陰と陽の定義(1)

陰と陽とは(陰と陽の定義)

 

 この宇宙の万物は陰と陽から成り立つといいました。それでは陰や陽とは一体何なのでしょうか?ここでは陰陽の定義についてお話ししたいと思います。最初は分かりにくいかもしれませんが、読み進んでいくうちに段々とわかってくると思いますので、しばらく我慢して読み進めていってください。
 
 まず陰についてですが、「陰とは陽を生み出すための基礎母体」のことです。物事の完了や完成の前の段階の手段を指しています。またもう一方の陽については「陰から生み出された子体」のことです。物事の完成や完了の表す本質のことを指しています。

 もう少し具体的にお話ししましょう。
物事には必ず存在する意味や用途があります。
例えば家を例にあげてみましょう。
なぜ家を建てるのかといえば、その本質・目的は雨露を凌ぐ為と言えます。
と言うことは雨露を凌ぐ為の屋根、これこそが家の本質つまり“陽”であるということになります。しかし家は屋根から作ることはできません。屋根を作るためには基礎となる土台部分がなければ作れないのです。ですから家の場合には、「屋根が陽」で、「屋根ができる前段階まで」が“陰”ということになります。

 もう一つ違う例として車をあげてみましょう。
車の存在は走ることに意味があります。では、車にとっての本質(陽)の部分とはどこになるのでしょうか?
答えは「タイヤが陽」ということになります。
タイヤが無ければ車は走れません。しかし、そのタイヤもボディが無ければ取り付けることができない訳です、ですから車の「陽はタイヤ」、「陰はボディやエンジンなど」ということになります。

 それでは、ここで貴方に問題です。
コップの本質(陽)はどこにあるのでしょうか?
コップの底でしょうか? それとも飲み口でしょうか?

 コップの存在意味とは中身を飲むことです。口が閉じてて飲み口がなければ中身を飲むことができません。またコップの底だけでは中身をためることもできません。と言うことは、コップの「陽は飲み口」であり「陰は底」ということになります。

 ここまでの例を通じて陰と陽の区別について、少しはおわかりいただけたでしょうか。
お気づきになられた方もおられるかもしれませんが、ここで重要なことは、「本質の陽は必ず最後に取り付けられる」ということです。
物事の本質がどこにあるのかを見極める時、これを忘れないようにしてください。

 

 それでは次に人間について陰陽を考えてみましょう。
一人の人間の人生にとってその意義はどこにあるのでしょうか?オギャーと生まれた人間が子供から大人へと成長していく過程でしょうか?それとも大人になってから後の過程でしょうか?
ここでもやはり先の例に示しましたように、物事の本質である“陽”は後の部分に現れます。従って一人の人生における意義や本質(陽)は後半の大人になってからの部分ということになります。もちろん子供から大人に成長していく“陰”の過程が無ければ、いきなり大人になることはできない訳ですから、陰の過程が陽を生み出すということを理解していただけると思います。

 では、ここでもう一つ問題です。
「鶏が先か、卵が先か」

鶏は卵から生まれてきますね。でも、その卵を産んだのは鶏です。ではどちらが先に存在したのでしょうか?

次回へ続く

銀河史(プロローグ)

 我々の銀河系(天の川銀河系と呼ばれる)は、乙女座銀河団(バーゴ: 1142個の銀河系から構成される)の中の一銀河系です。太陽系も、銀河系も、銀河団系も、目に見える天体のすべては空間媒体(気の粒: フォゾン粒子またはサイ粒子と呼ばれる)の気流が回転する渦巻体を呈しており、一番大きな天体が小宇宙系と呼ばれる驚くほど超大な天体渦です。我々の大宇宙には14個の小宇宙対(左巻小宇宙と右巻小宇宙が互いに横結合している)が存在しますが、その一つの小宇宙対の左巻小宇宙流の中に我々の世界があります。この左巻小宇宙には19個の銀河団が存在し、その中でも一番小さな銀河団が我々の銀河系が所属する乙女座銀河団(直径約3億光年)です。一番大きな銀河団はペルセウス銀河団(約44万個の銀河系から構成される)であり、その渦巻直径は約42億光年にも及びます。また乙女座銀河団とその隣の海蛇座銀河団(ハイドラ: 約6万2000個の銀河系から構成)はほぼ付着した状態で小宇宙渦巻の中心点付近に存在しています(19個の銀河団については末尾の付録説明を参照)。

 天の川銀河系の渦直径は約150万光年(半径75万光年)、渦巻の中心点付近(直径10万光年)には密集する太陽系を抱えていますが、総合計で約1兆4800億個の太陽系を有し、200個のミニ銀河(マゼラン星雲やカリフォルニア星雲などの星雲流)から構成される一般サイズの中堅銀河系です。我々の太陽系が銀河系の中心点から約3万光年の距離を隔てて存在することは皆様もご承知かと思いますが、実は我々地球人の所属天体である乙女座銀河団も、天の川銀河系も、サン太陽系(我々の太陽系のこと)も、地球系も、そして銀河団の上の小宇宙系までもが大宇宙通信網である中央連絡回線でつながる直系列天体であって、その意味はこれらの天体が「大宇宙の聖地」であるということを表しています。中央連絡回線が尽きる所が我々の地球であり、その地球の中でも龍神島と呼ばれる日本列島、その列島の中でも三重県の伊勢市に大宇宙の回線端末が入力されています。正確な場所を示せば、伊勢市中村町にある「月讀荒御霊宮」に接続しており、そこに大宇宙創造主の返り御霊(意識投影先=降臨先)が存在し、そこが大宇宙の中心地であるということです(伊勢神宮には神々の返り御霊が設置されている)。

 創造主や神々や龍神という言葉が出てくると「非科学的だ」と言う方もきっとおられるだろうと思います。しかし宇宙真実を述べるにあたって、創造主や神々の話をしないわけにはいきません。宇宙における天体は基本的にビックバン爆発によって誕生して来ますが、自動的に開闢するわけでは無く、そこには宇宙意識体の意図的な作用が及ぼされているのです。人間が自然界の草木の様に勝手に発生し成長すると思っているのなら大間違い、生物を生み育て、言語を教え知識や技術を与えて今日の文明人を作り上げるまでの気の遠くなる様な作業を受け持っているのが創造主とその手足である龍神たちなのです。賢く育った人間が死ぬと、創造主はその人間の意識を天体場に入力し、創造主のお手伝いをする神々意識として働いてもらっています。つまり神様とは元人間であり、人間とは原則的に神様の幼虫に過ぎないわけです。幼虫が成虫に成り羽を広げるための神への養育訓練学校、それが生命を宿す惑星界の実体(存在意義)なのです。いたずらな科学知識を学ぶ以前の問題として、宇宙常識として「人間生命とは何か」「一体何のために生きるのか」を知らなければなりません。

 大宇宙の担当創造主(ウケエ=イアアー)であるセザナ神、今日の大宇宙人類の成長は基本的に彼が導いたものです。ビックバン開闢の後の天体誕生から生命誘導を担当し、次の宇宙再生までの期間を受け持つのがセザナ神の役割、その彼が天の川銀河系に最初に誕生させたのが琴座(リラ)のベガ星人でした。というよりも同時に数百箇所の太陽系に人間を造り出すのですが、一番最初に文明機根を整えて「広域銀河星人」という創造主の「認可位」を勝ち取ったのがベガ星人だったと言う話です。この認可位をもらうと、宇宙空間に飛び出すための円盤技術が伝授されて、まるで宣教師の様な「公務」が与えられるのですが、今から51万年前にそのベガ星人は宇宙船に乗って地球までやって来ました。その目的は聖地地球の開拓作業であり、原始人に言語を教えていく任務でした。ベガ星人は当初インドの西部に陣取って「言語居留区」を開きますが、その頃に教えに来た先生の一人に有名な「シバ如来神」がいます。シバ神は第7位の如来神ですが、神々の中では最も古いベガ出身の一人でした。

 しかし、ベガ星人は非常に好戦的な民族であったことから、円盤のエンジンを利用して他星に核爆弾を打ち込むという銀河法を犯し、「広域銀河星人」という創造主のお墨付きを自ら捨ててしまう結果となってしまいました。またその母星も放射能で汚染されて、結局ベガ人類全体が滅んでしまったのでした。これは今から50万年前の銀河レムリア紀の話ですが、この頃にはベガ星人の他にも四つの広域宇宙人指定民族が地球人啓蒙のために訪れていました。これらの広域指定民族の仕事は聖地開拓だけでは無く、文明が未発達な他民族(他星人)に科学技術を伝授するという役割もあって、そのおかげで銀河の本命民族とも言えるプレアデス連合国やカシオペア連合国が起こって、彼等が活躍する銀河最盛期の時代が訪れます。創造主のセザナ神が聖地民族の人間化に取り組んだのが今から約500万年前、一方他の星では今から約2000万年前に取り組んでおり、その後猿を人間化したホモサピエンスの啓蒙は約50万年前から始まったということです。地球民族は聖地民族であるがゆえに、より高度な文明を入れる必要があることから一番最後に開拓したのでした。

 

次回へ続く

陰陽論

はじめに

陰陽論って何?

 

 陰陽論とは、我々の生きるこの宇宙全体における唯一絶対の法則のことです。陰陽哲理とも言います。唯一絶対の法則ですから当然、宇宙に存在する我々の地球も、そしてそこに生きる人間も生物も物質もみなこの法則に従って存在することになります。
陰陽論の基本的な概念は全ての物質も生物も現象も、陰と陽という二つの異なる存在によって成り立っているという考えから始まります。従って万物万象はこの法則に基づいた成り立ちや振る舞い、現象を現すことになります。また、逆の言い方をすればこの法則に従わない物質、生命、現象はこの宇宙には存在しません。

 そして、これらの陰と陽が合体した状態こそが目に見える実体を有しており、それらはいずれ姿を失っていくという、この世の流れそのものを解析していくことができます。
また、陰陽論を学んでいく課程において、心とは何か? 生命とは何か?といった現代科学では明確となっていない事柄についてもお話していきます。

次回へ続く