に建設し始めたのです。世界各国から優秀な人間を集めている龍神島だからこそ、オリオンも優秀な人材が欲しかったのだと思います。創造主と神々の間で秘密裏に取り交わされた密約ですが、そんな契約を地上の一般人が知る由もありませんね。当時のセザナ神は大宇宙(メシアA球)のビッグバン再生に取り掛かっており、内部世界の人間のことなど所詮「どうでもよかった」のです。霊魂体宇宙人にとって植民地人間とは「魂体採集のための生簀(いけす)生命」に過ぎなく、一人前の人間であるとは認めておりません。人間として認めていたのは龍神島民族だけだったのです。

 神界のその基本的な考え方は我々も一緒であり、龍神島以外の民族の人権は認めておりません。皆様も多分、我々がなぜ日本人だけを対象にしているのか疑問に感じていたと思いますが、それは創造主世界の歴史(慣習)と大きく関係している話であって、詳しい内容は我々の組織の教科書本に掲載されているので、学びたい方はぜひそれを読んで勉強して頂きたいと思います。現在、創造主世界が使用している共通言語は「日本語」です。マクロ宇宙の機械神もcomputerも全て日本語を話しており、そうした使用言語の関係上、優秀かそうでないかは別問題として、日本語を話せない者は神界では必要とされません。たとえ創造主が選抜した人間王国の認可者であっても、今現在日本語が喋れるのか否か(文字を判読できるのか否か)、それが一番の重要な問題なのです。地球人類は基本的にオリオン植民地の奴隷民族ですが、龍神島民族だけが未だに別枠であり、オリンピックの標準記録選定とよく似ていますが、銀河標準レベルに到達した方はオリンピックに出られる訳であり、個人的に創造主認可をもらって脱出も可能という「制約外」の民族なのです。地球の終焉に伴い、日本語を話す王国の認可者を迎えに来たというのが我々の本意だと言えます。

 皆様にご理解して頂きたいことは、放射性ラジカルに汚染された地球環境に対する認識です。地球は物理的にも寿命が短いばかりか、この汚染状況では人類全滅を待つばかり、地球では長くは生きられないという現状認識です。それともう一つ、地球科学はオリオンに歪められたものであり、物理学も医学も全く当てにできないという認識です。彼らは多分、「地球は滅んだりしない」と主張すると思いますが、それが悪魔の囁きであることは承知の通り、この船は絶対に沈まないと信奉した人達が船と一緒に沈んでいくケースは昔からよくある話、地球も生き物であって、何にでも終わりは必ずやってきます。それと、創造主の名を語る我々の言葉を信用できるのか否か、それが一番大きな問題です。信じられない者は信じなくてもべつに結構、そんな者は上界へ連れていくことはできませんね。本物なのかどうか、文章の内容を見れば分かる筈であり、そのぐらいの判断力は身につけて頂きたいと思います。我々にも間違いはあります。でも、人間の様に嘘は言わないのが創造主軍団の特徴、卑屈な人間目線で我々を判断しないで欲しいと思います。こんな話は言いたくはないのですが、「君達は誰のお陰で空気が吸えてんの?」と、我々だって地球人を責めたくなりますよ(ここ10年間で三度の大気注入)。今まで生かされてきたことに感謝しましょう。ブヒン!!

 

〈陽化惑星〉
 プレアデス連合の総帥民族であるアルデバラン星人の母星(第三惑星: テニネ)には我々軍団も時折出入りしています。神々の70%以上がこの惑星から誕生しているからであり、今や陽化が進んで「死の星」と化しているものの、生物霊界が残っている関係から神々の原本記憶(位相内記憶)を覗きに行っているというのがその理由です。今から8万年前の話になりますが、母星の運動寿命が訪れたことから、惑星テニネ(プレアデス連合本部)に残留していたアルデバラン人は引っ越しを余儀なくされました。当時はプレアデスの栄光の時代も終わっており、銀河の実権はアリニラム連合が掌握していましたが、その4万年前に戦火の被災は被ったものの、テニネには人々がまだ残っていました。もちろん、連合組織が全て壊滅した訳ではなく、銀河のあちこちにプレアデス領地が存在したことから、テニネの住民達は母星を捨てて他星へ移住せざるを得なくなりました。今現在の惑星テニネは地表の表面温度は500度、大気の主成分は炭酸ガスと硫酸ガス、大気圏の上層部は濃硫酸の霧に包まれています。水の惑星だった面影は何処にも感じられず、地表は表層マントルが冷えて固まったブヨブヨの状態を呈しているのです。

 これはテニネの地殻岩盤が崩落を起こして、マントル内部に海洋が飲み干され、蒸発した結果の姿、銀河系では特別に珍しいものではなく、我々の太陽系の金星と全く一緒の状態と言えます。かつてテニネに存在したプレアデス連合本部の建物も無ければ、生物が存在した痕跡も無く、有機物の「有の字」も見出せない無機の惑星へと転じています。昔を忍ぶものは何一つ見えませんが、アストラルの生物霊界だけが虚しく残存しており、その昔、この惑星には人間や動物や植物が息づいていた事実を彷彿とさせています。琴座の恒星ベガには未だに「水の惑星(ケケウ)」が残っているのに対して、牡牛座の恒星アルデバランにはもう「水の惑星」の姿が無いという、星の寿命の長短を感じさせますが、虚しさから言えば、惑星の使命を全うして綺麗に成仏したテニネと、中途半端で終わってしまったケケウの差は大きく、ケケウの神々の泣き声が聞こえてきます。何十億年に渡る発汗の結果、やっと誕生させた惑星の子供達(単細胞生物のこと)、そして、やっと成長させて人間にまで進化させたのに、生命の本懐を成し遂げることができなかったのです。

 地球の場合はオリオンの「核反応促進機(地球軌道を周回する直径が1.5kmの壺型のアストラル機械)」を仕掛けられて、惑星本来の運動寿命を5億年も縮められてしまいました。物理的な寿命が先に訪れるのか、微生物攻撃で根絶やしにされるのか、地球の場合はそのどちらかだったのですが、昨年の12月に、我々が一つの惑星の命(力学骨格)を犠牲にして地球へ移植したことから地球は奇跡的に磁場骨格を持ち直し、目下の問題はコロナ・パンデミックだけとなっています。我々にとっては脱出準備の時間が稼げるので、こちらの方が都合が良かったことになります。これは今から約4000年前の銀河系で実際に起こった話ですが、カジキ座AB星のA星(ボイグ)の第三惑星(ヒオエル)の話です。カジキ座のAB星と言えば四重連星系の天体であり、主星のA星を中心に三つの赤色矮星が公転しているという風変わりな星であり、惑星ヒオエルの人類(ボイグ星人)は生まれたときから4個の太陽を毎日拝みながら育ちました。地球―ボイグ間の星間距離は約49光年、カジキ座のこの領域は元々プレアデス領だったのですが、霊魂体宇宙人の世界に切り替わった後は、地球もそうですがオリオン帝国の植民地惑星となっていました。惑星ヒオエルの人類は「ヒト遺伝子」を注入されたのが今から700万年前の話、地球同様に大変若い民族でした。

 今から1万8000年前、オリオン帝国は地球も含む4つの植民地惑星に対して「核反応促進機」を仕掛けて惑星寿命を縮める作戦を敢行しました。惑星人類を皆殺しにして奴隷民族を作るのが彼らの手法だったのです。核反応促進機を仕掛けてもその惑星がいつ駄目になるのか正確な予想が立たないことから、ヒューマノイドを潜伏させて戦争を引き起こし、定期的に魂体を採集するのがオリオンの常套手段、惑星ヒオエルの場合も地球と全く一緒であり、月裏にはグレイ基地がありました。今から4000年前に惑星ヒオエルの力場骨格が突然衰退を始めて、衛星の月がドンドン離心していきました。それは3年前の年末に地球で起こった現象と全く一緒でした。それから1年半後に最外殻の磁場骨格が崩壊するやいなや、地上の人間達がバタバタと倒れていったのです。まるでドミノ倒しの様に、人間が気絶して起き上がってこないという摩訶不可思議な現象が発生したのでした。惑星の心回路の心臓部である「ネブヤハゲル層」を喪失したことから、地上の生物の自律運動が一挙に停止してしまったのがその原因でした。生物の総倒れ現象が発生してから4日後、重力崩壊が発生し、海洋がマントルに呑み込まれて蒸発し、地表は瞬く間にマントルの火の海へと変貌してしまいました。これがオリオン系の霊魂体宇宙人「ボイグ星人」の出発点なのですが、地球人はその運命からは免れたものの、今度は別の運命が待ち構えていることになります。

 惑星地球の陽化はオリオンの神々に人為的に仕組まれたものであり、本来は若い惑星なのに、核反応促進機によって急激に老化させられてしまいました。もっと決定的なのは、核を扱えば100年以内に確実に滅びるという事実であり、それは創造主の力を駆使しても、失った環境を元へ戻してやることはできません。「もっと生かしてあげたい」と思っても、今さらどうにもならないのが現実、我々が助力してあげられることはオリオンの洗脳を解いて「地球脱出」のお手伝いをすることぐらいでしょうか。この話が「嘘」であって欲しいと願う方もいれば、また逆に宇宙に行きたいと願う方もいれば、「馬鹿言ってんじゃないよ」と一笑に付す方もいるだろうと思われます。このまま感染パンデミックが進むと国情が不安定になることから戦争も起こりかねなく、国際情勢がこの先どう変化していくのか、先のことは我々でも計り知れません。唯一確かなことは、宇宙には創造主世界が存在し、地球人を見守っているということであり、如何なる人間よりも、如何なる国家よりも、信頼できる存在があるという事実です。最後の最後は「神頼み」、地上の人間にはもうこれしか解決する方法が無いんですね。

 

孤立する龍神島

〈今後の世界(淘汰される人類)〉
 このブログの内容は3月10日に書かれたもので、掲載は3月14日(土曜日)を予定しています。正直言って、地球は昨年内にも地殻崩落が起こって海洋や陸地がマントルの海の中に引き摺り込まれるだろうと予測しておりましたが、軍団による天体力場の強制圧縮が功を奏して、奇跡的にもう暫くの延命が出来た様に思えます。それが幸か不幸なのか後になってみないと分かりませんが、生き延びれば生き延びた分、人類は地獄を経験する事になると思われます。しかし、あの世で生きる事を考えれば、どなたも地球の終焉をしっかりと目に焼き付けて欲しいと我々はそう願っております。これから世界が経験するだろう事は「陽化の極限状態」を迎えた母星の末期症状です。特に地球の場合は「核」を扱ってしまった関係上、その終わり方は想像を絶する悲惨なものとなるでしょう。我々としては龍神島民族を限界まで守り通す覚悟であり、出来れば一部の者だけでもその命を存続させてやりたいとそう願っております。
 
 これは本日(3/10日)の岩盤圧力の値ですが、茨城県沖の圧力ポイントが「10.2p」、紀伊半島沖が「12.2p」、千島列島沖が「8.3p」と高じており、必ずしも地震が発生する訳ではありませんが(普通は圧力が自然に分散する)、大きな災害の予感も禁じ得ない緊迫した状況です。また世界ではコロナ騒動で大変な状況ですが、その水面下では人類を抹殺する自然界の第1刺客(H2N2G2V)が猛威を振るっており、これは今現在(3/10日)の軍団情報(米国保健省の数値)ですが、アメリカではインフルエンザを発症した患者数(医療機関を訪れた人数)は四週目で1100万人を突破し、既に30万人もの死亡者が出ている様です。またインフルエンザの到来から二週目を迎えたヨーロッパでは、目下はインフル感者がうなぎ上りの状況、フランスでは約80万人の方が風邪を発症して医療期間を受診しています。日本国も既にこの危険なインフルエンザに席巻されていますが、国土シルエが防御しており(2/22日に入力)、今のところは鼻風邪程度で済んでいる状況です。
 
 
 脅威のインフルエンザ(H2N2G2V)が世界を席巻している状況なのに、なぜか世界はコロナ騒動に明け暮れしており、しかも同じインフルエンザのH4N1G2V(テントウムシウイルス)をコロナウイルスだと勘違いしたまま感染防止にやっきになっている状況です。「若い方が軽傷なのに対して年寄りが重症化するのはなぜだ?」と考えるのも少しおかしな話、普通インフルエンザはそういう性質なのです。日本国では2月23日にH4N1G2Vを例外的に伝染病扱いとして国土シルエに入力しましたが、この日を境にして明暗がくっきり分かれており、それ以前に感染した方は発病もしくは重症化し易く、それ以後に感染した方は鼻風邪程度の症状で終わります。本当のコロナ患者など極少数であり(今は殆ど居ない)、中国でも韓国でもイタリアでも全世界に広がっているのはH4N1G2Vの方なのです。しかし、真の脅威はH4N1G2V(肺炎ウイルス)ではなく、その影に隠れて蔓延しているH2N2G2V(脊髄ウイルス)であって、諸外国では肺炎で入院しても実際は脊髄を攻撃されて死んでいるケースが多い様です(レントゲンで脊髄を見れば判明する)。二種類の癌化したインフルエンザ・ウイルスがいる事に早く気が付いて欲しいものです。
 
 不安を煽る様な情報ばかりで大変申し訳ありませんが、実は軍団調査の結果、今年は既に第2刺客のバッタ・ウイルス(H1N4G2V)と、大本命の刺客であるハエ・ウイルス(H1N1G2V)がもう発生しており、この夏の温度加減では秋口から大発生する見通しです。これらのウイルスの活動ピークは多分年末から来年早々にかけてだと思われます。また、これも夏場の気温次第ですが、もし異常に高い海温であるならば、近海に生息するビブリオ菌とアルテロモナス菌の病原化(癌化)が激しく進むと考えられ、食中毒ならばまだしも、アルテロモナス菌の病原化は頂ける話ではありません。下手をすれば刺身や寿司王国である日本人の大半が頭がパーになる可能性もあるからです。異常気象と海洋汚染の結果、こうした様々な危険が予想される事から軍団も早急な対応策を迫られており、取り敢えずは出来る事から先に手を打っております。これはハオリ医療団からの報告ですが、2月20日に龍神島敷地を取り巻く国土シルエを三重構造の球体場に改良して(海洋も含めて地下岩盤も含む)、完璧な防御体制を築いたそうです。
 
 また、ここが重要ポイントなのですが、2月22日に医療団が国土シルエに対してアメンボ・ウイルス(H2N2G2V)の防御データを入力し、その翌日にはテントウムシウイルス(H4N1G2V)を格上げして防御データーを入力しました。更に2月28日にはバッタ・ウイルス(H1N4G2V)とハエ・ウイルス(H1N1G2V)のデータを入力し、更に翌日の2月29日には二つの「フラビウイルス(クラゲ・ウイルスとキセル貝・ウイルス)」の防御データと、海洋菌類のビブリオ菌とアルテロモナス菌に対する防御データを入力しました。これで一応は人間の命を狙ってくる危険な細菌やウイルスを殆ど封じた事になりますが(感染しても致命的な事態にはならない)、ただ、二つの危険なウイロイド(サンゴ・ウイロイドとゴカイ・ウイロイド)に関しては残念ながら一斉駆除は不能な代物であり、防御データ作成は出来ておりません(作れない)。この防御体制で龍神島民族を本当に守れるのかどうか分かりませんが、我々は少なくとも諸外国の様な悲惨な事態にはならないだろうと踏んでおります。
 
 皆様が国土シルエの存在価値に気が付くのは他国の医療情勢が分かってからの話、「なぜ日本国は被害が少ないんだ」と諸外国からは妬まれるかもしれませんが、たまたま日本国に入国した外国人は命が助かるものの、逆に日本国から国外へ出た者はバタバタと倒れていくという事実が明らかになるに連れて、日本国の領土を何かが護っていると感じる様になるでしょう。既に人類滅亡の序章は始まっており、後二、三年間で地球人類が全滅するシナリオ劇がスタートしたという状況なのです。もしそんな話は信じられないと言うのであれば無視してもらっても結構、どの道日本人も最後の最後は全員が淘汰されてしまうからです。我々としては自然界に淘汰される前に次の手を打ちたいと考えており、国土シルエとは単なる時間稼ぎの手段に過ぎません。一層の事、巨大地震がボカンと発生して綺麗サッパリ片付いてくれた方が我々としては手間が省けるのですが、我々が創った貴重な肉体を全部失ってしまうのはメーカー側としては忍びなく、聖地の「人類の種」を少しでも脱出させたいと考えております。
 
 現在のコロナ騒動だけでも世界経済が冷え込んでしまう事態に発展するのに、こんな健康被害が次々と発生すれば折角築いた国際関係も国際経済も「砂上の楼閣」に過ぎず、虚しく水泡に帰してしまいます。これまでは世界経済あっての日本国の繁栄、龍神島民族は病気で苦しまなくてもその分経済的に疲弊していく事になり、今後は国内でも様々な騒動が勃発してくるだろうと案じております。早い話が、孤立した日本国の内部にも人間を淘汰する嵐が吹き荒れるだろうと心配している訳ですが、それ以前に大規模な自然災害が列島を襲うと考えられ、結局様々な試練を乗り越えた者だけが生き延びるのだろうと推察しております。朝マイホームから出勤して夕刻には会社から家庭に戻るという平凡ながらも幸せな毎日、しかし一度国や社会に変動が起きればそんな夢みたいな生活がいつまでも続く訳がありません。激動の世界を生き抜いてきた過去の先人達の事を偲べば皆様にだって乗り越えられない筈が無く、命があるだけでもラッキーだと思わなければならないでしょう。
 
 
 
 
〈地球脱出の希望〉
 龍神島民族の多くは「王国の認可を受けた生命」であり、世界中から選ばれた地球人類の象徴的な存在です。もしかしたら我々が日本人だけを優遇していると思われたら困りますが、我々の領地に住まう選民だから優遇しているだけの話、もし韓国が王国の領土であったなら我々は韓国民族だけを優遇し、日本人など後回しにすると思います。その民族に値打ちがある訳ではなく、そこが人間の中心地であり王国の直轄領だから優遇しております。そもそも日本国は一般国ではなく神の国、自立国家という分類には相当しません。しかし、我々が日本国を護ったところで永遠に安泰な訳ではなく、龍神島民族に対して「してあげられる」事など高が知れています。ただ日本人の場合はアカシック総数が高く、頭が割れた覚醒者が多い為に、成道に導いてやれる生命が豊富に揃っている事は確か、我々の使命とは地球霊界を整理する事であり、駄目人間を間引いて優秀な生命だけを選定して上界へ誘導する事なのです。忘れて欲しくない事は我々は人間を収穫しにやってきたのですから。
 
 我々が自然界の畑に生物の種を蒔いたのが地球の始まりです。肉体を創造したメーカー側の我々にとって、こんな結末(地球人類の病死)になろうとは予想だにしておらず、「50万年前の大昔」でもあるまいし、今時の銀河系で核エネルギーを操作しているとは正直言って呆れております。それよりも降りてきてビックリ、「一体どうなってんの、ここの管理体制は?」と担当の創造主や神々を疑わざるを得ませんでした。しかし、宇宙戦争が激しくて内政に介入する暇も無かったという状況が何年も続いて、地球人の面倒を見てあげられなかった事は心苦しく思っております。もはや地球の陽化が極まった状態なのに今更勉強し直せというのも的外れ、我々に出来る事は上界へ通ずる道を開いてやる事と、地球種の全滅を避ける為に脱出用の宇宙船の用意をしてやる事でした。その為には天体寿命の多少の延長と、民族の命を陽化病から護ってやる事であり、今はその目的の為だけに動いております。もし若者達の移住が可能になったら、今度は「一惑星一言語」の環境でまともな民族に育って欲しく、完成し得なかった未来地球を作って欲しいと願っております。
 
 物質の裏空間搬送技術は今は完成しており、輸送用の宇宙船を地球に届けられる事はほぼ確実な状況になっています。軍団は目下、地球の状況を冷静に観察しており、ある程度の淘汰が完了し、最後の最後の段階に救出に向かうという筋書きを用意しております。様々な状況から鑑みて、早い段階での救出は無理だと判断しました。皆様におかれましては「いざ、という段階になれば宇宙船は必ず来る」と思って頂いて結構でしょうか。また現在、銀河サラ位相帯は120万層を用意しており、後9万人前後の覚醒者を受け入れる事が可能です。覚醒者は自然災害で死んでも救われるし、また宇宙船に乗って他星に移住しても結構、いずれにしても次世を経験する事が出来ます。我々としてはこれまで通り「生命論講演」を続けるつもりであって、最後の最後まで覚醒者の輩出に尽力したいと考えています。「地球が終わる」といっても、覚醒者とその家族が地球から脱出出来るならば未来が全く閉されてしまう訳ではなく、考え様によっては希望さえ見えてきます。
 
 前に希望が見えるならば、我慢も出来るし、耐えられるし、踏ん張れるもの、これから訪れる地獄絵図の世界にも冷静に対処出来ると思います。私は皆様をブメデジやバエルヤの海に連れていきたいと願っており、またその星で誕生した子供達の姿も見たいと思っております。そう考えるとなぜか心がワクワクしてくるからです。現在、王国軍はマクロ宇宙で大規模な戦闘の真っ最中、この世界では「安定(戦争を終わらせる事)」が当座の目標ですが、心のやすらぎは決して得られない場所柄、宇宙戦士の心の支えは、やはり子供達(人間達)の笑顔であり、それを見たいが故に我々も頑張れております(人間が生き甲斐)。我々が皆様を助けているのか、それとも我々が逆に助けられているのか良く分かりませんが、人間の母親になれて良かったと思っており、その様な意味では皆様には感謝の言葉を贈りたいと思います。残念ながら現実は大変厳しく万人を救う事は出来ませんが、せめて聖地の人間だけでも救えたらと思っております。
 
 
 
 
〈時事情報〉
 新型コロナウイルスとインフルエンザのH4N1G2ウイルスに関して、創造主医療団から地上の医療関係者の皆様に対して、少し知見を述べさせてもらいます。地球のお医者様に認識してもらいたい事は、先ずコロナVもH4N1G2Vも正常なウイルスではなく、癌化したウイルスであって、その特徴は両者とも反電荷を呈していると言う事実です。仮にそれがインフルエンザ・ウイルス(昆虫)であっても、反電荷ウイルスの場合は非常に生命力が強く、基本的に多剤薬品耐性を示す「お化け」の如き「死なないウイルス」であるという特徴です。しかも、両ウイルスとも発信器を備えた「免疫操作型のウイルス」である事から、体の免疫系がウイルスに作用し難く、結局長時間に渡って体内に居座られる結果となります。ちなみに癌化したインフルエンザはキット検査では陽性を呈さない為に、コロナとインフルの区別が付けられないでいる様です。
 
 新型コロナウイルスの宿主は中国の湖北省と湖南省に跨る湖沼群に生息するイタチ科の動物(オコジョ)であり、またH4N1G2Vに関してはロシアのレセルバ国立公園の東部オビ川領域(トグル)に生息する三ツ星テントウムシを宿主としたウイルスであって、癌化した共通点は両方とも生息地には原子炉(いずれも廃炉)が存在するという事実です。両者のウイルスは一本鎖RNAを中心核としたコロナ系のウイルス種で、大きさもスパイク数も一緒であり、外観からの判別は付かないけれども、僅かにエンベロープの構成成分とRNAの分子量が異なり、イタチの方が1.5倍ほどの核酸の物量があります。両方とも最終的には重篤な肺炎を引き起こしますが、コロナウイルスが主に肺に巣食うのに対して、インフルエンザは咽粘膜や気管支粘膜に寄生するのが大きな違いであって、咽粘膜から簡単に検出されるのはコロナVではなくH4N1G2Vの方であると解釈して頂ければと思います。
 
 新型コロナウイルスは蛋白系の外毒素を有しており、またH4N1G2VもH4系のヘマグルチニン毒を有していますが、風邪としての症状(発熱と咳と倦怠感と関節痛など)は圧倒的に後者の方が強く、コロナウイルスの毒素は免疫細胞を寄せ付けない為の防御手段を担う毒に過ぎません。またコロナウイルスが内蔵型の発信器を一個有するのに対して、インフルエンザ・ウイルスの方は放出型の発信器を二個有しており、コロナよりも増殖力が優っている為に、恐ろしさで言えばインフルの方が圧倒的に危険な存在だと言えます。またコロナウイルスの発信器は主にB細胞が生産する免疫グロブリン・マーカー(四種)に作用し、狂った情報を伝えるのに対して、H4N1G2Vの発信器はリンパ球のT細胞に作用して、生体の秩序に従わない発狂T細胞に変えてしまいます。どちらも危険なのですが、やはりウイルスを攻撃する筈のT細胞が直接体細胞を襲う方が危険極まりないと言えましょう。
 
 これは我々の医療団が武漢の病院に入院しているコロナ患者を実際に調べた数値ですが、2000人の患者のうちコロナ患者の数が464人、それに対してH4N1G2V患者の数は1536人、イランの患者200人の調査ではコロナ患者が4人、H4N1G2V患者が196人、イタリアの患者200人の調査ではコロナ患者は6人、H4N1G2V患者が194人、韓国の患者2000人の調査ではコロナ患者はゼロ、調査の対象となった2000人全員がH4N1G2V患者でした。日本国でもコロナ患者は初期の段階の極少数、その大半がインフルエンザ患者でした。こういう結果であれば、やはりコロナという病名は相応しくないと思うのですが、医療関係者はどう考えるべきなのでしょうか。日本国の場合は新型コロナもH4N1G2Vも既に国土シルエに入力を済ませており、ウイルスそのものは主に渡り鳥が運んでくるので感染は続いていますが、日本国の領地内に入ればその病原性は殆ど無い状態です。医療団がH4N1G2Vを予防シルエから国土シルエに格上げしてからは、感染者は見つかっても重症患者が殆ど出ていません。
 
 H4N1G2Vの恐ろしさはヘマグルチニン毒ではなく放出型の発信器にあって、ウイルスを仕留めても、身体に放出された発信器を除去しないと永遠に発狂T細胞に襲われ続けるという事実です。しかし、弱点が無い訳ではなく、ウイルス自体は頑強な構造でも、幸いな事に発信器(蛋白)の方は物理的に弱く、胃に落ちれば胃酸で破壊され、また咽のアルコール洗浄(噴霧)でも変性して機能が停止します。変性グラム陰性菌などの細菌性の発信器(耐熱耐蝕)と比較すると、軟弱な構造の発信器と言える様です。問題はこの発信器には免疫系が近づけないという事実であり、ウイルスは破壊出来ても発信器だけが残留して、まるでカエルの大合唱の様に方々に響き渡るのです。その発信音を聞いただけで、二種類のT細胞が次々と発狂していく訳ですから、なるべく感染直後の早い段階で(増殖される前に)発信器を止める必要があります。ウイルスですら光学顕微鏡ではなかなか見えないミクロの世界、極小の発信器成分を分析して治療薬を開発するには時間がかかると思われます。
 
 さて、コロナ騒動など我々にとってはどうでも良い話ですが、大きな問題はバレンタインデーからカリフォルニアに上陸したインフルエンザのアメンボ・ウイルス(H2N2G2V)の事です。イタチ・ウイルスやテントウムシ・ウイルスと同様に、こちらも癌化したウイルスであり、風邪症状は出ているのにキット検査ではインフルエンザ感染が明確に出ない代物です。基本的に風媒ウイルスである事から、偏西風が二週間かけて世界を一周すれば北半球の大半の国にはウイルスがバラ蒔かれており、それから二週間が経過すれば、人=人感染で大半の方が感染している事になります。インフルエンザの場合は感染者数など勘定しないのが慣例、どこの国でも医療機関を受診した人数で統計を割り出しています。当事国のアメリカでは僅か四週間で受診者が1100万人を突破し、死亡者数も30万人(カリフォルニア州だけで2万人)に迫る勢いです。大統領選挙期間も関係しているのか、それとも単なるインフルエンザだと高を括っているのか、政府は国外発表は控えていますが、当然現地では大変な問題になっています。
 
 この驚異的なインフルエンザは今やヨーロッパや中東を席巻しており、コロナ騒動の影に隠れて水面下で着々とその勢力を拡大しつつあります。初期症状が軽いのでどうしても油断してしまうのですが、病状が悪化した時には時既に遅く、鼻粘膜や咽粘膜では発信器の大合唱が演じられています。H2N2G2Vの発信器はH4N1G2Vと異なり、発信器自体の構造が頑丈であり、耐熱耐食性で胃酸でも壊れないしアルコールにもビクともしません。ただ、免疫系が近づける相手なので、抗体が早く形成された方は発信器の処理が可能となります。幸いな事に、小型のウイルスの割には増殖率が比較的低いのがラッキーなのですが、風邪症状(肺炎症状は無い)が落ち着いて、手の筋肉の強張りや、腕の重ダルさを感じ始めたら、それは脊髄がT細胞に襲われている証拠、治療すべき箇所を勘違いしない様にして頂きたいと思います。日本国の場合は既に国土シルエに予防データが入力されており、殆ど無害なウイルスに変じていますが、一度日本国土から外に出ればそこは危険地帯であり、無法者(ウイルス)が自由に羽ばたける世界です。
 
 人類滅亡の一番手であるアメンボ・ウイルスの来襲、コロナ騒動の影に隠れて忍び寄る魔の手、我々としては外国駐在の邦人に多大な犠牲者が出る前に、安全な日本国へ帰国させる早急な手を打って欲しいのですが、多分世界が騒ぎ出さないと、日本国の場合は「だろう運転」はしないだろうとそう思っている次第です。我々は立場上「警鐘」を鳴らしており、真実を知る者の公表義務は果たしていて、少なくともこのブログから国民に呼びかけているつもりです。地球の医療関係者にとっては、こうした惑星末期の難敵と戦うのは大変であると思いますが、これを契機に「癌とは何ぞや」「物質信号(発信器)とは何ぞや」「遺伝子(ヒール)とは何ぞや」と考えて欲しく、アンポンタン西洋医学の医療限界を超えて頂きたいと思っております。
 
 それからもう一つ、我々が懸念している事があります。それは世界的な情勢が「何でもコロナ」になりつつある事です。カリフォルニアの「グランド・プリンセス号」の乗客(3500名)全員を調べた結果、コロナ患者は一人もおらず、またH4N1G2V患者も数人しかおらず、船内ではただインフルエンザのH2N2G2Vが蔓延しているだけの話でした。非常事態を発したカリフォルニア州ですが、ここはH2N2G2Vの発祥地であり、なぜインフルエンザなのに「コロナ」と呼んでいるのか我々には理解出来ません。意図的に中国に原因をなすりつけているとしか考えられず、それは白人のアジア人種に対する憎悪差別にも関係してくる話であって、我々には介入したくない地上の見苦しい問題となります。その時流の影響を受けているのか、先日、山梨大学付属病院のコロナ患者(30代の男性)が脳病の一つである「髄膜炎」を発症したと発表し、医学界の注目を浴びております。コロナ・ウイルスにしても、H4N1G2Vにしても、またH2N2G2Vにしても、大脳髄膜に巣食う事は有り得ない話だからです。
 
 山梨大の病室を覗いてみると、その患者は確かに髄膜炎を発症して瀕死の状況でした(治療は無理だった)。髄膜で盛んに繁殖しているウイルスを分析してみると、動物の「ヤギ」の頭部に生息する「ヤギ・ウイルス」であり、その癌化したタイプの珍しいウイルスでした。そもそもこのウイルスはロシアのウイルス研究所で被爆死したヤギの遺体から抽出されたもので、外界に漏れる筈が無い研究対象の代物、そんなウイルスがなぜ、この男性の頭で繁殖しているのか、色々調査した結果は「魔界神が注入した」事実が分かりました。この男性に魔界との因果関係があるのか、それとも誤爆被弾だったのか知りたくもありませんが、我々の関係者には何度も注入されたウイルスの一つでした。確かにコロナ・ウイルスには似ていますが、ちゃんと分析すれば別なウイルスである事実が分かる筈であって、先入観念で発表するなと大学側には文句を言いたいですね。日本国民には「コロナ、コロナと騒ぐな」と言いたいですし、いい加減「貪瞋痴のレベル」から逸脱して欲しいものです。
 
 

末期に出現する病原体

〈陽化惑星と汚染海水〉 
 地球磁場圏の力学的な圧縮作業によって(膨張を強制的に抑えた)、現在の地球は物理的に束の間の安定を得ている状況です。軍団の苦肉の策が功を奏した訳ですが、しかし今後地球を揺り動かす何らかの大規模な変動が起きれば、一挙に極限まで膨張してしまう可能性が高く、果たしてこうする事が良かったのかどうか、それは後になってみないと良し悪しは分かりません。人間の死に方は物理的な「事故死」と「自然死(病死も含む)」の二種類に分ける事が出来ますが、それと同様に惑星生命の死に方も良く似ており、物理的な事故死で短命に終わる場合と、もう一つは自然死で終わる場合のどちらかのコースを辿るもの、地球に関しては多分事故死であろうと我々はそう考えていたのですが、今は判別が付き難い状況となりました。いずれにしても我々の目的は畑で実った作物の収穫であり、地球霊界を閉鎖するに当たって、聖地の龍神島民族が輩出した覚醒者達を上界へ連れていく事です。その大義に基づいて行動しており、それが我々の最大の関心事でしょうか。
 
 惑星の自然死とは無論、基本的にはスピン停止に基づく地殻変動による終わり方ですが、水の惑星は生物を抱えており、普通は惑星死=生物死なのですが、時には地表の生物だけが惑星より先に全滅してしまう場合があります。また、科学を発達させた優秀な民族が母星の終わりを迎えた場合は、創造主の特別な背任認可(銀河広域指定民族)を取得して他星へ移住させて貰える場合もあります。しかし、惑星には事故的な突発死もあって、近隣の太陽系の超新星爆発の巻き添えになったり、また巨大隕石や彗星と衝突したり、時には太陽のスーパーフレアの直撃を食らい生物が根絶やしになったり、あるいは赤色超巨星の軌道が膨張して系外へ放り出されたり、必ずしもその惑星の生涯が順調に運ぶとは限りません。地球の場合は特に「聖地惑星」で在った理由から、神界の様々な因縁が災いして、二万年も前から惑星コアの寿命工作や、人類に対する文明操作が行われてきました。そのお陰で、惑星寿命を5億年も縮小されたばかりか、霊界では禁止されている筈の核操作に人類は手を染めてしまいました。
 
 それが神々の誘導とはいえ、地球人類が「核」を扱ってしまった関係上、自然界はその諸悪に応じた反応を正直に返してくるもの、生物の生息場所である海洋や陸地を汚物の廃棄場に変えてしまった罪は、神々ではなく自然界によって裁かれるのであって、その因果な罪は今度は人間自身に降り掛かってくるのです。地球の場合は陽化終息という自然な老化コースではなく、それ以前の「ラジカル病」といった、過激で不健全な終わり方になると考えられます。つまり放射性ラジカルに基づく病気で生物が淘汰されるという意味ですが、軍団はこれまで事故死ばかり気に掛けていて、人類の病死などという筋書きは視野に入れておりませんでした。しかし、ここに至って仮初めながらも星の物理的な安定を得た事から、病死という終わり方も想定せねばならない事態となり、今は慌ててその対策を講じている次第です。龍神島民族が他民族と一緒に「途上死」して貰っては困るからであり、先ずは日本国土と日本人を病魔から守護する事、それをいの一番で考えております。
 
 これはプレアデス連合の枢軸民族であった牡牛座のアルデバラン人の話ですが、その第三惑星である「テニネ」は優秀な天体神を最も多く輩出した有名な星であり、弥勒如来や普賢王如来や阿弥陀如来や大日如来や天照如来など、皆様が良く知る上位の神々を生み出した「如来神のふる里」と呼ばれる星です。今から18万年前、テニネは惑星としての役割を終えて「死の星」へと転じましたが、星の寿命が尽きる前にアルデバラン人の全員が他星へ移住しており、母星の終わりを人々は厳(おごそ)かに見守りました。現在の惑星テニネは金星と一緒、スピンを停止した惑星の表面温度は約500度、海は蒸発し、磁場圏を失った惑星は濃硫酸の雲で包まれている状態です。テニネは生命の存続を許さない死の星へと変貌したものの、太陽光が入射されると硫酸の霧が金色に輝き、子供(生命)を育て終えた、成仏した母親の神々(こうごう)しい姿を目にする事が出来ます。私にはテニネが義務を終えた母親の尊い姿に見えるのです。
 
 惑星の陽化(老化)とは天体(渦磁場)の回転速度の後退に伴って中心物体を圧縮する力(重力)が減退し、全体的に膨張拡散の方向へ靡(なび)いていく事です。岩石も金属結晶も、発生当初は求核的な電子公転に基づく引き締まった原子状態を呈していたのに、それが徐々に崩れて原子核ごと膨張してくるのが物質の陽化であり、金属はその頑なな原子構造が崩れてボロボロとなり、また岩石は脆(もろ)く瓦解し砂粒へと変じていきます。超密度に圧縮された星のコアは激しい核崩壊を起こしてマントル化が促進され、またその体積膨張が惑星膨張を誘って大気圏が押し上げられていく事になります(空気が薄くなる)。それは星の子供である細胞も一緒であって、細胞核を中心にしてキリッと引き締まった小さな細胞が、老化に伴って肌理が荒くなり徐々にメタボ化していきます。運動力の総合的な減退に基づく物質の陽化は避けられない宿命でしょうか。
 
 「テニネ」も地表の砂漠化と温暖化から陽化現象が進んで、最後の最後は急激なコア膨張と地殻崩落が発生し、海洋や陸地そのものがマントルの海に飲み込まれて地表の生物は死に絶えました。今はマントルの火の海が冷えて表層にマントル被膜が形成されているだけの話、地下は無論、数千度の高熱です。アルデバラン人類は元々創造主認可を受けた銀河広域指定民族であり、48万年前から円盤で銀河空間を飛び回っていた大変優秀な民族でした。いわゆる創造主の文明普及活動のお手伝いをしていた民族であり、我々地球人も彼等の言語教育を受けて育ちました。まあ、そんな関係から母星からの脱出はアルデバラン人には決して難しい事ではなかったのですが、それでもプレアデス連合の総司令部だった惑星テニネの終焉は以後連合の弱体化を招く結果となり、その2万年後にはプレアデス連合は銀河の覇権をアリニラム連合へ明け渡す事になります。
 
 銀河系の多くの惑星がその様な自然死を遂げるのですが、中にはベテルギウス民族の様に太陽系の超新星爆発によって母星を追い出されるとか、あるいはルニギ民族の様に太陽フレアーの直撃で人類が滅亡した例もあり、また最近では地球の場合もそうなのですが、オリオン帝国の核反応推進器(重力制御)で星の寿命を縮められた民族もいます。我々はこの様な場合を事故死として扱っているのですが、惑星が自然死を迎える前に人類が「病死」してしまうのが、いわゆる核物質を扱う無知な人類であって、我々の銀河系だけでも、何百という惑星人類が核を操作した為に死に絶えてきました。地球は宇宙の聖地だったのに、ソロジンの後継者が選出されれば残りの民族は無用の長物、オリオン植民地に格下げされてしまったばかりか、星の寿命は縮められるし、核爆弾に魅了され欲望の虜となってしまった地球人は自ら墓穴を掘ってしまいました。そもそもオリオン帝国とは霊魂体宇宙人であり、地球人が死んでくれないと奴隷として扱えない訳です。
 
 さて、人間生命の創造主は二人、一人は自然界創造主、そしてもう一人が王国の創造主達です。我々が地球人を助けようとしたところで、自然界はただ原因と結果を招来させるだけの話、取り返しがつかない場合もあります。「核」の真の脅威とは「核爆弾」ではなく放射線から生じる「ラジカルの脅威」であり、水を化け物に変えてしまう事です。放射線とラジカルの因果関係、ラジカルと癌の因果関係を現代科学が未だに認めていない理由は「無知」だからだに過ぎません。皆様は知らないかもしれませんが、中国の湖北省のお隣り(湖南省)にある原子炉が3年前にメルトダウンを起こして、原子炉施設はそのまま今でも放置された状態にあります。両省にまたがる湖沼群(洞庭湖など)は歴史上有名な所ですが、それらの湖沼群に原子炉の冷却水が放出されており、また山谷は非常に高いRAD濃度を呈し、水は極端なラジカル濃度を示しているのです(海より高い)。この周辺に生息する小動物がこの水を飲んでRADガスの中で生きており、またその小動物を食べている市民が「変性したコロナ・ウイルス」を摂取してしまった事は偶然では片付けられない問題なのです。イタチなんぞ食うからだという話もありますが、動物の肉は貴重なタンパク源でありそれは責められません。
 
 これは風評被害になる為に余り強く言えないのですが、海洋性のノロ・ウイルスも、海洋性の変性大腸菌も、その大半は原発の敷地海域から発生しており、その近くで取れた海産物から発祥しています。無論、これは日本国だけの話ではありませんが、ウイロイドもウイルスも細菌も同じ様に癌化(反電荷化=病原化)させてしまうのがラジカルなのです。まあ、ラジカルと言えば原子炉冷却水は100%の純生ラジカル水、当然癌の発生率が一番高い訳です。水分子がラジカル化すると、血中のグルコースを酸化すれば(電子を奪えば)、水分子は元に戻るものの、今度は酸化されたグルコースが「グルコース・ラジカル」に変貌し、周囲のタンパク質に対して強烈な糖化反応を引き起こしていく事になります。またラジカル水は血球表面を酸化してアロンアルファの様に互いの血球を吸着させる力を有しており、あちこちに血球クラスターを形成させては血栓やホルモン栓を引き起こしてしまいます。
 
 先日、化学者から「ラジカルって何だ?  何のラジカルなんだ?」と質問されて唖然としてしまいました。ラジカルの種類は後にも先にもたった一つ、それは「素粒子(プロトン)ラジカル」という存在だけです。水素原子から軌道電子を奪えば、原子核のプロトンだけになってしまいます。その電子を失ったプロトンが他の反応基(C原子やO原子やN原子やS原子など)と結合し、その反応基の磁束密度を高じせしめて、驚異的な化学結合力を有する化け物へと変じてしまったものがラジカルと呼ばれる存在なのです。HCl(塩酸)というラジカル物質は水素と塩素の化合物ではありません。正確に表現すれば水素原子核(プロトン)と塩素の化合物なのです。従って化学式はHClと表現するのではなく「・Cl」(・はプロトン)と表記する必要があります。塩酸に大量の電子を打ち込んでやればそれが本物のHCl、でもそれでは火傷しないんですね。HO基(水酸基)に放射線を打ち込めば「・O」(ハイドロキシ・ラジカル)に変貌します。これはただの酸素原子ではなく、プロトンと結合した素粒子酸素になる訳です。ちなみにハイドロキシ・ラジカルは普通の酸素原子の約30万倍の結合力を示します。
 
 水分子を原始時代の化け物に変化させてしまう放射線、原子炉の冷却水とは被爆水に他ならなく、それを海や川へ何十年間も放出し続ければ最終的にどう言う形で現れるのか、人類はその因果を予測しなければならなかったのです。今更人類の過ちに対して文句を垂れたところで何の解決策にもならない事から、龍神島民族の命を守る為に我々はどんな具体策を講じる事が出来るのだろうと目下は真剣に悩んでおります。一層の事、惑星の事故死であれば簡単なのだがと思っていますが、そうでない場合が一番困る訳です。最後の瞬間が訪れるまで、我々には領地内の民族を守る必要があるからです。当然、国家も必死で自国民を守ろうとしてくると思いますが、力不足である事は承知の通り、人智を超えた関門が待ち構えております。自然界はいつまでも腹の中の胎児で居続ける人類を殺しにきています。胎児は母親の子宮から外へ逃れないと生きられない定めなのです。
 
 
 
 
〈末期の病原体に関する知見〉
 原子炉を稼働させた銀河民族の中で生き残った人類は銀河史上誰もいません。その事実は痛い程承知していますが、では具体的にこれから地球に何が起こるのだろうと予測した場合、やはり過去の資料を参考にすべきだと考えて、我々は色々な調査をして参りました。生物体系や生命体系は基本的に何処の星でも一緒だからです。人体内のラジカル濃度が高じて様々な疾患が起こっている事実は仕方がないにしても、病原体に侵入されて命を落とすのは誰でも嫌な筈です。別に病原化(癌化)していなくても、食中毒菌やインフルエンザ・ウイルスの様な毒を有した菌類や、身体の中で寄生してしまうヘルペスの様なウイルスは嫌だと思いますが、我々が一番恐れているのはやはり変性した(癌化した)菌類やウイルスであり、特に発信器を備えた病原体を一番マークしています。皆様の体細胞が癌化する様に、一般細胞もクラミジアもウイルスもウイロイドも癌化します。反電荷細胞と変じた菌類には抗生物質は全く効かず、その耐久性の強さと、その繁殖力の強さと、その寿命の長さには舌を巻きます。通常の正電荷細胞とは基本的に別種な生き物だと認識する必要があります。
 
 結核菌も、癌化する前の結核菌ならば今の医学でも戦えますが、最近の結核菌は「結核菌の癌細胞」であって、反電荷を呈する別種の生き物に変じています。現代医学では普通の結核菌だと思って対処していますが(電荷が逆である事実を知らない)、それは以前の薬ではもう太刀打ちが出来ない代物なのです。今回、新型コロナ・ウイルスやN4H1G2Vと戦ってみて、この病原体が「化け物の様に強い」事実を思い知らされたと思います。彼等は反電荷ウイルスであって、通常のインフルエンザ・ウイルスとは異なる事を知らなければならないのです。新型コロナ・ウイルスの全部が癌化しているとは限りませんが、思えばサーズもマーズも癌化ウイルスであって、基本的に薬物でやっつけられる相手ではなく、白血球が食べてくれない限りはなかなか根絶が難しい相手だと言えましょう。多剤耐性を示す院内に巣食う雑菌の大半は癌化したバイ菌細胞である事を医学界は認識すべきであり、これを契機にして改めて「癌とは何ぞや」を考えてもらいたいものです。反電荷検出キットを作れば良いのですが、作れないのであれば我々が技術を提供しても構わないのです。
 
 さて、最終的に惑星の生物を全滅に追いやる病原体に関して、新しい情報をいくつか掴む事が出来ました。地球にも同じ様な生物がいる事から、それらが内包している病原体を調査した結果、既に変性しているものもあれば、変性以前の状態のものも見つける事が出来ました。具体的には海洋性の細菌類(プロテオバクテリア門)が3種、海洋性の刺胞動物(クラゲ)のウイルスが1種、陸性の軟体動物(キセル貝)のウイルスが1種、陸性昆虫(バッタとハエ)のウイルスが2種、海洋性昆虫(ウミアメンボ)のウイルスが1種、海洋性の環形動物(ゴカイ)のウイロイドが1種、海洋性の刺胞動物(サンゴ)のウイロイドが1種という内容でした。いずれも免疫操作が可能な発信器を備えており(ウイロイドに発信器は無い)、変性して反電荷生命体へと姿を変えた場合は人類が太刀打ち出来る様な相手ではありません。銀河史に於いて、多くの惑星民族がこれらの病原体と戦って破れており、戦いに勝って生き抜いた民族は一つも有りません。我々の創造主医学だって自信が持てないのに、園児レベルの物質医学に勝てる訳がありませんね。この中から既に第一関門のウミアメンボ・ウイルス(H2N2G2V)が来襲しており、既に人類の戦いは口火を切られております。しつこいかもしれませんが、多くの神々の忠告を無視して人類が核を扱ったからこの様な戦いとなる訳です。それを肝に命じて欲しいと思います。
 
 
 
 
〈病原体情報〉
  ※ 海洋性細菌(ビブリオ科)・・・好塩性のグラム陰性菌(桿菌)で主に海中に生息。病原化したものは食中毒で有名な腸炎ビブリオを引き起こす。学名はビブリオ・パラヘモリティカス。約6500ベルツの発信器(耐熱耐蝕性)を6個有する。外毒素は無し。発信音は主に二つの酵素に作用し、一つは消化酵素のアミラーゼの阻害作用と、一つは細胞膜分解酵素に作用する力学音を発する。煮沸してビブリオ菌を殺しても6個の発信器は無事で、この発信器が腸内に残存する限り分解酵素が操作されて細胞障害が続く。原発海域でのビブリオ菌の癌化が懸念されており、食中毒はほぼ毎年発生している。ビブリオ毒として溶血毒のTDH及びTRHの存在を仮定しているが、実際は毒を持っていない細菌である。腸内の排泄物と一緒に発信器が体外に出れば腹痛や下痢の症状は治る。沿岸部の海中では一、二を争う物量で生息しており(その大半は無害)、水産物の摂取で経口感染する。日本国の食中毒比率の第1位を占めている。発信器が血液に入った場合は赤血球が溶血を起こして非常に危険である。
 
  ※ 海洋性細菌(アルテロモナス科)・・・好塩性かつ好気性のグラム陰性菌(桿菌)で海中に生息。生息量はビブリオ菌と同様に沿岸部では一、二を争う。ビブリオ菌がコロニーからの芽胞増殖をするのに対して、アルテロモナスは非芽胞性で細胞分裂で増殖する。基準種の学名はアルテロモナス・マクレオディー。約6600ベルツの発信器(耐熱耐蝕性)を6個所有し、同時に外毒素も有する。発信器は生物の大脳に侵入し、そこで定着して主に脳幹の神経管内部の酵素に作用し神経鞘に障害を与える。いわゆるコリン電線の脱落を引き起こす。日本国の場合は一般の沿岸部ではこの菌の変性体は確認出来ていないが、現在は新潟、東北、関東、それ以南の暖かい原発領海に於いてのみ病原化が確認出来ている。海水浴で一口の海水を飲んだだけでも100万個の海洋細菌を飲み込む事になるので、もはや夏場の海水浴は奨励出来ない。医学界ではこの病気自体がまだ認識されていないが、難病患者の中にはこの病気を発症している方が実際にいる。海水の温度上昇はラジカルを活性化させる為に夏場の海は特に危険、海はもはや汚染された下水場であり、公害の発生場所だという認識を持って頂きたい。ちなみにイルカやクジラの発狂行動はこの変性細菌によるもの。
 
  ※ 海洋性細菌(プロテオバクテリア門)・・・好塩性のグラム陽性菌(放線菌)で海中に生息。沿岸部の海中細菌の中では中規模程度の物量(鉛筆形状)。正しい確認は取れていないが、多分デルタプロテオバクテリア綱のデスルフロモナス目の細菌。約6270ベルツの発信器(耐熱耐蝕性)を2個有する。外毒素は無し。この発信器が人体に入ると主に膀胱に定着する。腎臓の被膜酵素に作用を及ぼし、腎小体(マルピーギ小体)の濾過膜を溶解する作用を呈する。軍団の調査では日本国の沿岸部ではまだこの細菌の変性が確認されておらず、また各国の原発領海でも発生はしていない様子。他星では終末の最終段階に変性する細菌と言われる。
 
  ※ 海洋性ウイルス(刺胞動物: クラゲ)・・・ヒドロ虫綱の一種で小型のクラゲ(傘系が1〜2cm)。カラカサクラゲと呼ばれる。世界中の海に生息し、大量のウイルスを海洋に放出している。ウイルスは一本鎖RNAのフラビウイルス。沖合では変性していないが、沿岸部の原発周辺の海域では特に変性して病原化したものを見かける。ウイルスが内蔵する発信器は1個(放出型ではない)。外毒素は無し。脳細胞(大脳灰白質)に巣食うウイルスで、変性後は約7100ベルツの発信音を出して主に細胞内部の蛋白顆粒を攻撃する。原因不明の意識障害や精神障害を引き起こす(大脳アンテナの機能障害)。日本国の精神病院では10件に1人の割合でこの患者を見かける。ウイルスが免疫系に破壊されても発信器だけが脳内に残留し、脳細胞の破壊が続く。
 
  ※ 陸性ウイルス(軟体動物: キセル貝)・・・軟体動物の腹足鋼有肺目のキセルガイが生産するウイルス。宿主の種類は地中海の東沿岸部に生息するアロピーナ(Alopiinae)亜科のキセルガイ種。世界最大の生息量を誇る。近年、温暖化によって世界中で大規模に死滅しており、キセルガイの死骸からこのウイルスが放たれている。ウイルスは一本鎖RNAのフラビウイルス。このウイルスが変性すると、単なる通信装置だった発信器のベルツ数が攻撃モードに変化する。このウイルスが内蔵する発信器は1個(非放出型)、外毒素は備えていない。大脳基底核に定着するウイルスで、その約6300ベルツの発信音は運動神経(アクオン電線)に作用して電流(アクオン磁束)の通電阻害を行う。一般的には難病(急性の運動神経疾患)のギラン・バレー症候群(GBS)として認識されている。四肢に力が入らなくなる病気だが、ヨーロッパ系のキセルガイ種が主に6350ベルツなのに対して、アジア系のキセルガイ種は主に6300ベルツであり、前者は脱髄型GBS(AIDP)、後者は軸索型GBS(AMAN)と認識されている。いずれもウイルスが消滅すると(一週間から三週間)発信器も無くなり症状が回復してくる。ちなみに重症化するGBSの場合は魔界天罰病であり、アストラル発信器が大脳に埋め込まれている。
 
  ※ 海洋性昆虫ウイルス(H2N2G2V: ウミアメンボ)・・・人類を抹殺する第1番手の殺し屋ウイルス。既に今年から世界各国に蔓延している。発病者の五割は死に至るという高い致死率。空気感染でパンデミックを引き起こす。感染当初は軽い風邪の症状から始まり、最終的には心不全と呼吸不全で死に至る。日本国の場合はこのウイルスに対して2月22日に国土シルエのデータ入力を済ませている。発信器(2個)は放出型であり、仮にウイルス本体を消滅させても、頑丈な発信器だけが体内に残って免疫操作が続けられる。7070ベルツの発信音はリンパ球のT細胞に作用して、頭の狂った免疫軍が人体を襲う。主に咽粘膜に定着し、脳脊髄液内部のT細胞を操作して脊髄を破壊する。ウイルス除去、発信器除去、発狂T細胞除去という高度な医療が要求される手強いウイルス。
 
  ※ 陸性昆虫ウイルス(H1N4G2V: バッタ)・・・体長が5mm程度のミニバッタ。ケラを小さくした様な黒褐色の形態。地面に穴を掘って家族(亜社会)と生活する。コケを主食としており世界中に生息している。このバッタを宿主としているウイルスが第2番手の刺客であり、人間の脳内(辺縁系や海馬)に住み着いて脳アミロイドを破壊する。発信器(2個)は放出型であり、ウイルスが破壊されても発信器だけが残る。発信器のベルツ数は6930、アミロイド蛋白の高次骨格を破壊して大脳のアルツハイマー収縮を引き起こす。感染後約3ヶ月間の潜伏期間を経て脳病の症状が現れ(ウイルスは死に絶えるが発信器だけが残る)、初期は認知症から始まって、約2年間で廃人化する。現在、温暖化の影響でコケが消えつつあり、大量のミニバッタが死滅している。その死骸から遊離したこのウイルスが病原化すると人獣に被害が及ぶ。空気感染するウイルスで、既に地球でも発生している。
 
  ※ 陸性昆虫ウイルス(H1N1G2V: ハエ)・・・世界で最も物量が多い単なるイエバエが保有するウイルス。昔からパンデミックを引き起こしている有名なウイルス(スペイン風邪)で、A型の場合の毒性が強い。別に病原化しなくても血球を凝固させる危険なウイルスであるが、病原化した場合は発信器(放出型)が攻撃モードに変化し、4200ベルツから突然6770ベルツに切り替わる。このベルツ数の発信音は赤血球のヘモグロビンに作用を及ぼし、血色素のガス交換機能を破壊する。空気感染を起こす非常に小さなウイルスで(ノロよりも小さい)、高い増殖能力を持っている為に、感染の伝搬も早いが致死率も高く、発病者(肺炎患者)の7割は死亡すると言われる第3刺客の死神ウイルス。
 
  ※ 海洋性ウイロイド(刺胞動物: サンゴ)・・・花虫綱八放サンゴの普通のサンゴ。そのサンゴが死ぬと体内にプールされたRNAウイロイドが海中に放出される。サンゴ・ウイロイドと呼ばれる。身体に大量に入っても普段は何でもないが、病原化して反電荷物質へと変じた場合は身体が異物として感知してしまう。ウイロイドに発信器は存在せず、また増殖もしないが、細胞内部に入り込んで細胞生理の妨害を働く。ゴカイのウイロイドに次いで二番目に多い物量である。
 
  ※ 海洋性ウイロイド(環形動物: ゴカイ)・・・ゴカイ類のRNAウイロイドは生物の命を仕留めに来る最後(第4刺客)の死神と言われる。病原化したものはサンゴ・ウイロイドと一緒で主に血球細胞に集中して行く傾向が強く、免疫細胞の機能を低下させるばかりか、赤血球の働きを阻害する為に、地表の生物を死に至らしめる。沿岸部の海底水温が20度を超すと危険信号であり、22度あたりからサンゴやゴカイは徐々に死に始める。海温上昇で、別にこれらの生物が死に絶えても他の生物が死ぬ心配は無いが、問題は濃度の高いラジカル海水にウイロイドが放たれるという事である。病原化すればとんでもない敵へと変じてしまうからである。サンゴ・ウイロイドもゴカイ・ウイロイドも地球では既に病原化しているが、まだ発生量が僅かである理由から大きな問題には発展していない。