時事情報(6/12)

〈銀河史概論・星の環境汚染(その4)〉
 核爆弾や原子炉を開発した惑星民族がわずか100年以内に亡び去ってきた事実は銀河では当たり前の常識、それは惑星の物理寿命以前の問題です。水の放射能被害(被曝水問題: 水ラジカルの弊害)、汚染水は生物にとっては致命的な大問題を引き起こしてしまうのです。放射線は計量が可能であり、それに対する防御措置も講じることができますが、一番危険なのが原子炉から放出される冷却水であり、それにトリチウムが含有されているとかいないとかの問題ではなく、冷却水自体が高濃度のラジカル水であって、化学的に殺人水であることを認識できていないところが一番の問題点なのです。こうした地球環境の汚染問題は今さらどうにもならない問題ですが、真実が分からないと再び同じ過ちを繰り返してしまうのが人間の常、他星へ移住してもエネルギー欲しさのあまりに原子炉を造られては大変です。惑星で息づいているのは人間だけではないからです。現在、地球科学は炭酸ガス(CO2)の処理問題で頭を悩ませていますが、昔のプレアデス連合国の様に、炭酸ガス変換器を用いたDHエンジン・システムを採用すれば、余剰ガスの有効活用が合理的にできます。プレアデス連合国では宇宙船のみならず、自動車も列車も飛行機もオードバイも皆DHシステムで動いていました。

 銀河史を眺望してみて、一番「理想郷」に近いと感じたのが科学と文化が調和した「プレアデス文明」ですが、重大な欠点は貴族体制に基づく階級制度であり、身分差の無い民主国家ではなかったことです。プレアデスはローマ帝国の様な属国主義(権威主義)で銀河の覇権を握っていたものの、堕落と腐敗が横行して内部から崩れ去ってしまいました。しかし、科学と文化の調和はお見事、物質世界で生きる人間はかくあるべきだという理想郷に近い状態だったと思います。荘厳な大理石の公共建築物と、家屋は自然界と調和させた木造りのものが多く、反重力装置を利用した「天空の城(ラピュタ)」の如き宙に浮く建築物も多数ありました。人々は美と芸術を愛好し、神々に対する信仰心も厚く、また、建物は剥き出しの人工物(機械やコンクリート)を嫌った贅沢な造りでした。物質的にも精神的にも豊かな暮らしをするのがプレアデス星人の真骨頂、高度に発達させた物質科学がそんな暮らしを支えていました。事実、プレアデス連合国には環境汚染などという問題は存在せず、健康に配慮が行き届いた生活を送っていました。べつにプレアデス文化の真似をしろとは言いませんが、母星の環境維持や健康維持は当たり前の話、こうした先輩の宇宙人達の文化は見習う必要があります。

 自然界にも太陽から届く自然放射線もあれば、あるいは自然発生するラジカルも存在するし、また、人口が増えれば炭酸ガスも増加するし、惑星の陽化比率に従って癌病も増えてくるものです。だから何もかも100%クリーンにできる訳ではないのですが、科学や医学を正常に発達させればこうした問題にはある程度は対応できるのであって、自然界と共存して生きるためには人類が許容限度の枠を越えて自然環境を汚さない様に務める必要があります。陽化が進んだ惑星ではどうしても炭酸ガス濃度が上昇するものなのですが(温暖化は避けられない)、プレアデス連合国では余剰な炭酸ガスを固形化して「燃料化(推進動力材)」しており、この合理的な発想が母星環境を最後の最後まで守ってきました。今から48万年前、ちょうど天照如来神や普賢王如来神が誕生した頃の話ですが、アルデバランの惑星テニネでは当時の軍事技術(π−tube発電機や反重力装置やDH推進装置)を民間に普及させて、地上には空飛ぶ自動車やオートバイや列車が初めて登場してきました。無論、それまでは電気動力(リニア)のバス通勤だったのですが、個人が直接所有できる「空飛ぶ自家用車やオートバイ」が初見参したことになり、その画期的な発明によって社会体制が大きく変化しました。

 大昔のテニネでは地球人の様な燃料エンジンやゴムタイヤや磁石発電機の時代もありましたが、磁差発電機の時代が訪れてからは、環境保全のためにクリーンなエネルギー使用の方向へ転換されて、さらに画期的な科学技術が開発されると同時に、地上を決して汚さないという厳格な法律が施されました(道路の建設もダメ)。犬小屋の中でウンチを垂れ流す犬がいない様に、母星環境を自ら住めない状況に汚してしまうのは畜生にも劣る行為、それは野蛮人がする行為なのです。家(母星)の中は常に清潔にしておくのが当たり前の話でしょう。「愛」と「平和」と「共存」をモットーとするプレアデス文明の底流には、こうしたアルデバラン星人の「自然界との調和」という哲学がありました。彼らは高天原宇宙(六員結晶宇宙)から伝来する人間王国哲理(生命論: 陰陽哲学)を解析し、優れた宇宙哲学を築き上げて、大きな宇宙観や生命観に基づいた銀河人類の共存繁栄を掲げて連合組織作りに貢献した民族でした。地球人もプレアデスの神々に育てられており、そのプレアデス哲学とは主にインドに伝えられて「仏法哲学」として後世に伝えられてきました。

 今から22万年前のプレアデス連合国(第23212代の女性銀河ファラオー: ニヌイの時代 )においては、当時はカジキ座のミデゼヌザ星が銀河商業の中心地であり、地球で言うニューヨーク的な存在でしたが、女帝ニヌイが政権を振るう同盟国本部は昔からアルデバランのテニネにあって、惑星テニネは米国の首都ワシントンの様な清楚で静かな惑星でした。一方、銀河経済の中心都市惑星であったカジキ座の恒星ミデゼヌザの第三惑星(ネゲイ)の他にも、イルカ座の恒星ドニチゼブズの第三惑星(グイフリ)や、カニ座の恒星ズジゼブハの第三惑星(ケオン)などが経済流通の中心地であり、これらの惑星はまるでSF映画に登場してくる様な、高層ビルが林立する現代的な風情を醸し出す都会惑星でした。100階前後の高層建築物が鬱蒼と立ち並ぶビル空間には空飛ぶ自動車道が完備されており、銀河中から様々な人種の宇宙船が交易で集まっていました。当時の銀河貨幣は「金(Au)」ではなく「イリジウム(Ir)」が使用されており、銀河は貨幣経済で成り立っていました。まあ、現在の地球が約200の国々に分かれて貨幣経済を行なっているのと同じ様に、当時は銀河341部族(+40個の地球人も含む原始人惑星)が互いに交流していた訳です。

 我々の銀河系には400個以上の「猿の惑星(動物惑星)」が存在しており、宇宙船で飛び回る広域宇宙人達にとっては食料の入手に困る心配はありませんでした。高度な科学力をベースにした文明社会の人間達が求めるものは、暮らしを豊かにする芸術や地位や名誉や権力や権威といったものであり、その権力や権威も、神界に大量の人員(上級神)を輩出し、神界勢力に揺るぎない基盤を築かない限り神々の特権を優先的に得られない理由から、特定の神信仰(例えば弥勒如来信仰とか阿弥陀如来信仰とか大日如来信仰とか天照如来信仰など)が誕生してきました。神々からの恩恵を賜らないと、宇宙船の命綱である「船内位相」や「惑星仮位相」などを優先的に取り付けて貰えないからであり、その民族の死活問題となってしまうからです。我々の宇宙球(メシアA球)を担当する担当創造主(ウケエ=イアア)のセザナ神が大変厳(いか)つい「荒らくれの大王」であって、創造主信仰など危険過ぎてありえない理由から(何のメリットも無い)、いつの日か人々は創造主よりも神々を頼る様になってきたのです。創造主の名を口にするな、創造主に願ってはいけない、それが広域銀河人達の暗黙の了解事でした。

 プレアデス政権下の銀河人達は霊格や人格を向上させて、死後は上級神(如来や菩薩などの仏様)になることを自己の本懐としており、神界の秩序が銀河全体に行き渡っていました。そのお陰で銀河の平和は保たれ、争い事が無くなりました。ある意味では念願の理想郷の建設を叶えた訳ですが、神界に大なる基盤を築いたプレアデス王朝の権威があまりにも大きく、その長い支配体制には惰性や慢心というカビが生えて、体制そのものに腐敗や堕落が横行していきました。信仰心は厚いものの、人々の成長がストップして、いつの間にか神の領域を絶対に超えられない無能な平和馬鹿しかいなくなってしまったのです。その昔、日本国にも仏教が伝来し、ある意味では理想郷である平安時代が築かれますが、やはり平和ボケと腐敗と堕落が蔓延(はびこ)って、世の中は軍事政権(鎌倉時代)の方に向かい始めます。止水(死水)は静かではあるものの、流れを生み出すこともなくただ腐っていくのみ、残念ながらそれが自然界の道理であって、安定や平和からは生命成長の「根本的な糧(生き甲斐)」は得られないものなのです。だから戦争しろという意味ではありませんが、権力の座に鎮座した次の瞬間から奈落の底に転落する道が用意されており、だからこそ人間は永久の修行僧でいなければならず、求道心や向学心を無くしてはならないのです。生命とは運動の意であって、運動を止めればそれは「死」なのです。

 さて、宇宙人達が銀河空間を飛び回っていた華々しい過去が実際にあったことは紛れもない事実、地球人がやるべきことは、まずは先輩の宇宙人達が開発した科学技術を模倣して、良い技術だけを学び取ることでしょうか。宇宙空間へ飛び出すためには正しい宇宙観と生命観を身につけねばならず、一段上の文明社会の機根度に成長する必要があります。まずはその精神境涯の底上げをしなければなりません(銀河同会=銀河系大に自己の意識を広げて、その磁場圏でものを思考すること)。いわゆる第二解脱を果たして銀河磁場圏に同会し、一銀河系人としての自分を形成することであり、銀河目線で物事を判断できる様になることです。地球から銀河を見上げてはいけません。銀河系の方から逆に地球を覗き込むのです。要領としては、人間が潜在的に有している銀河の目を使って、そこから地球を見下ろせばよい訳です。惑星の大きさによって多少の体格差はありますが、宇宙の生物は基本的に一緒の材料から誕生してきており、地球に桜の木や松茸がある様に、何処の惑星にも犬や猫もいれば、クジラもバイ菌もウイルスも存在しています。生物は皆細胞体を呈しており、その血液もDNA組成もほとんど一緒なのです。宇宙人の男性と地球人の女性が交われば子供ができるのであって、そんな当たり前の常識は考えただけでも分かる筈です。

 学習の基礎はまず模倣、それが正確にできる様になれば、次はそれから応用して発展させていかないと真に体得したことにはなりません。我々の大宇宙は通算で1千億回もビッグバン再生を行なっており、長い長い人間の歴史を有しています。歴代の人間王国の知識を知っている創造主はその民族の機根度に応じた科学知識を提供しており、その啓示を正しく受け取った民族が新技術の開発に成功して産業革命が起きるというパターンで民族教化が行われてきました。我々は今現在、このブログ活動や講演活動や出版物を介して、日本人(龍神島民族)に対する宇宙知識の伝達作業を行なっており、そこから産業革命(意識改革)を起こして頂きたいと願っております。まずはπ−tube発電機と反重力浮上装置の開発、そして二酸化炭素変換器(推進器)の開発でしょうか。空飛ぶ自動車やオートバイや列車ができれば、広域指定宇宙人の試験の一つの項目はパスしたことになります。また、銀河同会を果たした方が何割増えるか、この二つ目の項目が難関ですが、二つの最低条件をクリアーすれば龍神島民族そのものに銀河広域指定が下りることになります。脱出用の物質円盤は今現在は腐る程ある理由から自前で造る必要はありません。地球にはそんな悠長な時間が無いからです。

 現実問題として、放射性ラジカルで汚染された海洋を元に戻すことは不可能、既に発生してしまったコロナ・ウイルス(反電荷ウイルス)を撲滅させることも不可能、また、ボロボロに朽ち果てた地殻岩盤を補修することも不可能、さらに海底の化学反応(硫酸還元菌反応)を止めることも不可能な話です。また、実際問題として、オリオンが仕掛けた原子力発電所や核爆弾製造工場の原子炉を停止させることも不可能であり、また、これもオリオンの陰謀ですが、地磁気を介して気象操作を行なっているアラスカのHAARPを止めることすらできていません。地球がいつ終わるのか、全く予断を許さない状況です。そんな状況下でありながらも、未来科学の開発を日本人に要求するのは酷かもしれませんが、大半の日本人が西洋アンポンタン科学に洗脳されて植民地化されていることを考えれば、まずは現代科学や現代医学の洗脳を解いてもらって、宇宙真理に目覚めてもらうことを優先して頂きたいと思います。真実と嘘が入り混じった混沌(カオス)の世界の中で、宇宙から差し込む一条の光(真理光)を受け止めることが重要なのです。今から何十万年前の話ですが、銀河星人が互いに交流していた時代があって、銀河空間には宇宙船が飛び交い、飛行機の航路の様な宇宙船航路が多数設けられていました。地球人として銀河に「生」を受けて、そして生涯何も知らないまま死んでいくならばそれは犬猫などの動物の生涯と一緒、少なくとも人間の人生ではありませんね。ぜひ無知から目覚めて、地に呪縛されたイーグの領域から脱出して頂きたいと思います。

 

〈C36変異種に関して〉
 我々の母星である地球は陽化(老化)が極まった状態にあって、重力に関係する力学骨格(テトラ骨格)の減退と、渦巻スピンに関係する渦磁場そのものの減衰と、また、地磁気を生産するコア磁場の減退という三重苦に悩まされてきました。今年の正月には力学骨格と渦磁場骨格が極端に衰え、地球は余命数ヶ月の命となりましたが、一つの星を犠牲にしてその力学骨格を地球に移植し、また、気の粒を補強注入させて渦磁場の強度を復活させました。脱出の関係上、我々が時間稼ぎをした訳ですが、ただ、コア磁場の補強だけができておらず、コア(D−重合体)の核反応が促進されて、中心核から放たれる地磁気の勢力が日々下降している状況にあります。承知の様に、コア(D−重合体)は核爆弾と一緒であり、外に取り出した瞬間に核爆発(超新星爆発)を引き起こす性質である理由から交換ができないものなのです。そのコア磁場の勢力が極端に低下しており、羅針盤の様に地磁気で方角を定めている生物の帰巣本能や方角照準本能が崩れて、昆虫(ミツバチ)や渡り鳥や海洋生物の異常行動が発生している状況です。また、地磁気はウイルスなどの感染制御にも深く関係しており、ウイルスや細菌の活性化や癌化を抑制する作用も有しているのですが、コアの命が灯火状態の今は地上の生物を庇護する役割ができていない様子です。

 西洋アンポンタン医学が主張するコロナ変異種の話ですが、現在流行している非定型のインフルエンザ・ウイルスであるイギリス型(N501Y: クモ)、南アフリカ型(D614G: カメムシ)、ブラジル型(E484K: コガネムシ)、そしてインド変異種(E484Q: コガネムシ)、(L452R: ムカデ)、(N440K: アブラムシ)、さらにベトナム型(カメムシ)や、最近のC36: チビ蛾などの昆虫ウイルスですが、これらのウイルスがパンデミックを起こした理由は、これらの昆虫が大繁殖して一斉に死んだことを意味します。昆虫の死体から内包ウイルスが外界へ放たれる事実は承知の通りです。重要な問題は、これらの非定型ウイルスは元々鳥獣共通感染をしない安全なウイルスなのに、癌化していないにも拘らず「感染制約」が取れているという問題です。つまり、本来は人間にも豚にも感染しないウイルスの筈なのに、なぜ人間に感染しているのかという厄介な問題です。ソロジン軍団の調査の結果は地磁気の極端な減退という回答だったことから、もはや諦めなければならない事態となりました。癌化したウイルスや癌化した細菌が病原体として人間を襲うのは当たり前の話、でも正電荷の通常ウイルスの規制枠が外れるという事態はとんでもなく恐ろしいことであり、地球人類は昆虫ウイルスのみならず、あらゆるウイルスに襲われるという意味になります。

 C36インフルエンザ・ウイルスは高熱(39.5度)を発するのが特徴であり、それまでのインフルエンザとは異なり、ヘマグルチニン毒が少し強烈な様です。一般的な風邪症状(咳や鼻水)の他にも、強い倦怠感や関節痛や無感覚症状が特徴です。世界中に広く分布するチビ蛾の種類(Nepticuloidea)の体液中に生息するウイルスです。なぜC36の話をするかと言えば、医療団の解析結果ではmRNAワクチンの抗体では効かない特殊なウイルス構造だからです。免疫が効かないということは、敵分子に対して免疫マーカーを取り付けられないという意味であり、人体の免疫軍団のメイン勢力であるT細胞や好中球や好酸球や好塩基球などのリンパ細胞が役に立たないという意味なのです。無論、これらの免疫軍団とは質が異なる免疫軍も人体には存在しており、軍団自体の規模が小さく(1/50)、おまけに地域限定ですが、マクロファージやNK細胞や樹状細胞などは戦ってくれますが、メイン勢力の軍団が動かないというのは大変な痛手であり、スルーワクチン(再感染)を起こしてくれるウイルスは人体にとっては強敵のウイルスなのです。現在、C36ウイルスは35カ国以上に広がっており(幸い感染力はあまり高くない)、特に高齢者や持病持ちの方には強敵となります。我々の心配は、ウイルスの感染枠規制が外れたことから、今後はエイズやマーズやサーズやエボラの様な強敵ウイルスが流行する可能性があるということです。

 厚生省の担当者の頭の中を覗くと、これまでmRNAワクチンの副作用で死亡したと推定される犠牲者は本日(6月5日現在)で107名だそうです。人為的に人体にタンパク毒が打ち込まれると、免疫軍が一斉にざわめき立って、「アナフィラキシー・ショック症状」を起こします。接種直後にアナフィラキシーを発症した方には身体に対して「定位置に戻れ信号」を送ってやると症状はすぐ改善されるものなのですが、残念ながら現代医学では治療方法がありません。人間王国医学には古来からアナフィラキシー呪文が存在しており、医療関係者の方は参考までにこの呪文を唱えて欲しいと思います。その呪文とは念唱系の11文字呪文(三回呼唱)であり、「クーイ・エキクココ・ケコオ」と言います。患者の心臓に手を当てて明確に三回呼唱すると、暴れていた免疫軍が急におとなしくなります。激しいショック症状を呈している場合はそのままでは死んでしまう場合が多いので、「免疫軍は帰れ」という情念を込めて呪文を打ちましょう。ところで、mRNAワクチンは通常のインフルエンザの予防薬であって、反電荷のコロナ・ウイルスには全く効力が無い見当違いのワクチンです。だから打っても打たなくてもべつに構わないワクチンなのです。

 ワクチンに関する大きな問題は、ワクチン溶液に含まれる防腐剤(パラオキシ安息香酸ベンジル)に、人体には毒となるD系(旋光異性体)の化合物が含まれている事実です。これが時折脳溢血やクモ膜下出血の原因となってしまう様です。我々はワクチンを打たざるを得なかった仲間の無毒化を行っていて、ワクチン成分そのものを体外へ排出できますが、一般の方はその成分が体内に残留してしまうために、打てば打つ程体が排出できない毒物で汚染される結果となります。西洋アンポンタン医学は間違っており、医学者の意見を鵜呑みにしてはいけませんね。彼奴等は全員が脳天パー、今は医学者や科学者を見たら馬鹿だと思わなければならないご時世なのです。勇気を持って「ノー」を言いましょう。政治家が医学者なんぞの言葉に翻弄されるとは言語道断、PCR検査を行う必要も無いし、日本国の経済をここまで追い込む必要もありません。一体何が重要なのか、生きる術を奪う行為は殺人に値する行為、ちゃんと判断して欲しいと思います。ブラジルの大統領を見習った方が良いと思いますよ。オリンピック?   当然やるべきでしょう。侍の国である日本人が架空の病気に尻込みしている様では終わっています。オリンピックを回避した連中は卑怯だと言わざるを得ません。

 さて、話は変わりますが、大病院の大半の酸素呼吸器はレジオネラ菌で汚染されており、その汚染率は99%にもなります。一般の酸素吸入器もエクモ呼吸器も、調査の結果は無事なのが一台も無かったことに驚いています。こんな状況では「病院に行けば殺される」と言っても過言ではありませんね。単なるインフルエンザなのにコロナ扱いをされて、健康な人に肺炎を起こさせてしまうのが現代医療の実態です。特に大学の付属病院は酷い状況、あなた達はなぜ疑いもせず、せっせと病院に足を運んでわざわざ殺されに行くのか、我々にはさっぱり理解できないのです。病院はなぜ呼吸器を掃除しないのでしょうか、癌化したレジオネラ菌はアルコールどころか希硫酸や塩酸でも死なないしぶとい相手なのです。酸素呼吸器のブクブク(水)の中にレジオネラが集(たか)っているのです。そんな汚染された酸素を患者に吸わせれば一発で肺炎を起こしてしまうのは当然の話、元気で歩ける方は病院には決して行かないこと、そしていかなる薬も飲まないこと、それが長寿の秘訣です。なんでもカンでもコロナにしてしまうPCR検査を自ら進んで受けるのはやめましょう。日本人は昨年の3月からコロナ死の方は一人もいません。毎日肺炎で死んでいるのは菌類の感染によるもので、その8割以上がコロナ施設や病院で感染しているのが実態です。そもそもテレビのコロナ放送など見てはいけませんね。連中は政治家を信用せず、西洋アンポンタン科学を信奉しているからです。

 

時事情報(1/13)

〈確認したい真実〉
 最近の日本国のコロナ騒動に関して、若干の異議を唱えさせて貰いますが、政治家も医者達もマスコミも一般民衆も、もう少し冷静に落ち着いて情勢判断をして頂きたいと思います。「軽挙妄動」という言葉がありますが、今の日本国はまさにその通り、コロナ如きにどうして血迷って狼狽え騒いでいるのか、我々には理解が出来ません。冷静に考えれば誰にでも分かる事ゆえに、今一度、コロナに対する認識を改めて頂きたいと思っております。我々としては、皆様に「再認識」をして頂きたい事が四つあります。下記がその四つの事実です。
 
 ① コロナ感染が最近急速に広がっているのではなく、既に日本人の大半の方がウイルスに感染してしまっているという事実です。従って、感染を食い止めようとする行為そのものが無駄な話、PCR検査を受ける必要が全く無いという事です。多くの方達が無症状であり、発病していないからです。日本国のコロナ患者はPCR検査の被害者(似非コロナ)なのです。
 
 ② 日本国のコロナ・ウイルスは我々の国土シルエによって無害化されており、通常のインフルエンザよりも影響力が無く、法定伝染病のランクには相当しないという事実です。従って、マスコミは外国と日本国を同等扱いしなくてもよいし、保健所が騒ぐ必要も無ければ、政治が介入する必要も無いし、危険なワクチンを接種させる必要も無いという事です。通常通り、具合が悪い者だけが病院に行けばそれで済む話であって、隔離する必要も無いし、医療が切迫する事もありません。
 
 ③ 西洋アンポンタン医学に洗脳された医学者の判断を真に受けてはなりません。つまり専門家の意見は当てにならず、また病院治療も当てにならないという話です。事実、今現在コロナ・ウイルスで重症もしくは死亡した方が日本国には一人もおらず、その大半の方が菌類による感染発症だからです。病院はコロナ患者だと思い込んで間違った治療をしています。政治家はお馬鹿な専門家の意見に従う必要は無く、通常通りに経済を運転させるべきだという話です。
 
 ④ コロナ・ウイルスの正体とは複数の癌化したインフルエンザ・ウイルスであり、COVID-19が変異したものではないという絶対的な事実です。宇宙医学が正しいのか、それとも地球医学が正しいのか、それは後で分かると思いますが、我々としては下劣でお粗末な地球医学と比較されても困ります。我々も独自の医療機関(空の上の医療団)を有しており、日本国民だけが対象ですが、コロナ患者(実際は菌類の感染者)を治療している事は承知の通りです。今のところ、我々の関係者からはコロナ死亡者は一人も出しておりません。
 
 さて、癌化しているかしていないかは別問題として、コロナ・ウイルスは基本的にインフルエンザ・ウイルスの事であり、それは法定の伝染病では決して無く、人=人感染でも広がるものの、基本的にはジェット気流に乗って空から降ってくるウイルスであって、人為的に感染を止められる様なものではありません。世界の感染状況を見れば、いくら頭が鈍いあなたでも、それがインフルエンザである事ぐらい常識的に分かる筈です。コロナ・ウイルスとはお馬鹿な専門家達が作り出した「仮想ウイルス」に他ならなく、そんなものはもともと存在していないのです。しかし、この癌化した一連のウイルスは人類を全滅させる能力を有したウイルス、早い話が「殺し屋」であって、地球の生物を根絶やしにする為に末期に出現してきた病原体です。世界人類が滅び始めている事実を改めて認識して頂きたいと思います。我々としては人材選出や脱出の関係上、日本民族だけを特別に全滅行程を遅らせているだけの話、地球自体が亡び去る運命にあるなかで、最後の最後まで生き残っているのが日本人だという話です。
 
 
 
 
〈家庭内に蔓延る悪魔〉
 正直言って、もうコロナ関連の情報提供はやめたいのが本音なのですが(同じ情報の繰り返し)、昨年辺りから日本国の一般家庭内で癌化菌が繁殖を極めており、癌化したのはウイルスだけではない事実が判明しています。私自身も今年の正月に自動車のラジエーター内でレジオネラ菌に繁殖されて体調を崩した経験から、菌類の繁殖には人一倍気を遣っている現状ですが、関係者の家屋内に蔓延っている菌類の実態を見て唖然としている状況です。特に普段、殺菌や除菌を心がけている神経質な家庭の方が癌化菌に汚染されているケースが多く、我々も驚いている次第です。「なぜ、癌化した菌類が一般家庭内にこれ程までに蔓延してしまったのか」、この原因については様々な要因が重なったものであろうと考えられます。癌化した菌類の種類は約60種類、その中でも悪魔の如き病原体は、主に電子機器内に生息するレジオネラ菌、屋内の天井や壁に潜む麹カビ系(水カビも含む)のアスペルギルス菌、主に食品に潜む酵母菌系のカンジダ菌やネイッセリア菌やカンピロバクター菌、そして水回りに潜むシュードモナス菌やヒドロゲノフィルス菌といった面々です。これらの癌化細菌の特徴はアルコール消毒では歯が立たず、ブリーチやハイターなどの酸化剤でも、あるいは希塩酸や希硫酸でも殺せないという恐ろしい処置無し菌類なのが特徴です。
 
 レジオネラ肺炎が一番多い理由は、この菌類が主に都会型の菌類で、電子機器などの機械の中で繁殖するからであり、エアコン、空気清浄機、加湿器、除湿機、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、IHコンロ、調理器具(電子レンジ)、ウォシュレット、給湯器、スティーム・アイロン、ラジエーター水、ワイパー液など、家庭内やホテル内、もしくは工場内あるいは自動車内の何処でも繁殖しているからです。普通のレジオネラ菌でも大変なのに、その癌化種となると超薬剤耐性を示す事から、投薬による除去は不可能であり、強烈な紫外線処理か、あるいは焼却する以外に殺す手段が無いという化け物菌に変化しています。菌類が癌化する為には、絶対条件として放射性のラジカル水が必要である理由から、電子機器が放つ放射線が癌化種の一番の発生原因であると考えられます。都会の家屋ではレジオネラ菌が癌化しているのに、田舎の家屋ではあまり癌化していないという事実を鑑みれば、やはり大きな原因はLED照明(放射線光)であると考えられ、その次がテレビやP/Cや携帯やiPADなどの液晶画面から放たれる放射線光が家の中の水に作用して「放射性ラジカル水」を誕生させていると考えられます。実際、我々も調査してみましたが、LED照明の部屋壁には癌化したアスペルギルス菌がいるのに、通常照明の部屋壁にはいない理由から、やはり利便性は高いものの、放射線光を日常生活に取り込むのは危険過ぎると感じた次第です。
 
 都会の大病院に蔓延る癌化細菌の物量は半端な値ではなく、特に酸素吸入器の洗浄水の中で繁殖しているレジオネラ菌や緑膿菌にはビックリ、こんな酸素を患者に吸わせたら、健康な人でも一発で肺炎を発症させてしまいます。院内の空調設備やボイラー設備はもちろんの事、屋外の水貯蔵タンクやエアコンの室外機、院内の水回りは当然の話、緊急救命装置や人工呼吸器や透析機や点滴装置にも、あるいはCT機やレントゲン機やレーザー機の冷却水などにも菌類が繁殖しており、こんな不潔な病院に長くは居られないし、肺炎を起こさずに一体何人の入院患者が無事退院出来るのだろうかと考えてしまいます。残念ながら、現在の病院は病気を治す場所ではなく、病気になりたい方が行く場所であると言わざるを得ません。「死にたくないならば病院には入院するな」これが我々の合言葉になっております。コロナ感染と細菌感染の区別も出来ない現代医学、そんな低脳な医者の言葉を頭から信用してしまう「無知で愚かな六道ピープル」にはなりたくないものです。元気な人間をコロナ患者に仕立て上げ、多くの重症患者を死に追いやって(細菌感染なのにレムデシビルを投与)、その上政治にも口を出して人々を困窮に貶めているという、彼等こそ天罰に相当する「悪魔」だと言わざるを得ません。まあ、呪うべきは人類の無知であるとは思いますが、それにしても「ヒドイ」の一言でしょうか。
 
 細菌の耐久性に関して皆様がどれ程の知識を持っているのか分かりませんが、プラス100度の熱水の中でも生きているし、マイナス196度の液体窒素の中でも生き続け、中には濃塩酸や濃硫酸の中でも簡単に死滅しない種類も存在しています。特に非結核性抗酸菌(例えば結核菌やMAC菌)とか、シュードモナス菌(例えば緑膿菌)とか、ムコイド(有機被膜)を生産し鉄壁な要塞を築いている細菌もいて、免疫系が近づけないばかりか、いかなる薬剤も通用しない頑丈な菌類が事実上存在しています。通常菌の状態でも殺せないのに、ましてや癌化種(反電荷種)に変化してしまえば、身体から個別に取り出さない限りは駆除する事は不可能となります。連中と比較すればウイルスの方がまだ与し易い相手と言えるのです。創造主医療団にとっては、溶媒カプセル(裏空間排泄装置)を駆使してウイルスや細菌を人体外へ除去しており、細菌の除去はそんなに難しい芸当ではないのですが、地球医学にとっては薬で殺す以外に手段が無く、これまでに反電荷の癌化細菌を殺せるレベルの薬剤を開発した実例はありません。「反電荷?  何それ」という感じであり反電荷の意味すら分からないと思います。宇宙では反電荷検出器なるものが存在し、癌化細菌を一瞬で見つけられるのですが、今の地球の科学力では高嶺の花と言えます。
 
 一般家庭の中に、どうしてこんなにも癌化菌類が発生してきたのかという原因には、実は様々な原因が考えられ、LED照明などの放射線光だけでは済まされない根本的な問題もありました。2011年の「東日本大震災」で被害を被ったのは実は福島第1原発ばかりではなく、複数の原発が同時にメルトダウンを起こしました。これは無論「天災」であって、電力会社の責任は問えないのですが、その後も原発事故が発生し続け、日本国内だけでも、ここ8年間で7箇所の武器原子炉(2)及び原発(5)がメルトダウンを起こしています。そこにロシアや中国やアメリカや韓国の原子炉(全部で18箇所)が、ここ8年間で立て続けにメルトダウンを起こし、日本国内はもとより世界中が高い濃度のRADガスで汚染されるという事件が発生しました。特に酷い状況だったのが日本国内であり、複数の原発が頻繁にベント排気を行い、8年間に渡って国中が汚染され続けました。今から2年前に、我々が事故を起こした原子炉や原発に対して敷地ごとRAD被膜で包み込んだ事から、今はRADガス濃度は極めて低い状態であり、原発の敷地以外は殆ど無害という状況です。一番凄い状況の時は福岡市や新潟市や千葉市や筑波市の市街地では1mの高さまでRADガスが降り積もった時期もありました。RADガスは目に見えず、人体はもちろん家屋の中まで汚染された事は確かです。
 
 RADガスに汚染され続けた8年間で、多くの畑の土壌菌が癌化し、家屋内のバイ菌も、病院内の菌類も一斉に癌化種が出現してきたと考えられます。この様に癌化種の発生原因はハッキリしているのですが、それが「なぜ」コロナ騒動の昨年辺りから、急激に個体数を増加させてきたのかと言えば、コロナ騒動をきっかけにして室内の除菌が徹底され、繁殖していた多くのバイ菌が死滅したからだと思われます。他のバイ菌が減った事で繁殖スペースが空き、生命力が一番強い癌化種が繁殖して勢力を伸ばしてきたと考えられます。従って、どの家庭にも癌化種はとっくの昔に発生していたと考えられ、除菌すればする程、その程度では死なない癌化種だけが増殖して個体数を増やすと思われます。今や一般家庭も病院も癌化細菌の巣窟と変じており、身体の免疫力を落とせばあっという間に菌の濃厚増殖を許してしまう状況と言えます。コロナよりも恐ろしい菌類感染ですが、残念ながら癌化菌類に対する我々の予防データは不完全で、予防シルエや呼吸ブースには殆ど入っておらず、医療団が実際に治療しない限り、それらを体外へ吐き出させる事が出来ません。呼吸ブースはウイルスやウイロイド対策のもので、菌類には歯が立たないという話です。では、コロナ肺炎と診断された方は一体誰を頼りにすればよいのでしょうか。
 
 呼吸ブースを装着された方(選出された国家公務員)や、銀河系解脱を果たした方は医療団の治療を受けられる権利を有しており、我々の組織の方へ連絡を下されば、治療許可が下りた中等症以下の患者に関しては、宇宙医療団の医師がこれまで通り優先的に肺炎治療を施す所存です。尚、呼吸器が必要な重症患者に関しては、我々は入院ベッドを持たない理由から、お断りを申し上げております。現行の医学が信用出来ないという方は実は一杯いて、医者が想定するよりも遥かに人口が多いのです。宇宙医学を信用する者に対しては、我々には彼等を守る責任が生じますが、信じない者に対しては守る理由が無く、現代医学と心中して頂きたいと思います。時折、医者に治してもらえる場合もあるからです。我々は医者の人格を否定しているのではなく、細菌も毒素も除去出来ないのに、治せると思い込んでいる現代医学の医療技術を馬鹿にしているのであって、個人的に卑下している訳ではありません。またコロナ患者は純粋な被害者であって、彼等には何の落ち度も責任も無い事は確かです。「コロナ患者なのに入院を拒否した場合は100万円以下の罰金」という法律は一体誰が考えたのでしょうか。政治家もいい加減にして欲しいと思いますね。そもそも戦後に原発を誘致したのは政治家なのですから。
 
 
 
 
〈磁場崩壊は防いだものの〉
 この数値は1月12日の午後3時頃の観測によるものですが、富士山の中腹部に掛かるマグマ圧が「4.2p」と高く、新鮮なマグマが地下から中腹まで供給されている状態です。ちなみに火山爆発を引き起こすマグマ圧は「8.0p〜10.0p」というのが平均相場、このままの状態で圧力が高じてくると危険な状況となります。山自体の土壌温が高いのか、1/12日に至っても未だに雪を被っておらず(冠雪が無い)、地元の方達は「この時期の黒富士は不気味だ」と話しており、我々も注視している状況です。読者の皆様はもう忘れているかもしれませんが、2020年の11月30日に我々は地球力学圏の補強作業を行い、一つの惑星を犠牲にして、地球に数年間の時間的な猶予を与えました(力学骨格を地球に移植した)。薄れに薄れて破れかけていた地球磁場圏を補強した結果、強度を増した磁場圏は300年前のそれと同等になってしまいました。これは陽化した地球を一挙に陰化させたという意味であり、それ以来、地球の大気温度が下降を始めて、300年前の気候に戻ってしまいました。今年は少々寒い冬場を迎えますが、その分地球の寿命が延長された訳ですから我慢して頂きたいと思います。
 
 地球磁場圏が元に戻った事から、コアの圧力が蘇り、虫の息だった地球が幾分元気になりましたが、既に地殻が削れて薄くなった部分や、大気が抱え込んだ膨大な水蒸気量には根本的な変化は無く、冬場はドカ雪をもたらし、夏場は集中豪雨をもたらすと考えられます。まあ、人類があまり経験した事の無い自然現象が今年の場合は起こり得る事から、自然災害にはこれまで以上に気をつける必要があります。地球の科学者が心配している南海トラフ地震は当面安心な状況ですが、気がかりなのはやはり地殻が薄い米国のカリフォルニア州であり、現在はサンフランシスコの地下岩盤にMg「7.3p」という圧力が付加されています。これが9.0pを超えてくると大変危険である事から、軍団が動いて圧力を分散させる作業が行われます。磁場崩壊は防いだものの、コロナ・パンデミックは人類が自ら招来させてしまったもの、前任者の創造主や神々の説得にも拘わらず、核爆弾の魔力(軍事的優位)に魅了されて核を操作してしまいました。結局、その行為が海をラジカル水に戻し、ウイルスや細胞を変異させて、自らの首を絞める結果となってしまったのです。当然、核を操作した西洋アンポンタン民族にはその「責任」を取って頂きます。
 
 我々としては彼等が亡び去るのを見届けた上で霊界整理を行い、輪廻循環させる者や、卑弥呼転生させる者や、バエルヤ脱出させる者や、霊魂体脱出させる者などを選り分けていきたいと考えております。地球の物理寿命の危機が当面回避された理由から、我々もゆっくりと対処出来るので、不備や誤ちが無き様に細心の注意を払って脱出準備に臨みたいと考えています。目下のところは太陽核反応も落ち着いており、また地球も元気を取り戻した事から、天体規模の異常は無く(巨大流石群も無し)、太陽系は非常に安定している状況です。残念ながら、地球に未来は訪れませんが、醜き過去(西洋文明の興隆)は振り返りたくもなく、便所の臭い消しには蓋を被せるのが一番宜しいかと思います。日本国においては、西洋アンポンタン文明を追いかける者達は「劣化者」となり果てて置いてきぼりにされる運命、多くの者達が病気で死んで行く事になるでしょう。我々としては、啓蒙活動を通じて解脱者の数を増やそうと考えており、一人でも優秀な生命を拾い上げていこうと考えています。一方、六道ピープルに対しては、出来れば地球医学と一緒に心中して欲しいものであって、使い者にならない馬鹿は要らない、それが本音です。