時事情報(7/3)

 〈死者の里: 南北アメリカ大陸〉
 人間(物質生命体)が死ぬと、肉体からアストラルの霊魂体(生命当体)が抜け出し、残された肉体は朽ち果てます。だが、肉体は消滅しても本人は死んだ訳ではなく、もともと霊魂体こそが人間生命に他ならなく、肉体死とは高感度センサーマシンである「機械の衣」を脱ぎ捨てただけの話に過ぎません。生前は物質世界の衣を纏(まと)っていたから自己の複製(子供)も作れたし、感覚でものを感じられたし、また、物質眼(光眼)で物の形状や色を見極めることができましたが、アストラル世界に戻ってしまうと、そこは別世界であって、これまでの物質世界とは一線を置かなければならない極めて異質な世界に感じられます。一般に、霊魂体とは「ゴースト(幽霊)」であって、この世の中では決して珍しいものではありませんが、生きている現役の人間生命とは一緒に生きられない宿命であって、霊魂体を収納する神々の園(死者の里)へ連れて行かれる運命にあります。つまり、生者の世界の中を死者がうろつき回ることは霊界の絶対禁制となっており、昔から命日から約二ヶ月間(49日)が過ぎたら、霊魂体は家族と別れて死者の里に運ばれる規則となっていました。

 「死んだ者は死者の里へ運ばれて隔離される」  なぜ、そんな規則が神界にはあるのでしょうか。実はこれにはちゃんとした理由があって、一番重要な問題は、死者の霊魂体が人間に取り憑いて、肉体的にも精神的にもダメージを与えてしまうからです。魂体(オーラ球)には独自の生命型が存在することから、異型の霊魂体が長期間に渡って人間の肉体に侵入してしまうと、血液に異型に対する拒否反応が現れて「磁化病(慢性関節リウマチなどの膠原病)」を発症してしまいます。つまり、別の血液型を大量に輸血されたのと一緒の状態になってしまうのです。それと、子供などの精神がまだ座っていない未熟な生命に取り憑くと、精神分裂症や多重人格症を呈して、正常な精神発育を妨害してしまいます。霊魂体の憑依はそうした「霊障害」を生者に対して起こしてしまう理由から、死んだら人間世界からは退いてもらうのが慣例となっている訳です。霊魂体とは神界の輪廻処理や成仏処理や天罰処理が行われるまでの待機期間の生命であり、死者の里に隔離されて処分の御沙汰を待つ身の上だと言えましょう。

 こうした霊界の慣例規則はべつに地球だけの話ではなく、大宇宙人類に共通したもので、他銀河団のどこの惑星に行っても死者の里は存在し、生者と死者の隔離が今現在も行われています。人口が少ない間は死者の処理は大きな問題にはなりませんが、地球の様に人口を爆発させてしまうとその処理が間に合わず、人間の出入りを拒む死者の里を確保するのが大変難しくなります。日本国の場合はその昔は古墳の敷地内で間に合っていた死者の里でしたが、それでは間に合わず、山脈の谷間や、東北や北海道などの人が住まない荒涼とした未開地に設けていましたが、それでも間に合わなくなると、世界の大規模施設がある南北アメリカ大陸や、ロシアの極東部や、オーストラリア大陸や、南極大陸へと運ぶしか手段が無くなってきたというのが神界の実情だったのです。できればその生命をよく熟知しているジモティーの神々に死者の処理をさせたいのが本音ですが、人類共通の死者の里に運ばれれば、まるで魚を捌く様に機械的に(非情に)裁かれてしまうのがオチです。

 地球には創造主のセザナ神が居座っていたことから、何を決めるのでもイチイチ創造主の意向を確かめる必要がありました。神々にとっては大変やり難い場所柄ですが、今から33万年も前の話ですが、各地域の死者の里が満員御礼の状態であることを告げると、セザナ神は南北アメリカ大陸全体を死者の里にする様に定めて、当時ロシアの極東地区で死者の里の番兵役を務めていた担当の原始民族(50万人)を南北アメリカ大陸の方へ移動させる様に神々に言いつけました。「50万人ものインディアン番兵をアメリカ大陸まで移動させる」という無茶振りに驚いたのは、地球神として新任早々のプレアデスの神々であり、大変な苦労をして、凍てついたアラスカの海を渡らせて、無人の大陸へと民族の大移動を完結させます。神々の施設があって、神の訓練所が存在する神聖な土地に人間や霊魂体を入れること自体を反対していた神々でしたが、人口爆発は如何ともし難く、アメリカ大陸を封印する作業に取り組みます。

 アラスカのマッキンリー山(北アメリカ最高峰デナリ: 6190m)の山頂とか、ロシア極東のカムチャツカ半島のコリャークスカヤ山(極東最高峰: 3456m)の山頂に、見張り役(アメリカ大陸侵入禁止)の神々を布陣させるために、神々の降臨の際に必要な水晶玉を山頂に埋めに行くという作業をしなければならず、神々は人間ヒューマノイドの決死隊(使命を終えると召喚される運命)を編成して周辺業務を固めます。決死隊に選ばれた人間はヒューマノイドとはいえ、重さ20kgの水晶を背負ってデナリの山頂まで決死の登山を敢行し、山頂に穴を掘って水晶を埋めたら役目を果たしたことになり、そこで息絶えるというシナリオです。アメリカ大陸に侵入してくるバイキングやロシア沿岸部の海賊の侵入を食い止めるために、神々からの通報を受けたプレアデス軍の聖地守備隊が出動して、海賊達を船ごと沈めるという作業を行って、アメリカ大陸を何十万年にも渡って守ってきました。死者の里とはいえ、そこは龍神島と一緒であり神聖なる神の浄土、野蛮な人間達が住み着く場所ではなかったのです。

 ちなみに、聖地守備隊を任命される宇宙人は銀河ファラ王の覇権を握った民族の特権であり、過去にはプレアデス連合王国、アリニラム連合国、ベテルギウス連合国と続いて、最後は霊魂体宇宙人のオリオン帝国という順番でした。長い期間無人だった龍神島には周辺の大陸から原始人がチョコチョコ侵入してきましたが、定期的に見回る聖地守備隊の円盤に見つかっては皆殺しにされてきました。日本国には縄文時代も弥生時代も無く、そもそも先住民なる存在は一人もいなかったというのが真実、海岸部に残る原始史跡は全て侵入した原住民のもので、彼らは全員が殺されており、殺されなかったのは唯一南北のアイヌ民族(ポリネシア民族)だけで、彼らは日本国の古墳時代に労働者として連れて来られた南洋民族でした。正式な日本人と言えるのはユダヤから連れて来られた一族のみであり、彼らが日本国の生粋の先住民と言える訳です。無論、アメリカ大陸の場合は今から33万年前に神々に選抜されたインディアンであり、基本的にはアメリカ大陸は彼らの土地になります。

 今から400年前にヨーロッパの人口が増えて、死者の里だったアメリカ大陸を人間達に解放することになりました。今から6000年前の話ですが、霊魂体宇宙人同士の戦闘に決着が付いて、オリオン帝国が銀河の覇権を掌握したからです。これによって聖地の言語居留区は解放され、また死者の魂体期間にも新基準が定められて、我々の銀河系では素早い輪廻処理が行われる様になりました(それまでは魂体が朽ち果てるまで何十年間も死者の里に拘留されていた)。その結果、死者の里をロッキー山脈やアンデス山脈に規模を縮小させて移し、人間達のために平野を明け渡す準備を神々はしていました。本来、コロンブスの一行など生きて帰ることはできない相談だったのですが、運良く神々の決定が打ち出されたばかり、新大陸の発見に世界は歓喜しました。可哀想なのは自国の土地を侵略されたインディアン達、時代の変化によって、死者の里の番兵役の任務を解かれた彼らは用済みの存在となってしまいました。だが、それは死者の面倒を見てきた下級神も一緒であり、役割を解かれた多くの神々が堕落していくきっかけとなりました。現在、死者の里は南極だけに残っています。

 霊魂体宇宙人(魂体を有する銀河明王神)に人間の魂体を供給する「人間牧場」と化してしまった地球、もはや地球は「聖地」でも何でもなく、ただ人間を培養しては若い魂体を神々に上納する人間飼育牧場に仕立て上げられてしまいました。「人間は難しいことは何も考えなくてもよい、家庭を作って子供を一杯育てて、踊って歌ってスポーツを見て有意義な楽しい人生を送りなさい」というのがオリオン帝国の誘導スローガンなのです。人口を増やして定期的に人間狩りを行い、オリオンに魂体を供給する役割が潜伏している地球人ヒューマノイドに課せられた使命、あの手この手で人間を殺して魂体を頂戴するのが彼らの常套作戦であり、国家同士を争わせて戦争を煽動したり、原子炉を破壊して放射線を撒き散らしたり、断層に核爆弾を仕掛けて人工地震を起こしてみたり、ケムトレイルを散布して毒殺を試みたり、病原体を拡散させたり、温暖化を誘発して気象災害を引き起こしたり、とにかく彼らは人間を殺そうとしてきました。そんなオリオン帝国は既に亡び去りましたが、今は何と人間達自身が自分達が生き延びるために世界人口を減らそうと画策している状況です。

 そんな世情を感じる人達が疑心暗鬼に陥って、ありもしない「陰謀説」をがなり立てており、また科学者は相変わらず詐欺研究を続けて国家資金を掠め取り、医者は病気も治せないのに患者を受け入れようと必死で宣伝している。歴史家は真理の追求を忘れて持説の正当性しか主張せず、政治家はコロナを契機にここぞとばかりに自己を誇示して、またマスコミは視聴率欲しさに話題のニュースしか取り扱わない。いつの間にかテレビ番組は芸人の世界へと変じており、ニュースキャスターの解説も終わっている。今やマスコミ報道で信じられるのは自然災害のニュースか、さもなくばスポーツの結果のみという最悪の状況、虚偽と欺瞞に満ち満ちた今の世の中、真理を求める真面目な求道者は一人もいないのかと辺りを見渡せば、スピリチュアル・ボケした人間達が「アセンション逃避」に嵌っている姿か、あるいはお宅坊主がこっそりポルノを閲覧している姿しか見えてこない。現代の地球人が想い描くSF映画の未来像とは我々の銀河系では過去の物語だった。そんな状況にも拘わらず、現代人の多くが科学を信奉し、地球科学は確実に進歩していると勘違いしている。どうやら今の地球人に必要なのは「ルネッサンス」の様だ。過去の宇宙人達が作り上げた世界に一度戻って(回顧して)、最初の一から科学とこの社会を立て直そう。ブヒン!!

 

〈無知の知を悟れ〉
 目に見える物質世界と目に見えないアストラル世界の存在比は、物質世界であるこの大宇宙においても、その比率は30%対70%です。アストラル眼で地上を見渡せば、細胞一個とて、あるいは虫一匹とて、その姿は基本的に「ヒール」の塊であり、特に高等動物のヒール体は磁気球であるオーラ球に包まれ、さらにそのオーラ球の外側は正八面体の力学テトラ体に囲われています。力学的な目で見れば、人間の形状は6点の角を持つテトラ形状を呈しており、また、磁気的な目で見れば、人間の形状は2m大の球体を呈しており、そこに432本のヌサネ=タボ線と、1本のズザネ管が入力されている姿を見ることができます。ズザネ管はヒール体を貫通して肉体の内部まで通じており、それは脊柱管を通って大脳の中心核まで及んでいます。また、人体の内部を覗き込めば、そこには48室のヒール腔(くう)が存在し、その中にはズザネ管口(チャクラ孔)から供給される生命バイオンが満たされています。人体アストラルの総論を言えば、ヒール骨格の内部に外から供給されるバイオンが注入されている状況であり、また、生命の営みに必要な生体電流も、ズザネ管を介して外側(霊界の生命位相)から供給されているのが現状です。

 地球医学では全く聞き覚えのない「ヒール」や「バイオン」や「位相電流」といった宇宙生命論の医学用語ですが、ヒールとは本来「遺伝子」のことであり、肉体そのものの生命当体のことです。ヒールが電磁場のバイオンを操作して全ての代謝反応(化学反応)に関わり、肉体の生命活動が行われていますが、肉体の外側を覆い包む全体ヒール(皮膚ヒール)の他にも、臓器ヒール、血管ヒール、骨ヒール、子宮ヒール、生殖器ヒールなどと分派しており、それぞれ独立した機能を有しています。宇宙の如何なる医学もこうした「ヒール」や「バイオン」や「位相」を無視して成り立つことは無く、まずは「生命とは何ぞや」から入って、地球霊界や地球ヒールの勉強を積み、天体と地上の生物体との関連性をよく理解してから具体的な医学の勉強に入らなければなりません。今の地球医学は目に見える肉体の諸器官や血液や神経や筋肉や骨組織のみを対象としており、そこから病気の原因を追求しているのが現状です。我々から言わせて貰えば、幼稚園児レベルの地球の医者に命を託したくはないので、宇宙医療団を作って自分達の体は宇宙の医師に診てもらっている状況です。

 肝臓という一つの器官が肝臓ヒールに包まれた独立した器官であって、アストラル眼で肝臓内部を覗き込めば、その内部は四つのヒール腔に分かれています。また、四つのヒール腔に沿って肝臓電磁場も四つの領域に区切られており、その領域を間切る臓器コリン・ループ電線が4本走っています。肝臓ヒールからは無数のヒール・ズザネ管が伸びて、それらは全ての肝細胞と接続しており、肝細胞は肝臓ヒールの命令に従って各自の役割をこなしています。もし、肝細胞に欠員が生じても、ES血小板細胞(万能細胞=あらゆる組織細胞に変化できる細胞の赤ちゃん)をそのスペースに当てがってヒール・ズザネ管を接続してやれば、わずか二週間余りで移植した血小板細胞は一人前の肝細胞へと分化していきます。べつに肝臓ばかりではなく、この理屈は肺でも腎臓でも膵臓でも一緒であって、細胞の組織分化とはその組織のヒール・ズザネ管とES血小板細胞を接続することによって起こることなのです。こうした人体の理屈が分かっておれば、スタップ細胞やiPS細胞の様な、ビトロ(外)で培養した人口細胞(バイ菌)を人体に移植し直して、逆に組織を腐らせてしまう様な大失態を繰り返さなくてもよい訳です。我々から言わせて貰えば、乱暴なことに危険を冒して他人の肝臓や腎臓を移植しなくても、いくらでも自身の細胞で組織再生を促してやることができる訳です。

 べつに医学だけの話ではありませんが、地球人に知って欲しいことは「無知の知を悟れ」ということです。つまり「我々は何も知らないんだ」ということに気がつきなさいという話でしょうか。その昔、ヨーロッパでは怪しい宗教が蔓延って、正常な科学の発展が大きく遅れてしまいました。そこで、ルネッサンスの改革復興が起こって、古代ギリシャ時代に一度戻って軌道修正したことは承知の通りです。しかし、その後は地球人に対するオリオンの科学洗脳が始まり、地球科学はまたもや大きく軌道を逸脱させてしまいます。今になって「何かおかしい」と気づいても、一体どこが間違っているのかもよく分からないというカオス状態を呈しているのが現状です。真実のみを追求するはずの科学が当てにならないから、その分、スピリチュアルな霊能人間が増えたことになりますが、我々としては「地球人を育ててくれた宇宙人達」の科学を参照にしてもらいたく、その科学復興を最低限目指してもらいたいと考えています。まずは「発電機」と「浮上装置」の開発でしょうか。非科学的な魔界系のスピリチュアル思考は有害そのもの、スピリチュアルにも科学的な理論背景が必要な時代だと言えましょうか。

 

時事情報(5/15)

〈バエルヤ基地の情報〉
 竜座の矮小楕円銀河(DDO−208)と言えば、SF漫画の宇宙戦艦ヤマトが活躍した舞台ですが、もしかしたらSFの著者はオリオンの神々から何らかの啓示を受けていたのかもしれませんね。我々が宇宙戦艦ヤマトのことを知ったのはつい最近の話、一昔前の人気漫画に「ヘー、そうなんだ」と、少し驚きました。地球から約50万光年も離れたDDO−208星雲、ここに移住した民族がオリオン帝国の総帥民族である「ベテルギウス星人」、母星の運動寿命が残り少ない理由から、オリオン座から竜座の星雲まで引っ越しを余儀なくされました。無論、この引っ越し作業はベテルギウス民族が既に霊魂体宇宙人に変貌してからの話であり、生身の体を有した人間期間の話ではありません。承知の様に、銀河341部族は今から2万年前に全部族が全滅しており、その後、我々の天の川銀河系は霊魂体宇宙人の世界へと切り替わりました(地球も含めて約40箇所の原始部族だけが人間のまま残留)。オリオン座の恒星ベテルギウスから銀河の外に向かって伸びる「オリオン街道」とは、DDO−208星雲までの約50万光年に及ぶ星間距離を走破する宇宙船団の大動脈であり、当時はアストラル円盤で約4日間の片道行程だった様です。ちなみに、赤色巨星であった恒星ベテルギウスは今から約200年前に超新星爆発を起こして消滅していますが、その閃光が地球に届くのは今からちょうど200年後の話、光速度とは鈍亀の如く「のろま」な速度だと言えましょうか。

 宇宙戦艦ヤマトでは「放射能除去装置」をDDO−208星雲へ取りに行くという美談話でしたが、実際はオリオンの計略によって地球環境は「放射性ラジカル」によって汚染されてしまった訳であり、地球終焉に際し、人類全滅を避けるために一部の民族をDDO−208星雲へ移住させるという筋書きが真実のストーリーとなりそうです。DDO−208星雲には恒星ニエカオーの第三惑星(ルエイ: 新ベテルギウス本星のこと)を中心に、周辺の星々にベテルギウスの関連基地が創設されており、一番重要な星がグレイ本部が置かれている恒星リエル(ナヨムブズデ)の第三惑星(ブメデジ: グレイ本星のこと)、また、その食料基地である恒星ライネの第三惑星(バエルヤ)、そして、グレイの核施設が建設されている恒星ニエルの第二惑星(ビエク)、また、グレイの温泉施設がある恒星イゲエの第三惑星(ガイヌエ: 巨大猿の星)など、グレイ関連の物質基地が存在しており、また、アストラル基地に関しては本部基地の他に11箇所の太陽系に軍事基地が建設されています。DDO−208星雲はベテルギウス民族固有の領地であり、ここは銀河の中心部に存在するオリオン帝国とは一線を引いた領域であって、帝国のオーナー民族が住む星雲と言えます。ちなみにオリオン帝国とは銀河341部族の1/3を支配下に置いた連合軍形式の国家であり、オリオン帝国の他にも複数の連合軍が存在していました。

 ベテルギウス民族は肉体を持たない霊魂体宇宙人なのに「なぜ、物質基地を備えているのか?」と言えば、アストラルの住民がわざわざ物質基地や物質円盤を作った理由は、一つは人間世界に対する工作が一番の理由であり(人間植民地の惑星の月裏には必ずグレイがいる)、もう一つは、アストラル世界同士の戦争においては逆に物質戦闘機で戦った方が有利だったからです。グレイの物質円盤には元々人間ヒューマノイドが乗務員として使われてきましたが、宇宙船の強烈なズイマ電荷には5年間ぐらいしか肉体が耐えられない理由から、今から900年前頃から「猿」の肉体を使用する様になってきました。猿の肉体であればもったいなくはなく、肉体改造も思い切ってできるし、また、肉体のスペアも大量に用意できるからです。グレイとは猿の肉体に憑依した霊魂体宇宙人のことであり、ベテルギウスは主にオリオン帝国の奴隷民族に対して、40年間交代制でグレイ当番を行わせていました。最近では「デピドゼ・グレイ」、「ダダジ・グレイ」、「セジス・グレイ」という順番でした。我々にとって幸運だったことは、ベテルギウスが物質円盤を作ってくれていたことです。そして、各所に物質基地を建設してくれたことでしょうか。それによって人間を他星へ移住させることが可能になったからです。オリオンのお陰で地球は5億年も早く天体寿命を迎えることになりましたが、一方、逆にオリオンのお陰で脱出が可能となり、捨てる神あれば拾う神ありの様です。

 2019年の正月から我々は実験的な試みを行って、グレイ円盤の操縦を可能にしましたが、computer操作の問題や、50万光年を走破するという乗船時間の問題や、船内食料の問題や、ズイマ電荷の電磁場問題や、D−tube加速器の放射線問題や、アンモニア・ガスの問題や、ペット搬送の問題や、船内位相や仮位相の問題や、地球軍との衝突問題などの諸問題に大変な苦戦を強いられてきました。あれから丸2年の歳月を要しましたが、今はズイマ・エンジンや加速器を稼働させない状態で、「裏空間搬送」という手段を用いて、人間を短時間のうちに目的地へ運び入れるという、創造主科学を駆使した特別な搬送方法を取ることとなりました。これによって、円盤に乗船してからわずか10秒間程度で目的地へ運ぶことが可能となり、船内位相や仮位相の脱着時間を考慮しても、一台につき約30分間で移住が完了するという、ベテルギウスもビックリ仰天の高度な技術開発に成功しております。現在は移住先の惑星の基地整備を行っており、工場や船舶や重機などの自動化を推し進めています。とりあえず、予定された人数(350万人)を全員「バエルヤ基地」へ移住させるという目的で動いております。また、霊魂体脱出の準備も進めており、こちらの方は120万人限定ですが、目下は既に20名弱の日本人がベテルギウス本星で暮らしております。

 昨年中に全てのグレイ円盤の整備を終えており、今は300機の貨物機を日本国の上空(裏空間)に待機させている状況ですが、これは今年の正月にデモンストレーション飛行を行うつもりで配備したものであって、コロナ騒動の最中であることや、また、地球寿命の多少の延長に成功した理由から、デモ飛行に関しては後日改めて機会を見計らってから行う予定でいます。我々としては、正直言って他国が早く滅んで欲しいのですが、自然界が相手ではなかなか思う様には運ばないものであり、成り行きの経過を見守っている状況です。少々くどいとは思いますが、これまでも何度も申し上げてきた様に、我々は日本人を救おうとは思っていません。用事があるのは120万人の銀河系同会者と、まだ100万人程の「枠」が残っていますが(250万人は選定済み)、これから選定する脱出組メンバーです。残りの日本人に関しては、地球が終わり次第、鳳凰座の惑星「卑弥呼」へ転生させる所存です。「地球は永久に滅びない」と信じている方はその信念を曲げずに信じ続けることです。また、「何処の星でも良い、私はまだ生きたい」と願う者は宇宙の勉強をして脱出の機会を勝ち取りましょう。我々としても、これがやってあげられる限界であり、今は精一杯の状況なのです。皆様は「死ねばそれまでよ」かもしれませんが、我々は死後の霊界整理をしなければならず、それが大変なんですね。

 ダダジ・グレイの食料基地であった「惑星バエルヤ」に関する現地情報ですが、地球移住民の受け入れ体制について経過を報告させてもらいます。尚、バエルヤの惑星環境の資料に関しては、2019年1月度の BLOG記事(動物搬送実験の失敗)の中の「恒星ライネの第三惑星」の章を参照して頂ければと思います。バエルヤの三箇所の基地(ネユ、ネア、ネオ)に350万人を振り分けることになりますが、家屋数(11.5万人の収容人数)の30倍もの移住民数なので、多くの者が町の郊外で野営することになります。当然、脱出の際にはキャンプ用のテント設備や、プレハブやドームハウスの様な簡易住宅設備を地球から大量に運ぶ必要があります。いずれは空港の外に新たな町を建設する必要があると思いますが、我々としては発電機は用意できるものの、飲み水や食料やトイレを用意してあげることができないのが残念です。バエルヤにある予備の携帯発電機(π−tube発電機)は200個前後と少なく、それで、白鳥座のテリ基地に発電機の生産工場があることから(約7000台の在庫)、そこからネユ基地に1000台、ネア基地に1000台、ネオ基地に500台を運び入れる予定です。また、当座の食料問題ですが、長い期間食料パック工場が稼働しておらず、穀物畑も家畜牧場も水産加工場も荒れ放題の状況です。移住民が三つの食料工場を再稼働させるためには最低2年間はかかる見通しです。

 地球から持参したわずかな食料で350万人が飢えずに生活することは厳しく、やはり当座の採集生活は余儀なくされると考えております。移住民は海産物の採集や、果実の採集や、動物のハンティングなどで生活を支えなくてはなりません。地球の物質銃とは異なりますが、銃弾を出さない力線銃は大量にあるので、ハンティングや射撃が得意な方は「猟」に出てもらわなければなりませんし、また、釣りや海岸採集が得意な方や、山菜物の収穫が得意な方には活躍してもらわなければなりません。町や円盤の中には10年前の食料パックがまだ残っていますが、食べられない訳ではありませんが、味の保証はできませんね。政府の許可があれば、事前に穀物類を大量に運搬することが可能なのですが、なんせ奇想天外な話ゆえに、協力してくれるかどうかは定かではありません。我々としても、ただで食料の供給をしてもらう訳にもいかないことから、その代価として純金(750t)、シリコン(750t)、イリジウム(750t)を積載した大型貨物機を羽田空港内に停泊させており、ゴーサインが出れば、いつでも亜空間から表空間に出現させる準備ができております。それは宇宙からの贈り物ではなく、移住者に必要な生活物品を購入するための代価なのです。そもそも脱出者の250万人は政府機関の関係者であり、自衛隊員や海上保安員や国家警察員などの若い家族が選定されていることから、政府が協力しないという訳にもいかないと思います。

 移住民に対して我々がしてあげられることは、円盤操縦の自動化、重機や電気自動車などの自動化、工場機械や水産船舶などの自動化であり、操縦者の声や思念に反応して動く様に改良していることです。軍団のオークcomputerが地上の機械に対して一切の操縦コントロールを引き受けております。また、脱出と同時にハオリ医療団やハオリ技術団も地球からバエルヤへ引っ越しすることになり、地球には軍団関係の機械神だけが残って霊界を畳む作業が行われます。天の川銀河系におけるグレイの物質基地は、DDO−208星雲のブメデジやバエルヤの他にも、エリダヌス座の恒星バウイの第三惑星(ブオ基地)や、カシオペア座の恒星ヤウルの第三惑星(キエ基地)、そして白鳥座の恒星ヤエイの第二惑星(テリ基地)などが存在しており、それぞれの星にも物質の生活用品が揃っており、必要であれば超大型貨物機で運搬しようと考えております。テリ基地には建物工場が存在し、事務所練の骨格だけですが、工場内に4個の大型建物が完成していることから、運搬作業は大変ですが、移住者の集会場として使えるなーと考えております。また、バエルヤにはGPS機能を搭載した携帯通信器が大量にあるために、地球の様な便利な携帯ではありませんが、惑星内においては個々の人間同士の最低必要限度の連絡は互いに取り合うことが可能です。

 これは移住者が落ち着いて、生活基盤ができあがってからの話ですが、表空間の銀河航路とは別に裏空間搬送航路を整備しており、未来の地球人が銀河系内の星々を宇宙船で自由に探索できる様に基礎的な準備を講じております。まずは天の川銀河系内をよく観察して頂いて、それから他銀河系や他銀河団へと足を延ばしていくことでしょうか。地球の運動寿命が後何年保つのか、それは我々にも分かりません。今は地球寿命の心配よりも、コロナ禍によって人類が後何年生存でき得るのか、こちらの方が大問題でしょうか。我々は死に行く惑星から大宇宙の聖地民族(エリート)を脱出させて、龍神島民族の「種」を宇宙に残す作業を行なっております。磨けば光る特別な民族だからです。日本国の人々にはそうした神界の期待にしっかり答えて頂きたいと願っております。円盤のデモ飛行がいつ行われるのか、それは未定ですが、宇宙船団が出現したということは地球がいよいよ危険な状況に陥ったという意味であり、読者の皆様は覚悟して対処して欲しいと思います。

 

〈円盤を何処に降ろす〉
 本格的な脱出作業がいつ頃から始まるのか、具体的な報告がまだできない状況にあります。世界規模の大災害が勃発したり、あるいは世界人類の大半が死に絶えたり、誰の目から見ても「地球はもう駄目だ」と観念しない限り、仮に乗船する権利を有する選定者であっても、家族を引き連れて救出円盤に乗り込もうとは思わないと予想されます。本人の心の中で地球を捨てる勇気と覚悟ができないと、多分、脱出などできない相談なのだろうと察しております。しかし、乗る乗らないは別問題として、我々としては救出船の準備を行わなければならず、円盤を降ろす場所を事前に定めておく必要があります。グレイ円盤の種類は下図に示した通りの三種類(大型貨物機、中型戦闘機、小型戦闘機)です。この中で脱出作業に関わる種類は荷物用の「大型貨物機」と、人間が乗船する「中型戦闘機」の二種類です。着の身着のままの裸一貫で乗船するならば、学校の校庭にも降りられる中型機で十分なのですが、何の荷物(着替え一つ)も用意せずに円盤に乗り込む方は多分「希」、多くの者は所帯道具を車に満載してやってくると考えられます。大型貨物機が降りられて、自動車ごと積載できる場所と言えば、基本的には「空港」以外にありえなく、我々もそこしか無いと考えております。

 以前のシミュレーションでは円盤が空から舞い降りてくるという想定をしていましたが、今回は裏空間搬送法を開発できたことから、今は円盤を事前に空港に降ろした状態で待機させておくことが可能であり、飛行機を空港の端に寄せてくれれば、突然円盤が姿を表すという芸当ができる様になりました。円盤が裏空間にいる限り、飛行機の往来に全く支障は出ませんが、それが一旦表空間に姿を表すやいなや飛行機と円盤が衝突する嵌めになります。円盤の動力電源は入っているものの、自力走行をさせずに、軍団側が持ち上げて搬送するというスタイルに切り替わっており、当然、操縦席は空っぽの状態です。無論、円盤の中には軍団のオークcomputer(アストラル物質)が搭載されており、船内の全権を掌握しています。オークcomputerは意識computerなので、人間と通信会話(YN交信)ができます。もう一度繰り返しますが、円盤は空港内に突然出現してきて、荷物を積み終えたり人間を乗船させると、忽然とその姿を消します。姿が消えるということは裏空間に入ったという意味であり、出発したという意味になります。

 大型貨物機の搬送口の真下に、平たい反重力パレットが敷かれており、その上に自動車を停めてもらうと、自動的にパレットが上昇して船内に収納してくれます。一方、人間やペットは大型機には乗れないので(船内位相が無いために即死)、人間輸送用の中型機の方に乗り換えます。尚、反重力パレットの大きさは25m×25mのサイズ、高さ(厚さ)は5cm程度であり、荷重制限はありません。また、中型機への乗船は昇降階段を歩いて乗り込みます。自動車に関しては自家用車だけとは限らず、トレーラーでも大型貨物トラックでも何でも構いません。とにかくバエルヤは物品不足、食事道具も何も無いので、お皿やコップや鍋やお箸やフォークなどが必要です。地球では粗雑な扱いを受けているポリ袋やプラスチック製品やガラス瓶や合成繊維などが貴重なものとなるでしょう。バエルヤに一体何を持っていくか、それは個人個人が真剣に考えるべきことでしょうか。円盤への乗船誘導は我々の仲間のスタッフが案内する予定ですが(スタッフは円盤や軍団と会話ができる)、我々の方もまだ準備態勢が整っていないのが現状、そうした訓練をそろそろ始めなければならないと考えている次第です。

 

 

 地球寿命に若干の余裕ができたことから、政府が我々を信用するしないは別問題として、我々は改めて日本国政府と話し合いたいと考えており、また、物品の代価も価値が通用する今のうちに納めておこうと思っています。円盤の姿を一目見れば、政府も信用せざるを得ない筈だと踏んでいますが、我々としては一度バエルヤに調査団を派遣してもらうことを望んでおります。経済の立て直しも大切なことですが、地球の末路を考えれば国民の一部を他星へ移住させておくべきことは必要べからざる担保、最終的には動いてくれるのではないかと期待しております。問題はアメリカ合衆国であり、白人種をさておいて、アジア人が円盤で他星へ移住して生き延びる計画などプライドを傷つける行為、連中が許す筈もありませんね。羽田空港に円盤が出現した次の瞬間にはアメリカ本土に情報が伝達されて、我々全員の身柄が自衛隊に拘束される嵌めに陥ると思われます。どう考えてもこれは危険な行為、やはり他国の全滅を待つしか方法が無いのかもしれません。日本国とは元々「独立国家」には非ず、戦後の今もアメリカ(オリオン政権)の属国に他ならなく、自国で判断や決定ができない体質なのです。

 我々としては日本国が頼りにならない場合も想定しており、Aパターン、Bパターン、Cパターンという具合に色々な作戦を練っていますが、モーゼの「出エジプト記」ではありませんが、エクソダスの難しさを改めて思い知らされています。コロナ禍であっても国々が元気な間は「脱出は無理」だと、目下のところはそう判断している次第です。しかし、国家を経由しないならば、短期間でバエルヤに定員分の人数(11.5万人)ぐらいなら運べるのではないかとも考えており、今は国際情勢を見定めながら思案している最中です。手荒な真似をするつもりは毛頭ありませんが、もし、他国が日本国に対して軍事介入してきた場合は、相手が大国であろうと、我々も強行姿勢で対処するつもりでおります。創造主世界といっても、我々が軍団である事実を忘れてはいけません。戦艦であろうと戦車であろうとグレイ円盤であろうと、宇宙人もひっくるめて人類の物質武器なんぞ一瞬で液化できるのですから。

 

時事情報(5/1)

〈オリオンの罠〉
 今回も学問的な話で恐縮ですが、コロナ情報も大して無い理由から、20世紀に出現した過去の科学者達の理論検証を行いたいと思います。過去の科学者達にはニュートンやアインシュタインの様なオリオン・スイーパーもいれば、そうでない方もいますが、主に間違った理論を提唱した人物の仮説に関して、宇宙生命論の立場から見解を述べたいと思います。尚、過去のオリオン・スイーパーに関しては「(※)」のマークを付けており、彼らは宇宙人ヒューマノイドであって、地球人ではありません。彼らは地球の学問を間違った方向に導くのが役割、真理とは真逆の似非理論を提唱してきましたが、ノーベル賞財団そのものが元々オリオンの巣窟であった理由から、過去においては「真っ赤な嘘」なのに受賞して正当化されてきた事実は否めません。10年前からオリオン・ヒューマノイド達は事実上この地球から姿を消しましたが、その抜け殻である地球人が残存しており、未だに嘘を主張するので、我々としても大変困っております。ちなみに、地球に潜入したオリオン・ヒューマノイドは約10万人(40年交代制)、日本国にも約1200名のオリオン・スイーパー(政治家や科学者や医学者や経済家など)が実在しており、生きている方に関しては実名こそ控えさせてもらいますが(過去の話だから)、もう活動はやめて頂きたいと思います。オリオン帝国もグレイ組織も既に滅んでおり、今は活動自体が無意味になっています。

 ちなみに、宇宙人とはいわゆる「霊魂体宇宙人」のことであり、アストラル円盤に乗って惑星に飛来し、人間界に関与してくる「魂体(オーラ球)を有した「神々」のことで、昔からいる創造主系の「神々ヒューマノイド(公認)」や、2万年前以降はオリオン帝国系の「オリオン・ヒューマノイド(非公認)」などの工作組織がありました。彼らは猿や人間の身体へ「魂体」を侵入させ、大脳コントローラーや意識誘導などを用いて意識を支配し、人間界に対して様々な工作(人間にとっては良い工作とは限らない)を行ってきました。また、月裏のグレイもオリオン・ヒューマノイドの一種であり、猿(グレイ猿)の身体を神々が操作し、物質世界に対する各種の具体的な工作を行わせてきました。霊魂体宇宙人の国家であるオリオン帝国がなぜ地球工作を認められていたのかと言えば、地球は日本国(龍神島=神々の敷地)以外は基本的にオリオンの植民地だったからであり、「日本人以外は好きにしてよろしい」という創造主の許可をもらっていたからです。霊魂体宇宙人の泣きどころは「肉体が無いために増殖できない(人口を増やせない)」ということと、もう一つは自分達が長く生きながらえるためには「若い人間の魂体が必要である」という点です。従って、人間界に工作員を送り込んで、国家間の戦争を煽って大量の戦死者を出させるとか、核爆弾を断層に仕掛けて災害を引き起こすとか、あるいは毒物(ケムトレイル)を散布したり、また、伝染病を流行らせて大量の死者を出させるとか、はたまた惑星コアの燃焼を早めて星の寿命を縮めたり、とにかく連中は地球人を殺そうとしてきました。

 「神様なのになぜ人間を殺すのか?」という素朴な疑問を感じる方も多いと思いますが、相手は肉体を持たない霊魂体宇宙人、人間を奴隷として使用したいのですが、肉体が邪魔なんですね。なぜならば、彼らは肉体が要らない世界のアストラルの住民だからです。優秀な人間は奴隷使用、頭の悪い六道凡夫は召喚(死刑)後に「魂体」だけを採集するという植民地政策なのです。早い話が、優秀でもお馬鹿でもどっちも殺される訳ですが、人口が少ない期間は収穫量も少ないために工作はありませんが、人口を莫大に増やしてから収穫するのが連中の常套手段です。「人間は難しいことは考えなくてもよい、生活をエンジョイし、家庭を大切にしてとにかく子供を増やせ」というのが植民地政策の基本でした。特に、植民地の星の科学を発達させてもらっては困るために、科学や文化の発展を抑え込むのも政策の一つ、地球には18000年前から工作員が送り込まれ、今から900年前にはグレイが配備されて、収穫の下準備が行われてきました。一方、優秀な人間のための「宇宙人学校」も既に設立されていて、天秤座のグリーゼ581星の第三惑星に地球人専用の宇宙教育学校(アストラル建造物)が建てられていました。遥かなる大昔から、カーテンの影に隠れた黒幕組織が暗躍してきた地球、相手は宇宙人であって、「神」である理由から、抵抗しようが無いというのが実情でした。しかし、14年前にオリオン帝国は滅亡し、また10年前にはオリオンの番頭猿(グレイ)も消滅しました。地球は運良く植民地状態を脱することができたのです。

 しかし、オリオンが仕掛けた惑星用の「核反応推進器」が地球の寿命を5億年も縮めてしまったことから、目下は地球終焉が目の前に切迫している状況であり、また、オリオンが仕掛けた「甘い罠(核爆弾や原発のこと)」に嵌ったお馬鹿な人間達が原発の冷却水を垂れ流して自然界をメチャクチャにしてしまいました。陸地や海洋を放射性ラジカルで汚染させてしまったのです。そのツケが現在回ってきている状況です。今はラジカル水が微生物の癌化を促進させて、「新型コロナ・ウイルス」としてパンデミックを起こしているばかりか、これまでは無害だった菌類が癌化して病原体細菌へ変化し、また昆虫ウイルス(インフルエンザ)や植物ウイルスの変異種が次々と誕生しては人間を襲い始めている状況です。多くの人類が癌病や糖尿で死亡しており、そこに癌化細菌や癌化ウイルスやウイロイドまでが人間を襲っている現状です。「原子核や細胞核や天体コア(核)など、核を操作した人類で絶滅しなかった人類は存在しない」という銀河の格言通り、地球人類の未来は閉ざされてしまったと言っても構わないでしょう。「オリオンが仕掛けた一連の似非科学工作」、物理分野も化学分野も医学分野も、地球の基礎学問は似非科学にスッカリ洗脳されており、また、その背景に気づいた人々はいつの間にかに消されてきたのが実情です。日本国の場合は鎖国制度のお陰で唯一洗脳されてこなかったのですが、それも維新の馬鹿供が鎖国を自ら解いて、禁断の西洋文化を受け入れてしまいました。

 我々としては滅亡した旧神々の思惑通りに、龍神島民族だけでも救い出そうと考えているのですが、西洋文明に洗脳された人々を脱出させる事はできません。だから、これまで学んだ似非知識を捨て去って、改めて銀河標準知識を学んで頂いて、宇宙観や生命観や価値観そのものを切り替えて頂こうと考えている次第です。日本国は「国際関係が大切だ」と宣って、西洋国家に右に倣(なら)えの追従姿勢では終わっており、コロナのPCR検査にしても、なぜ足並みを揃えているのでしょう。その機械とは元々具合の悪い方が受ける医療検査ではないのでしょうか。それとも、日本国は病院の様にわざわざ病気を発掘したいのでしょうか。国家も病院も国民も皆洗脳されており、西洋アンポンタン科学に洗脳されたボンクラ民族、それが今の日本人の姿だと言っても構いません。もう、いい加減気がついて欲しいものですね。日本国以外の人類はその全員がオリオンの植民地人類なのです。日本人(聖地民族)として、少しはプライドを持って頂きたいし、また、少しはオリジナリティを出して頂きたいものです。下記は皆様が尊敬している科学者の一覧ですが、その理論は全て間違い、地球人を盲目にしたオリオン・ヒューマノイド達の理論です。

 

〈20世紀の似非理論: 物理編〉
 20世紀以前のオリオン・スイーパーと言えば、数学家の大半がそうであり、フェルマー定理で有名なフェルマー(※ 仏)や、万有引力や光粒子説を唱えたニュートン(※ 英)を皮切りに、剛体運動方程式のオイラー(※ スイス)、万有引力定数のキャベンディッシュ(※ 英)、弾性体理論方程式のナビエ(※ 仏)、熱解析論のフーリエ(※ 仏)、電磁誘導のファラデー(※ 英)、地磁気研究のガウス(※ 独)、ハミルトン原理のハミルトン(※ 英)、電磁場方程式のマクスウェル(※ 英)、液体と気体の状態方程式のファン・デル・ワールス(※ 蘭)、作用量子のプランク(※ 独)などですが、この他にも沢山います。「1=1」という方程式は実際にはありえなく、イコールという符号自体が成り立ちません(この世に全く同じ物は存在しないから)。当然、「1ー1=0」という方程式も成り立たず、そもそもマイナスという概念自体が実在しない架空のものです。これは方程式の罠(数学の罠)と呼ばれるもので、数理で自然現象を解析するということ自体がナンセンスに他ならなく、ニュートンのプリンキピアなど魔薬の如き代物です。ニュートンのお陰で人類が明るくなったのではなく、彼のお陰で暗くなったことを人類は決して忘れてはいけないと思います。ニュートン力学をベースにしている現代物理学は総崩れであり、未来科学に切り替えるためには1600年代に戻って全ての基礎からやり直しです。地球科学の理論では円盤などデングリ返っても開発できませんね。

  ◎ アルベルト・アインシュタイン(※ 独)・・・核爆弾の基礎方程式と目される「質量方程式」で有名だが、有名な理論は「特殊相対性理論」と「光量子仮説」と「一般性相対性理論」である。質量の方程式そのものも成り立たないし、光は粒子ではなく、また、空間は歪んだりはしない。地球の大気圏は宇宙空間と比較すると気密度が高いことから光が屈折して入力する。それは光子が引力に引かれて曲がった訳ではない。物体は光速度を超えられないというのも真っ赤な嘘である。そもそも相対性理論はフランスの数学者の理論、盗作問題が生じているいわくつきの似非理論。本人自身も赤舌を出して、「嘘だビョーン」と言っている様に見える。「E=mc2」の定理(エネルギー =質量×光速度の二乗)、常識で考えてみて、あなたはこれが真実だと思いますか?  東大生の尊敬できる人物として、今でも人気No.1のアインシュタインだが、詐欺師を見抜けないなら東大生も終わっている。

  ◎ ニールス・ボーア(※ デンマーク)・・・お父様のC.ボーアもオリオン、また二人の息子のN.ボーア(兄)とH.ボーア(弟)もオリオン、そしてN.ボーアの息子のO.N.ボーアもオリオンという生粋のヒューマノイド一家、いずれも数学者であり、理論物理学を専攻し、現代量子力学の基礎を築いた。「ボーア半径」や「ボーア磁子」という物理単位で有名だが、水素原子の外殻電子の軌道変移で光エネルギーの準位が定まるという理論はこじつけそのもの、光波は素粒子波の場合は核子振動や電子振動から発生するもので、また、水素原子の様な原子波が光を生み出す理由も、電子軌道の如何とは無関係な原子振動(磁場振動)であり、気の粒の圧縮度の濃淡によって(原子核に近い程気密度が高い)、渦磁場の振動の如き複合波が原子内から放出される。何でもカンでも定式化できないし、また定式化したいがための光量子仮説に過ぎないならば、それに何の価値と意味があろうか。光とは空間媒体(気の粒)の振動波であり、粒子(光子)でもなければ光量子でもなく、「波(空間媒体振動波)」である。

  ◎ アルノルト・ゾンマーフェルト(※ 独)・・・後に量子力学の基礎となる「微細構造定数」や「軌道磁気量子数(軌道角運動量)」や「スピン量子数」を導入し、主に金属内の自由電子の量子論などに業績を上げた。ボーアの量子論も一般化している。水素原子スペクトルの僅かな分裂(微細構造)を説明するために、ボーアの原子模型を楕円軌道を許容できる範囲まで拡張した。現象に合わせるための微細な数理補正であるが、数式に補正用の様々な物理定数を用いて、さも現象と一致しているかの様にデッチ上げるのはいかがなものだろうか。そんないい加減な数理を基盤に「数理から現象を推測する行為」など本末転倒だと言わざるを得ない。そもそも数理は人間が作ったものだが、道理は自然界の法則、道理を無視して数理を基盤に置くのは間違いの始まりである。軌道角運度量とかスピン量子数とか一体何の意味なのか、数理で表現するのに拘り続けているから右巻き運動と左巻き運動の区別すらも付けられていない。

  ◎ ルイ・ド・ブロイ(※ 仏)・・・フランスの公爵家の家柄で、生粋のオリオン家系。ド・ブロイの物質波概念は光の粒子性と光の波動性を結び付けるきっかけとなり、やがてシュレーディンガーの波動方程式の後押しとなる。金属結晶の様な極小の物体に電子線を照射すると回折干渉現象が見られることから、物質である電子線が干渉縞を描くならば、光子が描くのは当然であると思われた。しかし、地球科学が言うところの電子線とは電子の飛翔物では非ず、電子配列が繰り出す「電子の中心磁束流(電流線)」のことであって、全ての間違いの原因がここにある。電子線とは粒子線ではなく「磁束線」に他ならなく、いかなる粒子も波型を描いて飛んで来る訳が無い。クリントン・デイヴィソン(米)も、ジョージ・トムソン(英)も、菊池正士(日)も電子線の干渉縞を発見しているが、彼らはみな一緒の間違いを犯している。今でもTVの電子銃から電子線が放出されていると盲信している地球科学、電子銃が放っているのは電子ではなく電子の中心磁束であって、つまり電流線なのである。真空放電管から出ている陰極線とは電子線ではなく、これも電流線なのである。

  ◎ ヴェルナー・ハイゼンベルク(※ 独)・・・ボーアに師事して行列力学(マトリクス力学)と不確定性原理で量子力学の樹立に貢献する。数式の表し方の違いであるが、行列力学と波動方程式は基本的に一緒のもので、行列表示か関数表示かの違いであって、でもどちらも間違っている。例えば、原子の軌道電子の周回運動とは基本的に天体の公転運動と一緒のもの、平面を描いて公転している。しかし、計測器で実際に電子を追跡してみると、軌道内空間の全ての領域に電子が存在しているかの様に見える(電子雲)。これを無理やり数式化しようと思考するのではなく、「なぜ軌道内の全ての空間に電子が存在するのか」という謎解きに頭を使わなければならない。常識的に判断して、電子が軌道上のそこら中に存在することなどあり得ないからである。ここで考えて頂きたいことは、電子の一点を中心にした角運動によって、二次的に形成される「軌道電磁場」のことである。一個の電子電荷と、一個の電子が形成する軌道磁場(原子磁場)の電荷量は基本的に一緒、小さな電子は公転運動によって、電荷的には10億倍の巨大電子になっているのである。自己のテリトリーを広げること、これが公転運動の意味合いなのである。そうした自然法則を理解した上で数理で便宜的に表現するならばともかく、数理で先に法則を作って、あーでもない、こーでもないと連想するのは愚の骨頂である。

  ◎ エルヴィン・シュレーディンガー(※オーストリア)・・・ニールス・ボーアが提唱した量子論の完成を導き、「現代量子力学」を樹立、ハミルトン−ヤコブ方程式から有名なシュレーディンガー方程式などを導き出した。東洋哲学に傾倒し、独自の精神論を有し、量子力学の限界についても言及した人物であるが、波動関数によって量子の状態を確率的に定めることができるが、それはあくまでも「確率論的な予想」に過ぎず、決定的なものではない。本人は不完全だと感じていたと思われるが、そもそも数理や定式から、つまり机の上からでは粒子の状態は導き出せない。なぜならば、粒子そのものが一個の「生き物」であり、外界の諸条件によってコロコロとその姿を変化させるからである。生命の根幹も渦磁場にあって、また粒子(物質)の根幹も渦磁場に存在しており、生命=物質=宇宙という巨視的な生命観を養わなければ、ミクロからマクロを貫く宇宙法則を理解し得ることは無い。数学者が諸粒子に対して量子という曖昧な概念を導入した理由は、真理を煙に巻く様な手段に他ならなく、結果的に地球科学は何一つとして宇宙の真実を割り出せていない。

  ◎ エンリコ・フェルミ(※ 伊)・・・イタリアの実験物理と理論物理学者。主に統計力学、量子力学、原子核物理学において顕著な業績を残した。マンハッタン計画に参加して、核爆弾の製造や、原子炉建設にも大きく関わっている。物理学系の用語でフェルミ分布、フェルミ準位、フェルミ粒子、フェルミ推定などという用語は頻繁に使用されており、また元素名(フェルミウム)としても名前が残っている世界最高峰の偉大な物理学者の一人。フェルミをコントロールしていたオリオン・ヒューマノイドはオリオン帝国の科学者だった人物で、名前は「グイヌオエ=キウ」、ベテルギウスの核物理の技術者で、地球に原子炉を建設するために本部から直々に派遣されてきたその道の専門家である。承知の様に、宇宙人側から見た原子炉の役割とは冷却水の投棄による「海や河川のラジカル汚染」と、原子炉事故によるRASとRADの地表汚染という放射能汚染の二本立てが目的。それに対して地球人にとっての原子炉のメリットとは、核爆弾材料生産(プルトニウム生産)、工業用の放射性核種(アイソトープ)生産、電力生産という三大メリットである。

  ◎ ポール・ディラック(※ 英)・・・量子力学や量子電磁気学の分野において活躍したイギリスの数学者。数学ではディラックのデルタ関数は超関数理論へと発展することとなる。また、彼の相対論的電子方程式から反粒子の存在が予見され、後にアンダーソンによって陽電子の存在が実験的に確かめられた(1932年)。彼は量子力学においても磁気単極子(モノポール)の存在も予見している。物理学における数理的な美を追い求めたディラックだが、物理学の基本は実験検証が基盤、数理が現象を飛び越えて先行し、一人歩きし出せば、それは芸術であって科学ではなくなる。ディラックには失礼だが、数学(魔性の罠)のドツボに嵌った麻薬患者と言っても構わないだろう。ディラックの反粒子概念から誕生した「対消滅(annihilation)」の概念は「1-1=0」という方程式の魔術に他ならなく、対消滅とは反電荷相殺の意味に過ぎない。それは電荷探知機による計測が不能になっただけの話であって、対電子が実在を失う話ではない。そもそも数理の零概念とは何も無くなるという意味では非ず、それは元々ものの原点(起点)を指す言葉なのである。

  ◎ ジョージ・ガモフ(※旧ロシア)・・・ロシア帝国領オデッサ(現在はウクライナ)生まれのアメリカ人で、理論物理学者。主に放射性原子のアルファ崩壊現象に量子論を応用し、原子核の周りの核力のポテンシャル障壁をアルファ粒子が「トンネル効果」で透過する現象を理論的に説明した。また、定常宇宙論と膨張宇宙論(ビッグバン宇宙)の後者を支持して宇宙背景放射光を予言したことから、1965年の3K背景放射光の発見で一躍ビッグバン理論が優勢となった。宇宙のビッグバン発生に関しては正しいが、トンネル効果に関しては基本的に間違っている。そもそも原子核周辺の引力ポテンシャル障壁(核力)など元々存在していない。原子核には電子の軌道磁界からの求心力は弱く作用しているが(気の粒を中心に送り届けるため)、強い力で圧縮されている訳ではない。その考え方はニュートン力学をベースにしているからである。陽子と中性子の硬い結合力は渦磁場同士の磁極結合で互いに結びついており、それは核力という全体的に締める力の意味ではない。そもそも放射性元素の核内は高密度の気の粒が存在しており、天体のコアと同様に、核爆発を恐れて定期的にガス抜きが行われているのが通例。大きな元素の核内は基本的にヘリウム原子核単位で構成されており、ガス抜きの際にアルファ粒子を放出して安定元素へと遷移させているのが自然界の仕組みである。物理学でよく語られる、原子核の「強い相互作用」とか「弱い相互作用」とは一体何の意味なのか我々には理解し難く、具体的なことが何も分からないから結局アバウトに総括しているとしか考えられない。

  ◎ 湯川秀樹(※ 日)・・・中間子理論を提唱し、それが実際に発見されたことからノーベル賞の対象になったが、陽子と中性子が中間子を媒介し合って結合しているという根拠もヘッタクレも無い架空の理論が認めてられているのは一体「なぜ」なのかと考え込んでしまう。今や中間子など200種類も確認されており、そもそも物と物が接合するのにボールを投げ合って互いに結合しているという、まるで常識を逸脱した様な理論がまかり通っていることに憤りを感じざるを得ない。核子とは単なるボール状の物体ではなく、それは渦磁場を囲う渦巻体であって、アクトロンもイントロンも、あるいはプロトンもニュートロンも、はたまた陰電荷陽子も陽電荷陰子も、これらは左巻の核子渦と右巻の核子渦に過ぎなく、両者の合体とは「磁極結合」に基づく合体をしている。根も葉も無い「真っ赤な嘘」をついている日本人のオリオン・ヒューマノイド、日本人だから余計に腹が立つのかもしれませんが、ミクロの世界や物体を透過して内部の状態を観察できる力学系の計測器を持たない地球科学、結局分からないから数理で確率的な憶測を行っているのだろうと良い風に解釈していますが、物事の道理にも当てはまらない無茶苦茶な理論をゴリ押しているのに、それに異論すらも唱えない民衆は「どうかしている」と言わざるを得ません。嘘理論や間違い理論を科学という神聖な学問の中に取り入れることはできない相談なのです。

 

時事情報(7/17)

〈呼吸ブースに関して〉
 医療団が人間に設置する「呼吸ブース」とは、直径が3m程の銀色のアストラル物質であり、人間の眼には見えませんが、オーラ球を上から包み込む、球体を呈する医療器具の一つです。本来は「呼吸の補助器」として使用されるものですが、それを改良して作られており、全部で四つの機能を有した機械です。直径3mのブースの中に約15兆個のミニcom(computer チップ)が入っており、それらが仕事をしてくれる訳ですが、その仕事の内容とは「呼吸補助機能(酸素運搬)」、「予防シルエ被膜機能」、「自動ウイルス除去機能」、「自動ウイロイド除去機能」という四種類の仕事です。呼吸ブースは基本的に機械装置なので、医療行為をしてくれる訳ではありませんが、血液や肺を介さず皮膚から内部組織へ直接酸素を運んで炭酸ガスを排出してくれます。成人では肺の呼吸量の約2割程度のガス交換をしてくれます(呼吸が少し楽になる程度)。
 
 pm2.5粒子の約1/1000サイズというウイロイド・ガスを除去するのが「呼吸ブース」を設置する最大の目的ですが、ウイルスに関しても種類を問わず、人体内に既に寄生しているヘルペス・ウイルスや、あるいは外から侵入してきたインフルエンザ・ウイルスや、その他の伝染病ウイルスなどを体外へと自動的に排出してくれます。残念ながら、ウイルス以上の大きさの菌類やリケッチアや回虫などは除去出来ず、また毒素等も取り除く事は出来ませんが、その代わりに呼吸ブースには「予防シルエ」が張られており、大概の菌類や菌毒に対する予防データが入力されています。早い話が、この呼吸ブースを装着していると、コロナ(H4、H2、H1V)にもインフルエンザにも罹(かか)らないし、また肝炎ウイルスやノロウイルスやSFTS(マダニ)ウイルスなども全部除去してくれるという話ですが、しかし食中毒などは防御出来ないという意味です。
 
 食中毒と言えば、サルモネラ菌、ヘリコバクター、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌、腸管出血性大腸菌、ウェルシュ菌、ボツリヌス菌などが有名ですが、この中で唯一対応出来るのが腸炎ビブリオのみです。ビブリオ菌は外毒素を持たない発信器だけの病原体であり、発信器を破壊するデータが組み込まれています。そもそも菌類は種類が多く(例えばサルモネラ菌は2000種類)、毒に多様性がある為に対応出来ていません。ちなみに黄色ブドウ球菌は普通14種類なのですが、それぞれ毒素成分が微妙に異なる為に、8種類の毒中和データしか入っていないという状況です。予防シルエの効能にも限界があるという話です。この他、回虫やアニサキスやジストマなども除去出来ませんし、またマダニやセアカゴケグモやヒアリなどの昆虫毒も除去出来ません。ただ、レジオネラ菌やアルテロモナス菌やプロテオバクテリアなどの防御データは入力されています。
 
 この様に分析してみると、呼吸ブースで完全防御出来るとは思えませんが、取り敢えず、癌化種もノーマル種も含めて全てのウイルス種を体外へ運び出し、また、危険なウイロイド・ガスや、サリンやVXガスなどの人工毒ガスも中和してくれる優れた効能は病院以上であると思っています。ただ、勘違いして頂きたくない事は、既にコロナ・ウイルスに感染している方は咽や鼻の粘膜細胞にウイルス核酸が打ち込まれており、日本国の場合はウイルス個体が形成されず、そのままウイルス核酸だけが細胞内部に残されている形となります。その咽粘膜を剥がしてPCR検査している訳ですが、ウイルス核酸を検知したというだけで陽性反応が出てしまいます。無論、体内に一匹のコロナウイルスもいないのに患者扱いされてしまう訳です。医者は咽にウイルスがいるならば肺にもいる筈だと思ってしまうのでしょう。国土シルエ(予防シルエ)がウイルスの増殖を止めて、呼吸ブースがウイルスを身体外へ放出してくれるという、そういったコラボ演出をしています。
 
 別に呼吸ブースを装着しなくても、国土シルエには日本人の命を守る十分なデータが組み込まれているのですが、問題は浅瀬の砂場から湧いて出てくる海ミミズ(ゴカイ)のウイロイド・ガスであり、こればかりはどうにもならず、簡単に家の中に至って、換気扇やエアコンや玄関や窓などの隙間から侵入されてしまいます。国土シルエにはウイロイド・ポンプが付いていますが、人々が舞い上がるガスを吸い込んでしまうのは必定であって、それこそ毎日ガス・マスクを装着して生活しなければなりません。濃いガスを思いっ切り吸ってしまえば、その翌日には肺が真っ白に変じてしまいます。なぜ、アメリカとブラジルとヨーロッパの死亡者が極端に多いのか、それはウイロイド・ガスが上陸したからに他ならなく、コロナだけならどの国も桁違いの死亡者は出ていない筈です。呼吸ブースは体全体を包み込むマスクであって、今後の世界情勢を鑑みれば、生き抜く為の「必需品(必須アイテム)」と言えるものでしょうか。
 
 今現在、日本国の重症患者は三十数名です。いずれも運悪くウイロイド・ガスを吸引してしまった方達ですが、コロナの陽性反応が出たからコロナ患者にはなってはいるものの、実際の病名は「ウイロイド肺炎(肺血栓塞栓症)」であり、赤血球の溶血死によって、肺の血管内部に強固な血栓が生じる症状です。当然、どなたも呼吸器で生かされている重篤な状態ですが、中には院内酸素吸入器(水泡器)によく発生するレジオネラ細菌(癌化した耐性菌)による肺炎で苦しんでいる方も居ます。他国とは異なり、実際のコロナ患者が一人も居ないのに、なぜ感染数だけで判断しているのか(大半の方は無症状)、正直言って我々には意味がさっぱり分からないのです。軽挙妄動とでも言いましょうか、学者も医者もマスコミもお馬鹿のオンパレード、無智文盲極まりなく情けない限りです。コロナで死ぬ人よりも、自殺する人の方が圧倒的に多い事を肝に銘じなければなりませんね。専門家を名乗る諮問機関の馬鹿供を頼りにするのではなく、今は政治家の確固たる判断を優先して欲しいものです。
 
 軍団の呼吸ブース生産は350万台を目標としており、目下は240万台に達しています。地球寿命が後何年保つのか分かりませんが、これから先は病原体だけではなく、様々な自然災害が日本国にも頻発し、多くの方々が犠牲になるだろうと考えられます。もしかしたら「呼吸ブース」など、小手先の安易な手段なのかもしれませんが、宇宙船が日本各地の空港に降りられる様になるまでにはまだまだ時間が掛かりそうな状況です。350万人にブースを設置して「一体何人生き残れるのか」、我々としてはそういう苦肉の選択肢を取らざるを得ないのです。宇宙船(円盤)に関する情報は後述しておりますが、人間を輸送するグレイの物質円盤の中型機とは基本的に戦闘機であって、一台につき約600本の小型核爆弾を搭載しています。そんな理由からも、もし円盤を地上に降ろして、地球軍によるミサイル攻撃を受けた場合は核爆弾の誘爆もあり得る話であって、我々としては尚更慎重にならざるを得ない状況です。救出用の円盤は全て無人機、軍団が遠隔操作で動かしているに過ぎません。
 
 ところで、コップの中の氷塊が溶けてもコップの水量に大きな変化は見られません、一体「なぜでしょうか」。これは小学生の問題ですが、温暖化で南極や北極の氷が溶けると、陸地が侵食されて海に飲み込まれてしまうという幼稚園児みたいな科学者も西洋にはいます。氷が溶けると多少の水位は上昇しますが、その他は「水蒸気」として空に上がる為に、水位には大きな変化が見られない事実は皆様も百も承知かと思われます。現在、地球の大気圏は超大な水蒸気を抱えており、一度雨が降り出すと止まらないという傾向にあって、爆発的な豪雨災害が世界中で発生しています。大気圏が南極と北極で溶けた水分量を抱えているからです。湿った風が山に当たって上空に跳ね上げられただけでも膨大な拡散渦(雲)が発生し、空から水が滝の様に落ちてきます。今はこの程度ですが、これから一年毎に激しさを増していくと考えられ、水害の跡地に再び家を建設する様なお馬鹿な真似は止めましょう。また来年も必ず洪水が発生するからです。
 
 地球の陽化現象(温暖化)には歯止めが掛からず、地球コアも太陽コアも一方的に核反応を増大させて、土中からも、また空からも膨大な光量が地表に対して放出されています。太陽は既に巨星化へ向かって歩みだしており、目に有害な放射線を大量に降らしている状況、特に夏場の太陽は一瞥する事すら許されない危険な状態にあります。幸い、今年の太陽は今のところはコアの内圧(気密度)の減退期にあるのか、黒点運動も少々下降気味ですが、その代わりに地球の内圧が高じており、世界の各地で火山運動(マントル運動)が活発な状況です。我々は多くの惑星の一生を見てきました。もし、地球人が「核」を扱っていなかったとしても、地球の運動寿命の長さに変わりは無く、陽化現象は普通に発生していた筈です。ただ、少なくとも癌化ウイルスに席巻されて、人類が途上で根絶やしになる様な心配は無く、突然の「重力崩壊」で地殻岩盤が割れ、海洋も陸地もマントルの海の中に引き摺り込まれていくという全滅の行程を辿るのが一般的な終わり方です。
 
 銀河史に残る記録から地球の終わり方を推察すれば、核を扱った水の惑星の生物は、最終兵器である「H1ウイルス」の登場と「ゴカイ・ウイロイド」の登場を持って終わる見込みであり、地球人類の全滅のカウント・ダウンは多分来年一杯で終了となるだろうと、我々はそう想定しております。もし世界の中で日本国だけが生き残ったとしても、多くの犠牲者が出る事は確か、それに何時決定的(物理的)な惑星の終焉がやってくるのか、それが今年なのか来年なのか、それとも再来年なのか、我々としても全く予測が付かない状況です。運が良ければ、物理的な崩壊の前に生き残った日本人を円盤に乗船させて移住させる事が可能だと考えていますが、そんな風に都合良く運ばないのが「世の常」、大勢の日本人が生き残っても不幸、また一握りの人々しか生き残らないのも不幸です。我々としては災害に巻き込まれなければ、移住可能な惑星が三つある事から、最低でも呼吸ブースを設置した分の人間達は運び出したいと思っています。
 
 
 
 
〈宇宙船に関する情報〉
 天の川銀河系に於いては、生身の人間が宇宙船に乗って飛び回っていた期間は通算約50万年間にも及びましたが、今から2万年前に起こった人類の大虐殺事件(創造主が銀河人の大半を召喚した)、その事件を契機に我々の銀河系は一挙に「霊魂体宇宙人」の世界へと変貌を遂げていきました(銀河381部族)。当然、それまでの物質円盤が廃棄されて、アストラル円盤が飛び交う時代に突入した事になりますが、召喚されなかった非文明人がいる星は、聖地(地球)の他には27個の植民地星でした。これらの星々は霊魂体宇宙人の魂交換用の植民地(人間牧場)であって、この地球も龍神島民族以外の国々はオリオン帝国の植民地領でした。聖地は創造主の後継者を育てる土壌故に、オリオンも手出しが出来なかった訳ですが、2007年の後継者選定の終了を持ってして龍神島民族もオリオン牧場の一員となりました。ソロジン後継者が無事選定されたので、龍神島民族自体がお払い箱の存在へと成り下がった訳であり、神の国では無くなった事になります。
 
 地球は2009年にはビッグバン再生の波に飲み込まれて消滅する筋書だったのですが、ちょうどその頃にポリープ創造主達の大宇宙侵入があって、再生どころの話では無くなってしまいました。戦闘の結果は人間王国軍は大敗してメシアB球とメシアC球を失ったばかりか、多くの創造主達と神々を失って、王国は粉々に滅び去りました。新ソロジンのガード役に赴任していた私は運よく生き延びましたが、失った領地を挽回して敵を押し込むのに約10年以上の歳月を費やした事になります。さて、銀河系の話に戻りますが、今から2万年以上前の天の川銀河系では銀河381部族による銀河の覇権争いが激化していました。当時の物質円盤は12万年前に創造主がアリニラム文明に与えた力学推進器(ニビエ回転走行: 第四技術)が基本であり、そのベースの上に様々な改良技術を付け加えたエンジンでした。ニビエ走行で最高速(光速度の13000倍)を叩き出したのがベテルギウスの宇宙船でしたが、この速度では13000光年の距離を隔てた星に到達するのに1年間もの時間が掛かるという時代遅れの代物でした。
 
 宇宙船の航行技術が飛躍的に進歩したのは霊魂体宇宙人のアストラル時代(2万年前から今日まで)からであり、特に創造主から第五技術(ズイマ反電荷走行)を伝授されたベテルギウスが科学技術を驚異的に進化させました。彼等のアストラル円盤は光速度の10万倍、50万倍、100万倍という具合に加速度的な猛スピードで性能を高めていきました。皇帝ギューイの時代には多くの部族を掌握し、オリオン連合帝国を結成して銀河の覇権を手中にしました。アストラル宇宙船の時代に突入すると、逆に鍵を握ったのが頑丈な物質円盤でした(アストラル攻撃に強い)。彼等はアストラル生命なのに物質円盤の攻撃機(グレイ円盤)をわざわざ造って、戦闘を有利に導いてきたのでした。オリオンの技術者達は原子核の操作に長けており、ズイマエンジンに核を使った危険な加速器(D-tube)を装着させて、アストラル円盤にしても物質円盤にしても限界速度に近い超速度を叩き出していたのでした。
 
 オリオン帝国の物質円盤は下手なアストラル円盤を凌ぐ速度を出せた事から(光速度の85000倍)、敵方のアストラル円盤がオリオンの物質円盤に撃ち落とされるというアベコベの現象が起こっていました。物質円盤の乗組員は当初、植民地星の人間を使用していましたが、激烈なズイマ電荷とD-tube加速器の放射線で肉体がすぐボロボロになってしまう事から、1200年前頃からは人間の代わりに猿の肉体を使用する様に変化してきました。グレイ猿が地球の月裏に最初に配置されたのが今から900年前の話、人間に成り済ますオリオン・ヒューマノイドに関しては今から18000年前には既に地球に入って工作を始めていました。これは現在の国々が誕生する前の話だから驚きます。ヒューマノイド達は民族間に戦争を誘発させるのが仕事、戦争で若者が一杯死んでくれないと、霊魂体宇宙人の魂交換(若返り)に不足をきたしてしまうからです。そもそも霊魂体宇宙人とは銀河明王界以上の成仏神達の事、横暴な彼等に対して、人間担当の太陽神や地球神は逆らう事が出来ませんでした。
 
 円盤に話を戻しましょう。生身の体を有する人間にとって、一番安全な乗り物は第四技術のニビエ・力学エンジンを使用した乗り物です。仮にこの船が光速度の1万倍の速度で航行したとしても、50万光年先の惑星へ到達する為には50年の歳月を要する事になります。その間の食料や酸素を一体何処から調達したら良いのでしょうか。西洋人の発想では冷凍漬けで寝ていけば良いという事になりますが、小学生の如き間抜けた発想は冗談にも程があります。実際問題として、ニビエ走行では5000光年の星間距離が目一杯の限界となります。グレイの物質円盤(最近は人間管理に使用されてきた)はグレイ本星(43万光年の距離)で造られており、アストラル円盤の高速輸送機(光速度の130万倍速以上)で数週間の時間を掛けて銀河系の中心点付近まで搬送されていた様子です。こうした星間距離と航行速度の絶対関係を打破しなければ銀河空間を飛び回る事は不可能な話です。
 
 残念ながら、ニビエ力学エンジンを搭載した物質円盤は建造されてから既に2万年の時が経過し、ボロボロに変じており、目下、地球人が乗船出来る円盤はオリオンの物質宇宙船しか存在しません。つまりグレイ円盤の戦闘機の事ですが、この円盤に日本人を乗せて約50万光年先の移住地(グレイ基地)まで運ぼうというのが我々の計画でした。大きな障害は距離の問題ばかりではなく、先ず我々軍団が物質円盤を直接操作出来ないという大問題でした。手で触れられない為にエンジンも始動出来ないという状況からスタートしたのでした。無人のグレイ円盤の内部に「オーク力体」を設置して、我々のcomputerを装着させてエンジンを始動させる事には成功しましたが、操縦技術が難しい問題や、グレイが酸素空気ではなくアンモニア空気を使用している問題や、船内位相の取り付けや、何よりズイマ電荷や放射線の防御バリア開発に時間が掛かりました。ズイマ反電荷走行で光速度の1万倍の速度を出すと、人間の血液が固まってしまうという大問題が待ち受けていました。
 
 また、惑星バエルヤには15万人分の仮位相しか設けておらず、その数量を大幅に増やす作業や、あるいは現地のハオリ医療団の医療の実地訓練を地球でやらせてみたり、海洋生物の調査やウイルスや菌類などの生態系の調査を行わせて、地球人が実際に住めるかどうか、あるいは何が食べられて何が食べられないのかを確認したり、そういった現地作業にも大変な時間を費やしました。ある日、マクロ宇宙の敵が侵入してきて、円盤の全機に取り付けたcomputerが破壊されるという妨害工作もあって、生身の人間を宇宙船で運ぶ難しさを痛感せざるを得ませんでした。もし、子供達や小動物を円盤に乗船させても、地球磁場圏を出た瞬間にズザネ管が切れる事になり、頭の割れていない幼い生命は全員が気絶状態に陥ります。航海中にそんな人間の面倒を誰が焼くのかという問題まで生じてきました。人間を円盤には乗せられるものの、スピードは出せないと言うジレンマ、また仮に軍団が手で円盤を運べる様になっても、物質の限界速度(光速度の14万倍)以上は出せなく、どうしても航海に時間が掛かってしまう事実など、何度も何度も挫折しては繰り返しチャレンジしてきました。
 
 苦渋の末に辿り着いたのが円盤の「裏空間搬送」であり、物質摩擦が起こらない超空間で一瞬で運んでしまうという計画でした。これは軍事技術の一部を利用したものですが、十数回も失敗を重ねて、つい最近になってやっと搬送に成功した次第です(力学カプセルを被せて搬送する)。裏空間搬送の最大の危険は「一度死ぬ(気絶状態になる)」という事であり、現地で再生させて蘇えらすという、少し勇気が必要な輸送方法である事が玉に瑕、その代わりに目が覚めたら目的地には数分間で到着しています(景色を眺める事は出来ない)。我々を信用しない限り、あるいは生か死かという岐路に立たされない限り、なかなか乗船する気持ちにはなれないかもしれませんね。地球に居残って死を迎えるのか、それとも未来に希望を抱いて創造主の手に命を委ねるのか、最後の英断が要求されます。「エッ?  再生に自信があるのかですって!!」、肉体は死んでいないので心配は要りません。心や意識の方が蘇生し直されるだけです。ブヒン。
 
 

惑星バエルヤへの移住計画

〈裏空間搬送技術〉
 当初は大規模な移住計画を練っていた我々ですが、マクロ宇宙からの度重なる攻撃を喰らって計画が大きく頓挫し、円盤内部に取り付けたアストラルの操縦computerが悉く破壊され、地球人の「一部の種」を他星へ移住させたいと願う我々の脱出計画は見事に最初の零点へと戻されてしまいました。20万機のグレイ円盤の全機に設置した様々な装置が全て溶解されてしまった状況では残り時間の関係上、再装備は無理であると諦めざるを得ませんでした。それにズイマ航法による生物体の健康被害の問題や、あるいは航海日数の問題や(船内食料が無い: 航海中は乗組員が動けないので子供の世話が出来ない)、また不理解な地球軍との衝突問題など、円盤を地上に降ろす事自体が至難の技であるばかりか、また絶対的な安全性が確保出来ない状況では「博打まがいの脱出劇」となる為に、無理だと判断せざるを得ませんでした。それ以来、軍団は霊魂体脱出の方に力を注いで来た訳ですが、ここに至って軍団の空間操作技術が進んで、これまで不可能とされて来た、夢の「裏空間搬送」が現実味を帯びて来ました。
 
 裏空間搬送とは、あらゆる物質を瞬間的に溶解してしまう(気の粒に還元してしまう)裏空間特性に逆らって、次元被膜や空間質膜にその物質を包(くる)んで、抵抗が存在しない裏空間を超光速で移動させるという方法の事です。勿論、円盤が裏空間を自立走行するのではなく、軍団が輸送するのであって、距離とは無関係であり、たとえ100億光年の星間距離でも僅か数十秒間で目的地へ移動させられるという、まさに夢の輸送手段と言えるものです。この技術は人類が夢見て来た「物質の瞬間転送」であり、創造主世界の戦争技術のお陰で、それが現実の話と成って来ました。我々としても、未来の物質宇宙を構築する為にも無くてはならない高度な革新技術、この技術の開発に軍団は心血を注いで来た経緯があります。生物輸送はまだ完成していませんが、物質輸送に関しては成功を収めており、今は輸送の完璧性を追求している段階です。絶対零度(マイナス273度)の無重力空間で、物質の形状を即座に解いてしまう空間圧が皆無(磁力も場力も何も作用しない絶対空間)といった裏空間は、もともと物質の存在自体を拒む超度級の危険空間、この空間領域の中を生身の生物体を移動させるのは容易な事ではありません。
 
 通常の宇宙空間(天体空間)は気の粒で満たされており、そこには天体磁場も天体力場も作用していて、一般物質を超光速で移動させるとなると、光速の12万倍から物質の摩擦溶解が始まり、約14万倍に至ると粒子が完全に形状を無くしてしまいます(物質の相転移現象)。それはアストラル物質も一緒であり、光速の約150万倍から溶解が始まり、それ以上の速度ではアストラル物質ですら完全に形状を失ってしまいます。しかし、一般物質とは異なりアストラル物質は裏空間を搬送させる事が出来る為に、我々はこれまで大宇宙の内部ではほとんど瞬間的にアストラル物質輸送を行なって来ました。地球には何度もアストラル物質を大宇宙外から搬送しており、それは当たり前の極普通の話です。しかし、それが素粒子から構成される一般物質となると、100円ライター一つとして他星へ搬送する事は難しく、今だかつて創造主や神々が一般物質を他星へ運んだ例がありません。一般物質の輸送は人間が造った円盤で空間搬送する以外に手段が無かった事になります。
 
 これは極最近の話ですが、軍団は多次元被膜と特殊な空間質膜の開発に成功し、一般物質を被膜に包んで搬送する実験に成功しましたが、ただ磁場圧や場力圧に不足して、僅か数秒間の時間ですが、その間に物質の分子形状が若干崩れるという難題を抱えております。これに関しては一定の目処が立っており、物質円盤の形状を損なわず裏空間を搬送させる事は間も無く出来るだろうと予測しております。問題は円盤内部の物理環境であり、円盤の動力を稼働させていないと(エンジンを回していないと)、船内気圧や船内温度や船内重力を維持出来ないという事であり、たとえ僅か数十秒間であっても、生命維持装置が作動していないと肉体の命を保持する事が出来ません。当然、自律神経電流を生産する船内位相の装備は勿論の話であり、空間質膜で円盤を包み込んだだけで、心回路が遮断される為に、如何なる人間でも気絶は免れません。裏空間搬送の場合は頭が割れた覚醒者であっても意思運動は不可能、全員が座席に固定され気絶状態(植物状態)で輸送される事になります。
 
 仮に人間を円盤に収納し裏空間搬送する事になれば、円盤に乗り込み座席に固定されると同時に船内位相と接続され、また霊界ズザネ管やタボ線は身体から取り外される事になります。円盤の動力が作用している限り、この時点ではまだ大丈夫ですが(心回路も機能している)、円盤の船体を次元被膜で覆った次の瞬間に心回路が遮断される為に、その時点で乗組員は全員が気絶する事になります。無論、次元被膜で包まれた瞬間に円盤は地上から姿を消す事になり、見送りに来た搭乗者の関係者はもはや円盤を目で見る事も、また手に触れる事も不可能となります。その数十秒後に円盤は目的地の空港に忽然と姿を現しますが、二枚の次元被膜を取り外した後に、惑星にあらかじめ用意されている「簡易位相(仮位相)」と接続されて初めて乗組員は気絶状態から目覚めて下船する事が出来ます。簡易位相でも意識作用や精神作用を営む事が出来ますが、その使用期間はせいぜい一、二年間、その間に移住先の惑星霊界に自身と同型の本位相を作らなければなりません。
 
 さて、問題は仮に無事目的の星に移住出来たとしても、次の日からの過度な免疫抗体反応に苦しむ事であり、高熱を発して倒れてしまう事は当たり前の話、地球人にとってその星の生物環境は毒物以外の何物でもありません。新しいウイルス種、新しい菌類種、新しい花粉種やフェロモン種に対して身体が拒否反応を示すのは当然の話です。バエルヤ基地の三空港には免疫抗体反応を抑制する「ワクチン注射」があり、到着したと同時にそのワクチンを打ってもらう事になりますが、まだそれだけでは全然不十分なので、当面の期間は医療団のお世話になる事になるでしょう。もしかしたら運悪く死んでしまう方もいるのではないかと思われます。惑星バエルヤの生物環境に順応出来るまで最低三年の時間が掛かりそうです。そしてもっと重要な問題が一つ、それは現地には食料が無いという問題です。当座の食料は勿論「別搬送」で届ける予定ですが、バエルヤに到着すると同時に食料工場を稼働させないと生き延びる事が出来ません。グレイ基地には雨露を防ぐ家と、上下水道や電気などのライフラインは充実していますが、調理する流し場が無く(フードパック生活)、また鍋釜や包丁や食器類の生活道具が何も無い事から、それらの生活物資を地球から事前に運んでおく必要があります。
 
 肉体を無くした霊魂体が他星へ移住する事は簡単な話ですが、生身の人間が地球外で生き延びる事は奇跡に等しく、想像を絶する苦労が付き纏います。それでも出来れば「生に執着して」生き延びて欲しいと思っており、我々もその為には最大限の努力を払うつもりでおります。地球から若い生命を他星へ送り込んで宇宙に龍神島民族の種を残したい、大宇宙寿命が後50億年間もあるのに、主人公の民族が全滅してしまうのは余りにも「悲しい出来事」であると思っている次第です。これまで我々がそう願って達成されなかった場合も数多くありましたが、そういう儚い結果にならない様に今回は全力で取り組みたいと思っております。地球脱出に関して、我々としては政府の協力が欲しいのですが、もしそれが叶わない様であれば、これまで我々と縁した人間関係のみで脱出者を募ろうと考えており、最低でも2万〜3万人規模の若者の移住者を集めようかと考えております。我々が意中とする移住先の星は「バエルヤ基地」ですが、承知の様に移住が可能な自然界惑星は他にもあって、ブメデジ基地やキエ基地やブオ基地などが在ります。
 
 脱出に掛かる準備資金はその大半が生活物資の購入に当てられますが、我々は政府や民間企業からの資金提供はこれっぽっちも当てにしておらず、あくまでも宇宙銀行の資金で賄う予定でおります。我々が欲しい物は人材であって、地位や資産や権力など、そんな不必要な物は何一つ要りません。それよりも政府がお金を欲しいと言うならば、反対に寄付してあげても一向に構いません。若者を宇宙へ連れ去る代金を払えと言うならば、人数分の代金を支払う予定であり、ぜひ請求して欲しいと思います。その代わりに脱出作業に対する妨害行為は慎んでもらいたいと思います。地球寿命が刻々と迫っている現在、その話が本当であると信じる方と、地球が滅びる訳が無いと頑なに信じている方の両方に分かれていると思われます。科学者の意見も真っ二つに分かれている様子、あなたはどちらの意見を信用するのでしょうか。我々としては覚醒者の頭数が後8万5000人で定員を迎え、また脱出者の定員もほんの僅かである事を考えれば、出来れば地球は滅びない筈だと信じてくれる方が多い事を望んでおります。脱出者に関しては我々が選別した一握りの人達だけで十分かと思っている次第です。有象無象は要らないというのが、我々の基本姿勢だからです。
 
 現在、霊魂体宇宙人としてあの世で生きる権利を獲得した覚醒者数は111万5000名です。彼等の意識を収納する「銀河サラ位相帯(銀河単独位相)」は合計で120万層であり、残り数が8万5000人になりました。こればかりは本人の解脱(悟り)なので、我々が騒いでもどうにも成りません。出来れば定員数を満たしたいのが本音ですが、満席(120万層)まで行くとは思っていません。また覚醒同会を果たした方でも、地球で死期を迎えるのではなく、バエルヤで死にたいと願う者は生身移住に志願してもOK、特に40代や50代の若い生命は移住すべきであると考えています。ただ、一人単身で円盤に乗り込むのではなく、親戚筋や友人や知人の子供達を連れて乗船して頂ければ、目標の人数は確保出来ると踏んでおります。惑星バエルヤには三箇所の基地が存在し、全部で11万5000人を収納する家があります。他の基地にも住居はありますが、自然環境が優しいのはバエルヤとブメデジのみ、他の基地は訓練された自衛官や警察官でないと誠に厳しい環境であって、海辺でゆっくり遊ぶ事も、また基地内といえどものんびり散歩も出来ない危険な星と言えます。子供を育てる豊かな自然環境があるのはバエルヤだけだと言っても構いません。もし、地球人(龍神島民族)の種を銀河に残す事が出来たならば、我々としてもお世話のし甲斐があると言うものです。
 
 ちなみに、グレイの物質円盤は惑星内走行時はアンモニア大気を使用しておらず(通常の酸素大気走行)、また宇宙空間用のズイマ・エンジンも点灯しておらず、人体には無害なD-tubeエンジンのみで走行をしています。また着陸時にはπ-tube浮上装置を切って天体重力を効かせており、風で船体が揺らがない様にしています。従って、人間を輸送する場合は円盤を惑星内走行時モードにしておけば人体には無害であり(生命維持装置も稼働している)、また地上から浮き上がっている為に次元被膜等を巻きやすい事になります。当然、こうした円盤があるから生物体を安全に裏空間搬送出来る事になります。犬やネコのペット輸送も、船内位相にペット用を設けており(一台10匹まで)、搬送する事は可能ですが、惑星の仮位相に動物用は無い為に、事前登録をして現地で本位相結合させなければ、円盤から地上へ降ろす事が出来ません。多少厄介ですが、ペット(哺乳類のみ)も原則的に運べるので安心頂ければと思います。輸送の際は仮死状態になる為に、糞尿を漏らす場合もあるので、小さい動物はペット用の籠に入れておく必要があります。
 
    
 
 
〈惑星バエルヤの三基地〉
 詳しい情報は今年(2019年)の1月にバエルヤ基地に関する情報を提供しており、それを再読して欲しいと思いますが、セジス・グレイの本拠地が銀河の中心部から遠く離れた「竜座の矮小楕円銀河(DDO-208)」にも存在していた事には大変驚きました。今から200年前の話ですが、オリオン座の恒星ベテルギウスに超新星爆発の危機が訪れ、霊魂体宇宙人の国家(オリオン帝国)であるベテルギウス民族(オリオン帝国の総帥民族)の引越し先が、地球から47万光年も離れた竜座の矮小楕円銀河の中の一つの太陽系でした。その太陽系の名前は「恒星ニウエア」であり、その第三惑星が水の惑星(生物霊界は無い)である「ベテルギウス本星」でした。このベテルギウス本星を中心にして竜座の矮小楕円銀河ではオリオン文化圏が形成されており、恒星リエル(ブメデジ: グレイ本星)や、恒星ニエル(ビエク: 核基地)や、恒星イゲエ(巨人惑星)や、恒星ライネ(バエルヤ)など、全部で13個の太陽系にベテルギウス独自の軍事基地が設けられていました。無論、オリオン帝国全体では天の川銀河系の至る所に基地が存在し、その数は数千箇所にも及んでおり、我々の太陽系もその一つでした。
 
 私の肉体の以前の持ち主(ソロジン後継者)が、ベテルギウスの皇帝「ギューイ」を抹殺して、新しくオリオン帝国の皇帝を引き継ぎ、その本人自身がオリオン帝国を滅ぼしたものの、皇帝を戴冠したままの状態でした。奇妙な話ですが、私はケイエ=スイであると同時にオリオン帝国の皇帝でもある理由から、龍神島民族こそオリオン文化の正統なる継承者であると、ここに宣言をしたいと思います。従って、銀河に点在するオリオン系の基地は全て龍神島民族の物、早い話が人間王国の物であり、皆様にはそれを利用する権利が有るという話です。何千箇所ものオリオン基地、何百億機ものアストラル円盤、何百箇所にも上るアストラル街、グレイの物質基地も、グレイの物質宇宙船も、全て我々の物なのです。龍神島民族には是非ベテルギウス科学を引き継いでもらって、宇宙で活躍してもらいたいと願っております。その様な意味でも、我々は民族の種を宇宙に残したいと考えており、そこから未来宇宙の礎を築いて欲しいと思っています。
 
 恒星ライネの第三惑星である「バエルヤ」には三箇所に基地が存在し、空港や工場やアストラル住宅街が存在します。バエルヤの大陸配置は地球のそれと良く似ており、地球でいう所の北米大陸の西海岸(ポートランドやシアトル付近)にこの星最大の都市である「ネユ基地」が在って、そこには広大な穀物畑が広がっており、52000人規模の住宅地と、食料工場や金属工場や各種の軍事施設などが建設されています。バエルヤ全体の軍事本部がここに置かれています。西海岸の入江を中心に戸建ての住宅街が広がっており、街の南側は丘陵地帯ですが、北側は平野地帯であり遥か遠方まで草原が続いています。街の東側には街の総面積の20倍規模の本部空港が在って、また空港の周囲は動物避けの柵で囲われています。街や空港の北側に広がるのが大農場(穀物畑)であり、大草原の一角を区切っています。河川は合計三本流れていて、農場を貫く一本の川と、街を貫く二本の川が流れています。本部空港には軍本部(西側: 街側)の建物や、その南側には寄宿舎や管制塔が設けられています。ネユには本部空港の他に10箇所のミニ空港があり、南側の海岸線の高台にある幹部住宅地に1つ、街に7つ、農場に2つ在ります。
 
 ネユには船が着く港は無く、入江の海外線には岩場と砂場があって、海水浴や釣りを楽しみ、また海藻類や貝類などの採集も出来そうです。また草原地帯には牛や鹿や羊や馬などの草食系の動物が大量に生息しており(ネコ科やクマ科やイヌ科の肉食獣も沢山いる)、家畜化に成功すれば、将来は赤ちゃん用のミルクも調達出来ると考えられます。バエルヤの海にも山にも草原にも空にも、豊富な動物相が広がっており、働いてくれる若者さえ居れば、基本的に食料に困る事は無いのではないかと思われます。街の南側の山の手には硫黄泉の露天風呂(街から20km離れている)があって、自動車用の道が完備されています。混浴ですが、一度に30人ぐらいは入浴出来そうです。セジス・グレイは大型(身長1m50cm)のグレイ猿を使用しており、ダダジ・グレイの猿とは異なり、銀魚のチューブ食料のみで肉体の栄養を維持している訳ではなく、肉類も穀類も野菜も魚肉も口を開けて食べます。従って、調理はしませんが、金属食器やフォークやスプーンなどの器具は家屋に装備されています。セジス・グレイは今から6年前にオリオン帝国の滅亡を機に集団で肉体離脱を図っており、空港本部の横には約5万人分の屍(死体)が山積みに成っていて、その腐った肉体の残骸は今も残っており、過去の光景を彷彿とさせます。
 
 もし、生命体の裏空間搬送が可能になれば、我々民間人の移住者が最初に運ばれる土地はこのネユ基地です。ここを起点にして他の二箇所の基地(ネアとネオ)にも人員が配布される事になると思われます。合金製の住宅ですが、雨露を凌ぐ家と、電気設備や水道設備や下水設備や医療設備などのライフラインが完備されている限りは、そう簡単に移住者が全滅するとは考えられず、とにかく移住さえ出来れば龍神島民族の種は存続出来る筈だと踏んでおります。惑星バエルヤ内の移動は基本的に円盤移動ですが、銀河空間を走行しない限りは(ズイマ反電荷走行をしない限りは)、比較的安全な乗り物、この円盤で1万mの深海にも潜る事が出来ます。移住者は先ず円盤の操縦技術をマスターしなければ、ベテルギウスの科学文明を継承した事にはなりません。円盤が太陽系内から外空間へ出る場合は、今後は裏空間搬送という手段を用いて行く事になるし、また星間移動に関してはどうしても軍団のお世話を受けねばならない為に、移住者は軍団(神様)と共に一緒に歩む事になるでしょう。生身の人間生命が軍団の指示を仰ぐ場合は「デジタル魂通信法」を身に付けねばならず、その練習は必須課題となります。
 
 バエルヤのヨーロッパ大陸の西海岸の入江(フランスのボルドー付近に相当する)には「ネア基地」が存在しており、ここでは主に漁業を中心とした食料生産が行われていました。入江にはネア港があり、約60艘の漁船が停泊しています。港には大きな食料工場が存在し、その背後には約4万人規模のネアの住宅地が広がっています。住宅街の東側には空港が在って、また南側の平地には小規模ですが農園の耕作地も在ります。特徴的なのは地中海を挟んだアフリカ大陸(モロッコに相当)にバエルヤ全体の観光地が存在し、海岸線の素晴らしい光景が眺望出来るばかりか(遊覧船がある)、温泉場にはホテル(80部屋)などの宿泊施設が存在し、円盤が着陸出来る空港も完備されています。ネア基地内には四本の河川が流れており、丘陵地帯にはブドウ畑や小麦畑があって、ワインやウイスキーなどの酒造生産も行われていた様子です。グレイが酒を飲むとはビックリですが(ダダジ・グレイは酒禁制)、それがバエルヤ(食料基地)のセジス・グレイの特徴に他ならなく、ブドウ畑と小麦畑はネユ基地やネオ基地にも在ります。宇宙へ行っても酒が飲めるという、皆様にとってはまことに有難い話でしょうか。
 
 ネア基地の食糧生産は海産物一般であり、魚ばかりでは無く、エビやカニや貝類やウニなどの捕獲が行われており、いわゆる高級食材や珍味などを扱っていた様です。また採集して来た宝石類(ダイヤモンドやルビーやサファイア)の研磨などの装飾品加工も行われており、猿の身体に入っている身の上なのに装飾品など言語道断の話ですが、もともとはセジス民族も普通の人間、人間臭いのは仕方がない話でしょうか。グレイの軍隊制服に装飾品の記章を付けて階級差を示すのに用いていた様子ですが、その宝石の記章が家の記章にも発展し、家の玄関口にも階級を示す宝石装飾が施されていました。彼等がやっている事を見れば、やはり猿では無くただの人間の所業、宇宙広しといえども、人間のやる事は基本的に一緒だと痛感させられます。
 
 インドの西海岸の入江(パキスタンのカラチに相当)には「ネオ基地」が存在しており、ここでは主に家畜の肉を生産する業務が行われて来ました。入江に港は無く、海岸線から約2万4000人規模の街が奥に続いていて、街の北側には空港が在ります。また街の南側には小規模の農園もあり、また牛や豚や鹿などを飼育する家畜牧場があって、屠殺場と食肉加工施設が存在します。残念ながら牧場の家畜は既に死に絶えていますが、ここの工場もいずれは稼働させる必要があると思われます。これはインドだけの話ではありませんが、海辺には必ず製塩施設が在ります。天然の岩塩があちこちに一杯存在するのにと思ってしまいますが、彼等は岩塩を掘り出す様な重労働はしない様です。バエルヤの三基地はいずれも基本的に食料基地であって、プラスチック系の工業用品や電子部品(精密機器)などの生産所は主に銀河中心部の「キエ基地」だった様です。円盤などの製造所や修理工場もキエ基地が中心であり、バエルヤでは唯一ネユ基地に金属の精錬所が存在するだけです。
 
 
 
 
〈次元トンネル通路〉
 現在、ソロジン軍団は物質や生命体の裏空間搬送に取り組んでいますが、裏空間の物質還元特性が余りにも強烈である理由から、第三空間を利用した「第三空間搬送」も視野に入れて、様々な実験を繰り返しております。宇宙空間に関しては以前にも説明しましたが、我々が住む表空間を第一空間と称すれば、その裏空間とは第二空間と呼ばれております。それだけかと思ったら、第二空間の下には第三空間という表空間に近い異空間が存在しており、また更にその下には第三空間の裏空間とも言える第四空間なるものが存在していました。早い話が、一見宇宙空間は一枚岩の様に見えても、実際は四層構造を呈しており、二つの表空間と二つの裏空間からミイルフィーユ型に構成されている事になります。第一空間と第三空間は特性が大変良く似ており、また第二空間と第四空間もその特性(還元作用)が酷似しています。そこで裏空間(第二空間)を挟んでいる第一空間と第三空間を直接結ぶ「次元通路」を開発して、一般物質を第三空間搬送させるという手段を思い付きました。
 
 無論、次元通路と言っても、第一空間か第三空間のどちらかを伸ばして片方の空間に繋げるという意味であり、空間トンネルを作るという作業の事です。果たして空間領域を伸ばしたり縮めたりする事が出来るのかどうか、まだ試してはおりませんが、もしそれが可能であれば、裏空間を飛び越して安全な輸送が出来る事になります。想定としては地球空間と第三空間を結ぶ通路を切り開いて、更にバエルヤ空間と第三空間の通路を作れば、裏空間を経由しない状態で、物質の運搬が出来る事になります。これまで裏空間搬送を何度もチャレンジしましたが、溶けたり歪んだりしないパーフェクトな輸送には成功しておらず、輸送手段の抜本的な対策が必要であると感じていました。ダグレcomputerの解析によれば、第三空間を伸ばしたり縮めたりする事は不可能らしく、しかし第一空間は多次元空間であり柔軟性に富んでいる理由から、空間と空間を結ぶ次元トンネルの開設は決して不可能な話ではないという回答をもらっています。目下は研究中の段階でしょうか。
 
 これは戦闘経験に基づく実践知識ですが、磁気的な触手で空間を飛び越える様な真似は出来ませんが、マクロ体触手や、ハルク力体触手や、天体力体などの力学触手はいとも簡単に如何なる空間にも手を入れる事が出来ます。当然、我々が空間に手を入られるから物質搬送が可能であると言えます。敵軍の大半は第一空間以外に潜んでおり、我々は自身のマクロ体触手を使って敵を破壊しており、空間特性など全く無関係に毎日仕事をしています。従って、一般物質や生命体を空間移動させられないという事実には逆に驚いており、「そんな馬鹿な」と思ってしまいます。しかし現実は現実、受け入れざるを得ませんが、でも不可能である筈が無いと信じており、溶けない空間に作り変えれば良いとか、あるいは溶けない空間質膜で包めば良いとか、次元トンネルで結べば良いとか、試してみるべく手段が色々と思い浮かんで来ます。表空間と裏空間の物理的な背景を正しく把握出来れば空間を制する事が出来る筈だと、そう思ってたゆみない精進を重ね続けている毎日でしょうか。
 
 さて、四つの空間をミルフィーユの層だと表現しましたが、実際は表空間も裏空間も無限に近い広がりを呈しており、空間と空間の境目が存在する訳ではありません。裏空間に手を入れて直ぐに第三空間に手を入れられるから誠に不思議なものです。薄皮一枚で繋がっているという感じでしょうか。四つの空間は互いに小指の第一関節程度の距離で背中合わせに成っており、私はコンマ数秒間で第四空間へ手を入れる事が出来ます。地球の常識では決して考えられない現象ですが、それが現実だから受け入れるしか手がありません。そもそも大宇宙のケケ粒子の土塀の中でしか実体を囲えない運動宇宙、これより外に出た一般物質は裏空間の如く溶けてしまう運命なのです。更にその大宇宙内空間であっても、表空間が開けばそこは裏空間に他ならなく、表空間から出れば物質は溶けてしまう運命を辿るのです。外にも出られず、空間にも潜れない、そんな虚無の実相だからこそ、連中は危険な生命(人間)を生簀の中で創り上げたと考えられます。体は宇宙外に出られなくても、我々は自己の分身であるマクロ体で宇宙の敵と渡り合っているのです。
 
 この空間は人間を外に出さない為に仕掛けられた罠、だが罠だとすれば必ず解決策は見つかる筈です。空間のカラクリ構造の謎を解かなければ、我々には未来は無いと思っています。生身の人間を死に行く惑星から脱出させる事など簡単な話だったのに、幸か不幸か裏空間搬送しか手段が無くなってしまいました。そしてその課題はより根本的な問題へと進展して、人間の存在意味にも関わる極めて重要な局面に立たされる嵌めと成って来ました。我々としても、ここが勝負の時、龍神島民族をバエルヤに運べる運べないは、人類の未来を揺るがす大問題となりそうです。宇宙の敵は全力を挙げて脱出を阻止しようとして来ると考えられます。不可能を可能にする事に醍醐味があります。我々は人間王国の創造主ですが、創造主と言っても決して万能な存在ではなく、マクロ宇宙が相手では単なる修行僧に過ぎません。皆様と大差がありません。